FC2ブログ

Glory of Death


 

Glory of Death

 


(heaven2.jpg)


(heaven5.jpg)


(heaven4.jpg)




(diane02.gif)

Kato... how come you jotted down such an unbelievable title?


(kato3.gif)

Well, yesterday I viewed the following movie.

 


(lib80725a.png)


“Enlarge!”

“Actual Page”


 



I see... You viewed the above movie on July 25, huh?



Yes, I did... And I jotted down the following comment:




MY COMMENT

 

Directed by Lee Toland Krieger in 2015, this American romantic fantasy depicts the unbelievable love story of Adaline Bowman.

Of course, everybody dies soon or later, but this story makes you believe that somebody cannot age at all.

With a well-crafted script, this romantic fantasy appears quite real.

Dazzling and unforgettable!




It sounds quite fascinating... Tell me a little about the storyline.



I don't want to spoil your expectation... So I just tell you about the first part, which goes like this:



(adaline2.jpg)

 

One afternoon in San Francisco, Adaline Bowman purchases fake IDs at an apartment before returning home to feed her dog.

She then goes to work and opens a box of film reels, including one that explains her life.

She was born on New Years Day 1908, then later married and gave birth to a daughter, only to become a widow after her husband died in a tragic accident.

Years later, in 1937, Adaline crashed her car when she swerved into a ravine during a snowstorm and died in the freezing lake nearby, but a lightning strike suddenly revived her.

From that moment on, Adaline has stayed physically 29 years old.

One night, two suspicious FBI agents attempt to force her onto an airplane for study, but she escapes captivity and realizes that she will have to spend the rest of her life on the run.

Ever since, she has changed her identification and address according to the era, while her daughter Flemming ages normally, to the point where she appears older than Adaline.

On New Year's Eve in the present year, she attends a party where she meets Ellis Jones, introducing herself as her current alias, Jennifer.

He asks to see her again but she refuses, knowing she can never fall in love because she can never have a normal future with someone.

The next day at work, Ellis arrives and again asks Adaline to go on a date with him.

Finally she accepts, and some mysterious events follow.






SOURCE: "The Age of Adaline"
From Wikipedia, the free encyclopedia




I see... I think I'll book the DVD.



I strongly recommend it... You wouldn't regret it.

So, Kato, you call the above movie "Glory of Death", don't you?

No, not really.

You still want to tell me some other stuff.

Oh yes, I do... As a matter of fact, I've recently watched the 2002nd movie in Vancouver Public Library:

 



(lib80628a.png+lib80628a2.png)


"Actual List"




 



The 2002nd movie is called "Arabian Nights", huh?



Yes, it is...

You're crazy about "Arabian Nights", aren't you?

Yes, I am... As a matter of fact, the 1001st movie I viewed is also called "Arabian Nights", which is different from the above.

I know that, Kato... And are you saying that there is some glory of death in the Arabian Nights movie?

No, there isn't... It's in the different movie... I viewed the following movie:

 


(lib80712a.png) 


"Enlarge"

"Actual Page"





MY COMMENT

Directed by Yōjirō Takita in 2008 loosely based on "Coffinman"---a memoir by Shinmon Aoki, this Japanese drama depicts the life of a young man who returns to his hometown after a failed career as a cellist and stumbles across work as a nōkanshi—a traditional Japanese ritual mortician.

Despite Japanese prejudices against those who handle the dead, the film appears profoundly touching the heart of the viewer with a heartwarming ending.

Although I don't like its predictability and overt sentimentality, I admire its humour, the beauty of the encoffining ceremony, and the quality of the acting.



 



(okuri04.jpg) 

 

Departures is a 2008 Japanese drama directed by Yōjirō Takita.

The protagonist starts working as a traditional Japanese ritual mortician.

He is subjected to prejudice from those around him, including from his wife, because of strong social taboos against people who deal with death.

