柏原知美@不徳

 

柏原知美@不徳

 


(ogasa22.jpg)




(ogasa6.jpg)

デンマンさん。。。、どうして私が不徳なのですか? “太く”の間違いではないですよね。 うふふふふふ。。。


(kato3.gif)

“太く”ではなくて“不徳”です。。。 間違いありません。。。

つまり、私がセクシーなビキニを着てネット市民の男性を誘惑しようとしているので“不徳”なのですか?

いや。。。 そうではありません。

じゃあ、いったい どういうわけで私が“不徳”なのですか?

あのねぇ~、実は夕べ本を読んでいたら次の箇所にぶち当たったのですよ。


今の日本はおカネだけが

価値の単線社会



(ikegami2.jpg)

上田紀行:

最近の話ですが、僕の教え子の女性が、タイで結婚しました。 タイ仏教の研究者で実に慈愛の精神に溢れた女性なんです。 ただし、優秀な女性にありがちなことなのですが、男性への要求水準が必然的に高くなっているように見えたので、いったいどんな男性と結婚するのだろうと思っていました。 彼女のような優秀な女性から見たら男は皆欠陥商品ですから(笑)。 その彼女が研究地のタイで結婚することになりました。 相手はタイ人の元お坊さんです。 その結婚式に行ってきました。

池上彰:

欠陥商品でしたか?

上田紀行:

それが、彼もまた慈愛に満ち溢れた人なんです。 結婚式で彼のお父さんがスピーチをしました。 いかにも田舎のおじさんでしたが、こう言ったんです。 「私の息子は、こんなに徳の高い女性と結婚できて、本当に幸せ者だ」と。 僕は驚いてしまいました。 日本の結婚式で、妻となる人を褒めるときに「徳の高い女性」なんて褒め方、聞いたことがありませんから。

池上彰:

日本の結婚式での新妻への褒め言葉は器量よしだとか性格がいいとかになりますよね。

上田紀行:

なぜタイでは徳という言葉が出るのか。 タイは日本同様の資本主義社会だし、失業率が高まったり政権交代したりするときには暴動も起こりますし、都会と農村の格差は問題になっています。 国の経済はどんどん発展してほしい、自分はもっともっと金を儲けたい。 皆基本的にそう思っている社会です。

池上彰:

日本とあまり変わりありませんね。

上田紀行:

経済的に成功しよう。 それがタイの社会に通っている一本の線だとします。 ところが、タイにはもう一本、線が通っているのです。 人生は得を高めるためにあり、来世には徳を積んでよりよい人生に転生したい。 つまり宗教的な人生観が生きている。 タイの社会は、2本のよりどころがある複線的な社会なんですね、経済と宗教という。

池上彰:

金儲けだけが心のよりどころじゃない。 仏教があるとタイの人たちは思っているんですね。

上田紀行:

金儲けもするし、一方で、得も高める。 複線の社会を生きているから、タイの結婚式のスピーチに「徳の高い人」という言葉が出てくるんです。


(thai999.jpg)

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)




218-219ページ 『池上彰の教養のススメ』
著者: 池上彰
2014年4月7日 初版第1刷発行
発行所: 日経BP社




知美さんの結婚式の時には「新妻の知美さんは徳の高い女性」とは言われなかったでしょう?



言われなかったに決まっているじゃありませんかァ! 日本には、第一、徳の高い女性などおりませんわァ!

そんなことはありませんよ。。。

デンマンさんが知っている徳の高い女性が日本にいるのですか?

いますよ。。。 ちょっと次のメールを読んでみてください。


差出人:真由美

件名:今日はいつもより

涼しかったですよ~☆




デンマンさん、こんにちはv(^-^)v

I just finished work.

It's cool and comfortable.

今日も仕事が終わり、帰宅してパソコンの前にいます。
今日はデンマンさんに少し嬉しいお知らせがあります。

今日会社に行き、店長に話があるとの事でした。
その内容はほんの少しですが。。。時給を上げさせて頂きました。
との報告でした。

とても嬉しかったです。
店長は本当に少しですが、と言われましたが私は金額よりも
その気持ちと少しでも頑張りを認めてもらえた事がとても嬉しかったです。

そして、時給を聞いた時に思った以上に上げてくれた事にとても感謝しました。


デンマンさんの記事
やっぱり、血のつながりでしょうねぇ。




やっぱり、真由美ちゃんがカナダに住んでいる僕に

関心を持ったということは、

“血のつながり”と共に“生き方”を同じくする者という

共感もあるのでしょうね。

それで、僕も 真由美ちゃんに対して

“身内の話”もしたくなるのですよ。


デンマンさんからのお話を母に少ししました。
母もデンマンさんのお母様が随分昔に、随分な苦労をされた方だ、というのは知っていたようです。

詳しい内容までは母も知らなかったようで、デンマンさんからの話を伝えました。
母も驚いていました。

不思議な血の繋がり。。。
素敵ですね。

私が今回カナダに行きたいという願いは、実は昔まだ私が小学生の頃に
親戚の かよちゃんがとても優しくて、良くしてもらった記憶が強く残っていました。

小学生といっても低学年で、一度ほど?くらいしか会ったことしかないので、
顔も声も全く覚えていないのに、かよちゃんは優しい!!という私の中で記憶として残っていました。

