ズロースなの?


 

ズロースなの?

 


(himiko25.gif)


(sayuri38.jpg)


(himiko32.jpg)




(sayuri55.gif)

デンマンさん。。。どうしてヤ~らしいタイトルに私を呼び出したのですか?


(kato3.gif)

“ズロース”というようなタイトルの時に呼び出されるのが 小百合さんは不満なのですか?

だってぇ~、あまりにも時代感覚がズレているではありませんかァ~!

でもねぇ~、意外に“ズロース”に興味を持っている人たちがいるのですよう。

広い世の中ですから、なかには、“ズロース・フェチ”のような変態嗜好(へんたいしこう)の男性もいるのでしょうねぇ~!?。。。で、デンマンさんも“ズロース・フェチ”の一人なのですかァ?

。。。ん? 僕が“ズロース”にハマッていると小百合さんは思っているのですか?

だってぇ~、タイトルに“ズロース”を持ち出してきているではありませんかァ!

あのねぇ~、僕は“ズロース”には、ほとんど興味がありません。。。 なぜ“ズロース”を持ち出してきたかと言うと 次のリストを見たからですよ。


(liv50629c.png)

『拡大する』



これはライブドアの僕の『徒然ブログ』の6月1日から29日までの約4週間の「人気検索キーフレーズ」のリストですよ。 赤枠で囲んだ 13番に注目してください。



あらっ。。。 「ズロースおばさん」を入れて検索して デンマンさんの『徒然ブログ』にやって来たネット市民が6人いたのですわねぇ~。。。

そうです。。。 それに、青枠で囲んだ18番にも注目してください。

ヤ~らしい男性がいるものですわねぇ~。。。 「おばさんのパンツ見せてください」と入れて検索してやって来たのではありませんかア!。。。 誰も見ていないと思って本性をムキ出しにして。。。、 でも、ネットでコソコソと検索してデンマンさんの『徒然ブログ』にやって来たのですわねぇ~。。。

そういうことです。

。。。で、どの記事を読んだのですか?

だから、実際に「ズロースおばさん」を入れて GOOGLE で検索してみました。 その結果を見てください。


(gog50629a.png)

『現時点での検索結果』



あらっ。。。 33,700件ヒットするうちのトップから3番目までが、もろに『ズロースおばさん』というタイトルの記事ではありませんか!。。。 デンマンさんが書いたのですか?



うへへへへへ。。。 そうなのですよ。。。 よく判りましたねぇ~。。。?

だってぇ~、わざわざタイトルに“ズロースなの?”と書いたのですもの。。。 もし、デンマンさんが書いた記事でないとしたら、そもそも、タイトルを“ズロースなの?”とは しないと思いますわァ~。。。

なるほどォ~。。。 確かに、その通りですよ。

でも、上の3つのどの記事もライブドアの『徒然ブログ』に投稿した記事ではありませんよねぇ~?

確かに、小百合さんの言うとおりです。。。 だけど、次のように検索すれば『徒然ブログ』に投稿した記事が出てきます。


(gog50629b.png)

『現時点での検索結果』



。。。で、そもそも“ズロースおばさん”というのは、誰のことなのですか?



小百合さんは忘れてしまったようですね。。。 『ズロースおばさん』という記事は小百合さんからのメールで始まるのですよ。



日付: Fri, 17 Apr 2009 13:56:44 +0900 (JST)
(バンクーバー時間:4月16日 木曜日 午後9時56分)
差出人: "domini@yahoo.co.jp"
宛先: "デンマンさん" green@infoseek.jp


(sayuri55.gif)

件名:4 月 17 日

町子さん帰ってしまった?



はい、こんにちは。
町子さん帰ってしまった?

足が悪いのに ダウンタウンまで 来たんだ。
私があの年齢で 元気にバス乗って 飛行機乗って 移動できるかな~。

用事が終って 今 お昼食べました。
うーん ナスのオムレツ?
何味 ケチャップ? バター? 醤油?

デンマンさんの料理 いみふ だから、 こわい。

RANPO って映画化されて、でも 先に本で読まないとね。
アルファベットで RANPO ですって。
バンクーバーの図書館も 読みつくしちゃったでしょう?