Eventually he earns their respect and learns the importance of interpersonal connections through the beauty and dignity of his work.

Distributors were reluctant to release it until a surprise grand prize win at the Montreal World Film Festival in August 2008.

The following month the film opened in Japan, where it went on to win the Academy Prize for Picture of the Year and become the year's highest-grossing domestic film.

This success was topped in 2009, when it became the first Japanese production to win the Academy Award for Best Foreign Language Film.

 


(okuri06.jpg) 


(okuri07.jpg) 

 

Plot

Daigo Kobayashi loses his job as a cellist when his orchestra is disbanded.
He and his wife Mika move from Tokyo to his hometown in Yamagata, where they live in his childhood home that was left to him when his mother died two years earlier.
It is fronted by a coffee shop that Daigo's father had operated before he ran off with a waitress when Daigo was six; since then the two have had no contact.

Daigo feels hatred towards his father and guilt for not taking better care of his mother.
He still keeps a "stone-letter"—--a stone which is said to convey meaning through its texture—which his father had given him many years before.

Daigo finds an advertisement for a job "assisting departures".
Assuming it to be a job in a travel agency, he goes to the interview at the NK Agent office and learns from the secretary, Yuriko Kamimura, that he will be preparing bodies for cremation in a ceremony known as encoffinment.

Though reluctant, Daigo is hired on the spot and receives a cash advance from his new boss, Sasaki.
Daigo is furtive about his duties and hides the true nature of the job from Mika.

His first assignment is to assist with the encoffinment of a woman who died at home and remained undiscovered for two weeks.
He is beset with nausea and later humiliated when strangers on a bus detect an unsavoury scent on him.

To clean himself, he visits a public bath which he had frequented as a child.
It is owned by Tsuyako Yamashita, the mother of one of Daigo's former classmates.

Over time, Daigo becomes comfortable with his profession as he completes a number of assignments and experiences the gratitude of the families of the deceased.
Though he faces social ostracism, Daigo refuses to quit, even after Mika discovers a training DVD in which he plays a corpse and leaves him to return to her parents' home in Tokyo.






SOURCE: "Departures (2008 film)"
From Wikipedia, the free encyclopedia




The movie's Japanese title [Okuribito (おくりびと)] literally means "one who sends off to another world, that is, Heaven".



So, in the above movie, you see Glory of Death, huh?

Yes, I do... So, Diane, why don't you book the DVD and watch it yourself?

Is it that good?

You wouldn't regret viewing it... Besides, since you're a music lover, you'll love its soundtrack:

 


(okuri05.jpg) 



 



I see... I'd better book the DVD.



Yes, you'd better hurry 'cause many people will do the same after reading this article.



(dianelin3.jpg)


(laughx.gif)


【Himiko's Monologue】


(himiko22.gif)

If you're interested in the above movie, you might just as well borrow the DVD from your nearest library.

In any case, you might be interested in the Japanese traditions.

Japan has hundreds of widely observed traditions associated with ceremonies, rituals, holidays, celebrations, business and life in general.

Many are valued for making life more interesting.

Others are associated with etiquette, politeness, religion or old superstitions.

Here are two fascinating YouTube clips.

 


(japan21.jpg)





 

In any road, I expect Kato will write another interesting article soon.

So please come back to see me.

Have a nice day!

Bye bye ...


(hand.gif)



(renge400.jpg)



If you've got some time,

Please read one of the following artciles:





(dianesun.jpg)

"Glorious Summer"

"Biker Babe & Granny"

"Genetically Modified"

"Tyrannosaur"

"Love@Magic"

"Yellow Ball"

"Welcome Back"

"Forbidden Love"

"Merry X'Mas"

"Heaven with Mochi"

"Travel Expense Scandal"

"Love@Redemption"


(cook002.jpg)

"JAGEL"

"JAGEL Again"

"Say NO!"

