ジューンさんと長野県のナッチー君




ジューンさんと長野県ナッチー






デンマンさん。。。、私と長野県ナッチーさんとどういう関係があるのですか?

密接な関係があるのですよ。

密接な関係ですかぁ~。。。?でも。。。、でも、私はまだナッチーさんにお目にかかったこともないのですよ。

ナッチー君はジューンさんが、お目にかかるというほどの人物ではありませんよ。

デンマンさん! そのように他人を侮辱する事を言ってはいけないと思いますわ。

いや、僕は別にナッチー君を軽蔑しているわけではないんですよ。

でも、尊敬しているわけでもないでしょう?

もちろんですよ。アホくさい!。。。尊敬できませんよ。尊敬できるはずがないじゃないですか?

どうしてですの?

ナッチー君は一口で言えば、妄想家ですよ。妄想をネットの掲示板やフォーラムに書きまくっている。

でも、デンマンさんは、こうしてナッチーさんのことを取り上げて記事を書いているではないですか?

尊敬して書いているわけではないですよ。

だから、侮辱しながら書いているのでしょう?

違いますよゥ。。。やだなああああ~。。。僕は、ジューンさんも知っていると思うけれど、人間嫌いじゃないですよ。

分かっていますわ。

たとえナッチー君が妄想家だとしても、それだけで死刑にする事はできませんからね。うへへへへ。。。



デンマンさん。。。デンマンさんはマジですの?

もちろんですよ。僕はふざけているのではありませんよ。忙しいのですからね、ナッチー君の事を書いてふざけている時間はありませんよ。

分かりましたわ。それならば、どうして私とナッチーさんが密接な関係があるのか?ちゃんと説明していただけませんか?

もちろんですよ。僕がふざけているのではない事をここで根拠をあげて説明しますよ。

早く、おっしゃってくださいな。

ジューンさん。。。、やだなあああ。。。それ程せかなくても、話しますよ。はっきりとした証拠がGOOGLEにありますよゥ~。

GOOGLEって、検索エンジンの事ですかァ~?

そうですよ。次のリンクをクリックしてみれば分かりますよ。

『“長野県のナッチー”を入れてGOOGLEで検索した結果』

この検索結果がどうだとおっしゃるのですか?

9月30日の午前6時現在で932件引っかかりましたよ。そのうちの48件が表示されています。このトップに現れたのが『ジューンさんの掲示板』なんですよ。。。どうですか?動かぬ証拠でしょう?932件中のトップにジューンさんの掲示板が現れる。つまり、長野県のナッチー君を入れて検索するとジューンさんがトップに現れるのですよ。

でも、だからと言って私とナッチーさんが密接な関係だと言うのはちょっと。。。

もちろん、僕はジューンさんとナッチー君が肉体関係にある、と言おうとしているのではないですよ。うへへへへ。。。。



デンマンさんは本当にマジですの?

マジですよ。僕はふざけているのではありませんよ。本当にマジですよ。

だったらどうして、私とナッチーさんを結び付けようとするのですか?

僕は、別に結び付けようとしているわけではないですよ。

だったらどうして。。。?

ジューンさんが常々、最近の日本の若者はコミュニケーションができないのではないか?。。。と言っていたでしょう。



そうですわ。私は気になっていたのですわ。

だから、ナッチー君がその良い例だと思ってこの記事で取り上げたわけですよ。実は僕もその事については気になっていたんですよ。実際、去年の11月20日に僕は次の記事を書いたんですよ。
『批判にまともに答える事が出来ない日本人』

最近の日本人は批判に対して受け答えることができなくなっているのですか?

もちろん全部とは言いませんよ。でもね、特に若い人に批判の仕方を知らない人が多い。

どうしてですか?

日本にはね、 “批判” と “誹謗・中傷” を同じものと考えている人が実に多い。だから、批判する事は悪い事だと思っている人も居る。日本では、“仲良くやりましょう”、と言う事がよく言われる。少なくとも僕が子供の頃はそうだったんですよ。ジューンさんは聖徳太子を知っているでしょう?

