FC2ブログ

不倫はちょっと。。。

 


不倫はちょっと。。。






生まれたままの姿で






2006/08/16

お風呂上がりのわたしは妖精になる
爽快な気分のままに
わたしは鏡に向かって微笑む

やさしい気持ちになって
あなたを思い出す
心地よいぬるま湯のように
あなたを包んであげたくなった



わたしは砂漠に生まれた小さな花
花をつけることを忘れたまま
ある朝ひっそりと枯れてゆく

だれかが見つけてその花を
きっと枯れ草と呼ぶでしょう
花を咲かせることはできなかったけれど
それは確かに花だったのです

そのように枯れたわたしだったけれど
あなたに出会えてよみがえった
でもこの幸せがいつまで続くのだろうか

持続力のない多幸感のあと
地面をなめる様な気分が
いつだってついてまわる
私をからまわりさせるあの感覚

でもこの一瞬を
生まれたままの姿を
あなたのために咲かせたい

わたしは砂漠に生まれた小さな花
花をつけることを忘れたままに
ある朝ひっそりと枯れていった

あなたに出会えてよみがえったわたしは
やっと小さな花を咲かせている
生まれたままの姿で
咲いているわたしを
あなたは見つめている



やっとオアシスを見つけ
咲いているわたし
いつまでもこのまま咲いていたい

たとえまた枯れるとも
最高の一瞬を
最高の一瞬だと
意識しないのはもったいないこと

お風呂上がりのわたしは妖精になる
爽快な気分のままに
わたしは鏡に向かって微笑む

やさしい気持ちになって
生まれたままの姿で
あなたを思い出す

by レンゲ




『生まれたままの姿で』より



デンマンさん。。。また、あたしが今年の夏バンクーバーで書いた詩を持ち出してきたのですね?

そうですよ。

どうしてですの?

僕はなんだかレンゲさんに振られたような気持ちになってね。。。

あたしがデンマンさんを袖にしたとおっしゃるのですか?

もちろん、レンゲさんは僕を拒絶したわけではないけれど。。。こうしてウェブカムで顔を合わせながら、いつものように話していますからね。。。だから。。。振られた、とは言ってない。振られたような。。。と言ったんですよ。

あたしの気持ちがすっかり坂田さんの方へ移ってしまったとおっしゃるのですか?

この上の詩を書いた時のレンゲさんは、日本に戻ってから坂田さんに会う事など全く考えていなかった。。。そうですよね?

もちろんですわ。あたしが坂田さんからメールをもらったのは9月2日ですもの。詩を書いた時から2週間たってからですわ。

この詩を書いた時のレンゲさんの心の中では僕が理想化されているんですよね?

あたしは別にデンマンさんを理想化していませんわ。

でも、この詩の中の“あなた”と言うのは僕の事だとレンゲさんは言いましたよね?

そうですわ。それがどうだとおっしゃるのですか?

つまり、僕が言いたいことは、詩の中でデンマンは星の王子様になっていますよ。僕は決して“星の王子様”ではない。でも、レンゲさんの世界はシロとクロの世界ですよね。シロとクロの中間に居る僕は、レンゲさんの世界で“真っ白”にされて星の王子様になっている。また、そうしない限り、レンゲさんには詩を書く気分になれなかったのかもし知れない。

あたしが夢を見ていたのだと。。。?

詩に興味のない人にとって、レンゲさんが書いた詩を読めば、夢で見たようなことを書いているように感じますよ。

デンマンさんもそう思うのですか?

僕はレンゲさんを知っているから、他の人には感じ取れない部分を上の詩から感じ取ることができますよ。でも、レンゲさんを全く知らない人にとって、この上の詩は“夢の世界”のことですよ。

つまり、あたしの“シロとクロの世界”は“夢の世界”だとおっしゃるのですか?