Happy Gal in Canada

Roof of Vancouver

Aftershock

Whiplash

Sex Appeal

Better Off Without Senate

Fire Festival

Sweets@Paris

Scary Quake

MH370 Mystery

Putin's Way

Trump @ Vancouver

Otter & Trump


(juneswim.jpg)

Changeling

Fiddler on the Roof

Flesh and Bone

Maiden's Prayer

Romeo & Juliet

Trump @ Joke

Halloween in Shibuya

Trump Shock

Happy New Year!


(biker302.jpg)

Life or Death

Way to Millionaire

Adele Hugo

Middle Sexes

Romance@Madison

Hacksaw Ridge

Eight the Dog

Halloween@Shibuya

Chef Babette

Ramen Boom

from Korea

Omakase@Sushi

Crocodile Meat

Killer Floods

Climate of Doubt



(surfin2.gif)


(bare02b.gif)

Hi, I'm June Adams.

Kato is a real movie lover, who tries to watch 1001 movies.

As a matter of fact, he has already accomplished his goal.


(lib50909a.png)

『Actual List』


(june001.gif)

Kato watched "The Arabian Nights" or "One Thousand and One Nights" as his 1001th movie.

You might just as well want to view it.


(1001nite.jpg)




(1001nite10.jpg)





The stories in "the Arabian Nights" were collected over many centuries by various authors, translators, and scholars across West, Central, and South Asia and North Africa.

The tales themselves trace their roots back to ancient and medieval Arabic, Persian, Indian, Egyptian and Mesopotamian folklore and literature.

In particular, many tales were originally folk stories from the Caliphate era, while others, especially the frame story, are most probably drawn from the Pahlavi Persian work Hazār Afsān which in turn relied partly on Indian elements.

What is common throughout all the editions of the Nights is the initial frame story of the ruler Shahryār and his wife Scheherazade and the framing device incorporated throughout the tales themselves.

The stories proceed from this original tale.

Some are framed within other tales, while others begin and end of their own accord.

Some editions contain only a few hundred nights, while others include 1,001 or more.


(bellyan15.gif)



ところで、愛とロマンに満ちた

レンゲさんのお話をまとめて

『レンゲ物語』を作りました。

もし、レンゲさんの記事をまとめて読みたいならば、

次のリンクをクリックしてくださいね。

『愛とロマンのレンゲ物語』


(renge730.jpg)

『軽井沢タリアセン夫人 - 小百合物語』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。



(bikini901b.jpg)


(dogs17.gif)


(girlxx.gif)

あなたにとって映画とは

 

あなたにとって映画とは?

 


(0216kiss.jpg)


『風と共に去りぬ』
名作ですよね。。。

誰にも思い出の映画ってありますよね?
もちろん、あなたにだってあるでしょう?
最も感動を受けた映画って、何でした?

腹がよじれるほど笑って、涙が出てきてしまったことってあるでしょう?

あるいは、悲しい映画を見てサメザメと泣けてきたこともあったでしょう?

ええっ?僕の場合ですか?

そうですねぇ~。。。
僕にとって懐かしい映画は『おもいでの夏』ですよ。


(summer42b.jpg)

この事については、レンゲさんと話したことがあるのですよ。
その時の記事から抜粋してみますね。


レンゲさんは『おもいでの夏』という映画を見たことがありますか?古い映画ですよ。1971年にロバート・マリガン監督が作ったものですよ。

題名だけは知っていますが、まだ見たことはありません。どんな内容なんですの?

舞台は1942年のニューイングランドです。15才の少年がジェニファー・オニールが演じる人妻に恋をする物語ですよ。レンゲさんは16才で桜の花びらを散らしたわけだけれど、この少年は15歳で散らしたわけです。男だから、散らしたと言うより“筆おろし”をしてもらったと言う方がいいでしょうね。

デンマンさんは、いくつのときに筆おろしをなさったんですの?

19歳でした。

どなたと?