ええ、一応、日本史の初歩として聖徳太子の事を勉強しましたわ。

その聖徳太子が17条の憲法の最初の第1条で“和の精神”を書いている。つまり、ガタガタ文句を言わずに、みんなで仲良くやりましょうね、と言っているんですよ。

当たり前の事でしょう?

でもね、日本では“批判のないところに進歩なし!”と言う教えがない!批判する事は悪口を言う事だ、と思っている人が圧倒的に多い。だから、それは仲良くすることに反するから批判してはいけないのだ!。。。と思っている人がたくさん居る。

そうなのですか?

実際に、そうなんですよ。僕が、これまでの4年間に日本のサイトで投稿を交換した経験からも、その事が言えますよ。

でも、批判する事は悪口を言うことではないでしょう?

その通りですよ。 “誹謗・中傷” というのが根拠のない悪口です。でたらめや雑言を言って相手の名誉を傷つけたりする事です。それに対して、“批判” と言うのは根拠に基づいて物事の良い悪いなどについて、論理的に検討して判断し評価することなんですよね。批判のないところに進歩はないんですよ。つまり、お互いに批判しあって、良いところを吸収して人間的に社会的に前進するわけですよね。ジューンさんだって、そう思うでしょう?

そうですわ。だから、ブログや掲示板でコメントを付け合って、お互いの考え方を批判し合って、人間的にも、社会的にも成長してゆく。世界中の人とそうやって交流を深めてゆけば、世界から戦争が無くなるかも知れませんよね。

そうですよ。だから、批判し合うことはネット社会といわず、世界の平和と発展のためにも欠かせない事ですよ。そういうわけで僕は上で紹介した記事の中でスマット君に次のように書いたんですよ。




スマットさん、
日本のネットは世界のネットの一部だと言う事を忘れないでくださいね。
日本のネットは世界に開かれているのですよ。
つまり、ボーダレスです。
グローバル化です。
だから、僕もあなたも世界のネチケットに忠実であるべきでしょうね?

日本のマナーは世界に通用しませんよ。
すでに言ったようにボーダレスです。
世界のネットで僕もあなたもやっている事をぜひ忘れないでくださいね。
僕は、今、これをカナダのバンクーバーで書いているんですよ。

旧ソ連が崩壊したのはなぜだと思いますか?
ネットが縁の下の力持ちとして活躍したんですよ。

僕やあなたのような世界のネット市民が
西側の健全な情報を情報鎖国を敷いていた旧ソ連に流していたんですよ。
良識ある旧ソ連の市民と活動家は、
このような西側からのサポートを得て立ち上がったわけですよね。
分かるでしょう?
世界のネット市民には“知る権利”があります!
この知る権利を持つ世界のネット市民の基本的人権が“言論の自由・表現の自由”です。



だからね、スマットさん、“馬鹿の一つ覚え”みたいに、
九官鳥でもあるまいし、“著作権”を並べ立ててわめかないでくださいね。
世界の市民の厚生福祉のためには著作権も制限を受ける場合もあるのです!
あなたの書いた文章は、すでに述べたように法的には著作物に値しないものです。
だから、コピーしたとて、法的にはなんら問題になりません!

つまり、日本だとか、欧米だとかにこだわらず、世界のネットにこだわりましょう。
世界のネット市民の基本的人権にこだわりましょうね。
世界のネチケットにしたがって世界のネットのマナーに従うべきですよ。

僕の住民票は日本のふるさとの市役所にありますが、
現在僕が居るのはバンクーバーです。

僕はもう人生の半分以上を海外で暮らしています。
僕の掲示板にカキコしているジューンさんもシャロンさんも日本語がペラペラで、
その上日本語で記事を書くことができます。
日本に居るたくさんの外国人も日本のサイトで記事を書いています。

WABLOGの僕のブログには日本に留学している韓国のヨンジュさん、
イランから留学しているRezaさんからコメントが寄せられていますよ。
フルーツブログではニュージーランドのNanaさんから、
僕の掲示板にはオーストラリアのアミサさん、ベトナムからユンさん。
つまり、ネットの世界は、実際、ボーダレスになっているんですよ。

だから日本のマナーは通用しませんよ。
世界のマナーに従いませんか?

by デンマン

『批判にまともに答える事が出来ない日本人』より


そうしたらスマット君から次のような返信が返ってきたんですよ。


>僕の掲示板にカキコしているジューンさんもシャロンさんも(以下略)



それって「レンゲ」さんみたいにあなたの作った想像上のキャラなのでは?

