FC2ブログ

軽井沢タリアセン夫人と馬鹿犬


  
軽井沢タリアセン夫人と馬鹿犬









Subj:室生犀星先生の文学碑の前で

愚痴をたれて気分がすっきりしましたか?

\(*^_^*)/ キャハハハ。。




Date: 08/08/2009 8:45:14 PM
Pacific Daylight Saving Time
(日本時間:8月9日 日曜日 午後0時45分)
From: green@infoseek.jp
To: domini@yahoo.co.jp
CC: barclay1720@aol.com


軽井沢はどうでした?
犀星先生の文学碑までサイクリングした?
あそこは涼しいだろうね。
せせらぎの音を聞きながら緑に包まれて、まさに森林浴と言ったところだよね?

誰にも言えない愚痴は、文学碑に向かいながら気が済むまで吐き出したらいいよう!
でも、人がそばに居たら声を出さないほうがいいよ。
そうでないと、「気の字」だと思われてしまうからね。

\(^_^)/ キャハハハ。。。

図書館で面白そうな本を借りて読んだ?
小百合さんがいったいどんな本を読んでいるのだろうか?
面白い話を読んだら聞かせてね。



  軽井沢町立図書館

僕はジェームズ・ヘリオットさんの本をデンマン・ストリートの分館から借りてきて読んでいますよう。
題して“The Best of James Herriot”
もちろん英語で書いてあります。
ヘリオットさんの思い出深い作品と読者が好んで読んだ作品を選んで一冊の本にまとめたアンソロジーです。
502ページもある大きな本で、日本ではこんなにでっかい本をめったに見かけません。
でも、写真やイラストがたくさん貼ってあって面白く読めますよう。

その中で「軽井沢タリアセン夫人」が一人で読んだら、噴出してしまうような話があります。
294ページにあります。
タイトルは“The odd couple (奇妙なカップル)”
オナラの話なのですよう。
僕は、これまで犬がオナラをするのを聞いたこともなければ、匂いを嗅いだこともないのだけれど、
この物語に出てくる犬は、ボクサー犬なのですよう。



ボクサー犬というのは、どう見ても頭が良さそうな顔をしていないよね。
オツムのネジが2本か3本抜けているような、どこか滑稽な表情をしているのですよう。
成りすまし馬鹿も、間違いなくボクサー犬のような愚かで滑稽な顔をしていると僕は断言できます!

\(^_^)/ キャハハハ。。。

このボクサー犬の名前がセドリックと言うのです。
この飼い主がラムニー夫人と言うのですよう。
いわゆるイギリスの上流階級に属する教養と知性あふれる貴族の夫人なのですよう。
声から、姿から、何から何まで、ミーちゃんハーちゃんとは違う上品さと気品が自然に備わっているのですよう。
日本なら、さしずめ皇后陛下の美智子さんを思い浮かべてください。

ところが、この夫人が飼っているセドリックは小百合さんが飼っていたプリンスよりもでかい。
ロバぐらい背丈がある大きさな、でかい犬なのです。
面白いのは、このセドリックの病気がオナラを5分おきぐらいにするのですよう。
しかも、大きな音を立てて、その匂いもマジですさまじく臭いのですよう。
だから、人の居る前でセドリックが、でかいのをやらかすと、ラムニー夫人は、まるで自分がやったように恥ずかしそうに顔を赤らめてハンカチを出して鼻の穴をふさぐのですよう。



話は、このラムニー夫人が電話で獣医のヘリオットさんにセドリックの病状を説明するところから始まるのですう。
「あのォ~、ウチの飼い犬の病気なんですけれど。。。」
「どうしましたか?」
「おなかの調子がよくないのかもしれません。。。」
「下痢でもしているのですか?」
「いえ。。。下痢ではないのです。。。あのォ~。。。匂いのする空気が出るのですゥ。。。」

分かるでしょう?
上品さと気品が自然に備わっている貴族の夫人だから、下々のミーちゃんハーちゃんが使うような下品な「屁」とか「オナラ」という言葉が使えないのですよう。
皇后陛下の美智子さんにオナラの話をさせたら、多分、同じような滑稽なことになると思うのですよう。
その場面がとても面白く書かれている。