私が かよちゃんの話をすれば母から、かよちゃんはカナダに行っての話や、英語がペラペラという話しをよく聞いていました。
そんなことからわたしもいつしか英語を話してみたい!!という気持ちが
ずっとありました。

しかし、決してわたしの学生時代はまじめなものではありませんでした。
勉強も好きではなく、遊びに夢中になってしまった時期もありました。

父にも母にも沢山沢山、迷惑かけました。
(これはあまり血のつながりはなかったのかな。。。笑)

それでもずっと気持ちの中に、変わらない「夢」として、
ありました。

デンマンさんの存在を知った時には、やっぱり、何かあるんだ!!なんて勝手に
自分の中で、血のつながりを感じていました。

そして、私の夢を、、、長年の夢を一歩一歩かたちに繋いでくれている事に、
デンマンさん、感謝しています。

私がカナダに行く事は昔からの夢だという事は小さいころから知っていますので、
頑張って欲しいという気持ちで応援してくれています。

そしたらたまの休みにはカナダに旅行にいけるかしら。。?
なんて冗談交じりに言っている母を見ていると
やっぱり夢、絶対叶えたいなって、強く思います。




母親は 昔の苦労話や、悲しかった事などは

おくびにも出しませんでした。

初めから、お互いに元気であることを喜び、

声が聞けたことに感謝して、笑い転げながら話しましたよ。


そんな人ほど、本当に強い人間なんだな。。って私は思います。

そんな女性でありたいです。。




真由美ちゃんも、僕のお袋と話せば、

面白い楽しい人だということが すぐに解りますよ。

でも、内面には、ずいぶんと苦労して

耐え抜いてきた悲しみを持っている人です。

お袋が 真由美ちゃんのお母さんに優しい気持ちになれるのも、

いろいろと苦労した過去があればこそです。


いつかいつかそんなお話もデンマンさんに直接、話を聞けたらな p(^-^)q っと思っています。

もっといろんな事が、不思議に繋がる気がして。。

そう。。かよちゃんにも会いたいですね。

向こうで、、

デンマンさんとかよちゃんと3人で会えたらそれも何だか素敵ですね!

デンマンさんも素敵な一日をお過ごしください!!

Have a nice day!!

真由美より

2014年06月04日 17:55




『真由美ちゃんの命の力』より
(2014年8月18日)




あのねぇ~、真由美ちゃんはお金が欲しいから一生懸命働いたわけじゃない。。。 もともと陰日向(かげひなた)なく、勤勉に自分の勤(つと)めを果たすという 徳目のひとつを無意識的に実行しているに過ぎない。。。 その誠実で勤勉な姿を見て店長が給料を上げてくれたのですよ。



真由美ちゃんが意識的に、そういう演技をしたということだって考えられるじゃありませんか!

あのねぇ~、真由美ちゃんは、知美さんのように“腹黒い女”じゃないのですよ。

真由美ちゃんはデンマンさんの身内だから、“えこひいき”をしているのですわ。

違うのですよ。。。 彼女と僕が血がつながっているからといって、僕は真由美ちゃんの性格を美化しているわけじゃないのです。。。 例えば、次のようにカナダ人の女性も真由美ちゃんの“誠実で勤勉な姿”に心を打たれて奨学金がもらえるように取り計らってくれたのですよ。




私は別に、妙な事に関心があるのではないのですわァ。。。 うふふふふふふ。。。 たまたま聖書の話から気になって調べてみただけのことです。。。 でも、デンマンさんこそ、どう言う訳で“乙女老い易く学成り難し”というように変えてしまったのですか?



真由美ちゃんがバンクーバー・コミュニティ・カレッジ(Vancouver Community College)で本格的にパン職人・お菓子職人の勉強をするために入学したと聞いたからですよ。。。 


(vcc002.jpg)


(baker112b.jpg)


(baker113b.jpg)


(baker111b.jpg)



つまり、真由美ちゃんのための餞(はなむけ)の言葉のつもりです。 うししししし。。。



そうだったのですかァ~。。。

それにしても、どう言う訳で、真由美ちゃんは入学を決心したのですか?

