FC2ブログ

続・ウィルスアタック

  

続・ウィルスアタック









With a lot of love

from Vancouver




From: green@infoseek.jp
To: domini@yahoo.co.jp
Cc: barclay1720@aol.com
Date: Mon, Jul 13, 2009 10:34 am
(日本時間:7月14日 火曜日 午前2時34分)


Hi, Sayuri-san,

My system is down with the viruses as I wrote about the virus attack in my article titled "Long mail" on July 12.
Sitting at the computer terminal in the Vancouver Library near the TD bank, I'm writing this mail. I'll do my best to fix the problem as soon as possible---hopefully within a week. I'm here to search for remedies to fix the problem.



It's been quite a while since I heard from you last time. It was July 6 (Vancouver time).
It seems to me that you have a lot of worries about your second son.
Although they say that a mother is always concerned about her kids, you should look at the bright side of your life and that of your kids.
Worries produce no happiness.
Worries create no better things.
So, please take it easy and take a good care of your kids with tour warmest heart.

And always have a smile for your kids.
Until my system gets healthy without any virus, I come to the library to check the mail and update my blogs.
Therefore, whenever you feel like writing to me, please do so. I can reply to your mail, using the computer at the Denman branch or the centeral branch library.

I hope that you'll be happy with your kids soon, and my heart is always with you.

With a lot of love from Vancouver

Denman,



hoping to hear from you soon.


【デンマン意訳】

僕のパソコンがウィルスアタックで使えなくなりました。
この事については7月12日に次の記事を書きました。
読んでみてね。

『長いメール (2009年7月12日)』

トロント・ドミニオン銀行に近い中央図書館のコンピューターを使ってこのメールを書いていますよ。
できれば1週間以内にウィルスアタックで使えなくなったパソコンを使えるようにするために頑張ります。
パソコンが使えないので、現在、図書館で問題解決のために本を探しています。

小百合さんからのメールをしばらく読んでません。
バンクーバー時間で7月6日のメールが確か最後の便(たよ)りでした。
小百合さんは次男坊の事でずいぶんと心配しているようですね。

母親だから子供のことで悩んだり心配することは良く分かりますが、
いくら悩んでも、心配しても、物事が良い方向に向かうわけでもありません。
幸せが来るわけでもありません。
だから、できるだけ平静を保って、温かい目で子供を見守ってあげてね。
それに、笑顔を忘れないように!

僕のパソコンが直るまで毎日図書館でメールをチェックして、ブログの記事を書きます。
だから、小百合さんもメールが書きたくなったら、ぜひ書いてね。
デンマン・ストリートにある図書館の分館か、中央図書館のパソコンを使って返事を書きます。

子供たちと、また元通り楽しい明るい生活が送れるように祈っていますよう。
それに、僕の心はいつでも小百合さんの心を暖かく包んでいますからね。

バンクーバーから愛を込めて。。。

デンマンでした。

小百合さんからの便りを期待しながら。。。





日付: Thu, 16 Jul 2009 15:16:21 +0900 (JST)
(バンクーバー時間:7月15日 水曜日 午後11時16分)
差出人: "domini@yahoo.co.jp"
宛先: "green@infoseek.jp"



件名:I think you are in a great shock.


I'm glad to read your e-mail.
Now that your computer has been attacked by some viruses,
I think you are in a great shock.
You were panicked, I suppose.

It is pretty hard to go to library everyday, isn't it?
But don't get depressed by the attack.
And do your best to write your long articles.
Anyway, thank you for your kind message.
I feel better now.

Please enjoy exchanging mail with your many Net-friends.
My troubled mind will be recovered and I'll be able to live in peace soon.
See you.

Sayuri




【デンマン意訳】

デンマンさんのメールが読めてうれしいですよ。
ウィルス・アタックでパソコンが使えなくなって、デンマンさんもショック状態ではありませんか?