もっと面白いというか、馬鹿馬鹿しいのは、
ラムニー夫人の友達が、やっぱりボクサー犬を飼っている。それはメスなのですよう。セドリックはオスです。
それで、ある日、その友達がメスのボクサー犬を連れてくるのだけれど、種付けしてくれと言うのです。
ラムニー夫人は困ってしまって、また獣医のヘリオットさんに助けを求めるのです。

「ええっ。。。この私に、セドリックがうまく交尾をやるように見守って欲しいと。。。?」
そう言う訳で、ヘリオットさんがシブシブ、ラムニー夫人の邸宅まで出かけてゆくのです。

ところが、セドリックは信じられないことだけれど“やり方”が分からないのですよう。
いろいろ試すのだけれど。。。
それが、また面白おかしく書かれているのですよう。
メスの方は萌え萌えになってやる気十分なのだけれど、
愚かなセドリックは“やり方”が分からない。
そんなことが現実の犬の世界にあるのだろうか?



僕は半信半疑で話を読んでゆくのだけれど、とにかく、その情景が見えるように書いてあるので、もう噴出してゲラゲラ笑いながら読んだのですよう。
馬鹿馬鹿しいというか。。。それでも、笑わずには居られない。。。
セドリックだって、何とかメスを満足させたいと思っているのでしょう。
でも、馬鹿だから、“やり方”が分からない。
本には、そう書いてある。

\(^Д^)/ ギャハハハハ。。。

本能的に知っていそうなものだけれど。。。
とにかく、セドリックは途方もない馬鹿犬だというのですよう。
ラムニー夫人も、ヘリオットさんも呆れ返ってしまう。

。。。で、どうしたのか?
挙句の果てに、セドリックは、メスの耳に差し込もうとする。
これには、メスの犬までが呆れて、ブチぎれてセドリックに噛み付くのです。
結局、失敗に終わるのですよう。

こんな馬鹿馬鹿しい話は初めて読みました。
ヘリオットさんの話の中では、最も馬鹿馬鹿しくて滑稽な話です。
マジでワロタァ!

ところで、今日は、ついさっき、8月15日の記事を書き終えて
ライブドアに予約投稿しました。
題して『古代ハスとロマン』ですよう!

出だしに小百合さんからのメールを使いました。
『小百合の掲示板』でカキコしていた頃のものですよう。
小百合さんも懐かしく思い出しながら読めると思うよう。

これから『小百合物語』にアップロードするから、
次のリンクをクリックして読んでみてね。



『古代ハスとロマン (2009年8月15日)』

7月30日は、バンクーバーでは記録的な暑さだったけれど、
暑さは8月3日まで、4日からは最高気温が22度。
今日(8日)は最高気温が19度ですよう。
もう秋の気配がそこまでやってきている感じです。

夏休みが終わるまで、小百合さんは子供のことで大変でしょう。
たまには気休めに僕のブログでも読んでね。
このメールを使って、また面白い話を書きますよう。
では、暑さにめげずに、ルンルン気分でね。

(\__/)
(+'.'+)
(")_(")


じゃあねぇ~






日付: Sun, 9 Aug 2009 15:02:05 +0900 (JST)
(バンクーバー時間:8月8日 土曜日 午後11時2分)
差出人: "domini@yahoo.co.jp"
宛先: "green@infoseek.jp"



件名:バカ犬の本 楽しかったね。

\(*^_^*)/



はい 家にいます
週末もどって 天気の悪い蒸し暑さに
洗濯物はどっさり、 
山小屋には ドライヤーがあるのですが
ここは 無いため乾かすのに 大変。
あっちに 吊るしたり、小雨が降ると 家に入れたり っと。
バカ犬の本 楽しかったですね。
イイ本も もちろん、笑える本って 見つけて
読みだして 嬉しくなっていくよね。

さゆりより






Subj:時間があったら、素晴しい本を見つけて

読んでね。そして、僕のブログも読んでね。

少なくとも気晴らしになりますよう!

