FC2ブログ

政治意識が薄い事は悪いのか?



政治意識が薄い事は悪いのか?
 


政治意識が薄い事は悪いことなのだ!!

なぜ?

過去の過ちを繰り返すからなのだ!

太平洋戦争は国民の政治意識が低く、

健全な批判精神がなかったために起こったのだ!

ん? あなたの政治意識は低い?


あなたが殴り合いの喧嘩をしたのはいつですか?
小学生か中学生の頃を最後に、たいてい殴りあいの喧嘩なんてやりませんよね。

30にもなり、40にもなって、子供のように罵(ののし)り合い、鼻血まで出して殴りあいの喧嘩をしていたら、オツムがイカレテしまったのではないかと思われますよ。
まず会社はクビになるだろうし、近所づきあいも、してもらえなくなるでしょうね。

大人になれば、まず100人居れば95人までが話し合いによって問題を解決するものですよ。
それで決着しなければ、裁判所に訴えるでしょう。
泣き寝入りする人もいるでしょうが。。。

殴り合いの喧嘩をしたり、殺し合いをする人は稀ですよね。

ところが、国と国の話になると、そうじゃないんですよね。
政治レベルになると、戦争したい政治家が出てくるんですよね。
戦争したくはないのだろうけれども、戦争する必要があると思い込んでしまう。

こういう愚かな政治家が居たから、これまでも戦争が続いてきた。
アメリカと戦争を始める時も、日本人の中には頭の良い人は居たんですよね。

経済的に資源的にアメリカと戦争をして勝てるかどうか?

陸軍大臣が経済企画庁のような役所の役人に、そろばんではじき出させた。
そしたら、経済的にも、資源的にも長期戦は持ちこたえられないから、負けるだろうと言う結果が出た。

軍人の中にも、たとえば、山本五十六海軍大将などは、アメリカの大使館付きになってアメリカに駐在していたことがあるから、アメリカの国情などを詳しく知っていた。
つまり、当時でも国際人だった。
“アメリカと戦争やるなんて馬鹿なことは止めろ!絶対に負ける!”
同僚や友人などにも、そう言っていた。
だから、アメリカとの戦争に反対すると言うので、陸軍のファナティックな軍人や右翼のチンピラに命を狙われていた。

結局、役人がそろばんではじき出したように、
経済的にも、資源的にも、日本はアメリカと長期戦で戦うことに無理があった。
山本大将が予測したように、日米戦争には負けた。

そういうことは初めから分かっていた。
政府の半分以上の役人には戦争に負けることが分かりきっていた。
でも、口には出せない。

なぜ?

国賊!と言われてしまう!
経済的にも資源的にも戦争に負けると分かっているのに。。。、
“何を言うか!キサマ!日本人は大和魂を持っているから絶対に勝てるんだ!” と言うキチガイじみた軍人が居た。
“アメリカと戦争をしたら負けるから止めましょう”と言うと、こういう狂った軍人に日本刀でバッサリとやられてしまう!

誰だって、命は惜しいですからね。
それで、黙ってしまうんですよね。

現在でも権力者によって

戦争体制が進められている!


歴史を学ぶということは、上のような馬鹿馬鹿しいことを知ると言うことですよね。
聖戦も悪戦もないんですよ。
戦争と言うものはすべて悪いものなんですよ。
人殺しがすべて悪いことと同じ理屈です。

しかも、負けると分かっている戦争をなぜするのか?

歴史を学ぶと言うことは、こういうことを知って、過ちを繰り返さないためですよね。
死ぬ必要のない人が死んでゆくんですよね。
それが戦争ですよ。

学校の歴史の時間に合格点を取るために歴史を学ぶわけではない!
大学入試に歴史が含まれているから、歴史を勉強するわけでもないんですよね。

そんなことはあなただって分かっている!でしょう?
でも、分かっているのに、愚かな政治家たちにだまされてしまう。

なぜか?

愚かな政治家にだまされるのだから、あなたも。。。。うへへへへ。。。。

。。。ですよね。

実はこれまでのことは、僕がすでに5月18日の記事(『日本にも戦争をやりたい政治家が居るの?』)に書いたことです。
この記事の中でも僕はじゅぁきさんのコメントを取り上げて書いています。
だから、じゅぁきさんも次のように書いています。



私は特に歴史を勉強したわけではなくても、
この記事で言ってることは理解できます。
それと、今の政治家いや政治屋が
歴史の勉強不足という視点は同感ですね。
同じ事をなんでやるのか不思議です。

最後の戦争はなくす事ができるという件は、
理想論ではありますが1%以下でも可能性はあります。
しかし、そのためには地球という規模の考え方を身に付け、
全ての意識改革が同時に起こらないとできないと思います。