毎日図書館に通うのは大変ですね?
でも、落ち込まないでくださいね。
できるだけ頑張って、いつものように長い記事を書いてください。

とにかく、心のこもったメールをありがとう。
気分が良くなりましたよ。

では、ネットのお友達とメールの交換を楽しんでね。
私の気持ちも、そのうち晴れるでしょう。
そして、また平穏な日々が訪れると思います。
では、また。。。

小百合より





Subj:小百合さんは、ゆっくりと気持ちを落ち着けて

軽井沢の緑の中で癒されてね。

ゆっくりと森林浴でもしてね。。。

ヽ(´ー`)ノ キャハハハ。。。




Date: 16/07/2009 12:19:39 AM
Pacific Daylight Saving Time
(日本時間:7月16日 木曜日 午後4時19分)
From: green@infoseek.jp
To: domini@yahoo.co.jp
CC: barclay1720@aol.com


小百合さんが慣れない英語を使って一生懸命に書いたのが読み取れますよう。
ありがとう。



軽井沢駅のキオスク

たぶん、軽井沢の町立図書館か軽井沢駅のキオスクのパソコンを使って小百合さんは返信を書いたのでしょうね。
やっぱり、日本語では書けないようになっているのですか?

ヽ(´ー`)ノ キャハハハ。。。

ところで、僕はラッキーだったのか?
小百合さんが、こうして僕の英語のメールに返信を書いてくれたからか。。。?
あるいは、夢とロマンの女神が微笑んでくれたからか。。。?
パソコンを以前の状態に戻すことができました。

しかし、ウィルスはまだ取り除いていません。
コンピューターのスピードもいつもの3倍から5倍遅いのですよう。
でも、こうして慣れたパソコンで返信が書けるから幸せな気分です。
そのうち、ゆっくりと時間をかけて、一つ一つウィルスを除去してゆきます。

最悪の場合は、新しいパソコンを買わなければならないと覚悟を決めたのですが、
最悪の状態になる前に、夢とロマンの女神が微笑んでくれました。
小百合さんの真心が通じたのかもしれません。

\(^Д^)/ ギャハハハハ。。。

『ウィルスアタック (2009年7月17日)』

7月17日の『レンゲ物語』の記事には『ウィルスアタック』を書きました。
僕のパソコンが使えなくなるまでの過程を詳しく書きました。
7月18日の『小百合物語』の記事では、その続きを書くつもりです。
予約投稿しておいたおかげで、ライブドアのブログでは、1日も欠かさずに書くことができました。
しかし、他のブログでは2日ブランクができました。

小百合さんも子供の事で、いろいろと悩んだり、心配しているようで
メールどころではなかったのでしょう。
返信を書いてくれて、ありがとね。

でも、たまには子供の事も忘れて気分転換は必要ですよ。
30分でも、1時間でも、気分転換のつもりで僕のブログを読んでみてね。

は~♪~い。。。。
では、僕はこれから18日の記事を書き始めます。
小百合さんは、ゆっくりと気持ちを落ち着けて軽井沢の緑の中で癒されてね。
ゆっくりと森林浴でもしてね。
じゃあね。

(\__/)
(+'.'+)
(")_(")







あらっ。。。デンマンさんと小百合さんが英語でメールを交換したのでござ~♪~ますか?。。。もしかして、小百合さんが軽井沢タリアセン夫人になるので格調高く英語を使ったのでござ~♪~ますか?



違うのですよう。

でも、デンマンさんも小百合さんもわざわざ英語を使っていますわ。

あのねぇ~、格調高くするために英語を使ったわけではないのですよう。

じゃあ、どうして英語でメールを書いたのでござ~♪~ますか?

バンクーバー図書館のパソコンでは日本語を読むことはできるけれど、日本語で書くことができないのですよう。

なぜでござ~♪~ますか?

IME(Input Method Editor)のツール・バーが画面に表示されてない。だから、日本語で書けないのですよう。

小百合さんは日本に居てどうして書けないのでござ~♪~ますか?