そうですよ。レンゲさんの“心の軌跡”を読むと良く分かりますよ。



わたしの心の軌跡





2004-09-08 11:45

わたしは精神障害者です。
しかも、誰もが関わりたがらない
境界性人格障害者です。
時に、感情の爆発という
発作も起こります。

愛憎にあやつられる人生です。
わたしの世界には、
シロかクロしかありません。
誰かに愛着をかんじすぎると、
怖いのです。
見捨てられ感、迫害妄想で、
全面的に愛していた人のことを、
全面的に否定してしまうのです。

そのうえ、わたしはある人に対して、
“ほれこむ”ということも、
よくあります。

でも、その場合でも、
相手から見れば全く理不尽な
理由で、ほれこんでいた人のことを、
全否定してしまうのです。

これらは、精神の発達が
未熟であるのはもちろん、
幼少時の体験によって
「見捨てられる恐怖」が、
頭にこびりついていて、
見捨てられる
つらさを味わうくらいなら、
こっちから先に、
相手との関係を絶つ、という
逃げの行動なのです。

わたしは、この障害で
苦しんでいます。
わたしに関わったことで、
理不尽な気持ちで去ってゆく
“被害者”の方々も、
多いと思います。

治せるものなら治したい。
でも、幼い頃の心の傷が、
真人間になることを、
かたくなに拒み続けます。
二度と傷つきたくないから、
防衛するのです。
この硬い殻を、
どうすればこわせるのか・・・

治療はうけていますが、
今は目先の“うつ”
の治療が主です。
それも、最近容態が悪いようで、
心理テストなどばかり受けています。

長々と書いてしまいましたが、
こんな迷惑な人間も
いるのだということを、
書き連ね、より自虐的に、
とことんどんぞこまで
落ち込み、自分への罰と
したいとおもいます。

by レンゲ




『未熟者であることに甘えていることがすべての問題を生んでいる』より


平均的な人にとって、レンゲさんの書いた上の詩は“夢”のようなものですよ。つまり、現実感がない。なぜなら、レンゲさんの“シロとクロの世界”は現実からかけ離れているからですよ。レンゲさんが上の手記でも書いていたように“シロとクロの世界”というのは現実からかけ離れた“理不尽な世界”でもある。

そうでしょうか?

だから、グレーゾーンの中で生きている健常者にとって、レンゲさんの世界は“詩的”ですよ。つまり、詩を書く人、詩に興味のある人は“シロとクロの世界”に生きているのかもしれないと僕は思うようになりましたよ。

夢想家ですか?

そう思われても仕方がないですよね。だってね、グレーゾーンの中間色をレンゲさんは“シロ”か“クロ”かで判断してしまう。そうして出来上がった詩が上で書いたレンゲさんの詩ですよ。上の詩の中の“あなた”はデンマンであって、デンマンではない。レンゲさんの“シロとクロの世界”で星の王子様になってしまっている。僕はそう感じながら読みましたよ。

それで、あたしは同じようにして洋ちゃんを中間色なのにもかかわらず理不尽に“クロ”にしてしまったとおっしゃるのですか?

そうですよ。レンゲさんは清水君を“クロ”だと結論を出して別れてしまった。清水君は久美子さんと浮気した。普通の女性なら、レンゲさんほど深刻に考えなかったはずですよ。要するに“浮気”なんだから、すぐに飽きが来て、遅かれ早かれまた自分の元に戻ってくると思う。だから、浮気した清水君を許せる。でも、レンゲさんには、そのようにする事ができなかった。なぜなら、レンゲさんは“シロとクロの世界”で拒絶されたと感じてしまう。拒絶されるくらいなら、レンゲさんの方から離れてゆくと言う“逃げの行動”ですよね。上の手記でレンゲさんが書いている通りですよ。

あたしには、そうするより他に仕方がなかったんです。

でもね、レンゲさん自身がすでに何度も書いているように、そろそろ同じことの繰り返しを止めべきだと思いますよ。



デンマンさんは。。。デンマンさんは、あたしが坂田さんに抱かれる事はいけないとおっしゃるのですか?

