人類は滅びる!


 

人類は滅びる!

 


(ai002.png)


(atombomb.jpg)


(ai003.jpg)




(ohta03.png)

デンマンさん。。。、また オイラをお呼びですかァ~?


(kato3.gif)

そうだよゥ。。。 首を長くして待っていたのだよ。

でも。。。、どうして。。。、どうして。。。、“人類は滅びる!”というタイトルを付けてオイラを呼び出すのですかァ~?

オマエには、何も思い当たることはないのォ~?

どうして そのような馬鹿げた質問をするのですかァ?。。。 かつて地球上に繁栄した恐竜だって滅びてしまったのですよ。。。 だから、人類だって、いづれ滅びるに、決まってるじゃありませんかア!

なるほどォ~。。。、オマエも、少しは聞きかじった事を言うんだねぇ~。。。

まさかァ、オイラに この事を言わせるために呼び出したわけじゃないでしょうね?

もちろん、違うんだよ。。。 呼び出した理由は他にもあるのだよ。。。 たまたまバンクーバーの無料情報紙を読んでいたら次の記事にぶち当たったのだよ。


A.I. Hawking warns that

artificial intelligence

could end the human race



(hawking.jpg)

Physicist Stephen Hawking has warned that the rise of artificial intelligence could see the human race become extinct.

In an interview with the BBC, the scientist said that while "primitive forms" of artificial intelligence have proved useful, if the technology is developed to a level that can surpass humans, it "could spell the end of the human race."


(ai004.jpg)

He said that advanced artificial intelligence would "take off on its own, and redesign itself at an ever increasing rate."

Human biological evolution will not be able to compete and "would be superseded," he said in the interview Tuesday.

【The associated press】




人工知能が人類を滅ぼすかもしれない!

物理学者の

ステファン・ホーキング博士が警告


人工知能の出現により人類は絶滅するかもしれないと物理学者のステファン・ホーキング博士が警告している。

BBC放送のインタビューに応じて博士は次のように説明した。

原始的な人工知能は人類にとって利用価値があるけれど 人間の知能を越えるほど進化すれば、やがて人工知能は人類を滅ぼすだろう。


(ai003.jpg)

高度に進化した人工知能は、人間の手を借りずとも それ自身で急速に、更に高度に進化できるようになってゆく。

人類の生物学的な進化は、人工知能の進化に追いついてゆけず、やがては人工知能が人間に取って代わるだろう。

博士は12月2日の火曜日にそう警告した。

【デンマン意訳】




Page 26 "The Metro News"
Thursday, December 4, 2014
metronews.ca




上の記事を読んでオイラを呼び出す気になったのですか?



そうだよ。

でも、上の記事は12月4日の記事ですよね。。。 1ヶ月以上も前の記事じゃありませんかア!

その通りだよ。

どうして、上の記事を読んだ時にオイラを呼び出さずに 1ヶ月以上も経ってから呼び出す気になったのですか?

実は、昨日、1月19日に次のリストを見たのだよ。


(wp50119a.png)

『拡大する』



これは Denman Blog の「サイト統計情報」のページなんだよ。 右下の「コメント」に注目して欲しい。



その「コメント」のどこを見るのですか?

赤枠で囲んである箇所に注目して欲しいのだよ。


(wp50119a2.png)



あれっ。。。 A.I. と書いてありますねぇ~。。。



そうなのだよ。。。 これを見て僕は感電したようにオツムが閃(ひらめ)いて上の新聞記事のことをハッと思い出したのだよ!

マジで。。。?

このような時に冗談やデマカセが言えるかよ! 僕はちょうどブログの記事に何を書こうか?。。。と考えている時だっただけに、ああッ~、これだア!。。。と思ったわけだよ。

それで、オイラを呼び出す気になったのですかア?

その通りだよ!

でも、この A.I. というのは、いったい誰ですか?

あのさァ~、判りきったことを訊くなよ! ここまで読んでくれば、初めて読むネット市民でも、オマエがA.I.と名乗ってコメントを書いたということが見え見えなんだよ!