昔 ジェームスさんがUBC (University of British Columbia:ブリティッシュ・コロンビア州立大学)を案内してくれた時、図書館で 日本の本の棚にいろいろありました。 
その後 食堂で何か食べたような。


(map3.jpg)

飛行機から 外をながめて UBCの広さに 圧倒します。
ダウンタウンは海に囲まれて 東の方がバーナビーだって

しばらく あの景色をみてないなー 明日山小屋で
額に入ったダウンタウンの写真を見よう。

がらくた(何て言うの? サリ**トショップ) 日本でいう リサイクルショップ。

今のように 高層マンションでいっぱいにならない昔の
ダウンタウンの額入り航空写真を $1.50 で買って

子供達が「もう帰ろうよー ママ気が済んだでしょう」と
あの子たちは 3軒隣りの グロサリーで アイスとお菓子を買いたがっていた…

思いつくままに…

 

さゆりより


(sayuri15.gif)




でも、上のメールには『ズロースおばさん』は出てきませんわ。



確かに、『ズロースおばさん』は出てきません。。。 でもねぇ~、町子さんが出てくるのですよ。。。 次のように続くのです。


ズロースおばさん


(himiko25.gif)

小百合さんも、おばさんパンツを穿く年頃だけれど、でもねぇ、町子さんとは、やっぱり世代が違うおばさんですよう。

町子さんの世代は、おばさんは、おばさんでも“ズロースおばさん”ですよう!


(laughx.gif)

このような事を言ったら、町子さんはムカつくかな?うしししし。。。

小百合さんは、“夢とロマンのおばさん”になってね。

絶対に“ズロースおばさん”にだけはならないようにね。

うしししし。。。


(gyaha.gif)

“夢とロマンのおばさん”は、「軽井沢タリアセン夫人」のようなナウいおばさんですよう。

ん?“ズロースおばさん”ってどういうおばさんのこと?

あのねぇ、ネットでメールを書くことができないおばさんですよう。

では、小百合さんといつまでもメールのやり取りができる事を祈りながら。。。

今夜も夢で会いましょうね。。。


(beauty5.gif)




『ズロースおばさん』より
(2009年4月25日)




“ズロース”ってぇ、なんとなくイメージが湧(わ)くけれど、デンマンさんのイメージしている“ズロース”ってぇ、どういうものォ~?



実は、僕も なんとなく解っていたけれど、記事で書くとなるといい加減な事は書けないので調べてみたのですよ。


ズロース


(drawers3.jpg)

ズロース(drawers)とは下着の一種。

ドロワーズ、ドロワース、ドロワとも呼ばれる。

誤ってかぼちゃパンツと呼ばれることもあるが別物。

かぼちゃパンツはズボンの一種である。


(kabocha2.jpg)

比較的ルーズフィットで横サイドが長めであり、穿き込みが非常に深いものを指し、

フイット性が高く横サイドが短めであるパンティーと区別される。



(panty90.jpg)

また、かぼちゃパンツ同様ブルマーとも混同されがちだが、ブルマーとはイギリスの貴婦人が考案したトルコ風ズボンを元にした丈の短いものであり、ズロースとは別物である。

パンティーとズロースの中間的なものとしてショートズロース(カットズロース)といったバリエーションもある。

戦後、綿のメリヤス製のズロースが最高級品として日本国中を席巻し、スタンダードな下着として国民に普及した。

ズロース以外のデザインが無かった頃は年代を問わず女児用や幼児用でも見られたが、現在では婦人用のみである。

一部の中高年の世代が着用するに過ぎない状況がみられ、衰退しつつある。

しかし、ロリータファッションを好む人々にはファンシーアイテムのひとつとして認識され支持されている。




出典: 「ズロース」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』




つまり、“ズロース”とは「比較的ルーズフィットで横サイドが長めであり、穿き込みが非常に深いものを指し、フイット性が高く横サイドが短めであるパンティーと区別される」わけですよ。



ブルマーもズロースとは別物であると、書いてありますわねぇ~。。。

うん、うん、うん。。。そうですねぇ~。。。でもねぇ、僕はブルマーもズロースの一種だと思うのですよう。“ドロワーズ”と入れて調べたらYahoo!知恵袋に出くわしましたよう。 次のような回答がベストアンサーに選ばれていました。



(drawers6.jpg)

ゴスロリのお姉さんやメイドさんがスカートの下に履くちょっと長めのかぼちゃパンツの事です。




Yahoo! 知恵袋 『ドロワーズって何ですか?』より




これには、“ズロース”も“ドロワーズ”も、ちょっと長めのかぼちゃパンツと書いてある。



「ゴスロリ」って何ですかァ~?