いけないと言っているのではありませんよ。

“ずるずると同じことくり返して

学習しないわたしを変える”


レンゲさんが、このように言っているから、僕もレンゲさんが、同じ事を繰り返さないで清水君と仲直りする事が前向きに生きる事ではないのかなぁ~。。。そう言っているんですよ。ところが、レンゲさんは坂田さんに甘えて、思い出の中にまた逃げ込もうとしている。つまり、後ろ向きに生きようとしている。

あたしは前向きに生きようとしてバンクーバーに行ったんですねん。デンマンさんが坂田さんのように、あたしの身も心も癒してくれるのではないか。。。そう思って。。。でも、デンマンさんはあたしを突き放したんですわぁ。

そんな事は無いですよゥ~。

でも、デンマンさんは、してくれへんかった。

してくれへんて。。。それは。。。それは。。。

デンマンさんは、こうして理屈を並べてばかりいて、ジューンさんとはしているくせに、あたしとはしてくれへん。。。

ちょっと。。。ちょっと。。。レンゲさん。。。そう言うヤバイ事は言わないでくださいよゥ~。

いいえ、あたしは何と思われようが、言いたいことは言いますわああああ。つらい思いをしてきたんですからああああ。
 
『不倫じゃないのよ (2006年9月27日)』より


僕はレンゲさんが清水君と別れた後の寂しい思いをバンクーバーで癒してあげたと思っていたんですよ。

確かにデンマンさんはあたしの傷心を慰めてくれましたわ。でも、デンマンさんの気持ちは、あたしではなくジューンさんに向かっていましたわ。あたしはデンマンさんとジューンさんが深い仲である事を見せ付けられて、とってもつらい思いをしたのですわ。ヌードビーチへ行った時には、本当にあたしは居たたまれないような思いを味わったのです。とってもつらい思いをさせられたのですわ。

僕は何度も言いますけれどね、それはレンゲさんの思い込みなんですよ。誤解なんですよ。

何の根拠も無いとおっしゃるのですか?

そうですよ。レンゲさんが、勝手に想像をたくましくして僕が“ジューンさんとしている”と思い込んでしまっている。現場を見たわけではないでしょう?

見なくても女の直感で分かりますわ。

そのレンゲさんの直感が間違っているんですよ。

デンマンさんは、あたしよりもジューンんさんを何倍も愛しているのですわァ~。

だから、そう思い込むことが、とりもなおさずレンゲさんの“シロとクロの世界”なんですよ。ちょっとした事を膨らませて、グレーゾーンにあるものをシロかクロかで判断してしまう。清水君と別れた事も、正にそのようにしてクロと判断してしまったんですよ。普通の女性なら、浮気ぐらい許せるものですよ。清水君の出来心なんですよ。本気ではないんですよ。だから浮気なんですよ。レンゲさんが別れてしまうほど重大に考える事ではないんですよ。レンゲさんは、そうやってすぐに別れてしまうから、これまでの恋愛が破綻に終わっているんですよ。

あたしの落ち度だとおっしゃるのですか?

僕が何度も言っているように、人間は神様じゃないんだから不完全ですよね。完璧な人間など、どこにも居ませんよ。清水君が、ちょっとした出来心で浮気をする事もある。だからレンゲさんだって、そういう清水君を許してあげればいいんですよ。実際、清水君との関係が続いているとしたら、今レンゲさんが坂田さんに抱かれている事は浮気ですよね。

洋ちゃんと一緒に暮らしていたなら、あたしは坂田さんと、こうなることはありませんでしたわ。

それは分かりませんよ。レンゲさんにとって坂田さんは特別な人なんだから。。。

あたしが過去に関係した人なら、会えばあたしがいつでも関係を結ぶとデンマンさんは思っているのですか?

そういうこともあるでしょうね、と言っているだけです。断定しているわけではありませんよ。人間は完璧ではないんだから。。。

だったら、デンマンさんとジューンさんがしている、とあたしが考えたって、ちっとも不思議な事ではないでしょう?んも~~。。。 でも。。。、でも、その事になると、デンマンさんはいつだってムキになって否定するのですわあああ。だから、ますます怪しいではありませんかああああ~~

分かりましたよ。。。分かりましたよ。。。でもね、今日はレンゲさんと坂田さんのことで僕は話がしたかったのですよ。

どうしてですか?

“ずるずると同じことくり返して

学習しないわたしを変える”


こうして、レンゲさんが何度も同じことを書いているのに、一向に学習していないからですよ。

つまり、あたしが坂田さんと関係を持っている事はいけない事なのですか?。。。おととい、デンマンさんは反対していないとおっしゃたではありませんか?