やっぱり 判ってしまいますかァ~?。。。 うへへへへへへ。。。 それにしてもですよ。。。1ヶ月以上も経ってから思い出すなんて、デンマンさんも気が長いと言うかァ~? 血の巡りが遅いと言うかァ~? かな~りオツムの回転が遅いですよねぇ~。。。

むしろ、1ヶ月以上も経ってから、A.I. とオマエを結びつけるだけの鮮明な記憶が保存されていたということに感動して欲しいのだよ! 初めて、この記事を読む人も居るだろうから、念のために、A.I. がオマエだという証拠を見せようと思うのだよ。 次の画面を見て欲しい。


(wp50118c.png)

『拡大する』



A.I. をクリックすると上の画面が出てくるのだよ。



なるほどォ~。。。

上の赤枠で囲んである箇所を解り易く表示すると次のようになる。


(wp50118d.png)



この IPアドレス (72.140.219.150) からオイラを突き止めたのですねぇ~。。。



その通りだよ。。。 詳しい事は重複するので次の記事を読んで欲しい。


(uncle006.gif)

『相変わらず馬鹿か?』



オマエが上のコメントを書いたのは去年(2014年)の9月12日なんだよ!



しかし、デンマンさんもしつこいですねぇ~。。。 どうして、また 蒸し返すのですかァ~? 

あのさァ~、僕のことを“しつこいですねぇ~”と非難する前に、品のないコメントを書いたオマエ自身の愚行を まず反省すべきじゃないのォ~? オマエは、僕が見逃すとでも思ったのォ~?

デンマンさんが 1ヶ月以上経ってから思い出すことでも明らかなように、オイラはデンマンさんのオツムの回転が遅いから、絶対にコメントを書いた人物がオイラだとは判らないだろうと思ったのですよ。 (爆笑)

オマエの、その独断と偏見が 大きな間違いの元なんだよ! 何でも、自分を判断の基準にしないことだよ! もっと客観的に他人を見るべきだよ!

でも、オイラがデンマンさんに上のコメントを書いたことが それほどオイラの汚点としてネットに残るものなのでしょうか?

残るのだよ。。。

その証拠でもあるのですか?

あるのだよ。。。 次の検索結果を見て欲しい。


(gog50118a.png)

『現時点での検索結果』



「品のないコメントを書いた太田将宏」を入れて GOOGLE で検索した結果だよ。 見れば解るように 31,700件もヒットするのだよ。



あれっ。。。 デンマンさんはオイラのコメントのことを しつこく記事に書いているのですねぇ~。。。

オマエは、少しは反省したのォ~?

オイラは反省する必要があるのでしょうか?

あるのだよ! オマエは「太田将宏作品集」というタイトルを掲げて ネットで、これまでに書き溜めた作品を公開したけれど、上の検索結果を見たら、ほとんどのネット市民の皆様がオマエの作品も“品がないに違いない!”と思ってしまうのだよ。

そうでしょうか?

試しに、「太田将宏作品集」と入れて GOOGLE で検索すると次のような結果になるのだよ。


(gog50119a.png)

『現時点での検索結果』



つまり、青枠で囲んであるオマエの「太田将宏作品集」を読む前に、赤枠で囲んである僕の記事を読んでしまうのだよ。。。 すると、品のない下らないコメントを書いたオマエのことが暴露されてしまう。



それで、ネット市民の皆様が、オイラが“品のない下らない男”だと思って、オイラの作品集を読まないということですか?

いや。。。 もちろん、“品のない下らない男”に興味を持つ人は「太田将宏作品集」を読むだろうよ。。。 でもなァ~、そういう人はクラシックに関心があるわけじゃないから、1ページも読まない内に興味を失って他のサイトへ飛んでしまうんだよ。

つまり、早い話が オイラの「太田将宏作品集」は真面目なネット市民の皆様には読まれないということですね?

長い話を短くすると そういうことになるのだよ。。。 とにかく、どれだけの人がオマエの作品を読んでいるのか? 作品が載っているサイトでチェックしてみたらいいよ。 おそらく、訪問者は1日に100人も居ないから。。。

もし1日に百人以上の訪問者が居たら、デンマンさんはどうしますか? スカボロー(Scarborough)のオイラの家までやって来てオイラの尻の穴を舐めてくれますか? (爆笑)

オマエは、そういう下品なことを言うから、娘さんにも口を利いてもらえないのだよ!