ハーグってどこの国か知らないけれど、
あなたの利用規約ではそこの国の法律で判断するんですよね?
そこの国の法律では著作権の取り扱いはどうなっていますか?

by スマット (smz)

『批判にまともに答える事が出来ない日本人』より


どうですか、ジューンさん?。。。スマット君はジューンさんが僕のオツムの中だけに住んでいると信じているんですよ。ジューンさんが現実の世界で生活していると言う事が理解できないんですよ。

でも、それは無理もありませんわ。

どうしてですか?

スマットさんは海外生活経験が全くないんでしょう?

全くありませんよ。本人が認めていることですよ。“ハーグってどこの国?”とスマット君は恥ずかしげもなくネットで書いてしまうくらいだから、あまり教養もないんですよ。海外の出来事に関心があって、国際感覚を身につけようとしている人であれば、ハーグが国の名前ではなく、都市の名前である事ぐらい常識なんですよ。

確かに、私もハーグが国だと思っている人にこれまでお目にかかったことがありませんわ。

そうでしょう?僕のように海外を30ヶ国近く歩いていれば、スマット君にも勝るとも劣らないような日本語を話したり書いたりする外人が居ることを目にしているものなんですよ。でも、スマット君には、こうして僕と対話しているジューンさんが実在の人物だとは信じることができないんですよ。つまり、スマット君は、自分が教養も無く見識も狭い『井の中の蛙』である事を、自分で認めているようなものなんですよ。

でも、デンマンさん、海外で暮らした事が無い人にそのような事を言っても理解できないと思いますわ。日本でも『百聞は一見にしかず』という諺があるでしょう?スマットさんがカナダに来て私やシャロンさんに会えば、すぐに分かる事ですわ。

その通りですよ。シャロンさんとジューンさんに会ったら、スマット君は自分が恥ずかしくなるはずですよ。要するに、スマット君の人間関係が他の人に比べて、極めて狭いという事を自分で言っているのだから。。。ジューンさんのように日本語をペラペラ話し、スマット君よりも上手な日本語の文章を書く外国人が日本にも居ます。僕は実際、日本に住んでいるそのような外人を10人以上知っていますよ。僕は、この驚きを次のように書いたんですよ。


           
しかも、“ハーグってどこの国か知らないけれど”と言っているんですよねぇ~。
(ばっかじゃなかろかああああ!)
ハーグと言うのは国じゃないんですよねぇ~。
(アホかああああ!)

ハーグを知らないのならGOOGLEかYAHOOがあるのだから調べればいいのに、
恥ずかしげも無く、こういう低学年の小学生みたいな事を言っているんですよねぇ~。

スマットさんはコンピューターに向かってですよ、上のコメントを書いたんですよ。
ハーグが分からなかったら、検索エンジンが何百とあるのだから、
ちょっと一息入れて調べればいいじゃないですか!
そう思いませんか?
へへへ。。。

僕は何もスマットさんを馬鹿にするわけじゃないですよ!
へへへ。。。
でも、馬鹿にしたくなるじゃないですかあああ!
小学生でもやるような事をやらないで、
それで馬鹿みたいに“ハーグってどこの国か知らないけれど”と
書いているんですよおおおお!



“ばかあああ~!

 GOOGLEで調べてから書けぇ~!”


これを読んでいるあなただって、
もし、ハーグが都市なのか国なのかよく分からなければ、
GOOGLEかYAHOOかGOOか、。。。
とにかく、どれか一つの検索エンジンを使って調べるでしょう?
コメントを書くように、ちょっとキーボードをたたけば調べる事ができるんですよ。
そうでしょう?

これを読んでいるあなただって、そうするでしょう?
違いますかあああ?
僕の言っている事は非常識な事だと思いますかああああ?