だから由香さんとですよ。すでにレンゲさんには話しましたよ。由香さんに関心のある人は次のリンクをクリックして読んでみてください。

■ 『レンゲさんがすばらしい人とめぐり合えるように!』
   (2005年11月12日)

それで、その映画は?

人妻役を演じたジェニファー・オニールがなんとも美しかったですよ。 話はずいぶん昔のことなんですよ。太平洋戦争で南方の戦線に従軍した夫が日本軍と戦って戦死してしまうんです。その公報が届き悲嘆にくれるその日に人妻は自分に憧れている少年を受け入れるんです。つまり、まだウブではあるけれども、この人妻を成熟した女の理想としてとしてあこがれ、性的関心に疼(うず)いている少年を優しく大人の性愛の世界へ導くのですよ。詳しいことは次のリンクをクリックして読んでください。

■ 『おもいでの夏(Summer of '42)』

デンマンさんは、そのような映画がお好きなんですの?

たまにはいいですね。今でも、ワクワクして見ることが出来ますよ。

それで、どのようなところが見所なんですの?

もちろん、“筆おろし”のシーンが最高のクライマックスですよ。近頃の安っぽいセックス・シーンと比べると気品があって実にすばらしい名場面だと思います。マリガン監督の手腕がこのシーンに良く現れていると思いましたね。

ちょっとだけ、そのさわりのところを教えてくださいな。

やっぱり、知りたいですか?

デンマンさん、じらさないでくださいよ。んも~~


(fulbrief.jpg)

分かりましたよ。ちょっとだけねェ。。。浜辺に建つこじんまりとした家。ほの暗い部屋。見つめる少年。服を脱ぐ人妻。。。この人妻のしぐさには決していやらしさがないんですよ。とにかくジェニファー・オニールが演じているんですからね。清楚な印象の中にもグッとひきつける性的魅力があふれていますよ。印象的だったのは、この人妻の身に着けたパンティーでした。これが人妻の性格だとか雰囲気にぴったりとフィットした代物(しろもの)でした。

この写真がそれですか?

ジェニファーがはいていた実物のモノではないですよ。似たようなものを探して貼り付けました。

おばさんパンツですわァ。デンマンさんは、このようなモノがお好きなんですの?


(renge015.gif)

好きだと言うよりも、あの映画の中では、このような白い“おばさんパンツ”じゃないと雰囲気をぶち壊してしまうような気がしましたよ。僕が良く引き合いに出すレンゲさんの中に住んでいるサディストがはいている黒いビキニ・タイプのパンティーでは人妻の清楚な感じが出ないですよ。そう思いませんか?

つまり、デンマンさんは、あたしがはくような黒いパンツはお嫌いなんですのね?ダサいおばさんパンツの方がお好きなんですのね?

僕は、何もレンゲさんのはくパンティーの事を言っているんじゃありませんよォ~。勘違いしないでくださいね。

分かりましたわ。それで、こうまでクドクドとパンツの事を持ち出してきて、一体何がおっしゃりたいのですの?

実は、へへへ。。。僕にも同じような経験があるんですよォ~。

映画の中の15歳の少年のような。。。?由香さんとですか?




『愛することに目覚めて…(2006年2月8日)』より


僕にとってこの『おもいでの夏』は、いろいろな意味で懐かしいですよ。
愛と性のベールの向こうを覗き見したような気持ちでしたね。
ワクワクするようでいて、何と言うか、ちょっぴり悲しい。。。というか。。。


(oniel06.jpg)

この映画の原作となった作品“Summer of '42” by Herman Raucher
を僕は英語版でボロボロになるまで読みました。
メチャ面白いですよ。英語の勉強になります。
楽しく、ワクワクしながら読めます。

砕けた英語がどんどん出てきて、エロい事もシモい事もたくさん出てきます。
もちろん、エロい作品ではありません。
すでに“古典”と言われるような名作だと僕自身は考えています。

僕が読んだ懐かしいペーパーバックの扉に書かれていた文章をここに引用します。



Return to Summer of '42


(oniel05.jpg)

The man stood still, looking at the weather-beaten house, not really aware that the sea was over his ankles, and that his forty-five-dollar Gucci loafers were full of sand and salt water.