デンマンさんも ご存知のように、わたしはカナダ移住を決心して仕事を探したのですけれど、就労ビザを持ってないと、なかなか雇ってもらえなかったのですわ。。。 それで、仕方なくボランティアでカーネギー・センターのキッチンで仕事をするようになったのです。。。


(carnegie01.jpg)


(carnegie02.jpg)


(carnegie06.jpg)



うん、うん、うん。。。 それは聞いていました。



私は、ほぼ毎日のように仕事に励んでいたのですけれど、ある日、女性マネージャーが私をオフィスに招いて意外な話をしてくれたのです。

その意外な話とは。。。?

私が就労ヴィザを取得してバンクーバーでパン職人・お菓子職人として働けるように、まずバンクーバー・コミュニティ・カレッジで職人になる勉強をしてみたらどうかと言ってくれたのです。

ほおォ~。。。 それはいい話ではありませんかァ!

でも、「私には経済的な余裕がありません」と言ったら、奨学金がもらえるように推薦してあげるから、私さえその気ならば手続きを始めるけれど、どうですか?。。。 と言うのでした。

ほおォ~。。。 それはラッキーな話だねぇ~。。。 それで、現在 奨学金をもらいながら、バンクーバー・コミュニティ・カレッジ(Vancouver Community College)で本格的にパン職人・お菓子職人の勉強をしているわけなんだァ~。。。

そうです。。。




『乙女老い易く学成り難し』より
(2015年9月16日)




わかるでしょう!?。。。 徳目のひとつである“誠実”も“勤勉”も、言葉を越えて世界の人々の心に通じるのですよ。



私には、そういう“誠実さ”も“勤勉さ”も無いとデンマンさんは主張するのですか?

いや。。。 僕が言っているわけじゃないのですよ。

じゃあ、いったい誰が言っているのですか?

知美さんの不誠実な、不徳なやり方に反発したネット市民の一人が知美さんのブログに次のようなコメントを書いたのですよ!


7. 無題


(angry13.gif)

ペタツールやめてください

気持ちが悪いです

ブログつまらないです

運営に通報しておきます

ゆう 2015-08-13 22:03:31




「ちょっとだけ、お時間下さい」のコメント欄より




知美さんは“自動ペタツール”を使って集客のために、“ペタ”スパムを飛ばしまくっていたのですよ。



“自動ペタツール”を使って“ペタ”を付けるのは いけないことですかァ~?

あたりまえでしょう! 知美さんのブログにやって来てもらいたい。。。、つまり集客のために、実際にブログを見てもいないのに、“自動ペタツール”を使って“ペタ”を飛ばしまくったのですよ! “ゆう”さんは、それを見破って上のようなコメントを書いたのです。

でも、たった一人が上のようなヤ~らしいコメントを書いただけじゃありませんか!

いや。。。 たった一人ではありませんよ! 僕も次のようなコメントを書き込んだのですよ!


5.読者登録スパマー止めた方がいいぞ!


(foolx.gif)

出鱈目な事を書いてネット市民の皆様を騙すんじゃないよ!

僕の記事をよく読んで勉強した方がいいぞ!

オマエのやり方では金儲けはできないのだよ!

じっくり反省してまじめな生活を送れよな!

(爆笑)

barclay 2015-08-10 13:09:59 >>このコメントに返信




「ちょっとだけ、お時間下さい」のコメント欄より




知美さん、あなたは“自動登録ツール”も使って、集客のため、自分のブログを見てもらいたいために、読みもしないブログに“読者登録”をしていたのですよ。



でも。。。、でも。。。、“ゆう”さんと、デンマンさんだけが批判的なコメントを書いたのですわ。

違いますよ。。。 他にも、「柏原知美は悪徳スパマーだ!」ということを確認して僕のブログにコメントを書いてくれたネット市民がいたのですよ。


1 ■サンシャインと申します。


(god50815b.png)

当方は福祉施設が管理している複数人で参加しているブログですが、
うさんくさいブロガーが時々イイネを押して来ます。

大変参考になりました。
怖いですね。
本当に助かりました。

教えて頂き有り難うございます。
関わらないように実態を皆に周知したいと思います。
感謝申し上げます。

Sunshine&moonlight

2015-08-12 12:43:33 >>このコメントに返信




『ともみさんからのメッセージ』のコメント欄より




でも。。。、でも。。。、たまたまサンシャインさんがデンマンさんの記事を読んで上のコメントを書いただけですわ。。。 ほんの一部の人が私に対して批判的なだけですわ。



いや。。。 ほんの一部の人ではありません。。。 あなたが拝金主義の毒されて、相手のブログを読んでもいないのに、金儲けのためだけに“自動ツール”を使ってスパムを飛ばしているという不誠実で不徳な迷惑行為のニュースがネット市民の皆様の間に広まっているのですよ。

その証拠でもあるのですか?