\(*^_^*)/ キャハハハ。。。




Date: 09/08/2009 11:02:58 AM
Pacific Daylight Time
(日本時間:8月10日 月曜日 午前3時2分)
From: green@infoseek.jp
To: domini@yahoo.co.jp
CC: barclay1720@aol.com





はい 家にいます
週末もどって 天気の悪い蒸し暑さに
洗濯物はどっさり、 
山小屋には ドライヤーがあるのですが
ここは 無いため乾かすのに 大変。
あっちに 吊るしたり、小雨が降ると 家に入れたり っと。


はい、はい、はい。。。
母親稼業は大変ですよう。
僕も子供の頃を思い出すと、いつも動き回っている母親が居ましたよう。
昼寝したり、本を読んでいる姿など一度も見たことがありませんでしたね。
洗濯したり、内職したり、食事の支度をしたり、買い物に出かけたり、
食事の後片付けをして、また内職を始めて。。。
本当に動き回っていましたね。



『おんぶされて観た映画』

 (2009年4月29日)


だから、映画館に行ったのは、あの「愛染かつら」を見に行ったときぐらいだったでしょう。
だからこそ、僕も感動して1歳未満なのに、あの時の映画のシーンを母親の感動と共に記憶していたのかもしれません。
つうかあああぁ~。。。母親が自分のための娯楽の時間を持たなかったので、
ただ一度、母親が映画館に行ったときの記憶が僕には今でも鮮明に思い出されるのでしょうね。

僕の母親は週刊誌を読んだこともなければ、小説を読んだこともない。。。。。
本当に子供のため、家族のため。。。
身を粉のようにして生きてきたのだと。。。
僕は心の中で手を合わせながら感謝しているのですよう。

だから、親父よりも長生きして余生を本当に自分のために生きているのです。
“神”が居るなら、昔の苦労に報(むく)いるために、現在、お袋に幸せな時間を与えているのだと僕は信じています。
夏目漱石の鏡子夫人がおばあちゃんになった時のように、にこにこ幸せそうな老いらくの人生を楽しんでいますよう。
こうして母親のことを書き残すのも“母親孝行”のつもりです!

\(^o^)/ キャハハハ。。。

小百合さんも、無駄な時間を過ごしている気がするかもしれないけれど、
洗濯している母親の姿は、子供の記憶に残ります。
グータラでだらしなくゴロゴロしているママのイメージよりも、ズットましですよう!

小百合さんの“無駄な時間”は決して無駄ではありません。
バーナビーの無駄な時間がなかったら、
今、僕とこうしてメールを交換する事もなかったのだから。。。

♪┌(・。・)┘♪ キャハハハ。。。




バカ犬の本 楽しかったですね。
イイ本も もちろん、笑える本って 見つけて
読みだして 嬉しくなっていくよね。


そうです。。。。そうですよう。
成りすまし馬鹿のような実に下らない人間と付き合うよりも、一冊の素晴しい本とめぐり合うことがどれほど人生を豊かにすることか!
もちろん、素晴しい人との巡り合い(めぐり愛)が何よりも大切だけれども。。。
(小百合さんも「軽井沢タリアセン夫人」として僕の人生を豊かにしている素晴しい人なのですよう! ヽ(´ー`)ノ キャハハハ。。。

ジェームズ・ヘリオットさんの本は、僕にとって素晴しい本との巡り合いでした。
セドリックの話は、これまで読んだ話の中では一番馬鹿馬鹿しい笑える話だけれど、
『レンゲ物語』の中で書いた“A Christmas Kitten”の話は、実に心温まるエピソードです。





『猫と成りすまし馬鹿 (2009年8月2日)』

僕は、たくさんの文豪と言われる人の作品を読んだけれど、
ジェームズ・ヘリオットさんの本から受けた影響が一番大きいような気がします。
僕の文体は、ジェームズ・ヘリオットさんの文体を日本語にしたようなものだと思っているほどです。
それ程、僕はジェームズ・ヘリオットさんの本を何度も何度も読みました。
心温まる話がたくさんあります。
無駄な話が一つもない!

僕も無駄のない記事を書きたいと思っているのです!
そして、無駄のないメールを書きたいと思っているのです。
小百合さんのために。。。
そして、僕のために。。。!

\(*^_^*)/ キャハハハ。。。

じゃあねぇ~。。。

(\__/)
(+'.'+)
(")_(")







デンマンさん。。。オイラをまたお呼びですか?



どうして。。。、どうして。。。、オマエが出て来るのだよう?

だってぇ~。。。、デンマンさんはオイラをお呼びでしょう?

僕はオマエを呼んでないよう。。。んも~~。。。勝手に出てくるなよう!も~~。。。卑弥子さんがやって来るのを待っていたんじゃないかァ~。。。

卑弥子さんはやって来ませんよう。

どうしてオマエに分かるのォ~?

