FC2ブログ

きみを残して

 
きみを残して




一夜の恋
 
 

 
 
朝焼けが

ゆうべの恋を

かき消して

ひとり立ち去る

きみを残して

 
  
by めれんげ
 
2009.08.06 Thursday 14:50




『即興の詩 一夜の恋』より





う~♪~ん。。。めれちゃん!。。。この上の短歌は8月5日にめれちゃんが詠んだ短歌「夕べのキス」と、わてとめれちゃんの対話の返歌になっておるようやなぁ~。



あんさんは、どうしてそのように思いはるのォ~?

つまり、「夕べのキス」は、めれちゃんが夢の中で、わてに抱かれたのを詠んだのやでぇ~。そうやろう?

そうですう。


夕べのキス
 
 

 
 
夕べのキス

目覚めて夢と

思いても

くちびる熱く

きみの感触

 
  
by めれんげ
 
2009.08.06 Thursday 12:30




『即興の詩 夕べのキス』より

『夕べの接吻』に掲載
(2009年8月20日)


あんさんのぬくもりが、わたしの肌からなかなか消え去りませんでしたん。

マジかいなぁ~。。。?

そうですゥ。あんさんは疑うのですか?わたしはマジであんさんに抱かれた夢をみてしもうたのでっせぇ~

ホンマかいなぁ~?

ホンマですねん。だから、わたしは「くちびる熱く きみの感触」と詠んだのですねん。

しかしなぁ~。。。【一夜の恋】では、「ひとり立ち去る きみを残して」と、なんかぁ~、つれない事を書いているやないかいなぁ~。

つまり、わたしがあんさんと一夜限りの愛を交わして冷たくあんさんを残して立ち去ったと。。。そのように、あんさんは妄想したのですか?

妄想やあらへんでぇ~。。。、めれちゃんは他のサイトで冷たい詩を詠んでいたのやでぇ~。

わたしが、あんさんに冷たくする詩を詠んでいたと言いはるのォ~?

そうやがな。次のような詩をめれちゃんは詠んでいたのやでぇ~。


憐れなアンタ



憐れな憐れな憐れなアンタ
もう何も感情はないさ
憎しみさえも消え失せた

アンタのしがみついてる物は
アンタの空想と妄想の産物なのさ

そんなアンタを見限って
バカげた遊びは終わりにしたんだ
わたしはもう全て切り捨てたんだ
アンタに利用されるなんて反吐が出る

by めれんげ

July 24, 2009 14:47




『極私的詩集 憐れなアンタ』より

『突然の雨 (2009年8月16日)』に掲載


この上の詩の中で「そんなアンタを見限って」と書いているやないかいなぁ~。

うふふふふ。。。あんさんは読んでしもうたのですか?

めれちゃん!。。。しらじらしいでぇ~。。。ネットで公開している詩やさかいに、わてが読むのは当たり前やないかいなぁ~。

それで、わたしが書いた詩が、あんさんには不満ですのォ~?

あのなぁ~、めれちゃんは次のように言うてたのやでぇ~

「わたしが最近、萌え萌えになっておるのんは、あんさんのせいやんかぁ~ あんさんが次の短歌を詠みはったので、わたし、萌え萌えになってしもうたのですやん。



 
 
突然の

雨が憎しみ

流し去り

あふれる愛に

二人は濡れて

 
 
by 愛の天使 (デンマン)

2009/08/05 5:17 PM




『即興の詩 突然の雨』のコメント欄より

『夕べの接吻』に掲載
(2009年8月20日)


わたし、上の短歌を読んで久しぶりに萌えてしまいましたでぇ~。成りすまし馬鹿さんが居ない所で、わたし、あんさんとしっぽりと濡れたいと思いましてん。それに、あんさんは、『じゃあ、めれちゃん。。。今夜はマジで夢で愛し合おうなぁ~ おやすみ』と、言うたのですう。それで、わたしは、あんさん抱かれる夢を見てしもうたのですねん」

めれちゃんも覚えているやろう?

