FC2ブログ

ソフィアもびっくり


 

ソフィアもびっくり

 


(sophia12.jpg)

 


紅い花

 


(merange31.jpg)

 

紅い花

携えきみは

戻り来て

この手を取りて

過ぎし日たどる


 

by めれんげ

2008.07.14 Monday 13:41




『即興の詩 紅い花』より


 


パスタもいいけれど

 



 

今度は何を食べようか?

パスタが食べたいなあ

トマトソースでオリーブが入ってる

プッタネスカていうの

 

by めれんげ

2008/07/14 4:42 PM






めれちゃん!

プッタネスカ風パスタもいいけれど

ソフィア・ローレンもびっくりするような

ボインに写っていて、んもお~~

圧倒されましたよう!

短歌を3首詠むつもりでいたけれど、

短歌どころではないよう!

うしししし。。。

めれちゃんの巨乳に

当てられて、

もう、鼻血ブーですよう!

「ペスト」よりも

すご~♪~い作品だと思うよう!

\(@_@)/ キャハハハ。。。

■ 『パンツブログ (2008年7月14日)』

7月14日の『レンゲ物語』のために

「パンツブログ」と言う記事を書いたけれど、

あの中で谷岡ヤスジの

“鼻血ブー”のマンガを描いたんだよう!

 


(boo11.gif)

 

僕は、まさに、あの“鼻血男”に

なったような気分ですよう!

そう言う訳で、

もう、短歌詠めません。

創作エネルギーが鼻血になって

出てしまいましたよう!

 

\(^Д^)/ギャハハハハ。。。。

 

by デンマン

2008/07/14 6:49 PM




パンツブログ読みましたよ!
わたしの作品をたくさん
ご紹介いただいて、
とてもうれしかったです

ソフィアローレンといえば…
「ひまわり」ですね?
あの作品を見て、
滝のように、涙が止まりませんでした
悲しすぎる…

by めれんげ

2008/07/15 12:53 PM




『パンツブログ』読んでくれたんだ。

♪┌(・。・)┘♪ うれしいィ~!

キャハハハ。。。

めれちゃんから、たくさんの

インスピレーションをもらいましたよう。

あの記事は書いていて実に楽しかった。

僕のこれまでの記事の中でも

ベスト3に入っていますよう!

思い出に残る記事です!

■ 『異邦人の夏 (2008年7月18日)』

7月18日の『レンゲ物語』にも

めれちゃんの短歌を紹介するつもりですよう。

楽しみにしていてね。

ソフィアローレンの「ひまわり」は

実に泣かせましたよう。

確かに、悲しすぎる…

男だから映画館の中で

ワンワン泣く事もできず、

泣いてもいいけれど、

      

やっぱり、かっこ悪いしなぁ~、

僕は、涙をこらえるのに苦労した覚えがありますよう。

ああいう時って女の子はいいねぇ~。

好きなだけ泣けるから。。。

めれちゃんは、確かに、涙でハンカチを

ぐしょぐしょにしてしまうだろうね。

あの映画を見て涙が出なかったら、

人間というよりは、ロボットだと思うよう。

検索ロボットも、もしかすると涙を流すかもしれない。

 

\(^Д^)/ギャハハハハ。。。。

 

by デンマン

2008/07/15 2:33 PM




『即興の詩 紅い花』のコメント欄より

(funny3.gif)




(manila05b.jpg)

ソフィアって、あのイタリアの女優さんのことですか?


(kato3.gif)

そうですよう。レンゲさんも『ひまわり』を観たでしょう?

ええ、あたしも感動しましたわ。。。。で、写真に写っているもう一人の女性は。。。?

ジェーン・マンスフィールド(Jayne Mansfield)ですよう。レンゲさんは知らないでしょう?

知りませんわ。

1967年の6月29日に34歳の若さで自動車事故で亡くなってしまったのですよう。

デンマンさんは、詳しいのですね。

ジェーン・マンスフィールドはマリリン・モンローと同じくらい、アメリカのセックス・シンボルとして人気があった女優ですよう。

デンマンさんもこの女優さんのファンですか?