He was fifteen years old again. His name was Hermie, and he was desperately, fiercely in love. She was an older woman - twenty-two, at least - gentle and kind, beautiful beyond dreams. And she was married.

The house was her house, so well remembered that he could re-create it in his mind nail by nail. Dorothy. I love you. Dorothy.

Nothing from the first moment Hermie saw her, and no one who had ever happened to him since, had ever been as frightening and as confusing, had made him feel more sure, more insecure, more important, and less significant...




"SUMMER OF '42 - a novel that will be read and reread many times..."

--- Chicago Sun-Times




出典: DELL BOOK (ペーパーバック版) 第27版
    1976年9月印刷 Price $1.75 (1ドル75セント)



(bipedal.gif)

あなたが絶対、

見たいと思っていた

面白くて実にためになるリンク



平成の紫式部、橘卑弥子でござ~ます
(himiko92.jpg)

『卑弥子の源氏物語』

『平成の紫式部』

■ めれんげさんの『即興の詩』

■ めれんげさんの『極私的詩集』

■ 『あなたのための オンライン・ショッピング ガイド』

■ 『興味深い写真や絵がたくさん載っている世界の神話』

■ 『現在に通じる古代オリエント史の散歩道』


(linger57.jpg)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』


『センスあるランジェリー』

■ 『見て楽しい、読んで面白い 私版・対訳ことわざ辞典』

■ 『笑って楽しめる 私版・対訳 慣用句・熟語辞典』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『辞書にのってない英語スラング』

■ 『オンライン自動翻訳利用法』


(santa9.gif)


 

平成の紫式部、橘卑弥子でござ~ます
(himiko92.jpg)

おほほほほ。。。。

また現れて、

くどいようでござ~♪~ますけれど。。。

あたくしも平安の昔に戻って

懐かしい京都に行ってみたいので

ござ~♪~ますのよ。

京都の訛りが懐かしいわああああ~~

でもね、平安時代といっても

下々の生活は

決して平安ではなかったのでござ~♪~ますわよ。

ええっ?どうしてかって?

あなたは映画で『羅生門』を見た事があるでしょう?

あの門は次のようなみすぼらしいものなんですわよ。


(rashomon6.gif)

でもね、あたくしも含めた貴族の生活は

贅沢だったのですわよ。

どうして?

あなただって、そう思うでしょう?

それが知りたかったら、

ぜひ次のリンクをクリックして

じっくりと読んでみてね。

■ 『平安時代は、決して平安ではなかった』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。

ああああ~~~

初恋の人と会いたいわあああ~~!



(lovelet5.gif)

サリーの快楽


 

サリーの快楽

 


(sally12.jpg)


(katz01.jpg)


(katz02.jpg)


(gal771.jpg)


(junko05.gif)




(junko11.jpg)

デンマンさん。。。 サリーさんというのはデンマンさんのガールフレンドですか?


(kato3.gif)

いや。。。 僕にはサリーという名のガールフレンドはいません。。。

それなのに、どういうわけでサリーの快楽というタイトルにしたのですか?