上の返信の中でも書いたけれど、たぶん、軽井沢の町立図書館か軽井沢駅のキオスクのパソコンを使って小百合さんは返信を書いたのですよう。



町立図書館

でも、日本語が使えるでしょうに。

あのねぇ、日本語で書けるようにすると、一人の人がパソコンを独占して1時間でも2時間でもパソコンから離れようとしない。だから、見るだけで、日本語では書けないようにしてあるのですよう。

。。。んで、小百合さんは現在、軽井沢の別荘に居るのですか?



まず間違いなく軽井沢の別荘に居るはずですよう。

でも、メールには、どこに居るとも書いてござ~♪~ませんわ。

小百合さんは、これまでにも英語でメールを書いたことがあるのですよう。そういう時って決まって軽井沢からでした。

栃木の山奥の“山の家”で書いたかもしれませんわ。

あのねぇ、“山の家”にはパソコンがない。近くにはパソコンが使えるような場所もない。



じゃあ、小百合さんのご自宅で書いたかもしれませんわ。

自宅で書くのだったら、英語は使いませんよう。

でも、軽井沢で書いたという証拠はないのでしょう?

あのねぇ、実は小百合さんが英語で書いたメールを送る3時間前に日本語で書いたメールを送ってよこしたのですよう。

じゃあ、やっぱり、ご自宅で書いたのですわ。

それが違うのですよう。僕も、あれっと思ったけれど、小百合さんの次のメールを読んで、なぜだか分かりました。



日付: Thu, 16 Jul 2009 12:08:16 +0900 (JST)
(バンクーバー時間:7月15日水曜日午後8時8分)
差出人: "domini@yahoo.co.jp"
宛先: "greenok8@infoseek.jp"



件名:1ヶ月ほど前のデンマンさんからの

メールを読み返しました。



はい
1ヶ月ほど前のデンマンさんからのメールを読み返しました。
なぜか懐かしい。
そのメールは、このメールのすぐあとにコピペしました。

あのコケの世話には 呆れます。
バーナビーでも、芝の中のクローバーを
バカみたいに 鎌で取ってましたが
今 どうなっているのか?
無駄と思っても やらずには いられないのです。
聞いてない子供に こごと を言うのも 無駄な事

電話もメールも無く 情報を得るのも 苦労な時代
昔は歩いて 峠を越えて 日本中を旅して
時間かかるし 遠回り、
大変な時代だったんですね、そんな中 偶然にもまた会えるなんてね。
昔の人は
現代人には無い 五感以外の何か 持っていたのかなー
それとも 神か仏?

今日は ゆっくり家で料理でも作ります。
大変な昨日は終わって・・

さゆりより

7月11日 12:48 記






Subj:今夜は楽しい夢を見て、

明日、ルンルン気分で目覚めてね。

\(^_-)ノ きゃはははは。。。

バンザ~♪~イ




Date: 09/06/2009 8:45:53 PM
Pacific Daylight Saving Time
(日本時間: 6月10日 水曜日 午後12時45分)
From: green@infoseek.jp
To: domini@yahoo.co.jp
CC: barclay1720@aol.com





おはようございます
昨日は山小屋のコケに薬をまいたので 様子をみにいきました
全然 ダメ
結局、 鎌(かま)とシャベルで 部分的に取って 川に捨てました。
ゼニ苔が目にやきついてて 昨夜は何度も 目がさめて
ほらほら デンマンさんが 無駄な事してるねー
っと 呆れてますが


うん、うん、うん。。。
良く分かりますねぇ~
確かに無駄な事をしているように見えますよう。
半分あきれていました。

\(^Д^)/ ギャハハハハ。。。

しかし、考えてみると、無駄なことと言っても、マジで無駄な事をしている人と、その無駄を人生に生かしている人が居るんだよね。

今、ウィキペディアで 柳生兵庫のことを調べようと思って“お気に入り”をクリックしようとして、ハッと手を止めて、小百合さんからメールが来ていないか?とチェックしてみたら、来てたのですよう。
うしししし。。。
柳生兵庫はこのメールの後で調べます。

どうして柳生兵庫なの?