あなたは、ハーグが国の名前じゃなくて、
都市の名前である事を知っているでしょう?
僕は、こんな事は義務教育を終了した日本人なら
誰でも知っていると思っていましたよォ。
ほんとですよ。
冗談で言っているわけではありません!
スマットさんを馬鹿にするつもりでもないですよ。
(何度も言いますけれどねええええ。。。)

でも、これまでに僕の付き合ってきた人で、
ハーグが国だと思って居た人は一人も居ませんでしたよ!
僕がスマットさんのことを“井の中の蛙”と言うのは
そのような理由があるんですよ。
僕は、何もスマットさんを馬鹿にするわけじゃありませんよォ~。

でも、。。。。でもですよおおおお。。。。
どういう人生を送ってきたんでしょうねええええ。。。??
僕は、不思議な生き物を見ているような
妙な気になってきましたよ。まったくううう~

僕は、何度も言うように最低でも20カ国を歩き回ったですからねぇ~、
自慢するわけで言っているんじゃないんですよ!
ただ、井の中の蛙じゃないよおおおお!。。。。と言っているだけです!

だから、もちろんハーグにも行きましたよ。
僕にしてみれば、ハーグは裏庭のような身近なものですよ。

それだけに、“ハーグってどこの国か知らないけれど”なんて言われると、
僕は、“へええええええ。。。。。????? そう言う人も居るんだあああ!”
。。。と言う事になってしまいますよおおおお!

本当に居るもんですねえええ~! 
僕は、実にたまげましたよ!

ぶったまげましたよ!



by デンマン

『批判にまともに答える事が出来ない日本人』より 


何度も言うように、僕は決してスマット君を馬鹿にするつもりではありませんよ!
でも、率直に言って、スマット君は世界のネットをやるだけの教養を持っていませんよ!
僕は、実にさまざまな人とこれまで交信したことがあります。

また、実際に、さまざまな国の人とも顔をつき合わせて話した事もあります。
しかし、スマット君のような無神経で常識知らずな人と、
こうして交信するのは極めてまれな事ですよ。
“ハーグってどこの国か知らないけれど”。。。
こういう神経じゃあ、世界のネットをやっていて馬鹿にされても仕方が無いですよ!



ん? 

ハーグってどこの国か知らない?

“ばかあああ~! 

 GOOGLEで調べてから書けぇ~!”


くどいようですが、もう一度言わせてもらいます!

スマット君、僕は遊びでネットをやっているんじゃないんですよ!
僕と今後も交信したければ、せめて“ハーグ”を知らなかったら、
GOOGLEかYAHOOで調べるような手間をかけてくださいね。
これが世界のネチケットですよ!

そうじゃないと、このように僕に、とことんお説教を喰らうわけですよ!

普通の日本人なら、“馬鹿を相手にスンナ!”と言うわけで、
あなたは相手にされませんよ!
でも、僕は典型的な日本人ではありません。
このことはすでに書きました!
だから、スマット君のような無神経で無教養な人であっても、
僕は人間として付き合う事が出来ます。

なぜなら、スマット君のような日本人が最近日本に増えているからなんですよ。
長野県のナッチー君がまさにそのような人物ですよ!
“妄想部屋”に閉じこもって、すっかり“井の中の蛙”になってしまっている。
ナッチー君のような人が、現在、日本に50万人居るんですよ!



あなたは大丈夫?

ん?

無意識で馬鹿やってない?


デンマンさん。。。ちょっと感情的になっていませんか?
 
僕がですか?

そうですわ。私がそばに居る事まで忘れてしまったような。。。

うへへへへ。。。。失礼しました。僕は夢中になると、すぐに上のアンクル・サムの画像を持ち出したくなってしまうんですよ。

それで、長野県のナッチーさんのことを書いているのに、どうしてスマットさんのことを書き始めたのですか?