あのねぇ~、バンクーバー市立図書館で借りていた本を読んでいたら次の箇所に出くわしたのですよ。。。


恋人たちの予感


(katz03.jpg)

 

『恋人たちの予感』はセックスについて全世界の男たちの考え方を変えた。

この映画以降、すべての男は女性の反応が本物なのか演技なのか、まるでわからなくなってしまったのだから。

 

サリーがオーガズムを演じた店はニューヨークに実在する「カッツ・デリカテッセン」で、四半世紀以上経った今も世界中から『恋人たちの予感』のファンが訪れるという。

みんな、注文するとき、こう言うんだろうな。

「サリーと同じものを」

 


(katz02.jpg)


(katz01.jpg)



 

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)





(eiga001.jpg)

90-91ページ 『映画と本の意外な関係』
著者: 町山智浩
2017年1月17日 第1刷発行
発行所: 株式会社 集英社インターナショナル




あらっ。。。 『恋人たちの予感』という映画は、英語のタイトルは "When Harry Met Sally" ですよねぇ~。。。



そうです。。。

つまり、サリーさんというのは映画の中に出てくるサリーさんですか?

その通りです。。。 いけませんでしたか?

かまいませんけれど、つまり、今日もオシモの話題ですか? オシモといって悪ければ、エロい話題ですよねぇ~。。。

別にエロい話題に拘(こだわ)っているわけではないのですよ。。。 ジュンコさんが次の記事を書いていたのでサリーの快楽を取り上げたわけです。。。


完全なる結婚


(junko05.gif)

さまざまなテクニックの実践による性的満足が幸せな結婚生活への道であると説いています。

『完全なる結婚』が強調しているのは、従来の男性が一方的に性的満足を得るような性交のあり方ではなく、男性と女性の双方が満足できるようなセックスを通して結婚生活が築かれるとしている点です。

そこでは女性の能動的な参加も、望ましいこととして推奨されています。

1960年代になると、マスターズ&ジョンソンの膨大な人体実験による「人間の性反応」が刊行され、性理論は、確立されたかに見えました。

しかし、その理論は、あまりに膨大な実験の結果であったため、誰も異論を唱えることができず、そこに内在する重大な矛盾を放置したまま、それを土台にした理論が氾濫して行くことになります。

マスターズ&ジョンソン理論においても、オーガズムの定義は確立したとは言い難いようです。

 


(orga02.jpg)

 

21世紀を迎えた今日、女性の95%がオーガズムを知らないという状況が続いているそうです。

ヴァン・デ・ヴェルデは、女性のオーガズムは男性のそれより後で発現することを実験によって明らかにしました。

しかし、後の動物実験(アカゲザル)では、メスのオーガズム収縮によって、オスの射精が起こるということが確認されています。

 

by ジュンコ




『10秒台では素人』より
(2016年12月21日)




。。。で、最近 デンマンさんは上の映画を観たのですか?



観ました。。。


(lib80719a.png)


『拡大する』

『実際のページ』




あらっ。。。 7月19日に観てコメントを書き込んだのですわねぇ~。。。




My Comment

Directed by Rob Reiner in 1989, this American romantic comedy depicts a cross-country drive of the title characters.

It is a real talkie... talk, talk, talk...

The film makes a woman's faked orgasm become well-known, and Katz's Delicatessen in Manhattan where Sally showed her fake orgasm became quite famous.

Amazing and amusing!





(sally13.jpg)

 

この映画は1989年に制作されたロブ・ライナー監督作品で、アメリカ大陸横断旅行を旅するサリーとハリーのコミカルな恋愛物語です。

無声映画が「トーキー」と呼ばれるように進化した現代の映画でも、とりわけ「トーキー」と言われるにふさわしく、とにかく、早口のおしゃべりが最初から最後まで詰まっています。

この映画によって女性がオーガズムを本物のように演じることができるということが知れ渡り、またサリーがフェイク・オーガズムを演じたマンハッタンにある「カッツ・デリ」の店が超有名になりました。

面白くて、驚きの映画です! 




つまり、この映画を観て 女性がオーガズムを本物のように演じることができるというところにデンマンさんは感銘を受けたのですか?



別に感銘を受けたというほどのことでもないけれど、面白かったですよ。。。 実際、僕以外にもこの場面を見て、面白かったので、アメリカ人ばかりでなく、海外からもたくさんのファンがマンハッタンにある「カッツ・デリ」の店にやってくるようになったのです。。。


(katz02.jpg)





こんなに繁盛しているデリを僕は、これまでに見たことがありませんよ。。。



あらっ。。。 デンマンさんも馬鹿みたいに、この群衆の中にいるのですか?