あのねぇ~、ビキニのきれいでかわいい女性たちをダウンロードしながら『随筆・宮本武蔵』を読んでいたのですよう。
そうしたら、次のエピソードに突き当たった。


尾張の城下を歩いていた武蔵は、一人の武士とすれ違いざま、

「久々に、生きた御人にお目にかかるものかな。
其許(そこもと)は、柳生兵庫殿にては在(おわ)さずや」

武蔵の言葉に、武士はにことうなずいて、

「いかにも私は柳生兵庫。そう仰(おっしゃ)るあなたは、
高名な宮本武蔵殿ではおわさぬか」
と答えたと言う。

両士はたちまち、百年の旧知のごとく打ちとけ、兵庫の屋敷に同道して、酒盃を酌(く)み交わし碁を打ち興じて、滞留久しきに及んだが、ついに一度も、剣技を試みることはなかった。

武蔵は後に このときの心境を説明して、なぜ一見して兵庫と認めたかは、心機の妙、理外の理であって、言葉には表現しがたい。
また、二人が、剣を交わさなかったのは、あえてそれに及ばなくても、充分お互いの腕前が暗黙のうちに分かっていたからである、といったそうである。


どうして、今、このエピソードが思い浮かんだのか?

それは、この二人は10年とか15年武者修行に出て諸国を巡りまわっていたのですよう。
つまり、現代人の目から見たら、無職であちらこちらを放浪している寅さんのように見えるのですよう。
要するに、ちょっと見ただけでは、無駄に人生を送っているように見える。
ところが、無駄に見える人生も、人によっては剣の達人になったり、歴史に名を残す人も居る。

小百合さんが13年間カナダのバーナビーに“山の家”を持っていた。
それを知る小百合さんの親戚や知人や友人のほとんどの人は、おそらく無駄な事をしたと思っているでしょう。

でも、もし、小百合さんがバーナビーに“山の家”を持っていなかったら、僕と出会うことも無かったんだよね。
行田で再会したとき、
武蔵と柳生兵庫のような出会いを味わったような気がしてね。。。うしししし。。。

小百合さんとデンマンはたちまち、百年の旧知のごとく打ちとけて。。。、

\(*^_^*)/ キャハハハ。。。

バーナビーの13年間は小百合さんにとって決して無駄ではなかったのですよね。
だから、栃木の“山の家”で無駄にゼニゴケと格闘している小百合さんの人生も、
無駄に見えて、10年後に振り返ってみたら、決して無駄にゼニゴケを取リ除いていなかったことになるかもしれない。。。

たとえば。。。?

きれいに生えそろった苔の庭を見ながら、小百合さんと僕で次のような会話をするのですよう。


「デンマンさんと この山の家で会ってから、
もう10年にもなるのですわね。。。」

「そうですよねぇ~。月日の経つのは早いものですよう。
ずいぶんきれいな苔庭になりましたねぇ~」

「ゼニゴケと格闘していた頃が懐かしいですわァ~」

「僕も、『軽井沢タリアセン夫人』を書いていた頃が懐かしいですよう。。。」



そういいながら、二人はHよりも感じるハグをしたのでした。

\(*^_^*)/ キャハハハ。。。


そう言う訳で、今夜は『軽井沢タリアセン夫人』を書き続けようと思います。(微笑)




これから パーマ屋さんへ行って 次男坊の学校へ 向かいます。
この事もあって 昨夜は眠りが途切れ途切れ・・だったのかな?


はい、はい、はい。。。

今夜は、小百合さんもHよりも感じるハグをする夢を見て
明日はルンルン気分で目覚めてね。

いつまでも愚かなことを書いていると小百合さんに嫌われてしまうので、このぐらいにしますね。

\(^Д^)/ ギャハハハハ。。。

じゃあね。

(\__/)
(+'.'+)
(")_(")









『武蔵と小百合さん (2009年6月18日)』より




デンマンさんが書いたメールまで一緒に送ってよこしたのでござ~♪~ますか?



そうなのですよう。

。。。んで、小百合さんのメールのどこに、その証拠があるのでござ~♪~ますか?