覚えてますう。

でも、めれちゃんの内心では、「アンタに利用されるなんて反吐が出る」というような、きついことを言っているのやないかいなぁ~。(ムカッ。。。)

そやかて、あんさんは次のように言うてましたでぇ~。

「これも、エンタメのためやでぇ~。。。お互いに、我慢しような。。。そうゆうわけやから、めれちゃん。。。今夜も夢で愛し合おうなぁ~ おやすみ」

だから、どないしたと言うのんや?

結局、あんさんはエンタメのために、わたしを利用しているのですねん。

それは、ちゃうでぇ~、めれちゃんこそ次のように言うてたのやでぇ~!

「『即興の詩』のブログでは、己を売り物として、不特定多数の読者に、純粋な意味でのエンターテイメントを提供しているのです」

このように言うてたのやでぇ~

でも、事の始まりは、あんさんの心が小百合さんに移ってしもうたので、わたしはムカついたのですねん。

だから、わては何度も言ったやないかいなぁ~。。。わての愛は広い愛やから、めれちゃんへの愛が減ることもなければ、他に移ることもないと。。。

それは、あんさんの空想と妄想の産物ですねん!

でも、めれちゃんかてぇ、わての愛をはっきりと感じ取っていたんやでぇ~!

その証拠でもありますのォ~?

あるがなぁ~。めれちゃんは次のように詠んでいたのやないかいなぁ。


裏切りはやさしく
 
 

 
 
うらぎりは

やさしい言葉で

つつまれて

それがわたしを

深く傷つける

 
  
by めれんげ
 
2009.02.12 Thursday 13:39




『即興の詩 裏切りはやさしく』より

『昇華とカタルシス』に掲載。
(2009年5月10日)


わての広い愛をめれちゃんは「裏切り」と捉(とら)えてしもうたのやでぇ~。その考えを未だに持っているから。。。、つまり、その延長線上に8月6日に詠んだ【一夜の恋】があるのや。

わたしが、あんさんに仕返しをしていると見やはるのォ~?

そうやがなぁ~。。。違うのかぁ~?

そういう気持ちが、わたしにはあるのかも知れまへん。

でもなぁ~、めれちゃんの心のどこかで、わての「広い愛」も分かっているのやでぇ~。

その証拠でもありますの?

あるでぇ~。。。めれちゃんは次のように詠んでいたでぇ~。。。


後戻りできない恋


 
 
あなたに恋した日々は遠く

記憶の底に沈めばいいのに

今もわたしを捉えて離さない

あなたのくちづけ

あなたの感触

あなたのすべて

もう二度とめぐり会うことなどないと

それがわたしを甘やかす

それがこの記憶を消そうとはしないでいる

もう決して後戻りできないことが

あなたをこの心に生き続かせている

 
 
by めれんげ

2009.07.29 Wednesday 15:48




『即興の詩 後戻りできない恋』より

『前向きに萌える恋』に掲載
(2009年8月8日)


わてがめれちゃんの心の中で生きているのはなぜか?

それが「広い愛」やと、あんさんは言いはるのですかぁ~?

ちゃうのかぁ~?

そうかもしれまへん。。。そうでないかもしれまへん。。。それで、あんさんは何が言いたいのですねん?

わてとめれちゃんの「愛のコラボ」で生まれた詩を、わてはもう一度めれちゃんに捧げたいのやぁ。。。


前向きに萌える恋




あなたに恋した日々は遠く
記憶の底に沈めばいいのに
今もわたしを捉えて離さない

あなたのくちづけ
あなたの感触
あなたのすべて

もう二度とめぐり会うことなどないと
それがわたしを甘やかす
それがこの記憶を消そうとはしないでいる

もう決して後戻りできないことが
あなたをこの心に生き続かせている

遠い日の恋の炎は
まだわたしの心の内で萌えている。
忘れようとしても忘れることなどできやしない
それほどあなたのイメージが
わたしの心に焼きついている

あなたの息遣い
あなたのぬくもり
あなたのすべて



もう二度とめぐり会えないと思えば
思いは更に募るばかり
記憶が生々しくよみがえってくる

でも、後戻りできないのなら
前を見つめて萌えよう

あなたは裏切ってなんかいなかった
わたしは、妄想に苦しめられていただけ
そんなわたしは、
あなたにたいして妄想をぶつけていただけ

相手から勝手な妄想をぶつけられたら、
何を言えばいいのか
どうすればいいのかわからなくなるかも…
自分の愚かさに、
改めて気づいてわたしは愕然とする

わたしはいつも、恋愛を通して自分も相手も
成長していけたらと考えてきた
そして、何かを得ようとも思ってた
(念のため、モノではないです)
でも、あなたとの長い恋路の果てに
わたしは妄想のためにあなたから離れようとした