いや。。。 まだ、「カッツ・デリ」に行ったことがないのです。。。 ジュンコさんの夏休みに、ぜひ一緒にバンクーバーからマンハッタンまでドライブしようと思うのです。。。 そして、ジュンコさんと一緒にパストラミ・サンドイッチを食べようと思うのですよ。。。


パストラミ(pastrami)


(katz01.jpg)

 

パストラミは、香辛料で調味した肉の燻製食品。

コンビーフ同様、現代のような冷蔵技術がない時代に、牛肉を塩漬けにしてから燻煙することによって保存性を高めるために作られた。
食塩水に漬けた赤身肉を少し乾燥させ、燻煙した後、粗挽き胡椒、ニンニク、コリアンダー、パプリカ、オールスパイス、マスタードなどの香辛料をまぶすのが一般的である。

主にデリカテッセンで製造販売され、薄く削ぎ切り(スライス)にしてサンドイッチやベーグルサンドの具材などとして食用される。
本来は牛のかたばらを用いるが、豚肉や鶏肉、鴨肉、シチメンチョウの肉を材料に用いたものもパストラミと呼ぶことがある。
そのため、牛肉を材料としたものをパストラミビーフ、ビーフパストラミと称する場合がある。

パストラミの製法は、ベッサラビアとルーマニアからの東欧ユダヤ系移民によって19世紀後半にアメリカ合衆国にもたらされた。
名称はイディッシュ語のパストローメ(פּאַסטראָמע)に由来し、ルーマニア語ではパストラマ(pastramă)という。

英語でも初めはパストラマ(pastrama)と表記されたが、あるユダヤ系の商店が1887年にサラミに語感が似たイタリア語風のパストラミという表記を用い始め、パストラミという名称が定着した。

北アメリカでは、パストラミサンドイッチにライブレッド(ライムギ粉を少量混合したパン)を使うことが多く、ライブレッドにパストラミとザワークラウトをはさんだルーベンサンドイッチがよく知られている。
イスラエルではシチメンチョウや鶏の胸肉のパストラミの人気が高く、フランスパンやピタ、フォカッチャ、クロワッサンにはさむこともある。

パストラマの起源はトルコのパストゥルマで、より正しくはパストゥルマ・エト(「押しをした肉」)という。
トルコのパストゥルマは、肉を塩漬けにしてから水でゆすいで余分な塩気を取り、よく水を絞ってクミン、フェヌグリーク、ニンニク、パプリカをまぶしてよく陰干ししたものである。
オスマン帝国の支配下にあったバルカン半島、ギリシャ、マシュリク、カフカースでも、パストゥルマに由来する肉製品が作られている。




出典: 「パストラミ」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』




デンマンさんは、それほどパストラミ・サンドイッチが好きなのですか?



いや。。。 とりわけパストラミ・サンドイッチに拘っているわけじゃないのだけれど、サリーもこれを食べたので、ジュンコさんも これを食べたらサリーのようにフェイク・オーガズムを演じて見せてくれると思って。。。。

馬鹿バカしい! デンマンさんの思うようにはゆきませんわよう。。。



(laugh16.gif)


【ジューンの独り言】


(bare02b.gif)

ですってぇ~。。。

確かに、パストラミ・サンドイッチをジュンコさんに食べさせてフェイク・オーガズムを演じさせるというのは、大根役者でもしないと思いますわァ~。。。

ところで、サリーがフェイク・オーガズムを演じるクリップをゲットしました。。。

ただし、年齢認証があります。。。

GOOGLEの会員になっていないと認証ができないので観る事ができないかもしれません。。。

子供が観ても、精神的に害になるようなこともないと思うのですが、

なぜか年齢認証があります。

 


(sally12.jpg)



 

いかがですかァ~?