だってぇ~、そこで会いましたよう。

オマエ、マジで卑弥子さんに会ったのォ~?

そうですよう。

。。。で、卑弥子さんは何て言ったの?

「あなたは、これからデンマンさんの所に行くのでござ~♪~ますかァ~?おほほほほ。。。」と笑いながら言ったのですよう。

。。。で、オマエはどう答えたんだい?

8月11日に検索エンジンで調べたらオイラの名前がトップから33番目の記事の中に現れるのですよう。オイラが独占しているようなものですよう。もう、うれしくなったから、卑弥子さんに、「これからデンマンさんにお礼に行くのですよう」。。。そう言ったのですよう。


成りすまし馬鹿 の検索結果



約 1,660,000 件中 1 - 33 件目


1) 徒然ブログ:2ちゃんねると成りすまし馬鹿(PART 2) solnikki デンマンさんがコメントを書いておきながら忘れることだってある めれんげさんのサイトを確認したら、愚かな成りすまし馬鹿のオマエが書いた次の .... ホーム | コピペ馬鹿 〜ヘッドライン〜 2ch まとめサイト速報+ オワタ ...
http://blog.livedoor.jp/barclay1720/archives/51532406.html

2) 徒然ブログ:夏目漱石と成りすまし馬鹿(PART 2)つまり、僕のサイトではアクセス解析されていて、すぐに成りすまし馬鹿だとバレてしまうので、わざわざ、めれんげさんのサイトまで行って僕に対する嫌がらせのコメントを書いている。めれんげさんにとっては、迷惑以外の何物でもない! ...
http://blog.livedoor.jp/barclay1720/archives/51535092.html - 9時間前

3) 2ちゃんねると成りすまし馬鹿(PART 5 of 5) - デンマンのブログ 2ちゃんねると成りすまし馬鹿(PART 5 of 5) つまり、デンマンさんは、オイラを馬鹿にしたいのですね? オマエが、下らない事を書くから“やぶ蛇”になるんだよう。 分かりましたよう!どうせ、オイラは人生経験も少ないし、恋愛経験も ...
http://blog.goo.ne.jp/denman/e/cf9619de84137c453c1fdcff92f602c0

4) 2ちゃんねると成りすまし馬鹿(PART 4 of 5) - デンマンのブログ1) 成りすまし馬鹿誕生(PART 2) - デンマンのブログ 検索結果は 1690000 件で“漢字馬鹿”と肩を並べた。“成りすまし馬鹿”では、オマエがトップ10を独占。“漢字馬鹿”ではトップ6だから、オマエも、これならばきっと喜ぶだろうと思ったよう ...
http://blog.goo.ne.jp/denman/e/8737447aff1d0024a35ff69160106870

5) デンマンの書きたい放題 : 宮本武蔵と成りすまし馬鹿(PART 2 OF 4)デンマンが日々思ったこと考えたこと感じた事を書きます。
http://denman705.exblog.jp/10766149

(中略)

30) 「2ちゃんねる」が含まれるエキサイトブログのエントリ | エキサイト ...2ちゃんねると成りすまし馬鹿(PART 1 of 5) (デンマンの書きたい放題 - 08月04日 04時04分) ... 2ちゃんねると成りすまし馬鹿(PART 2 of 5)雨の朝 雨の朝きみの背中を追いかけて言葉かけたく急ぐ傘の中 by めれんげ2009.07.10 Friday 14:39『即興の詩 ...
http://befriends.biglobe.ne.jp/News/magazine/exblog_%82Q%82%BF%82%E1%82%F1%82%CB%82%E9/

31) 「ID」が含まれるエキサイトブログのエントリ | エキサイトニュース 2ちゃんねると成りすまし馬鹿(PART 2 of 5) (デンマンの書きたい放題 - 08月04日 04時02分) …朝 雨の朝きみの背中を追いかけて言葉かけたく急ぐ傘の中 by めれんげ2009.07.10 Friday 14:39『即興の詩 雨の朝』より『夏便り (2009年7月29日)』に掲載上の ...
http://befriends.biglobe.ne.jp/News/magazine/exblog_%82h%82c/6/