上の小百合さんの日本語のメールは軽井沢で書いたのではないのですよう。

じゃあ、どこで書いたのでござ~♪~ますか?

だから、小百合さんの栃木の自宅で書いたのですよう。

どうして、そのようなことがデンマンさんに分かるのでござ~♪~ますか?

7月11日 12:48 記

このように書いてある。メールの日付は Thu, 16 Jul 2009 12:08:16 ですよう。つまり、小百合さんは5日前に書いて下書きとして登録しておいたのですよう。

。。。んで、軽井沢に行ってから、駅のキオスクのコンピューターを使ってデンマンさんに送信したのですか?

そうですよう。

でも、英語のメールは、どうしてその時に送信しなかったのでござ~♪~ますか?

多分、並んで待っている人が居たのですよう。だから、小百合さんは昼ごはんを食べてから、また戻って英語のメールを書いたのですよう。

本当にそうなのでしょうか?

実は、7月11日と書いてあるのを僕は見逃していて、てっきり7月16日に小百合さんが2通のメールを書いたのだと思ってしまった。小百合さんの日本語のメールに返信を書いた時にも、僕は気づいていなかったのですよう。僕の返信を読んでみてください。





Subj:小百合さんが作った家庭料理を、

今夜、僕は夢の中で食べたいと

思いま~♪~す。。。ヽ(´ー`)ノ キャハハハ。。。




Date: 16/07/2009 1:11:06 AM
Pacific Daylight Saving Time
(日本時間:7月16日 木曜日 午後5時11分)
From: green@infoseek.jp
To: domini@yahoo.co.jp
CC: barclay1720@aol.com


いつもは domini を入れて検索するのだけれど、
小百合さんの英語のメールが2番目に見えたのですぐに返信を書いたのです。

もう無いだろうと思ってメールボックスを空にしようと思ったけれど、
念のために domini を入れて検索したら、もう一通あったよう。

見逃さなくてよかった。




はい
あのコケの世話には 呆れます。
バーナビーでも、芝の中のクローバーを
バカみたいに 鎌で取ってましたが
今 どうなっているのか?
無駄と思っても やらずには いられないのです。
聞いてない子供に こごと を言うのも 無駄な事


無駄だと思っても、こつこつと誠意を込めてやっていると、
いつかは報(むく)われるものですよう。

ブログの記事だって、無駄のように見えても、こつこつと誠意を込めて書いていると、
ウィルスアタックを受けても
夢とロマンの女神が微笑んで手助けしてくれるのですよね。

\(*^_^*)/ うしししし。。。

だから、幸運にも新しいパソコンを買わなくてもすんだ。
うへへへへ。。。

でも、子供には、小言を言ったり、しかったりすると逆効果になるかもしれないよ。
僕の子供の頃を振り返っても、悪いことをして母親に、しかられない方がなんだか怖かった。
。。。というよりも、そう言う時の方が反省したものです。
だから、子供をしかったり、小言を言うことは逆効果になるかもしれないのですよう。

むしろ、常に温かい目で見守ってやっているほうが、子供は反省するものですよう。
いつも、いつも、しかったり、小言を言っていたら、まったく効果が無いもんね。




電話もメールも無く 情報を得るのも 苦労な時代
昔は歩いて 峠を越えて 日本中を旅して
時間かかるし 遠回り、
大変な時代だったんですね、そんな中 偶然にもまた会えるなんてね。
昔の人は
現代人には無い 五感以外の何か 持っていたのかなー
それとも 神か仏?


人と人の出会いというものは、なんとなくお互いに引き合うものがありますよう。
小百合さんと僕には、どこと無く引き合うものがある。

たとえば、町子さんの場合、町子さんも良い人だけれど、
僕と引き合うものがあるか?
そう考えてみると、運命的というか?
他生の縁というか?
そういう引き合うものをあまり感じられない。
でも、小百合さんの場合には、その引き合うものを感じるのですよう。
不思議といえば不思議だけれど、
そう言う事って、よく僕にはありますよう。

これまでの人生で僕は良い人に恵まれたとしみじみと思います。
小百合さんも、間違いなく、そのうちの一人ですよう。

\(^Д^)/ ギャハハハハ。。。

ばんざ~♪~い!