ファンと言うほどではないけれど、マリリン・モンローと同じように伝説的な人だから、やっぱり、この人の事はずいぶんとネットで調べた事がありますよう。

上の写真もその時ゲットしたのですか?

そうですよう。上の写真は1957年4月に撮られたものです。

場所はどこですの?

ビバリー・ヒルズ(Beverly Hills)のロマノフ(Romanoff's)と言うレストランですよう。このときのディナー・パーティーはソフィア・ローレンがアメリカを訪問したので、彼女をもてなすためのパーティーだったのですよう。

この時のジェーンさんって、いくつですか?

1933年生まれだから、この時、ジェーン・マンスフィールドは24才。ソフィア・ローレンは1934年生まれだから23才と言うことですよう。

ソフィアさんは、かなり軽蔑したようなまなざしでジェーンさんの胸元を見ていますね。

この時、ジェーンさんの右の乳首がドレスから見えていたのですよう。ソフィア・ローレンもちょっぴりエロい映画に出たことがあるけれど、カソリック教徒の多いイタリアで育ったから、こういうディナー・パーティーの席で乳首が見えるほど胸元を下げるドレスを着ていることにムカついたのでしょうねぇ~。うしししし。。。

それで、この写真は当時センセーションを巻き起こしたのですか?

そうですよう。世界中の芸能雑誌に掲載されたのですよう。

。。。で、めれんげさんの写真を見て、デンマンさんは上の写真を連想したのですか?

そうですよう。なぜか、ソフィア・ローレンの上の写真が思い浮かんできたのですよう。それで、“ソフィアもびっくり”と言うタイトルにしたわけです。うへへへへ。。。

でも、めれんげさんの写真は乳首が見えていませんわ。

もちろんですよう。僕はめれんげさんが、そこまで露出するとは思っていませんよう。でも、ソフィアが見たジェーンの胸元を僕はめれんげさんの写真に感じたのですよう。うしししし。。。

それで、もう、デンマンさんは短歌を詠むどころではなくなって、ヨダレをたらしながら妄想にふけってしまったのですね?

やだなあああぁ~。。。ヨダレは、たらしませんでしたよう。

 


(boo11.gif)

 

じゃあ、あのォ~。。。やっぱり。。。やっぱり、鼻血を出しながら妄想にふけったのですか。。。?

いや、いや。。。鼻血も出ませんでしたけれどねぇ。。。うへへへへ。。。でも、めれんげさんのオッパイに強烈なセックスアピールを感じましたよう。うしししし。。。

デンマンさんはやっぱり、巨乳の女性が好みなのですわね?

いや。。。僕は別に巨乳にこだわっている訳ではないのですよう。でもねぇ、小さなスイカの中に大きなスイカがあると。。。大きいなあああぁ~、と思うでしょう?そういう時の驚きを感じたわけですよう。

でも、いつものデンマンさんならば、短歌を三首詠みますわ。けれど、この時のデンマンさんは短歌を詠むどころではなかったのでしょう?

うん、うん、うん。。。なんとなくボインの印象に当てられて短歌よりは、上のようなコメントになったと言う訳ですよう。うへへへへ。。。

デンマンさんって、意外に感動を素直に表すのですね?

そうでしょう?レンゲさんも、そう思うでしょう?僕は本音で生きてますからね。。。

それで、“ひまわり”を観た時にも涙を流したのですか?