32) 「2ちゃんねる」の検索結果 - エキサイト ブログ2009年8月6日 ... …59033718.html2009年7月29日 現在『成りすまし馬鹿 のGOOGLE検索結果』より『2ちゃんねると成りすまし馬鹿 (2009年8月4 ... めれんげさんのサイトは2ちゃんねるじゃねぇ~んだよう!オマエは、何を勘違いしているんだよう。オマエは、馬鹿だから2ちゃんね… ...
http://www.excite.co.jp/exblog/search/?q=2ちゃんねる

33) 次郎のブログ 2ちゃんねると成りすまし馬鹿 めれんげさんのサイトでめれんげさんに対してでなく、僕に対してコメントを書くのは愚かな成りすまし馬鹿のオマエしか居ない!僕は5年間、オマエをじっくりと見てきたから、オマエの文章の書き方で、すぐに愚かなオマエだと分かるようになった。 ...
http://jirodesu.blog12.fc2.com/blog-entry-1021.html

2009年8月11日午前10時現在

『成りすまし馬鹿 のGOOGLE検索結果』より


ふ~♪~ん。。。で、卑弥子さんは何て言ったんだい?

「おほほほほ。。。それはおめでとうござ~♪~ますう」。。。そう言って卑弥子さんも喜んでくれましたよう。うへへへへぇ~

それだけ。。。?

それから付け加えて、こう言いましたよう。。。「デンマンさんにお礼をしたって、絶対に馬鹿にされるから、行くのをお止めになった方がお利巧でござ~♪~ますわよう。うふふふふ。。。」 このように言ったのですよう。

それで。。。?

だから、オイラは答えて言いました。「デンマンさんが一生懸命にオイラの記事を書いて、せっかくグーグルの検索エンジンでトップ33を独占したんだから、オイラはどうしてもお礼がしたい。これは、男の友情の証(あかし)です」。。。このように言ったのです。そうしたら、卑弥子さんが、「それほどまでにおっしゃるのでしたら、今日の対話は、あなたにお任せしますわ。ォほほほほ。。。」 そう言って帰っていったのですよう。

ふ~♪~ん。。。

デンマンさんは絶対にオイラを馬鹿にしませんよね?

もちろん、僕はオマエを馬鹿にしないよう!。。。オマエも知っての通り、僕はオマエを立派な反面教師にするために、こうして頑張って記事を書いているのだから。。。

そうっすよね。。。デンマンさんも喜んでくれますよね?

そうだよう。。。僕もうれしいよう。。。次は、オマエがトップ100を独占するように、僕も頑張って記事を書くからねぇ。。。うししししし。。。

。。。んで、今日は何の話をするのですか?

考えてみたら、卑弥子さんでなくてオマエがやって来たので好都合だよう。

どうしてっすかァ~?

あのなァ~。。。、実は、セドリックの話を読み返したら、オマエは人間のセドリックだと思ってね。

セドリックって車ですか?

いや。。。犬の名前だよう。。。上のメールの中で書いた犬の名前だよう。。。オマエも、いつものように縦読みしてごらんよう。。。早く読めよう!



読みました。



そんなに早く読めるわけねぇ~♪~だろう!

いえ。。。オイラは縦読みするから、ほんのわずかな時間で読んでしまうんです。

だから、オマエは話の内容をいつも理解していないんだな?

理解していますよう。

しかし、オマエのコメントを読むと、僕が書いたコメントの内容とは全く関係ない嫌がらせの落書きを書いているよな?

理解して書いているつもりっすよう。



それで、上のセドリックの話、オマエにも理解できたァ~?

もちろん、分かりましたよう。。。セドリックって、実に愚かな犬じゃありませんか!。。。オイラだって、こんな馬鹿馬鹿しい話を読んだのは生まれて初めてですよう。。。うわははははは。。。



あれっ。。。オマエもセドリックの話を読んで可笑しいと思うの?

当然でしょう!。。。こんな馬鹿な犬は他には居ませんよう。

でもねぇ、セドリックを人間に置き換えたら、マジで成りすまし馬鹿のオマエとそっくりなんだよう!うしししし。。。

デンマンさん!。。。いい加減にしてくださいよう。。。いくらなんでも、オイラと馬鹿犬のセドリックを同じにしないでくださいよう。(ムカッ。。。)

オマエは、そうやってムカつくけれど、オマエのやっている事は、ちょうどセドリックと同じ事なんだよう。

デンマンさん!。。。失礼な事を言わないでください。オイラは、ちゃんと“交尾”できますよう。。。

あのなァ~、上のメールでは書き忘れたけれど、もう一つ面白いエピソードがあるんだよう。

どのような。。。?