わざわざ年齢認証などする必要がはないと思うのですけれど、なかには子供に見せたくないと思う大人もいるのかもしれませんわねぇ~。。。

 

ところで、フェイク・オーガズムのお話も面白いですけれど、

たまには、日本の歴史の話も読んでみてください。

日本の古代史にも、興味深い不思議な、面白いお話がありますわァ。

では次の記事から興味があるものをお読みくださいねぇ~。。。


天武天皇と天智天皇は

同腹の兄弟ではなかった。
 

天智天皇は暗殺された 

定慧出生の秘密 

藤原鎌足と長男・定慧 

渡来人とアイヌ人の連合王国

なぜ、蝦夷という名前なの?

平和を愛したアイヌ人

藤原鎌足と六韜

古事記より古い書物が

どうして残っていないの?


今、日本に住んでいる人は

日本人でないの?


マキアベリもビックリ、

藤原氏のバイブルとは?



ところで、他にも面白い記事がたくさんあります。

興味のある方は次の記事も読んでみてくださいね。

 


(sunwind2.gif)


『宮澤理恵@Macao(2013年2月28日)』

『チョコレートと軍産複合体』

『チョコレートと甘い権力』

『CIAの黒い糸』

『美しい日本語再び』

『宮沢りえブーム?』

『また、宮沢りえ?』

『浅間山噴火とフランス革命』

『なぜアクセスが急増したの?』

『気になる検索ワード』

『なぜ塩野七生批判』

『その検査、ムカつく!』


(miya08.jpg)

『宮沢りえと床上手な女』

『MH370ミステリー』

『なぜ死刑廃止?』

『真犯人はそこにいる』

『MH370ミステリー裏話』

『お裁きを信じますから』

『ジャルパックと国際化』

『古代ローマのセックス』


(nopan05.png)

『CIAとノーパン』

『エロいローマ再び』

『エロいけれどためになる話』

『えろあくにめ温泉』

『エロいけれどためになる』

『地球上のネット普及率』

『原発はダメだったのに』


(sylvie500.jpg)

『スカートをはいた兵隊』

『行田シンドローム』

『幻の暴走機関車』

『CIA@NOパンツ』

『エリュトゥラー海案内記』

『伊藤若冲 ランブータン』

『知的快楽』


(teacher9.jpg)

『シャフリ・ソフタ』

『閨房でのあしらい』

『漱石とグレン・グールド』

『女性の性欲@ラオス』

『美学de愛と性』

『女の本音』

『にほん村からの常連さん』

『日本初のヌードショー』

『可愛い孫』

『ネットで広まる』

『なぜブログを書くの?』

『アルゼンチンから』

『潮吹き』

『ヨッパライが帰ってきた』

『後家殺し』

『奇想天外』

『下女のまめは納豆』

『オペラミニ』

『三角パンツ』


とにかく、今日も一日楽しく愉快に
ネットサーフィンしましょう。
じゃあね。バーィ。


(hand.gif)




(spacer.png+betty5de.gif)
(hiroy2.png+betty5d.gif)
『スパマー HIRO 中野 悪徳業者』

 


(surfin2.gif)

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事



平成の紫式部、橘卑弥子でござ~ます
(himiko92.jpg)

『卑弥子の源氏物語』

『平成の紫式部』

■ めれんげさんの『即興の詩』

■ めれんげさんの『極私的詩集』

Jagel - Soft Japanese Bagel
(bagel702.jpg)

■ "JAGEL - Soft Japanese Bagel"


(linger65.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』


『センスあるランジェリー』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


(beach02.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人 - 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』




(rengfire.jpg)


(byebye.gif)
プロフィール

次郎

  • Author:次郎
  • 次郎の徒然ブログへようこそ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
Hit Graph

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Follow Me
Twitter
ブログ内検索
RSSフィード
リンク