かつての悲しい恋の思い出
世間のすべての恋がそうだとは限らないけれど
わたしの場合は、
おたがいを傷つけあう恋がなんと多かったことか
笑顔で思い出せるようなものではない

最初の頃のときめき
あなたのやさしさ
いきいきとしたわたし

そうだわ、
まだ、なにもかもなくなったわけではないもの
和解したくて和解できなかった苦しい恋の数々
よりを戻すのではなく、
ただ、醜い別れを修正したいと何度思ったことか

そうだわ、
後戻りできないのなら
前を見つめて萌えよう
前を見つめて萌えよう


by 平成の小野小町・めれんげ
& 平成の文屋康秀・デンマン
(愛のコラボ)

2009/07/29 5:35 PM




『即興の詩 後戻りできない恋』のコメント欄より

『前向きに萌える恋』に掲載
 (2009年8月8日)


は~♪~い。。。
遠い昔のめれちゃんの「不倫の悦びと苦悩」が思い出されてきました。
めれちゃんが醜い別れを修正したいと何度思ったことか?

そう言う訳で、
九ちゃんの「上を向いて歩こう」ではなくて、
「前を見つめて萌えよう」です。
そして、前向きに萌える恋をしようです。
前向きに愛し合おうですよう。

\(^o^)/ キャハハハ。。。

じゃあねぇ~
いつものように今夜も夢で逢おうやないかいな。

by 愛の天使 (デンマン)

2009/08/07 10:07 AM

バンクーバー時間:
8月6日 木曜日 午後6時6分




『即興の詩 一夜の恋』のコメント欄より




デンマンさんは、いつでも最後に「今夜も夢で逢おうやないかいな」ですやん。



あかんかァ~。。。?

あきまへんがなァ~

どうして。。。?

どうしてってぇ~、たまにはわたし、あんさんと会いたいのですねん。

めれちゃんとわての間には太平洋ちゅうもんがあるのやでぇ~。

分かっておりますう。

スーパーマンにでもならん限りめれちゃんの所に、わては飛んでゆけへん。

分かっておりますう。

だったら、無理な事を言わんときィ~なァ。

そやかて、あんさんの「広い愛」と「夢で逢おうやないかいな」は聞き飽きましてん。

あのなァ~、室生犀星先生は次のように言っておったのやでぇ~。



 
 
ふるさとは遠きにありて思ふもの

そして悲しくうたふもの

 
 

  
室生犀星




『室生犀星の母と娘』より
(2008年12月30日)


この上の句がどうだと、あんさんは言わはるのォ~?

だから、わては次のように言い換えたのやがなァ~



 
 
愛する人は遠きにありて思ふもの

そして恋しくうたうもの

 
 


デンマン


めれちゃんだって、わてのこの気持ちをちゃんと分かっていたのやでぇ~

そうでっかァ~。。。

そうやがなァ~。。。めれちゃんは、もう忘れてしもうたのやなァ~?

何をですのォ~。。。?

やっぱり、めれちゃんは忘れてしもうたのやでぇ~。思い出すように、また、ここに書き出すから、じっくりと読んだらええがなァ~。。。


朝のかがやき
 
 

 
 
きみゆえに

われは夢みる

恋を知る

朝のかがやき

心に映る

 
  
by めれんげ
 
2009.02.06 Friday 10:35 AM




『即興の詩 朝のかがやき』より


めれちゃんが詠んだ上の短歌に対して、わては次のように書いたのやがなぁ~。。。




う~~ん。。。
いいねぇ~
朝のすがすがしさが
こころにしみるようやでぇ~

では、めれちゃんの歌に
インスパイアされて
おもむろに
詠みますがなぁ~




愛に濡れ

愛に萌えたり

きみの肌

きみのかがやき

心にしみる






きみゆえに

心はさわぎ

胸はずみ

朝を迎えて

悦びを知る






夢にまで

きみを抱(いだ)きて

とこしえに

朝のかがやき

命の泉






やすらかに

眠る寝顔を

見つめつつ

朝をむかえて

愛を新たに






あさまだき

愛はいまだに

さめやらず

きみのぬくもり

心にしみる



嗚呼!
もっと詠みたいけれど、
バンクーバーは午前4時をまわったでぇ~
いつまでも起きている訳にもゆかんわ。
そう言う訳で、もう寝ますう。
めれちゃんと夢で逢いましょうね。
じゃあねぇ~。
おやすみ。

by 心の恋人 (デンマン)