デンマンさん!。。。 オイラの家庭問題については、今後、絶対に触れないでくださいよう! んもおおおォ~。。。!

そのように感情的になるなよ! オマエは自分の作品の中で家庭問題について自分で書いているのだよう! 何を血迷った事を喚(わめ)いているんだよう!



(oldman03.png)

私は、この曲集を書き終えたとき、老人見習いから、正真正銘の老人になるのではないか、と思うこの頃である。
真の老人とは、もはや、失うべき何ものも無くなった人のことを言うのではないか。

長女は、私から去った。
次女は、中立を保つ為に、この家に寄りつかない。
家内と言えば、日本語も通じなくなってから何年にもなる。


私には、S.Kierkegaard の言った、一番易しく一番難しいこと、すべてを捨てること、が、案外、無理なくできるのではないか。
いや、その時には、捨てるべき何ものも見当たらなくなった境地であろう。

その意味では、老人になる前に、不慮の死で亡くなった人は気の毒である。
私は、若い時に、死ぬのはいいが風邪をひくのは嫌だ、などと言って、粋がって与太をほざいていた。
今も、願わくは、あまり苦しむことなく死を迎えられたなら、それにこしたことはない、と考えている。

Kierkegaard は、また、永遠とは有限が無限に出会う瞬間である、と言っていた。
私の人生に、かつて、そのような瞬間があったであろうか。
いや、それもまた、超越の命題であろう。

私の人生は、無明に迷ったそれに終わるのかもしれない。
しかし、私の背後には、母の祈りがあった。

ある麻薬中毒患者が、お母さん、僕は、こんな遠くまで来てしまった、と淋しげに呟いていたが、私は、麻薬中毒者ではないけれど、その気持ちが解かっている、と思う。
どのみち、人生は、rehearsal無しの、ぶっつけ本番なのである。

しかし、私は、F.M.Dostoevsky の「白痴」にある、あの「イッポリトの告白」に書かれているように、もし、生まれる前に、この条件を知らされていたとしたならば、私は、生まれるてくることを肯(がえ)んじなかったであろう、とは思っていない。
私は、感謝して死ねるように、今からでも、心の準備をしておこう。

S.D.G

コーダ(蛇足):

私の懐疑なるものが、深いのか、深くないのか、私自身も知る由もない。
仮に、深かったとしても、そもそも、懐疑の深さというものは、誇るべきものであるのか、という疑問が残る。




【デンマン注:】 改行を加え読み易くしました。あしからず。

S.Kierkegaard: キルケゴール (1813-1855) デンマークの哲学者

S.D.G.: Soli Deo Gloria (ラテン語) To God Alone the Glory(英語) 神に栄光あれ。

F.M.Dostoevsky: ドストエフスキー (1821-1881) ロシアの小説家・思想家




56ページ Michel-Richard de Lalande
『後奏曲集(後書きばかり)』 作品3
著者: 太田将宏
初版: 1994年1月 改定: 2006年9月

『馬鹿やめたのね?』に掲載。
(2015年1月7日)




でも。。。、でも。。。、他人の家庭問題に第3者が首をつっくむのは失礼だと思います。。。 基本的人権の侵害ですよ。



突っ込みを入れられるのが嫌なら、僕は強(し)いてオマエの家庭問題に首を突っ込むつもりはないのだよ。

。。。で、ホーキング博士を持ち出してきて、デンマンさんは 一体何が言いたいのですか?

だから、オマエが僕の Denman Blog の記事に A.I. というハンドル名を使って、品のないコメントを書いたのが そもそもの事の起こりなんだよ。 オマエが下らないコメントを書かなかったら、心安らかに平和な老後の田園生活を オマエはトロントの郊外で送れたのだよ。

つまり、オイラが自分で、平和な老後の田園生活を乱したと言いたいのですか?

その通りだよ! “自業自得”と昔の人は言ったのだよ。 “薮蛇(やぶへび)”と言った人も居た。 だから、自分の正体が判らないだろうと思って、品のない、下らないコメントは書くべきじゃないのだよ!