僕も知らなかったのですよう。 ロリコンと関係あるのだろうか?。。。 そう思いながらウィキペディアで調べて見ましたよう。 次のように書いてありました。


ゴスロリ (ゴシック・アンド・ロリータ)


(chairs9.jpg)

ゴシック・アンド・ロリータ (Gothic & Lolita) は、本来異なるゴシックとロリータの要素を強引に結びつけた日本独自のファッションスタイル。
またそのようなサブカルチャーを指して言う語。
通称はゴスロリであるが、これを用いだしたのは、2000年にゴシック・アンド・ロリータに特化したムック誌として創刊されゴシック&ロリータが一般に広がる契機となった『ゴシック&ロリータバイブル』の読者たちであるという。
他にゴス&ロリ、ゴシックロリータとも呼ばれるが、ゴシックロリータはゴシックやロリータ関連の服装を差す語としても用いられる。
また、ゴシック・アンド・ロリータには色々なこだわりや切り口があるため、一言で説明するのは難しい。

概要

ゴシック・アンド・ロリータは、ロココスタイルのような中世の貴婦人を思わせる幻想的な装いを特徴としており、ストリート・ファッションでありながらも西欧貴族の伝統や文化を継承しようとする姿勢を持っている点が独特である。
しかし、一般には不気味なイメージで認識されており、職場や学校へ着ていくことはできないと考えられている。

また、一般的にはロリータ・ファッションの総称ととらえられているが、本来はロリータ・ファッションというカテゴリーの中のジャンルの一つである。
また、ロリータをターゲットとしたブランドが大小問わず増えているのに対して、ゴシック・アンド・ロリータをメインターゲットとしたブランドはほとんどなく、ゴシックとロリータが重なり合う部分にいるゴシック・アンド・ロリータの人口も減っているとも言われている。

年齢層

ゴシック・アンド・ロリータは20代、30代になると着られないと考える者が多いため愛好者は20代までの若い層が主であるが、中には20代以上の社会人として働いていて、自身の所得で洋服を買える愛好者もおり、そういった愛好者は、しばしば所得のかなりの割合を洋服につぎ込み、膨大な洋服を所有するコレクターとなるという。
この「いつやめるか」という問題は愛好者の間では常に熱い話題となっているという。
またゴシック・アンド・ロリータと同年代の女性をターゲットとするギャルブランドやカジュアルブランドが売上げ増のために市場の変動に合わせた新しいトレンドを追い求めているのに比べ、ゴシック・アンド・ロリータ・ブランドは一箇所に留まり一つのテーマを表現している。
なお、年齢について大槻ケンヂは、「ゴシック・アンド・ロリータ」に含まれる「ロリータ」という言葉の持つ少女性が、もう少女でない者が着る時にコンプレックスを感じさせ、着る者に精神性を主張せざるを得なくなったと指摘している。
しかしゴシック・アンド・ロリータは、肌の露出が少なく体型を隠せることや、大きなリボンなどが目を引くことから着る人を選ばない、という指摘もある。

精神性

ゴシック・アンド・ロリータは精神性を大事にするといわれている。
その精神については様々な意見があり例えば、嶽本野ばらは、mana、三原ミツカズとの対談の中で、自身はゴシック・アンド・ロリータではなくロリータであると断った上で「ゴス・ロリっていうのは精神論なので、そのお洋服を着たら、そのお洋服に、にあう女の子になるっていうのかな。
そのお洋服に合わせられる自分であってほしいです。
言葉使いひとつにしてもそうだし、たちいふるまいにしてもそうですよね。
生活全てがゴス・ロリじゃないと。
服だけゴス・ロリしていても、何か違うなってきがしますよね。」と述べており、三原もこれに同意した。
また大槻ケンヂは「心に着る」、「気合で着る」ヤンキーの特攻服にも似た精神性と表現しており、そのように精神性を重要視するようになった背景には、「気合いを入れないと街を歩いてて後ろ指差されるファッションだから」と指摘している。