もちろん僕は反対しているわけではありません。

だったら、どうしてこのような事をくどくどと言うのですか?

レンゲさんの心の問題と関係があるからですよ。

あたしの心の問題ですか?

そうですよ。

どういう事ですか?

上の詩はレンゲさんが8月16日に書いたんですよね。

そうですわ。

つまり、その時から、まだ一ヶ月半しか経っていないんですよ。

それがどうかしましたか?

。。。だって。。。上の詩を読んでみてくださいよ。仮に詩の中でレンゲさんが“あなた”と読んでいる人物をAさんだとしますよ。




わたしは砂漠に生まれた小さな花
花をつけることを忘れたままに
ある朝ひっそりと枯れていった

あなたに出会えてよみがえったわたしは
やっと小さな花を咲かせている
生まれたままの姿で
咲いているわたしを
あなたは見つめている


レンゲさんは、一度は枯れてしまったけれども、Aさんによって蘇ったわけですよね?

そうですわ。

。。。だとするなら、レンゲさんにとってAさんは命の恩人なわけですよね?。。。。少なくともレンゲさんの詩の世界で。。。? でしょう?

そうですわ。

レンゲさんを知らない人が上の詩を読んでも、作者がAさんのことを熱烈に愛している事を読み取れるはずですよ。

あたしも、そう思いますわ。

その詩を書いた時から2週間後の9月2日に作者はBさんからメールをもらった。Bさんは作者に会いたいと言う。作者は、まるで詩を書いた事など無かったかのように、ウキウキしながらBさんが待つ大宮へ出かけて行った。そして、あたかも、それがAさんであるかのような思いにとらわれて、そうなる事が当然であるかのように作者はBさんの腕の中で快楽に酔いしれた。16才の時、初めてBさんに抱かれた時の事を偲びながら作者は官能の悦びにしびれ、我を忘れて恍惚感に浸った。。。そういうことですよね?

デンマンさんこそ。。。、デンマンさんこそ、そうやって想像をたくましくしてあたしと坂田さんが会ったことを劇的に妄想しているのですわァ~。

僕が妄想していると言うのですか?ありもしなかった事を想像で言っていると言うのですかぁ~?




そのうえ、わたしはある人に対して、
“ほれこむ”ということも、
よくあります。

でも、その場合でも、
相手から見れば全く理不尽な
理由で、ほれこんでいた人のことを、
全否定してしまうのです。


分かるでしょう、レンゲさん。。。? 惚れ込むこともよくある、とレンゲさんは書いている。しかも、それまで惚れ込んでいた人のことを全否定してしまうこともある。つまり、詩の中でAさんは命の恩人にも等しい人だった。しかし、懐かしいBさんが現れたとたんにAさんの影は薄くなり、陽炎(かげろう)のように、ゆらゆらと揺らいで消えてしまった。もうAさんの事などアタマに無い。作者は夢中になってBさんの腕に抱かれて愛欲の限りを尽くして求め合った。心は16才の乙女に戻って甘え、体は30になろうとする熟れた女の官能の中で、これまで満たされる事の無かった空しさを、寂しさを飽くことなく満たして濡れた。




至福の悦び





2006/06/10

あなたの全てがいとおしい
あなたのまぶたをくちびるで愛撫する
くちびるから全身にしびれるような
熱い波がひろがってゆく
狂おしいまでに
わたしはあなたの腕に
抱きしめられて身悶える



あなたがわたしをつつむやすらぎの光
おだやかな時がいつまでも流れてゆく
あなたにやっと出会い
そして愛し合う

こんなに強く抱きしめた腕
ふたりは確かに結ばれて
身も心もとけあう
あなた ・ ・ ・
いとしい人 ・ ・ ・

あなただけが与えてくれる
この至福
あなただけが教えてくれる
この悦び
あなただけが癒してくれる
この寂しさ
あなただけが満たしてくれる
この虚しさ
あなた ・ ・ ・
いとしい人 ・ ・ ・



初めての出会いから
分かっていた
夕べのしじまの中で
あなたと交わした愛が
とこしえに続くことを

愛している
今朝はすべてが澄み切って
誰にもじゃまはできない

あなたとわたしは確かに結ばれて
身も心もとけあう
あなた ・ ・ ・
いとしい人 ・ ・ ・

by レンゲ




『至福の悦び』より


レンゲさんがAさんのことを想いながら書いたこの詩はBさんの腕に抱かれながら完結している。。。僕の言おうとしている事が分かりますか?