この事を言うために、ホーキング博士を持ち出してきて デンマンさんは長々と講釈をタレたのですかァ~?

いや。。。 僕が言いたいのは、その事よりも むしろホーキング博士の警告についてだよ。

ホーキング博士の警告が どうだと言うのですか?

あのさァ~、オマエは早稲田大学の理工学部を卒業したのだよ。

だから、どうだと デンマンさんは言うのですか?

早稲田大学の理工学部に入学して卒業できたということは、オマエの知的レベルは、偏差値で言うとかなり上位なんだよ。

だから。。。?

だから、オマエは平均的な日本人が あまり関心を持たないようなクラシックの作曲家のことを書き溜めて「太田将宏作品集」と題してネットで公開したのだよ。 言ってみればすごいことなんだよ。。。

デンマンさんも「すっご~♪~い!」と認めてくれるのですか?

もちろんだよ。。。 僕はオマエのクラシックの造詣(ぞうけい)の深さに感心したのだよ。

うへへへへへへ。。。 それほど褒め殺しにしなくてもいいですよう。

ところがだよ。。。 オマエは、よりによって“A.I.”というハンドル名を使って、正体が判らないと思って、僕の記事に次のような下らないコメントを書いたのだよ!



このようにして、デンマンこと、加藤明は

自慰にふけっているのではないでしょうか?




つまりだなァ~、ホーキング博士が警告しなくても。。。 A.I. (人工知能) が急速に進化して、人間の手を借りずとも それ自身で、更に高度に進化し、やがては人工知能が人間に取って代わらなくても。。。、知的であるはずのオマエのような人間が次のようになってしまう。

長女は、私から去った。

次女は、中立を保つ為に、

この家に寄りつかない。

家内と言えば、

日本語も通じなくなってから

何年にもなる。


要するに、これは人類が滅亡する前兆ではないかと。。。僕は上の新聞記事を読んで、オマエのことを思い出しながら、しみじみと、そう感じたのだよ。



(laugh16.gif)


【デンマンのの独り言】


(foolw.gif)

あのねぇ~。。。
こういう事は 実は あまり書きたくない。
でもねぇ~、いつの時代でも人間関係は重要ですからね。

実は、太田さんと僕は絶交状態なのですよ。
このような 絶交状態にならないように、あなたの参考になればと思って、書いたのですよう。

人間は神様じゃないのだから、絶対に完璧な人間など居ません。
長所もあれば短所もある。
でもねぇ~、中には、長所よりも短所が目立つ人が居るのですよ。

その例が 僕の知る限り 太田さんなのですよ。
僕は口が悪いから、太田さんをボロクソに貶(けな)していますが、
60%ぐらい尊敬しております。

太田さんの書いたクラシックの本の原稿を読むと、本当に感心させられました。
実際、僕は太田夫婦には ずいぶんとお世話になったのです。

だから、このような絶交状態になっても、この一件とは別に、
太田さん夫婦には今でも感謝しております。
特に、気持ちの優しい奥さんには。。。(微笑)

あたなも もし、絶交状態になりそうな相手がいたら、距離を置いて付き合ってください。
気をつけてくださいね。

次回も、さらに興味深い話題が続きます。
あなたも、どうか、また記事を読みに戻ってきてください。
では。。。


(byebye.gif)


 


【レンゲの独り言】


(manila07.gif)

ですってぇ~。。。
あたしは、太田さんの娘さんにも、奥様にもお会いした事はありません。
でも、娘さんは、二人とも カナダで女医さんになっているほどですもの。。。
娘さんにしても、奥様にしても、決して悪い人ではないと思いますわ。

それなのに、太田さんは 娘さんとも、奥様ともうまくやっていないという事は、
太田さんに、問題があると思うのです。

あなたは、どう思いますか?