ありますよ。。。 次のリストを見てください。


(ame50826d.png)

『拡大する』



これはアメブロの僕のブログの8月20日から26日までの1週間の「人気記事リスト」です。。。 赤枠で囲んだ4番に注目してください。。。 個別の記事では『ともみさんとGOOGLE』という記事がダントツで読まれたのですよ。

『ともみさんとGOOGLE』

しかも、その次に読まれた記事も『ともみさんからのメッセージ』という記事です。。。 どちらの記事も柏原知美さんの事を書いた記事なのですよ。


(ame50812e.png)

『ともみさんからのメッセージ』



どうして、私の事が書かれた記事がダントツで読まれるのでしょうか?



あのねぇ~、もう一度「人気記事リスト」を見てください。


(ame50826d.png)

『拡大する』



4番から10番まで読まれている記事はすべてスパマーに関する記事なのですよ。



デンマンさんが私を晒すので、こういうことになるのですわア!。。。んもおおおォ~。。。!

知美さん!。。。 感情的にならずに、どうか落ち着いてくださいよう!

これが落ち着いていられますかあああァ~。。。!

あのねぇ~。。。 とにかく、今のままで知美さんがスパムを続けてメルマガで稼ごうとすると、やがてあなたの家族は破滅するのですよ!

だから、それはデンマンさんの極めて個人的な意見なのですわァ~!

いや。。。 これは僕が言っているわけじゃないのですよ!

じゃあ、どなたが言っているのですか?

あのねぇ~、ニーチェというおっさんが次のように言ったのですよ!


脱皮して生きてゆく


(nietzsche9.jpg)

脱皮しない蛇は破滅する。

人間もまったく同じだ。

古い考えの皮をいつまでもかぶっていれば、

やがて内側から腐っていき、

成長することなどできないどころか、

死んでしまう。


(snake3.gif)

常に新しく生きてゆくために、

わたしたちは考えを新陳代謝させていかなくてはならないのだ。

 

『曙光』 ニーチェ




043 『超訳 ニーチェの言葉』
訳者: 白取春彦
2010年3月20日 第11刷発行
発行所: 株式会社ディスカバー・トゥエンティワン

『脱皮しない蛇』に掲載。
(2014年1月20日)




つまり、私が脱皮していないとデンマンさんは言うのですか?



そうですよ。。。 あなたは、頑固に自分の考え方でネットをやろうとしている。。。 それが間違っていることを認めようとしない!

私は自分のやり方が正しいと信じていますから。。。

だから、それが独断と偏見なのですよ。 多くの人があなたのスパムにムカついているのですよ。 でもねぇ~、日本には“馬鹿を相手にしない”という人が多いですからね。。。 それで、多くの日本人は 知美さんのブログにコメントを書かずに無視しているだけなのです。。。

でも、私のブログには、けっこうコメントが書かれていますわ。。。“優香 ~ちょっとここだけの話~”さんだとか。。。、“洋子☆主婦の貧乏脱出物語☆”さんだとか。。。、“ふみ”さんだとか。。。、“なみ☆念願のハワイ在住達成☆”さんだとか。。。“しま”さんだとか。。。

あのねぇ~、知美さん。。。 あなたが挙げた、上のコメントを書いた人たちはすべて悪徳コメント・スパマーですよ。。。 その証拠に、ほとんど すべての人のブログが削除されている!。。。 要するに、多くのネット市民の皆様は“馬鹿を相手にしていない”のですよ。

デンマンさんは馬鹿を相手にするのですか?

うへへへへ。。。 実はそうなのですよ。。。 僕はカナダに住んで20年以上になりますからね。。。 日本的な考え方にこだわってません。

つまり、デンマンさんのオツムの中では 私も馬鹿の一人なのですか?

そのようです。。。 うへへへへへ。。。 とにかく、脱皮しない蛇は破滅すると言うことは、あなたの考え方を改めて、2度とスパムを飛ばさないと日本語が解る世界のネット市民の皆様に誓うことですよ。

そうすれば、私も幸せになれるのですか?

そうです。。。 昔の人は次のようにも言いましたからねぇ~。。。

 

“信じる者は救われる!”