もちろん、それには訳があるんですよ。次のスマット君の返信を読んでくださいよ。
 



違います。日本は日本、世界は世界です。
日本のネットは世界のネットの一部ではありますが、だからといって
文化まで他国(具体的にどこか知りませんが)に合わせる必要はありません。

日本はあなたが言うように大々的にネット検閲をおこなってはいません。
海外のネットポルノ映像に繋ぐことができるとしても、
それは自主管理にまかされています。
大人はそれでもいいでしょう。しかし子供はダメです。

日本各地には青少年育成条例というものがあります。
子供は年齢相当外のコンテンツ(猥褻物、暴力、
その他もろもろ)を見てはいけないということのほかに、
大人は子供にそういうものを見せてはいけないという条例です。
映画やTV、書籍などにあるレーティングというのがそうです。
なぜなら子供の成長を阻害するからです。

だからdreamblogに限らず日本のブログ運営会社は
法律・条例に照らし合わせて、削除されるようなバークレーさんの記事は、
見せてはいけない義務があったし、
そういう記事を発見すれば削除しないのは違法なのです。

ていうか、「表現の自由」には、「ストリーキング禁止」が含まれていますよ。
(日本では公然猥褻物陳列罪 …略してわいちん)

by スマット (smz) 2005/11/18 11:04

『Re:日本のネットは世界のネットの一部ですよね?』より


僕はスマット君にも理解できるように分かりやすく書いたつもりです。でも、スマット君は、どういうわけか僕の歯車とかみ合っていませんよね。僕が上で書いた事とは、ほとんど関係ない事をスマット君は書いていますよ。ジューンさんは、どう思いますか?

関係ない事を書いているって。。。?

簡単に言えば、こういうことなんですよ。

“きれいな夕焼けだから、明日は晴れそうですねぇ~” 
(僕がこう言ったとします。)

“赤トンボが飛んでいるから、明日は仕事を休みますよ。” 
(スマット君は、このようなトンチンカンな事を言っている。)

ジューンさん、僕が言おうとしている事が分かるでしょう?

つまり、スマットさんはデンマンさんが言おうとしている事におかまいなしに、故意に自分勝手な方向に話しを持ってゆこうとしている。デンマンさんの歯車にかませようとしていない。。。そういうことですか?

そうですよ。僕はコツコツと線路道を作りながら、話を進めていますよ。だから、スマット君も僕が敷いた線路道に乗ってきて欲しいんですよね。ところが、せっかく線路道を敷いてお互いの意見を交換しようとしているのに、スマット君は、とんでもない田んぼのあぜ道の方に歩いて行ってしまうんですよ。これじゃあ、話になりませんよね!

具体的にどの部分ですか?

だから、僕は“海外のネットポルノ”の話など、どこにも書いていませんよ! それなのにスマット君は次のように書いているんですよ。“日本では公然猥褻物陳列罪 …略してわいちん” しかし、僕はポルノの事も公然わいせつ物のことについても、どこにも書いていませんよ!どうして、ハーグの話からネット検閲の話になんの?どうして、ネット検閲から海外のネットポルノになんの?それから、公然猥褻物陳列罪が出てきて、挙句の果てに “わいちん” になって、話が終わっているんですよ!僕は、正直言って馬鹿ばかしいと思いましたよ。

うふふふふ。。。でも、その事と長野県のナッチーさんと、どのような関係があるのですか?

ナッチー君のコメントの書き方が、スマット君が書いたように歯車がかみ合っていないんですよ。んも!~~ Realogの記事にナッチー君から次のようなコメントをもらったんですよ。読めば僕の言おうとしている事が分かると思います。
 



女性は女医になる方が好い。
女性の権利権を守るために、
ミシガン流に大阪市立大学・医学部を歴史ある予防医学だから
通信教育女性コースを設けました。
女医が増えることおしどり夫婦が増える。

by 長野県のナッチー 2006/09/24 16:40

『眠り姫さん、今でも元気にやってますか? PART 1 (2006年9月3日)』のコメント欄より


馬鹿ばかしいとは思いながらも、ナッチー君がせっかくコメントをつけてくれたので僕は次のような返信を書きましたよ。




ナッチー君よ!
ごくろうさん
今度はSO-NETではなく、Realogの記事にコメントを書いてくれたんだね。
ありがとね。

でもよォ~
なんとなく、“てにおは”の使い方が可笑しいのじゃないのかなあああああ~~??