今日は ゆっくり家で料理でも作ります。
大変な昨日は終わって・・


はい、はい、はい。。。
家庭料理を心を込めて作ってね。
小百合さんが作った、その家庭料理を、今夜、僕は夢の中で食べますから。。。

\(^▽^;)/ うしししし。。。

じゃあね。

(\__/)
(+'.'+)
(")_(")







この記事を書き始めるまで、僕は小百合さんが7月11日に下書きとして書いたものを7月16日に軽井沢のキオスクから、お昼ごろ送信したことを知らなかった。



それで、“小百合さんが作った、その家庭料理を、今夜、僕は夢の中で食べますから”と書いたのでござ~♪~ますわね?

そうなのですよう。まさか下書きに書いたものを送信したとは思わなかった。

なぜ、気づいたのでござ~♪~ますか?

だって、軽井沢で日本語で書けるならば、その3時間後に英語でメールを書くのは可笑しいと思ったのですよう。それで、メールをもう一度読み直したら、本文の最後に7月11日と書いてあった。7月16日ではない。

なるほどォ~。。。んで、ウィルスアタックの方はどうなったのでござ~♪~ますか?

それが、不思議な事がまた起こった。

どのような不思議な事でござ~♪~ますか?

僕は夕べ寝る前にモニターの電源だけを消してベッドにもぐりこんだのですよう。

。。。んで、何が起こったのですか?

夜中に僕のシステムがクラッシュを起こした。

クラッシュってぇ。。。、もしかして。。。、もしかして。。。、真夜中に何者かが侵入して、デンマンさんのパソコンをぼっこわしてしまったのでござ~♪~ますか?

ちがいますよう。誰かが真夜中に侵入して僕のパソコンをぼっこわしたのならば、僕は目が覚めますよう。

クラッシュを起こしたって、どういうことでござ~♪~ますか?

たぶん、ウィルスが悪さをしたのだと思いますよう。それで、Windows の Firewall が悪いウィルスを検出してシステムの電源を切った。

そのようなことがあるのでござ~♪~ますか?

今年に入ってから、すでに10件以上僕はクラッシュするのをこの目で見ていますからね。いづれにしても、ウィルスか、他の危険なプログラムが動いたためにシステムがクラッシュして再起動したのですよう。今朝起きたら、ユーザーを選択する画面が表示されたままになっていた。

それが可笑しな事でござ~♪~ますか?

いや、まだあるのですよう。



上のリストでは qttask.exe の数値が 64 を示している。ところが今朝 タスクマネージャーで調べてみたら、数値が 0 になっていた。しかも、プロセスを終了させると qttask.exe が消えた。

それまでは qttask.exe がリストから消えなかったのでござ~♪~ますか?

そうなのですよう。消えなかったのですよう。数値が 0 以外の場合にはプロセスを終了させることができないのだろうか?。。。いや。。。そんな事はないはずです。。。僕はこれまでに何百回となくプロセスを終了させたけれど、リストから名前が消えなかったことってかつてなかったことなのですよう。

それが、昨夜クラッシュがあって、デンマンさんが今朝 タスクマネージャーを見たら 数値が 0 になっており、プロセスを消去することができたのでござ~♪~ますか?

そうなのですよう。



これが正常な状態なのですよう。この時は、プログラムは何も動いては居なかったので、System Idle Processが 97% です。つまり、自動車のエンジンで言えばアイドリングの状態です。ところが、これまでは、僕がどのプログラムも動かしていないのに、qttask.exe が勝手に動いて CPU の処理能力の80%から99%を使っていた。

それで、デンマンさんのパソコンのスピードがめったやたらに遅くなってしまったのでござ~♪~ますか?

そうなのですよう。

。。。んで、現在は?