(laugh16.gif)


【レンゲの独り言】


(manila07.gif)

ですってぇ~。。。
とにかく、ネットには “めちゃキモい”人たちがウヨウヨしています。
柏原知美さんも その一人です。
まるで得意になって、不誠実で悪徳な迷惑行為を続けています。

また、見かけは普通のブログでも、悪徳スパマーが手を変え品を変えて 悪徳サイトへ誘い込もうとしています。

スパムコメントで褒められると、ついついその気になって、相手のブログへ飛んでゆき、お返しに、あるいはお礼にと思って 読者に登録してしまったりするものですわァ。
どうか スパマーの思う壺にはまらないでくださいね。

悪徳スパマーは悪徳サイトへ誘おうと
てぐすね引いて待っているのですから。。。

悪徳サイトを利用して、
メールアドレスで登録したりすると、
あなたのメールアドレスは第3者や第4者に売られてしまう危険性があります。

あなたは、そのようなスパム・コメントや 成りすましスパマーには騙されないと思い込んでいるでしょう?
でもねぇ~、もしかすると騙されているかもよ。。。

とにかく気をつけてくださいね。

次回も、さらに面白い話題が続きます。
あなたも、どうか、また記事を読みに戻ってきてください。
では。。。


(hand.gif)


あなたが絶対、

見たいと思っていた

面白くて実にためになるリンク



■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『興味深い写真や絵がたくさん載っている世界の神話』

■ 『現在に通じる古代オリエント史の散歩道』

■ 『見て楽しい、読んで面白い 私版・対訳ことわざ辞典』

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』


■ 『あなたもワクワクする新世代のブログ』

■ 『ちょっと心にぐっと来る動物物語』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Godiva Sayuri
(godiva05.jpg)


(bikini901.jpg)

■ 『下着女装美脚』

■ 『やっぱり、何もできないなァ!』

■ 『呆れたパイオツ』

■ 『消されたパイオツ』

■ 『自動翻訳バカ』

■ 『エロい呟きを見て』

■ 『下着女装で山手線』

■ 『下着女装バカの軌跡』

■ 『下着女装カバのバカ』

■ 『まだ、バカやめないの』


(bigcash.jpg)

■ 『世界の不思議バカ発見』

■ 『ネットバカの不思議発見』

■ 『ネットカバの悦び』

■ 『地獄で血迷うネットカバ』

■ 『スパムコール』

■ 『愚かな主婦あけみ』

■ 『北風とお日様』

■ 『外国人SEX伝万美脚』

■ 『稼げばそれでいいのか?』

■ 『ネットの天然記念バカ』

■ 『バカの厚い壁』

■ 『愚かな2児のママ』

■ 『カラコンカラコン』

■ 『もてない愚かな男』

■ 『バカになりきった男』

■ 『愚かな女の悪知恵』

■ 『愚かで貧しい洋子』

■ 『バカの壁に囲まれた洋子』

■ 『いいねバカ』

■ 『いいねバカに注意!』

■ 『いいねバカダントツ』


(hooker08.gif)

■ 『ハワイに住みたいマリ』

■ 『あんぽんたん』

■ 『いいね馬鹿』

■ 『ニート・リサ』

■ 『スパマーのブラックリスト』

■ 『馬鹿の波紋』

■ 『ハワイの笑える腐女子』

■ 『削除された山下英語』

■ 『リサ ニート城を買う』

■ 『優香のちょっとここだけの話』

■ 『悪名高い愚かな優香』

■ 『洋子☆主婦の貧乏脱出物語』

■ 『15分でバカになる』

■ 『キモい洋子の表象空間』

■ 『睡眠は病のくすり』


(dotto6.jpg)

■ 『ななの七変化』

■ 『ともみさんからのメッセージ』

■ 『ともみさんの素顔』

■ 『有名になったシドニーの悪女』

■ 『1日15分で英語がペラペラ』

■ 『ともみさんとGOOGLE』

■ 『初対面で嫌われない法則』

■ 『ネイティブのように』

■ 『shu01591スパマーに注意!』

■ 『柏原知美ダントツ』

■ 『戸田亮に注意!』

■ 『スパマー 戸田亮』

■ 『森田伸二に注意!』

■ 『詐欺師 森田伸二』

■ 『森田伸二社長に注意!』

■ 『森田伸二de詐欺師』

■ 『詐欺認めた森田伸二』

■ 『森田伸二に要注意!』



(juneswim.jpg)


(byebye.gif)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

次郎

  • Author:次郎
  • 次郎の徒然ブログへようこそ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Hit Graph

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Follow Me
Twitter
ブログ内検索
RSSフィード
リンク