あのなァ~、セドリックがさらに愚かなのは自分で、でかいオナラをしていながら、まるで自覚がないんだよう。

マジっすかァ?。。。自分で音のする屁をしておきながら、誰か他の人間か?あるいは犬が屁をひったと思ってしまうのですかァ~?

信じられないだろうけれど、ヘリオットさんはマジでそのように書いているのだよう。

そんな事があるでしょうか?

かなり大きな音なので、セドリックにもその音が自分の尻のあたりから聞こえて来たのは分かっている。だから、“あれっ。。。あれっ。。。誰か、オイラのケツのあたりで屁をひった奴が居るのかな?”。。。もし、セドリックが話すことができるなら、ちょうどそのように独り言を言いながら、後ろを振り返るのだよう。でも、誰も居ない。。。しかし、臭い匂いがあたりに立ち込めている。犬は嗅覚が敏感だから、まるでその臭いの元を追いかけるように自分の尻のほうに回りこむ。つまり、自分の尻の臭いをかぐようにクルクル回り始めるのだよう。いつまでたっても、自分の尻の臭いを嗅げるわけがない。でもセドリックは馬鹿犬だから、しばらくの間クルクルと回るようにして自分の尻の臭いを嗅ごうとする。

でも、自分が屁をひったという事ぐらい分かりそうなもんじゃないですか!

ところがセドリックには分からない。ヘリオットさんの本に、そう書いてある。僕がでたらめを話しているわけじゃない。

。。。んで、オイラが同じ事をしているとデンマンさんはおっしゃるのですか?

もちろん、オマエは自分が屁をひったら、人のせいにしないと思うよう。。。どうだい。。。?

言われてみたら。。。子供の頃、自分で屁をひっておきながら人のせいにした事はよくありましたよう。。。。うへ屁へ屁へぇ~。。。

そうだろう。。。?オマエならばやりそうだからなァ~?

でも。。。、でも。。。、最近、オイラは、そのようなことをしませんよう。

マジか?

仏様に誓って。。。八幡様に誓って。。。キリスト様に誓って。。。オイラは自分でひった屁を他人がやったように成りすます事はしません。

分かった。。。でも、これから話す事はオマエの屁の事じゃないんだよう。

なんの事ですか?

オマエが書いたコメントのことだよう。次のようなコメントをオマエは平気で書いた。




頭は固いがチ○コは柔い粘着自演ジジイなんか相手にするなよ。

言いたい事があるなら

レンゲのフォーラムに来るんだYO!!

って言われんぞ。

アザイゲ (別名: 成りすまし馬鹿)

2009/04/14 4:15 PM




『即興の詩 青空』のコメント欄より

『未熟な判断と稚拙な批判 (2009年4月22日)』に掲載。


このコメントをオマエは、めれんげさんのサイトに書いたのだよう。僕は伏字を使って書いているけれど、オマエは伏字無しで書いた。

いけませんか?

いけないよう!女性のブログに、オマエは全く関係ないコメントを書いた。めれんげさんの詩だとか短歌についてのコメントじゃない!僕に対する嫌がらせのコメントなんだよう!しかも、“相手にするなよ”と助言めいた事を書いているその相手は、オマエが成りすましている「なつみ」さんなんだよう。




めれんげさん、はじめまして。
気になることがあって、コメントいたします。

2月12日の記事(裏切りはやさしく)で、
(心の恋人)と名乗っておられる方のコメントに、
差別用語が含まれていることに、気づいていますか?
それは、障害を持つ方を、意味する言葉です。

インターネットを利用して、差別用語を書くことは、
テレビなどで、差別的発言をすることと同様です。
あのようなコメントを、放置しておくべきではないと思います。

発言された方は、ご年配の方なのでしょうか。
相当、古い感覚を、お持ちなのでしょうか。
現代的感覚と、知識を持っている人間ならば、
公共の場、不特定多数の相手の面前で、
あのような言葉を吐くことなど、ありえません。

言葉狩りをするつもりはありませんが、
他人(めれんげさん)のブログに、コメントするのであれば、
最低限のマナーと常識を持つのが当然だと考えます。


めれんげさんは、当該の発言者を野放しにせず、
アクセスを制限すべきではないでしょうか。

長文失礼いたしました。

なつみ (別名: 成りすまし馬鹿)

2009/04/14 3:56 PM




『即興の詩 青空』のコメント欄より

『デンマン批判 (2009年5月8日)』に掲載。


オマエは、こうして自作自演をやっているのだよう。

やっぱり、デンマンさんを騙す事はできませんね?分かってしまうんですね?