もちろん涙がこみ上げてきましたよう。でも、男が映画館の中で泣くのは、ジェーンが乳首を見せてしまうように、みっともないと思っていたから声を出してワンワン泣くことはできませんでしたよう。うへへへへ。。。

女性だって、映画館の中で声を出して泣く人はいませんわよう。

。。。で、レンゲさんはどうでした。

やっぱり、あたしも泣かされましたわ。

レンゲさんも、そうでしたか。。。そう言えば、ジューンさんも感動的だったと書いていましたよう。



ひまわり

 


(sunflo2.jpg)


(chiwawa5.gif)


 

こんにちは。ジューンです。

卑弥子さんが観たと言う『ひまわり』は感動的でしたわよね。

涙無しには見られない映画でしたわ。

貧しいお針子のジョバンナ(ソフィア・ローレン)と

電気技師のアントニオ(マルチェロ・マストロヤンニ)は、

ベスビアス火山をあおぐ美しいナポリの海岸で出逢い、

恋におちたのです。でも、その二人の上に、

第二次大戦の暗い影が落ち始めていました。

ナポリで結婚式をあげた二人は

新婚旅行の計画を立てましたが、

アントニオの徴兵日まで14日間しか残されていないのです。

思いあまった末、アントニオは

精神病を装い徴兵を逃れようとしました。

でも、ダメで結局、酷寒のソ連戦線に送られてしまうのです。

前線では、ソ連の厳寒の中で

イタリア兵が次々と倒れてゆきました。

アントニオも死の一歩手前までゆきましたが、

ソ連娘マーシャに助けられたのです。

年月は過ぎ、一人イタリアに残されアントニオの母と

淋しく暮していたジョバンナのもとへ、

夫の行方不明という通知が届いたのです。

これを信じきれない彼女は、

最後にアントニオに会ったという復員兵から話を聞き、

ソ連へ出かける決意を固めたのでした。

異国の地モスクワにおりたった彼女は、

おそってくる不安にもめげず、アントニオを探し続けました。

そして何日目かに、彼女はモスクワ郊外の住宅地で、

一人の清楚な女性に声をかけたのです。

この女性こそ今はアントニオと結婚し、

子供までもうけたマーシャでした。

 



 

すべてを察したジョバンナは、

引き裂かれるような衝撃を受けて、

よろめく足どりのまま、ひとり駅へ向ったのです。

逃げるように汽車にとびのった彼女でしたが、

それを仕事から戻ったアントニオが見てしまったのです。

ミラノに戻ったジョバンナは、傷心の幾月かを過ごしました。

ある嵐の夜、アントニオから電話を受けたのです。

彼もあの日以後、落ち着きを失った生活の中で、

苦しみぬき、今、マーシャのはからいで

イタリアにやってきたのでした。

迷ったあげく、二人はついに再会します。

しかし、二人の感情のすれ違いは、

どうしようもなかったのです。

そして、ジョバンナに、現在の夫との間に出来た

赤ん坊を見せられたアントニオは、

別離の時が来たことを知るのでした。

翌日、モスクワ行の汽車に乗るアントニオを、

ジョバンナは見送りに来ました。

万感の思いを胸に去って行く彼を見送るこのホームは、

何年か前に、やはり彼女が戦場へおもむく

若き夫を見送った、そのホームだったのです。

わたしは、おもいきり泣かされましたわ。

『ひまわり (2008年2月11日)』より





(cute306.jpg)

 

『ひまわり』の中ではなんと言っても

涙を誘うのは

最後の別離でしょうね。

どうして、これほどまでに悲しい思いを

しなければいけないのでしょうか?

本当に、あのラストシーンでは

泣かされてしまいましたわ。

結局、あの悲しさの元をたどってゆくと、

第2次世界大戦に行き着くのですよね。

あの戦争さえなければ

ジョバンナとアントニオは

幸せに暮らす事がきたのですよね。

そう思いませんか?

反戦を訴える映画はたくさん作られました。

ナチスヒトラーのユダヤ人虐殺を

もろに記録的に写しだして、

その非情さと無残さを訴えた記録映画もありました。

でも、わたしは思うのですけれど、

イタリアの平凡な市民である

ジョバンナとアントニオは

あなたであり、わたしである可能性があるのですよね。

あの映画の中でも戦争のシーンは出てきますが、

しかし、戦争の悲惨さは常にバックグラウンドです。

ジョバンナとアントニオには、どうする事もできない背景として

常に遠くに見えているのです。

でも、ラストシーンで泣かされて

ふと考えてみるとき、

戦争と言うモノの惨(むご)さは、

まさに、平凡な市民をも巻き添えにして

人生をすっかる狂わせてしまう!