君のコメントは短いのだから、少なくとも2度や3度は読み返したほうがいいぜ。

僕は最低5度は読み返すよ。
それでも誤字脱字があるからねぇ~。
僕は馬鹿なような事を時々書くけれど、これでも真剣な気持ちで書いているんだよ。

ナッチー君、キミも真剣な気持ちになってブログを書いたらどうなの?

もし書いたら知らせてね。
僕がコメントを書いてあげるからね。

ナッチー君はいい年をして人生を無駄にしているような気がしてならないよ。

老婆心ながら一言!
うへへへへ。。。。

とにかくコメント書いてくれてありがとね。
また、君のコメントを元に記事が書けそうだよ。
うしししし。。。。
じゃあね。

気が向いたら、もっとコメントを書いてもいいからね。
でも、君の人生を無駄にしないほうがいいぜ。

じゃあ、あばねぇ~。


by デンマン 2006/09/25 13:59

『眠り姫さん、今でも元気にやってますか? PART 1 (2006年9月3日)』のコメント欄より


ジューンさんはどう思いますか?僕が書いた眠り姫さんの記事とナッチー君が書いてくれたコメントは、かみ合っていないでしょう?はっきり言って、ほとんど関係がないんですよね。

デンマンさんだけが相手になってくれるので、ナッチーさんは、お礼の意味も込めて何かコメントが書きたかったのでしょうね? うふふふふ。。。。

ジューンさんはそう思うのですか?確かにね、ナッチー君は他の掲示板では、馬鹿にされているようで全く相手にされていないんですよ。東京大学工学部の丁友会(ていゆうかい)の掲示板にもキチガイのように投稿を書きまくっているけれど、全く相手にされていないんですよ。それを見ているだけで、僕は涙が出てくるほど可哀想になりましたよ。

それで、デンマンさんはナッチーさんのお相手になってあげているのですか?

いや、僕は、東京大学の掲示板を見る前からナッチー君の相手になってあげてたですよ。

どうしてですの?

けっこう、かわゆいところがあるんですよ。憎めないんですよ。ジューンさんの掲示板にナッチー君は初めてコメントをごっそりと書いたわけなんだけれど、僕がSO-NETの記事を読みにきてくれよ、と書いたら、ちゃんと読みに来てくれてコメントを書いてくれたんだよね。そう言うわけで、僕はこうしてナッチー君の記事を書くようになったんですよ。だから、僕はナッチー君を馬鹿にするために、こうして書いているわけじゃない。半分は感謝の気持ちをこめて書いているわけですよ。

だから、ナッチーさんも、デンマンさんのような感謝の気持ちを込めて上のコメントを書いたと思いますわ。

僕はナッチー君のようにオツムの足りない奴でも相手にしますよ。でも、ナッチー君は、馬鹿なんでしょうね。東京大学の掲示板で誰からも相手にされていないのだから、少しはハンセ~♪~して文章の書き方を変えればいいんですよ。ところが、やっぱり馬鹿なんでしょうね。もちろん、この事は本人も認めているんですよ。


馬鹿、馬鹿、馬鹿、馬鹿と言われても俺アホだもん。

by 長野県のナッチー (2006-09-01 19:59)

『デンマンさんが私のことをグロリア・スタイナムに似ていると…』のコメント欄より


こうして、わざわざ僕のSO-NETのブログまでやって来て、自分が馬鹿だと認めるコメントを書いてくれたんですよ。でも、相変わらずオツムが足りないところを自分で晒しまくっているんですよね。今度は九州大学の掲示板へ行ってるんですよ。九州大学都市環境工学研究室(旧下水研)の掲示板ですよ。よせばいいのに!

それで九州大学の掲示板では相手にされているのですか?

同じですよ!全く相手にされていませんよ。眠り姫さんの記事に書いたような的外れなコメントを書くからですよ。話題がかみ合っていませんよ。僕はその事を言っているのですよ。最近の日本人が、どういうわけかコミュニケーションができなくなっている。特に若い人がね。。。ジューンさんが指摘していた通りなんですよ。

やはりデンマンさんも気になっていたのですか?