スピードに関していえば元に戻ったのですよう。つまり、qttask.exe の数値が 0 になった。つまり、正常になったのですよう。当然のことですよう。 QuickTime に関するプログラムはどれも動いていないのだから、qttask.exe は 0 を示していなければならない。

昨夜、何が起こったのでござ~♪~ますか?

まったく見当がつかない。もしかすると、他のウィルスが動き出して qttask.exe を成敗(せいばい)したのかも。。。?でも、それならば、ウィルスじゃなくて 良性白血球ですよね。うへへへへ。。。

どうして正常に戻ったのか、デンマンさんにはまったく見当がつかないのですか?

まったく分からない。。。とにかく、qttask.exe に関する限り、問題は自然に解決してしまったのですよう。

また、起こるかもしれませんわね?

うん、うん、うん。。。十分に考えられます。


Solarity says:

You can prevent it

from starting with msconfig.

Go to Run...



type msconfig



And under startup uncheck qttask.



When you restart, tell msconfig

NOT to come up after reboot.



ところで、デンマンさんは上のやり方で qttask.exe を取り除こうとしましたよね。

そうです。

。。。んで、そのようにしたらパソコンが動かなくなってしまった。

そうなのですよう。システムがものすごく遅くなってしまって、なんとネットに乗ろうとして AOL を起動したら AOL画面が現れるのに1時間もかかった。

そんなに時間がかかるものなのでござ~♪~ますか?

僕も信じられませんでしたよう。しかも、エラーメッセージが表示されてシステムを再起動して初めからやり直せ、と書いてある。事実上パソコンが使えなくなってしまった。

。。。んで、どうしたのでござ~♪~ますか?

パソコンが使えないから、バンクーバーの中央図書館へ行って本で調べたのですよう。

。。。んで、やり方が何か見つかったのでござ~♪~ますか?

見つかりましたよう。



この本ですよう。リーダーズ・ダイジェストの“Windows XPで何でもやってみよう”という本ですよう。

英語で書いてあるのでござ~♪~ますか?

でもね、111ページの薄い本で、写真がたくさん貼ってあるから中学生程度の英語でも十分に理解できますよう。

日本語の本はないのでござ~♪~ますか?

パソコンが使えるのならば、日本語を使って検索エンジンで調べてみればいいですよう。僕は自分のパソコンが使えなかったので、手っ取り早くバンクーバー図書館へ行ってこの本を見つけたのですよう。

。。。んで、どういう方法なのでござ~♪~ますか?

上の本では90ページです。パソコンで Windows XP が起動しない場合でも、セーフモードならば起動することがあると書いてあった。僕のパソコンが使えるようになってから、検索エンジンで調べたら次の日本語のページに出くわしましたよう。


セーフモード (Safe Mode)

セーフモードとは、必要最低限の状態でパソコンを起動する機能です。

Microsoft Windows XP をセーフモードで起動すると、必要最低限のファイルやデバイス ドライバのみを読み込んでパソコンを起動することができます。

通常の方法で Windows XP が起動しない場合でも、セーフモードでは起動できる可能性があります。
また、アプリケーションが起動しない場合や、作業中に止まってしまう場合などにも、セーフモードで起動することによって、正常に動作する可能性があります。




『セーフモードで起動する マイクロソフト・サポート』より


僕のパソコンはまったく動かなくなってしまった。ネットに乗ることもできなければ、ファイルをあけることもできない。何もできなくなっていたから、セーフモードで動き出したということは、まるで天から100万円が降ってきて僕の手元に舞い込んだような気分でしたよう。うしししし。。。

。。。んで、セーフモードって、どのように起動するのでござ~♪~ますか?

電源を入れてすぐに F8 キーを押したままにしておくのです。すると次のような黒い画面が現れます。



僕は英語版の Windows XP を使っているから英語で表示してあるけれど、日本語版ならば [セーフモード] と書いてあるはずです。それを選んで Enter キーを押します。すると 次のようなセーフモードの画面が表示されます。



必要最低限のファイルやデバイス・ドライバのみを読み込んでいるだけだから、プリンターは使えないし、モデムも使えない。つまり、ネットをすることはできない。

。。。んで、デンマンさんは、どうしたのでござ~♪~ますか?





msconfig を起動して元に戻したのですよう。つまり、チェックマークが空白のところにチェックマークを入れて再起動したのです。

つまり、すべての項目にチェックマークを入れたのでござ~♪~ますか?