デンマンさんは。。。、デンマンさんは、あたしが坂田さんに抱かれていることがシャクにさわるのですわぁ~。あたしが坂田さんといい事をしているのが焼けるのですわぁ~。あたしが、ずっと枯れた花で居ればいいと思っているのですわ。

違いますよ。

そうですわあああ~。。。デンマンさんは。。。、デンマンさんは。。。バンクーバーであたしにしてくれへんかった。ジューンさんとはしていたくせにィ~。。。そのくせ、あたしが坂田さんに抱かれると、あたしを非難するやんかあああ~。あたしの事を、すぐに男に抱かれる、はしたない女だと思っているんですねん。

そうではありませんよ。

そうですってばああああ~~ あたしが坂田さんに、まったり愛されている事が焼けるんですわあああ~~。

分かりましたよ。。。僕は認めますよ。。。僕が愛しているレンゲさんが、坂田さんにネッチョリ愛されていると想うと、僕は心が掻き毟(むし)られるんですよゥ~。だから言ったでしょう。僕はレンゲさんに振られてしまったような、寂しい思いがしていると。。。

本当にそうなんですかぁ~?

そうですよ。。。でもね。。。

また、もっと気に触ることを言うのでしょう?

そうじゃありませんよ。でも最後に一つだけ言わせてくださいね。

なんですの?

僕がAさん、Bさんを持ち出したのには理由があるんですよ。それは、Cさんでも、Dさんでもいいんですよ。つまり、特定の人物ではないんですよ。レンゲさんの上の詩の中の“あなた”は特定の人ではないんですよ。僕が心の問題だと言ったのは、そこですよ。特定の人物ではないから浄瑠璃の人形の首のように、どのような頭(かしら)が付いてもすんなりと収まってしまう。要するにレンゲさんの詩の中の“あなた”は僕でもいいし、坂田さんでもいいし、清水君でもいいのかもしれない。でも僕の知る限り、たいていの女性は、例えば結婚を考える時に、相手を特定の人に絞る。絞って、その人のことだけを考えてゴールインしようとする。ところがレンゲさんは、そうではない。詩の世界で“愛”を実現しようとする。それを実現するために相手が必要になってくる。現在、レンゲさんの求めている“愛”は僕には、そのように見える。。。どうなんですか。。。?

それは。。。それは。。。

【ここだけの話ですけれどね、ちょっと恋愛論めいてきましたよ。でもね、決して難しい話をしよとしたわけではないんですよ。妥協して結婚する人と、そうせずに、理想の愛を求める人が居るような気がするんですよね。あなたは、そう思ったことがありませんか? あなたは、そのどちらですか?。。。いづれにしても、レンゲさんの話の続きは、ますます面白くなりますよ。。。もっとレンゲさんのことが知りたいのなら、下にリンクを貼っておきましたからぜひ読んでくださいね。】

       
レンゲさんの愉快で面白い、そして悩み多いバンクーバーの日々は
次のリンクをクリックして読んでください。

■ 『レンゲさんのこれまでの話を読みたい人のために。。。』

■ 『レンゲさんの愛と心のエデン』



レンゲさんをもっと知りたい人は。。。。

■ 『女探偵ふじこが試みたレンゲさんの素行調査』

■ 『“愛の正体” と “レンゲのテーマ”』

■ 『不倫の悦びと苦悩』

■ 『レンゲさんのように苦境から立ち上がった女 ー グロリア・スタイナム』

レンゲさんの写真を見たい人は。。。

■ 『レンゲさん、あなたは実はメチャ美人なんですよ!』



スポンサーサイト



テーマ : 恋愛日記
ジャンル : 恋愛

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

次郎

  • Author:次郎
  • 次郎の徒然ブログへようこそ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
Hit Graph

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Follow Me
Twitter
ブログ内検索
RSSフィード
リンク