そうでうよ。僕は常々、最近の日本で起こっている悲惨な肉親殺しを見ていてね。。。、家庭崩壊をマザマザと見せ付けられたと思いましたよ。その原因は、コミュニケーションの欠如だと思っているんですよ。まず夫婦の間のコミュニケーションが取れていないのじゃないか?そういう両親を見ているから、子供もコミュニケーションのとり方が分かっていない。そういうわけで、家庭崩壊が深まってゆく。。。

それで肉親殺しですか?

そうですよ。コミュニケーションが家族の間でうまく取れていれば、そのような悲惨な事件は起きませんよ。僕は悲惨な肉親殺しのニュースを聞くにつけ、そのように考えているんですよ。つまり、家庭内でのコミュニケーションがうまく取れていない。だから心が通っていない!そう言う訳で、コミュニケーションのまずさがネットにまで表れてしまう!

そうでしょうか?

この事については、これから折りに触れてジューンさんと考えたいと思っているんですよ。

私はできたら、レンゲさんのように“恋愛”についてデンマンさんと語り合いたいのですけれど。。。



うへへへへ。。。マジで?。。。ところでね、レンゲさんの事を僕が心の恋人だと言ったら、なぜかレンゲさんが焼きもちを焼いてね。。。“ジューンさんはデンマンさんにとって心の妻でしょう?”と言ったんですよ。

デンマンさん、そのようにデレーとして鼻の下を伸ばさないで下さいな。私は一般論として恋愛を語りたいだけですから。。。

ああ、そうですか。。。とにかくその時を楽しみにしていますよ。

【ここだけの話ですけれどね。。。、レンゲさんと対話形式で記事を書き始める前に、実は僕はジューンさんと長いこと対話形式で記事を書いていたんですよ。もう3年以上前になりますよ。その記事はinfoseekで現在閲覧禁止になっているんですよ。そのうちジューンさんとブログで再開したいと思っています。じゃあね。】



ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、ためになる関連記事

■ 『デンマンのブログを削除した管理人に対する公開抗議文とその面白い顛末』

■ 『日本は軍国主義への道を歩んでいるのでしょうか?』

■ 『2ちゃんねるは世界のネットのために貢献できるか?』

■ 『日本のネットではありませんよ! 世界のネットです!』

■ 『日本の皇室はどうあるべきでしょうか?』

■ 『一体、日本は良くなるの?』

■ 『どうして、こうも犯罪が増えている?警察はホントに駄目になったの?』

■ 『日本人に欠けているものは?』

■ 『日本のネットで迷惑を振りまいているウツケ者たち』

■ 『国際化・グローバル化とはあなたにとってどのようなものですか?』

■ 『日本 ☆ 日本人 ☆ 日本社会 ☆ 比較文化論』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』



おほほほほほ。。。。

また、出てまいりましたわぁ。

ネットには面白い人が居るものでござ~~ますわね。

やっぱし、長生きをするものでござ~♪~ますわよ。

まさか、平成時代になって、

これほどの愚か者を目にするとは

思いませんでしたわああああ~~~。

うふふふふふ。。。

ヴァイアグラのお馬鹿さんも、

かなりのキの字でしたけれど

長野県のナッチー君も

オツムのネジがだいぶ緩んでいますよね。

おほほほほほ。。。。

ほんとうに一生懸命になって、

妄想を書きまくっているんですものね。

だから、どの掲示板でも相手にされていないんですわよね。

ただ例外がありますわ。

うふふふふ。。。。

そうですわよ。

デンマンさんだけが、このオツムの足りない

ナッチー君のお相手をしているんですのよ。

。。。つうことわああああ。。。。

デンマンさんも。。。オツムが。。。

足りないのかしらあああ???

おほほほほ。。。。

いづれにしても、

日本の良さをお忘れなく!

そういうわけで、あたくしがマスコットギャルをやっている

『新しい古代日本史』をぜひ読んでくださいましね。

絶対に読んでね。

ダメよ、見なかったら。。。めっ。。。

うふふふふふ。。。。

失礼いたしましたああああああ。。。

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。



スポンサーサイト

テーマ : インターネット
ジャンル : コンピュータ

プロフィール

次郎

  • Author:次郎
  • 次郎の徒然ブログへようこそ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
08 | 2006/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Hit Graph

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Follow Me
Twitter
ブログ内検索
RSSフィード
リンク