とにかく、ネットには “めちゃキモい”人たちがウヨウヨしています。
太田将宏さんは、まだ良い方ですわ。

中には、まるで得意になって、愚かな事をして遊んでいる オツムの足りない人たちがたくさん居ます。
また、見かけは普通のブログでも、悪徳スパマーが手を変え品を変えて 悪徳サイトへ誘い込もうとしています。
また、スパムコメントで褒められると、ついついその気になって、相手のブログへ飛んでゆき、お返しに、あるいはお礼にと思って 読者に登録してしまったりするものですわァ。
どうか スパマーの思う壺にはまらないでくださいね。

悪徳スパマーは悪徳サイトへ誘おうと
てぐすね引いて待っているのですから。。。

悪徳サイトを利用して、
メールアドレスで登録したりすると、
あなたのメールアドレスは第3者や第4者に売られてしまう危険性があります。

あなたは、そのようなスパム・コメントや 成りすましスパマーには騙されないと思い込んでいるでしょう?
でもねぇ~、もしかすると騙されているかもよ。。。

とにかく気をつけてくださいね。

次回も、さらに面白い話題が続きます。
あなたも、どうか、また記事を読みに戻ってきてください。
では。。。


(hand.gif)


あなたが絶対、

見たいと思っていた

面白くて実にためになるリンク



■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『興味深い写真や絵がたくさん載っている世界の神話』

■ 『現在に通じる古代オリエント史の散歩道』

■ 『見て楽しい、読んで面白い 私版・対訳ことわざ辞典』

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』


■ 『あなたもワクワクする新世代のブログ』

■ 『ちょっと心にぐっと来る動物物語』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Godiva Sayuri
(godiva05.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人 - 小百合物語』

■ 『プラダスパマー団』

■ 『日中米スパマー団』

■ 『愚かなスパマー団』

■ 『オマエ、タイ人じゃないよね』

■ 『ウザい宣伝スパマー』

■ 『また、オマエか!?』

■ 『スパマー夢太郎』

■ 『モンブランスパマー』

■ 『ほめ殺しスパマー』

■ 『激バカスパマー』

■ 『シャネルスパマー』

■ 『ロレックススパマー』

■ 『つぶやきスパマーの嘆き』

■ 『アドレス収集スパマー』

■ 『出会い系スパマー』

■ 『呆れたスパマー』

■ 『キモいスパマー』

■ 『フランススパマー』

■ 『ウザいスパマー鈴木』

■ 『ルイヴィトンと小百合パンツ』

■ 『デリヘルのキモい女』

■ 『ラッキースパマー』

■ 『しつこいデリヘルの女』

■ 『偽装スパマー鈴木』

■ 『ハルヴァの誘惑』

■ 『ハルヴァは見ていた』

■ 『笑わせるスパマー西元』

■ 『女に成りすますスパマー西元』

■ 『めちゃキモいナンパ野郎』

■ 『ヒラリーおばさんも嫌うコメント』

■ 『金儲けがすべてでいいのか?』

■ 『激ウザIPアドレス』

■ 『貧しいさもしい心の人』

■ 『スパマー・ブラックリストだよ』

■ 『スパマー道場』

■ 『音楽に向き合え!』

■ 『自滅するナンパ野郎』

■ 『謎の3819人』

■ 『火星人さとみ』

■ 『月夜の笑子』

■ 『ハワイの彩萌』

■ 『キモい文字列』

■ 『キモい旅行好きのマイ』

■ 『キモい女子大生ユリ』

■ 『女になりたいスパマー』

■ 『キモい不幸な情報屋』

■ 『オマエ、何でもできるの?』

■ 『飛んで火に入る夏の虫』

■ 『女子大生ユリの悩める夏』

■ 『謎の3819人がなぜ?』

■ 『カリスマホステス明日香の悩み』

■ 『ダメ社長の無知』

■ 『悪徳スパマーとファシスト管理人』

■ 『哀れなゆうたろう』

■ 『へのへのもへじスパマーと孫悟空』

■ 『殺意を振りまく女』

■ 『アメブロのウザい女』

■ 『ネット馬鹿の不満』

■ 『スパマー石原誠二』

■ 『eeepaiotsuバカ』

■ 『西海岸からのスパム』

■ 『シドニーの悪女』

■ 『相変わらず馬鹿か?』

■ 『馬鹿やめたのね?』



(juneswim.jpg)


(stars.gif)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

次郎

  • Author:次郎
  • 次郎の徒然ブログへようこそ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Hit Graph

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Follow Me
Twitter
ブログ内検索
RSSフィード
リンク