そうです。

そうしたら、元のように動いたのですか?

そうなのですよう。

。。。んで、最初に qttask.exe を取り除こうとして msconfig を起動したら、パソコンが使えなくなってしまったという原因は分かったのでござ~♪~ますか?

正常の時の msconfig の General タブは Normal Startup になっているのですよう。 セーフモードでは Selective Startup になっていた。



この上のダイアログボックスでは “正常な起動 (Normal Startup)”になっていますわね。

そうです。僕は “制限された起動 (Selective Startup)” のままで起動してしまったようなのですよう。

どうして、そうだと分かったのでござ~♪~ますか?

正常な起動のはずなのに、画面の下のバーを見ると青色ではなく セーフモードの時のように薄いベージュ色なのですよう。それで、何かが違っていると思い、いろいろと考えてみたら、どうやら Startup Selection を間違えて “制限された起動 (Selective Startup)” のままで起動してしまったらしい。

現在は、“正常な起動 (Normal Startup)”になっているのでござ~♪~ますか?

そうです。

。。。んで、もし、qttask.exe がまた動き始めたらデンマンさんはどうなさるつもりなのでござ~♪~ますか?

今度は僕にも、はっきりとした対応策があります。記事が長くなったから、またあさって話しますよう。


【卑弥子の独り言】



ですってぇ~。。。
どういう事なのか分かりませんけれど、qttask.exe が自然に動きを止めて、デンマンさんがプロセスを排除したら消えたと言うのですわ。
不思議な事が起こるものですわよね?

つうことわあああぁ、また、ある日突然 qttask.exe が自然に動き始める事だってあり得るという事ですわ。
あなただって、そう思うでしょう?
その時、デンマンさんはどうなさるのか?
あなただって、関心があるでしょう?

ええっ?。。。そんな事はどうでもいいの?

とにかく、興味深いお話がまだ続きます。
あなたもどうか、また、あさって読みに戻ってきてくださいね。
では、またねぇ。。。




メチャ面白い、

ためになる関連記事





■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』


■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』



■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に別荘を持つことを

夢見る小百合さんの物語』


■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』



■ 『漢字馬鹿の再来 (2009年2月13日)』

■ 『漢字馬鹿の悦楽 (2009年2月15日)』

■ 『漢字馬鹿の自己矛盾 (2009年2月17日)』

■ 『あなた、おかえり (2009年2月19日)』

■ 『脳内漢字馬鹿 (2009年2月21日)』

■ 『他人の不幸は蜜の味 (2009年2月23日)』

■ 『漢字馬鹿の恋 (2009年2月25日)』

■ 『馬鹿のモデル (2009年2月27日)』




こんにちは。ジューンです。

パソコンをいじっていると

時たま、まったく理解できないような事に出くわします。

ある時マウスがまったく動かなくなってしまったのです。

仕方ないのでデンマンさんに電話して来てもらいました。

いろいろ調べてくれたのですが、

なかなか原因が分かりません。

でも、時間がかかったけれど、

ようやくマウスが動くようになりました。

原因は何だと思いますか?

コードがパソコン本体から抜けかけていたのです。

完全に抜けていたわけでないので、

接触していない事が分かるまでに

時間がかかったのでした。



ところで、愛とロマンに満ちたレンゲさんのお話を

まとめて『レンゲ物語』を作りました。

もし、レンゲさんの記事をまとめて読みたいならば、

次のリンクをクリックしてくださいね。

■ 『愛とロマンのレンゲ物語』



とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。






スポンサーサイト



テーマ : 日記
ジャンル : 日記

プロフィール

次郎

  • Author:次郎
  • 次郎の徒然ブログへようこそ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Hit Graph

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Follow Me
Twitter
ブログ内検索
RSSフィード
リンク