当たり前だよう!オマエだと言う事が見え見えなんだよう!しかも、オマエはぬけぬけと次のように書いている。

他人(めれんげさん)のブログに、

コメントするのであれば、

最低限のマナーと常識を

持つのが当然だと考えます。


オマエに、もし最低限のマナーと常識があったなら、そもそも、アザイゲが書いたようなコメントを書かないよな?

でも、どうしてオイラが二人に成りすましたとデンマンさんには分かったのですか?

だから、僕は、ちょうどセドリックが自分で音のする臭い屁をしておきながら、その事もよく分からずに、“あれっ。。。あれっ。。。誰か、オイラのケツのあたりで屁をひった奴が居るのかな?”。。。ちょうどそのように独り言を言いながら、自分の尻の臭いをかぐようにクルクル回っている。そのようなセドリックの姿をオマエに見たのだよう。うししししし。。。

マジで。。。?

そうだよう。セドリックは馬鹿犬だから、しばらくの間クルクルと回るようにして自分の尻の匂いを嗅ごうとする。「アザイゲ」と「なつみ」に成りすまして自作自演の演技をしているオマエの姿は、ちょうどセドリックがクルクルと回って自分の尻の匂いを嗅ごうしている姿にそっくりだったのだよう。うへへへへへ。。。

それほど馬鹿馬鹿しく見えたのですか?

そうだよう。まさに漱石先生が言っていたような事をオマエはやっていたのだよう。




成りすまし馬鹿は他人に成りすまして

詐欺をやる。誤魔化しをやる、

ペテンにかける、

滅茶苦茶なものであります





『夏目漱石と成りすまし馬鹿 (2009年8月11日)』より


漱石先生は、そんな事を書いていませんよう。

うへへへへ。。。でもなぁ~、オマエのやっていることは、成りすまして詐欺をやる。誤魔化しをやる、ペテンにかける、滅茶苦茶な事なのだよう!

それほど滅茶苦茶な事をやっていましたか?

そうだよう。しかも、オマエは全く自覚がないような事を今でも書いている。




さすが人格障害者の馬鹿ジジイ!
他人への迷惑関係無し!
人のブログで相変わらず好き勝手!
自分の自作自演ブログでは個人情報やIP番号抜こうと毎日必死!
終わってるね。

by 煎餅 (別名: 成りすまし馬鹿)

2009/08/10 2:00 PM




『即興の詩 愛しい体温』より


めれんげさんと僕に迷惑をかけているのはオマエなんだよう。オマエが、馬鹿犬のセドリックのように音の出る臭い屁をして迷惑を撒き散らしているのが、オマエにはまだ分からない!

うへへへへ。。。マジでオイラは迷惑を撒き散らしているのですか?

だったらねぇ、はっきりとした証拠を見せるからね。オマエは次のように書いていた。

 



> 何を反省するのか?
> どう反省するのか?
> それを書くことが批判です。




批判を読み取れないのですか?
リンク先に書いてあることを理解して反省点をみつけだせないデンマンさんが未熟ですね。

リンク先には
「ネットでおかしな行為をする人は祭られる」といった趣旨の文章がかいてありますね。
ここから導き出される答えをデンマンさんにわかりやすく説明すると
デンマンのブログは祭られるほどおかしい」です。

ここまでは理解できますか?
理解できたらコメントをください。
あと、私に連絡をとりたい場合もその旨をコメントください。

批判に「自分がない」とのことですが、「自分」の言いたいことはリンク先にありますね。
「自分」がなくともいいたいことが伝わるなら自分は必要ないでしょう。
あなたは他人意見に「自分」を求める必要がありません。

by 通りすがりのHクン (別名: 成りすまし馬鹿)

(2006-01-02 16:23)




『小泉純一郎君からのコメント (2006年1月2日)』のコメント欄より

『社会的自我の欠如 (2009年5月30日)』に掲載


ところが祭られているのは、僕じゃない!オマエなんだよう!