2009-02-06 9:01 PM
バンクーバー時間: 2月6日 午前4時1分




『即興の詩 朝のかがやき』のコメント欄より


めれちゃんとわての短歌のやり取りを小野小町と文屋康秀(ふんやのやすひで)が読んだら、きっと心からうらやましく思うに違いないでぇ~。めれちゃんも、わての書いた短歌に感じるところがあったのやでぇ~。それで、めれちゃんも次のような返歌を書いたのやぁ。覚えているやろう?




デンマンさん:)
久しぶりに、返歌をお送りしますね



 
 
きみなくば

夢みることも

なかりせば

恋する日々の

かがやき知らず





 
 
めざめては

きみを思いて

心ははずみ

朝の光は

わが身を照らす

 
 



...こんなのが、浮かんできました♪

by めれんげ

2009/02/07 12:31 PM




『即興の詩 朝のかがやき』のコメント欄より

『愛と詩を見つめて (2009年6月21日)』に掲載

 


どうや、めれちゃん。。。思い出したかァ~?



はい。。。思い出しましたわ。



 
 
愛する人は遠きにありて思ふもの

そして恋しくうたうもの

 
 


デンマン



【レンゲの独り言】



ですってぇ~。。。
確かに、そうかもしれませんわ。
あなたは、どう思いますか?

ええっ。。。白けてしまったのォ~?

そうよねぇ~。。。うふふふふ。。。

とにかく、興味深いお話がまだ続きますわ。
あなたもどうか、また、あさって読みに戻ってきてくださいね。
では、また。。。




メチャ面白い、

ためになる関連記事





■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』


■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』



■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に別荘を持つことを

夢見る小百合さんの物語』


■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』



■ 『漢字馬鹿の再来 (2009年2月13日)』

■ 『漢字馬鹿の悦楽 (2009年2月15日)』

■ 『漢字馬鹿の自己矛盾 (2009年2月17日)』

■ 『あなた、おかえり (2009年2月19日)』

■ 『脳内漢字馬鹿 (2009年2月21日)』

■ 『他人の不幸は蜜の味 (2009年2月23日)』

■ 『漢字馬鹿の恋 (2009年2月25日)』

■ 『馬鹿のモデル (2009年2月27日)』




こんにちはジューンです。

“一夜の恋”

めれんげさんが上のタイトルで

短歌を詠んでいます。

英語で“一夜の恋”をどう言うのでしょうか?

考えてみたことがありますか?

文字通りに英訳すれば次のようになります。

Mary had a one-night love with John.

メアリーはジョンと一夜の恋をした。

これでも意味は通じます。

でも、英語ではこのように言うことは

めったにありません。

では、どう言うの?

次のように言う事が圧倒的に多いです。

Mary had a one-night stand with John.

つまり、メアリーはジョンと一夜の関係を持った。

one-night stand とは、

もともと「一夜限りの興行」という意味でした。

それが転じて俗語では

「一夜限りの関係」と言う意味を持つようになったのです。

もちろん、あなたが実践する必要はありませんよ。

でも、覚えておいて損はしません。

うふふふふふ。。。



ところで、デンマンさんがレンゲさんの記事を集めて

一つにまとめました。

もし、レンゲさんの記事をまとめて読みたいならば、

次のリンクをクリックしてくださいね。

■ 『最近のレンゲ物語 特集』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。





スポンサーサイト



テーマ : 日記
ジャンル : 日記

プロフィール

次郎

  • Author:次郎
  • 次郎の徒然ブログへようこそ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Hit Graph

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Follow Me
Twitter
ブログ内検索
RSSフィード
リンク