そう言う所にあるのだと気づかされるのですよね。

『ひまわり』は男と女の愛情物語です。

 


(kiss003.gif)

 

でも、その映画が訴えるものは

絶対に戦争をしてはならない!

と言うことなのですよね。

あなたも、そう思いませんか?

まだ『ひまわり』を観たことがない人は

次のリンクをクリックすると

YouTubeの7分ほどの動画を

見ることことができます。

■ 『YouTubeの“ひまわり”動画』

ヘンリー・マンシー二の美しい曲も

ほんのわずかですが聴くことができます。

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。



(girlxx.gif)

『ひまわりが美しすぎて (2008年2月12日)』より


ところで、日本ではパスタがブームなのですか?

バンクーバーで暮らしているデンマンさんは、ご存じなかったのかも知れませんが、イタリアンブームがあったのですわ。最近では、もうかなり下火になったようですけれど、それでもパスタには根強い人気がありますわ。やっぱり、安くて手軽で結構おいしいと言うのがその人気の秘密だと思いますわ。

レンゲさんもパスタは好きですか?

好きですわ。手軽にできますものね。

 



 

それで、めれんげさんが気に入っているプッタネスカ風パスタって、どういうものですか?

上の写真のパスタはイタリア語では spaghetti alla puttanesca と書くのですって。。。

ほおォ~。。。レンゲさんはイタリア語も知っているのですか?

ネットで調べただけですわ。うふふふ。。。オリーブとケッパー、アンチョビが入った辛いトマトソースをかけたスパゲティーですわ。

。。。で、プッタネスカって、どういう意味ですか?

娼婦風という意味なのですわ。puttana が娼婦。。。で、puttanesca が娼婦風ですって。。。

それで。。。ケッパーって何ですか?

イタリア料理で香料として使う花のつぼみですわ。ちょっと酸味があって、アンチョビとオリーブの塩味とコクそして唐辛子がピリッと効いた刺激的なトマトソースです。あたしも好きですけれど、癖(クセ)になるような味ですわ。

。。。で、なぜ娼婦風と言うのですか?

だから、そのソースが娼婦のように刺激的で魅力的なのですって。。。うふふふふ。。。

マジで。。。?

もちろん、あたしの想像ですわ。

本当の理由は。。。?

これと言って決定的な説明はありませんわ。ただ、ソースの味が癖(クセ)になる。それで、娼婦がおいしいものを食べさせるわ、と言ってお客を引いたと言うのがもっともらしい説明でしたわ。



【デンマンの独り言】

 


(foolw.gif)

 

う~♪~ん。。。
それ程、癖(クセ)になるソースだとすれば、きっとうまいに違いありませんよね。
いい事を聞きました。
この次にパスタの店に行ったら、プッタネスカ風スパゲティーをぜひ食べてみようと思います。



ところで、これはスパゲティー、カルボナーラ。
パスタに絡む卵のトロ味。
パンチェッタの脂の旨味。
ペコリーノロマーノチーズの癖のある風味。
それが、渾然一体となった、卵好きには堪えられないパスタ。

興味があったら次の記事を読んでみてね。

■ 『パスタをきれいに食べきった小百合さん』
  (2007年11月22日)

なぜ、カルボナーラなの?
その事も書いてあります。

とにかく、面白い話がまだ続きます。
あなたもどうか、また、あさって読みに戻ってきてくださいね。
では、また。。。


(byebye.gif)


 