オイラがどこで祭られているのですか?

オマエ、まだ分からないの?検索エンジンでオマエが祭られているのだよう!


成りすまし馬鹿 の検索結果



約 1,660,000 件中 1 - 33 件目



分かるだろう?!「成りすまし馬鹿」で検索すると 約 1,660,000 件見つかる。そのうち1番から33番までの記事にオマエがセドリックのような愚かな面(つら)を晒しているのだよう!


 

【卑弥子の独り言】



ですってぇ~。。。
だから、あたくしは成りすまし馬鹿さんに言ったのですわよう。
お礼に行ったところで馬鹿にされて帰ってくるのがオチだと。。。
うふふふふ。。。
やっぱり、成りすまし馬鹿なのよねぇ~

しかも女性にまで成りすましてしまうのですわよう。
見る人が見れば、セドリックのように、自分がオナラをしたのも分からずに、自分のオナラの匂いを嗅ぐためにクルクルと巡り回っている姿を成りすまし馬鹿さんは見せているのでござ~♪~ますわ。
成りすまし馬鹿さんは愚かだから、その事に気づいていない。

成りすまし馬鹿さんが「なつみ」さんに成りすましているのを、どのようにデンマンさんが見破る事ができたのか?

いったい、どのようにして。。。?

興味のある人は次の記事を読んでくださいね。

『2ちゃんねると自滅の世界』
   (2009年4月28日)

『原人ブームと漢字馬鹿』
   (2009年6月5日)

とにかく、興味深いお話がまだ続きます。
あなたもどうか、また、あさって読みに戻ってきてくださいね。
では、また。。。






ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事





■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』


■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』



■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に

別荘を持つことを夢見る小百合さんの物語』


■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』



『デンマン批判 (2009年5月8日)』

『好ましい批判 (2009年5月12日)』

『欺瞞の罠 (2009年5月16日)』

『馬鹿の一つ覚え (2009年5月22日)』

『立派な反面教師 (2009年5月29日)』

『社会的自我の欠如 (2009年5月30日)』

『原人ブームと漢字馬鹿 (2009年6月5日)』

『また、オマエか! (2009年7月3日)』

『成りすまし馬鹿 (2009年7月5日)』

『スカンクと宮本武蔵 (2009年7月6日)』

『絶望的な愚か者 (2009年7月7日)』



 
こんにちは。ジューンです。

「成りすまし」には罪のない悪戯から

悪質な犯罪にいたるまで

実にさまざまなものがあります。

「煎餅」さんに成りすまして

めれんげさんのサイトにコメントを書くことは

犯罪にはなりませんが

デンマンさんが「成りすまし馬鹿」という

レッテルを貼り付けたように、

社会的に褒(ほ)められるような事ではありません。

欧米では「成りすまし」は

Identity theftと呼ばれます。

簡単に言うと、他人の個人情報を利用して

その人物になりすまし、貯金を引き出したり、

商品を購入したりする犯罪のことです。

アメリカでは1990年代半ばから盛んになりました。

当初は郵便物などからクレジットカード番号や

小切手を盗み取る手口が主だったのですが、

2003年頃からはパソコンやインターネットを

悪用する例が急増しています。

一般消費者が巻き込まれる犯罪の中では

被害が最大であるとも言われています。

特に問題なのは、

被害者がその被害を完全に立証するまで、

銀行ローンやクレジットカードの利用ができなくなるため、

信用上大きな損害を被ることであります。

日本語では、「なりすまし犯罪」、個人情報泥棒、

個人情報の盗難、身元詐称(みもとさしょう)などと呼ばれます。

ところで、英語の面白いお話を集めました。

時間があったら覗いてみてくださいね。

■ 『あなたのための愉快で面白い英語』



卑弥子さんには、ちょっと信じがたいような

恋物語がありますわ。

関心があったらぜひ次のリンクをクリックして

じっくりと読んでみてくださいね。

■ 『平助さんが卑弥子さんに恋をしたのがウンのつき』
  (2005年5月3日)

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。





スポンサーサイト



テーマ : 日記
ジャンル : 日記

プロフィール

次郎

  • Author:次郎
  • 次郎の徒然ブログへようこそ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Hit Graph

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Follow Me
Twitter
ブログ内検索
RSSフィード
リンク