なおゴシック・アンド・ロリータは、少女の夢やそこに潜む心の闇、自己表現するファッションともいわれているが、ロココ調の装いに暗い死の影が浸透しており、それゆえに可憐さが際立っているようなスタイルであるという意見もある。
しかし、奥底に流れる社会に対する冷ややかな眼差しを感じ取らせてしまうため一般の人々に嫌悪されやすいという指摘もあり、ゴシック・アンド・ロリータのように感情を全身にまとい町を歩く者を受け入れることができないのだろうとも言われている。

また、ゴシック・アンド・ロリータを着る者だけでなく、服自体の精神性の指摘もあり、生死を意識する精神が必ず含まれているともいわれている。
それは「闇を想わせる漆黒」、「血液を想わせる深紅」、「精神の色とされるどこまでも深い青」、「天界を想わせる純白」などである。

種類

アトリエサードの出版するクロスカルチャーマガジン『トーキングヘッズ叢書』No.33では「ゴシック・ロリータの種類」として嗜好するもので分けられた、以下の類型が挙げられている。

1) 【V系】 バンドの追っかけギャル、バンギャ。
2) 【澁澤乙女系】 澁澤、三島由紀夫、谷崎、寺山、江戸川乱歩、荒俣。球体関節人形が好き。クラシック音楽好き、古典美術好き、お針子見習い等。
3) 【A系】 アニメや漫画、声優に詳しい、元レイヤーだったり。スーパードルフィーなども数体持っていたりする。
4) 【イベント・クラブ系】 ゴシックイベントやクラブに出没する人達。
5) 【90年代的ロリータ】 昔の「CUTIE」「Zipper」に影響された年季の入ったロリータ。
6) 【無所属】 「下妻物語」を観てからなど、まだ正体不明。


(rampo32.jpg)

江戸川乱歩(左)と三島由紀夫




出典: 「ゴスロリ (ゴシック・アンド・ロリータ)」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』




念入りに調べたのですわねぇ~。



まさか、江戸川乱歩と三島由紀夫が出て来るとは思いませんでしたよう。

。。。で、デンマンさんのイメージしている“おばさんパンツ”というのは、どういうものですか?

そのことについては、何度も記事で書いてますよ。 ジューンさんが穿いている次のようなパンツです。


(bikini07c.gif)



つまり、ズロースのように横サイドが長めだけれども、パンティ~のようにフィットしているのですわねぇ~。。。



そういうこよです。。。

デンマンさんは、こういうパンツにハマっているのですか?

いや。。。 別にハマっているというほど拘っているわけじゃないけれど。。。 もし、小百合さんが卑弥子さんのような格好で現れたら、ロマンチックな気分になれないと思うのですよ。


(himiko25.gif)



(laugh16.gif)


【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~。。。
馬鹿にしてますわァ~。。。!

デンマンさんは あたくしに“ズロース”を穿かせて、ダサい女の見本のようにして登場させてるのでござ~ますわよう!

あたくしは、実は、“ズロース”は身に着けたことがござ~ませんわァ。

ええっ。。。 どのような下着を身に着けているのかってぇ~?

あなたが、それ程までに知りたいのであれば、この際、お見せしますわよう。


(curtain5.jpg

どうでござ~ましょうか?
けっこう イカスものを身に着けているでしょう?

たぶん、こういう下着を身に着けているので、あたくしは最近 人気が出てきたのですわよう!
あなたは、信じられないでしょう?!