【デンマンの独り言 その2】



すでに気づいたと思いますが、この記事は去年の7月に書いたモノです。

■ 『ソフィアもびっくり (2008年7月24日)』

この独り言を書いているのはバンクーバー時間で2009年9月30日の午後4時20分ですが、あなたは、この記事を10月13日に読んでいるはずです。
1ヶ月ほど日本に帰省するので前もってライブドアのブログに予約投稿したのです。
これから約1か月分の記事を予約投稿するつもりです。



(merange12.jpg)

 

パンツブログ読みましたよ!
わたしの作品をたくさん
ご紹介いただいて、
とてもうれしかったです

めれんげ


めれちゃんも、このように喜んでいたのですよね。
ソフィアもボインですが、めれちゃんもボインです。

でも、現在のめれちゃんは、ボインの谷間のように落ち込んでいま~♪~す。
きゃはははは。。。

 

“女心に秋の空”

 

めれちゃんの胸の盛り上がりのように、気持ちもボインになって欲しいものです。

 

\(*^_^*)/ キャハハハ。。。

 

どうして同じ記事をまた投稿するの?

リンク先が無くなったりしているのですよう。
また、僕は画像を直リンクしているので、画像が置いてあるサイトが無くなっていると記事の中で表示されないのです。
だから、新しいリンクに書き換えたり、直リンクのURLを書き換えたりしながら古い記事を再掲載しているわけです。
もちろん、新しい記事を書くのは時間的に無理なので、古い記事を見直して再掲載しているのです。


(hi23.gif)


メチャ面白い、

ためになる関連記事




(linger49.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』


■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


(vanc700.jpg)

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に別荘を持つことを

夢見る小百合さんの物語』


■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』


(bare02b.gif)

『漢字馬鹿さん元気? (2009年3月25日)』

『小泉純一郎君は漢字馬鹿か?』
 (2009年4月18日)

『小泉純一郎と名乗る漢字馬鹿』
 (2009年4月20日)

『未熟な判断と稚拙な批判 (2009年4月22日)』

『ある愚か者の自滅の道 (2009年4月24日)』

『2ちゃんねると自滅の世界 (2009年4月28日)』

『自滅の道へ走る愚か者 (2009年5月2日)』


(bbq12.jpg)

『デンマン批判 (2009年5月8日)』

『好ましい批判 (2009年5月12日)』

『欺瞞の罠 (2009年5月16日)』

『馬鹿の一つ覚え (2009年5月22日)』

『立派な反面教師 (2009年5月29日)』

『社会的自我の欠如 (2009年5月30日)』

『原人ブームと漢字馬鹿 (2009年6月5日)』

『また、オマエか! (2009年7月3日)』

『成りすまし馬鹿 (2009年7月5日)』

『スカンクと宮本武蔵 (2009年7月6日)』

『絶望的な愚か者 (2009年7月7日)』



(bare04e.gif)

こんにちはジューンです。

一口にパスタ(Pasta)と言っても、

実は、いろいろなものが含まれているのですよね。

イタリア料理で使われる小麦を加工した食品、

そのすべてを指すのですって。。。

イタリア語の pasta は正確には

パスタ・アリメンターレ (pasta alimentare) と言うそうです。

直訳すれば「食用ペースト」という意味です。

広い意味では、粉物やペースト状の食品まで含まれます。

パン、ケーキ及びそれらの生地や

マルチパンなども含まれるのですって。。。

だから、麺類のみを指す場合は

パスタシュッタ (pastasciutta) と言うそうです。

日本では、スパゲッティなどの麺類やマカロニ、

板状のラザニアなどをパスタと呼ぶようですよね。

あなたも、そう思っているのではありませんか?

 



 

ところで、英語の面白い話をまとめました。

興味があったら、

次のリンクをクリックして

読んでくださいね。

■ 『あなたのための 楽しい英語』


(tanabat2.jpg)

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。



(senko3.gif)


(sync.gif)
スポンサーサイト



プロフィール

次郎

  • Author:次郎
  • 次郎の徒然ブログへようこそ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Hit Graph

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Follow Me
Twitter
ブログ内検索
RSSフィード
リンク