じゃあ、次の検索結果を見てくださいましなァ~。。。


(gog50104a.png)

『現時点での検索結果』

あたくしの熱烈なファンが上のようにして検索したのですう。
ご覧のようにトップに、あたくしの「卑弥子さんの下着姿」が出てくるのですわよう。
うふふふふふ。。。


(himiko32.jpg)

この写真いかがでしょうか?
けっこうイケテルと思いませんかァ~♪~?

ええっ。。。? やっぱり、小百合さんの「おばさんパンツ姿」の方がいいのでござ~ますか?


(sayuri31.jpg)

んもおおおォ~。。。
そのような事を言わないでくださいましなァ~。

ところで、どうして小百合さんが「軽井沢タリアセン夫人」と呼ばれるのか?
あなたは ご存知でござ~♪~ますかァ?

実は簡単な事なのですわよう。
小百合さんは軽井沢に別荘を持ったのですわ。
小さな頃から軽井沢に住むことが夢だったのですってぇ~。。。
分からない事ではござ~ませんわァ。

そもそも小百合さんが軽井沢に興味を持ったのは、朝吹登水子のエッセーなどを読んだことがきっかけだったとか。。。
現在、朝吹登水子の山荘、睡鳩荘(すいきゅうそう)は軽井沢タリアセンに移築されて公開されています。


(suikyu9.jpg)

それで、小百合さんは軽井沢タリアセンを訪れては睡鳩荘に足を運んで少女の頃の事を思い出すのが楽しみなんですってよ。

そういう訳で、デンマンさんが小百合さんのことを「軽井沢タリアセン夫人」と呼ぶようになったのですわ。

軽井沢・雲場池の紅葉



軽井沢のイルミネーション



秋の旧軽井沢銀座ぶらり散歩



とにかく、明日もデンマンさんが興味深い記事を書くと思いますわ。
だから、あなたも、お暇なら、また読みに戻ってきてくださいまし。
じゃあねぇ~~。


(hand.gif)


メチャ面白い、

ためになる関連記事




(linger65.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』


■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


(house22.jpg)

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に

別荘を持つことを夢見る小百合さんの物語』


ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)

■ 『月夜のベリー@バレンタイン』

■ 『カナダのマルサの女』

■ 『思い出を食べる@麻布』

■ 『バレンタイン焼きそば』

■ 『串カツと黒豚』

■ 『阿蘇山@栃木県』

■ 『焼きそばソース@バレンタイン』

■ 『鶏肉ダメなの?』

■ 『泰国酸辣醤のロマン』

■ 『豆腐がチーズに?』

■ 『猫と柚子とロマン』

■ 『トリュフと軽井沢タリアセン夫人』


(fragran11.jpg)

■ 『ロマンの香り愛のスパイス』

■ 『愛と人生のスパイス』

■ 『愛と人生の陰で』

■ 『愛のポテトチップサンド』

■ 『インドカレー@熊谷』

■ 『スープカレー@行田』

■ 『軽井沢タリアセン夫人@Bike』

■ 『かねつき堂と亀姫』

■ 『甲斐姫と軽井沢タリアセン夫人』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Sayuri
(godiva05.jpg)

■ 『蕎麦屋と軽井沢タリアセン夫人』

■ 『おしまいでございます』

■ 『軽井沢タリアセン夫人 愛の写真』

■ 『菊ちゃんと阿部忠秋』

■ 『菊ちゃん、知恵伊豆、忠秋』

■ 『丸墓山は誰の墓?』

■ 『外国人SEXデンマン再訪』

■ 『日本最高?』

■ 『短歌に込められた愛の真実』

■ 『3月のバレンタイン』

■ 『かぎろいミステリー』

■ 『40代女性の魅惑』

■ 『私のバレンタイン』

■ 『バレンタイン@4月』

■ 『豆まき@バレンタイン』

■ 『夢のココナッツ』

■ 『日本の失敗』

■ 『しじみ@愛のロマン』

■ 『とろけるカレー@バレンタイン』

■ 『バレンタイン夫人』

■ 『昭和の表象空間』



(curryind.jpg)


(byebye.gif)
スポンサーサイト
プロフィール

次郎

  • Author:次郎
  • 次郎の徒然ブログへようこそ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
Hit Graph

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Follow Me
Twitter
ブログ内検索
RSSフィード
リンク