でも、それに向けて日本は本来努力できる国だったはずが、
なぜ変わってしまったのでしょうかねぇ・・・。

若い頃に児童館でバイトしてる時に
「なんで戦争はなくならないの?」と聞かれて困ってる先生がいたので、
かわりに自分が「世界中が友達になってないからだよ」といいました。

すかさず「世界中が友達なら、(戦争が)なくなるの?」といったので
「なくなるよ」と言い切りました。
表現はあえて小学生の4,5年にいった幼い表現ですが、
結構言いえているかと思っています。

たぶん、バークレーさんと根本的な視点や考え方は似てると思います。
かなり共感できる記事でした。

ただ、自分はここまでかけないですね^^;;。
現実のNEWSを題材に愚痴ってる程度ですから。
また機会があれば読みにきます。

by じゅぁき ◆ starclew at 2006/05/17 09:39


ところが、僕の記事を読んで充分に理解したはずのじゅぁきさんが、
5月中旬に読んだ僕の記事をすっかり忘れてしまったようです。

じゅぁきさんは、自分でも認めているように“特に歴史を勉強したわけではな”い、と書いています。
実際、歴史についてじっくりと勉強したようには思えない。
なぜ分かるのか?


最後の戦争はなくす事ができるという件は、
理想論ではありますが1%以下でも可能性はあります。


歴史をじっくり勉強すれば、過去に戦争の無かった時代があります。
僕はこれまでに何度も書いてきたことです。
つまり、ミノア文明の1200年間には戦争は無かったし、
古代日本人も戦争はしなかった。
なぜなら、世界史にも珍しい城壁を持たない町が古代日本では常識だった!

■ 『戦争を無くす事はできますよね』

■ 『戦争はなくす事ができるものです』

詳しいことは上の2つの記事で述べていますので、ぜひ読んでみてください。

要するに、狂信的な政治家やファナティックな軍人によって戦争が引き起こされる。
官僚が戦争を引き起こすわけではないんですよね。

上で説明したとおり、むしろ経済官僚(役人)は日米戦争は負けると分かっていた。
分かっていたにもかかわらず、“政治意識”が低かった。“健全な批判精神”が欠如していた。
だから、狂信的な政治家に押されてしまった。引きずられてしまった。
それで、太平洋戦争が起こった。

引責自殺をする駄目な官僚、気の弱い官僚は居ても、
命を張って狂信的な政治家が戦争をやるのを止めさせる勇気のある官僚は居なかった。
“長いものには巻かれろ!”

いつの時代にも、官僚というものはこういう人間なんですよ。
駄目な政治家の下では、権威を笠にかぶって、縄張りを守り広げて、やりたいことをやろうとする。

しかし、狂信的な政治家と有能な政治家の前では、無能に等しい。言いなりになってしまう。
官僚の体質とはそのようなものですよ。
歴史を見れば明らかなことです。

ところが、じゅぁきさんは、歴史をしっかりと勉強したことがない。
歴史に対するしっかりとした意見を持っていない!
ニュースを見て、人から話を聞いて、ちょっと本を読んで納得する。
僕の記事も読んだけれど、そのとき限りで、すっかり忘れてしまっている!

しっかりした自分の意見を持つという社会的自我がいまだに目覚めていないようです。
(たぶん。うへへへへ。。。これまでの記事を読んで。。。)

だから、次のようないい加減なことを書いてしまう!
支離滅裂と言っていい!
まず読んでみてください。




5.政治意識が薄い事は悪いのか?

本来的な意味からいえば、最高の政治というのは、誰からも褒められず、
誰からも咎められず、粛々と行い、名誉とちょっとのお金で死んでいく。
そして、気が付けば国民誰もが自分だけの幸せを手にできるような国になっている。
これが最高の政治ですよ。
だから、政治意識が薄くても、ちゃんとした政治家がやれば問題はないんです。

そりゃ理想はそうだけど、現実は違うじゃん
そう、その通り!!
現実が違うと思うなら政治に興味を持って、正しいように導くのが国民じゃないの?
と思います。

だから、政治意識が薄いのは悪いことではないが、現実がそれを許してないわけです。
しかし、あきらめた口調でただ文句ばかり言ってる、いや文句ならいいけど愚痴しか言わない。
だったら選挙にでればといえば言い訳ばかりでその気なし。
せめて投票くらいはいったらといえば、誰もいないという。

まずは自分が行動をしなければ何も変わらないですよ。
そして政治家として認められない人たちばかりなら、認められる人を説得して選挙にでるべきですよ。
そういった一体感を持ってないのに政治の評論家の言いなりで、愚痴だけをこぼす。

【デンマン注釈】

こういう事を政治意識が薄い!政治意識がない!と言うんですよ。
こうなっては駄目だと僕は言っているわけですよ!
じゅぁきさん。。。、あなたは、この点に関しては分かってないね?!


私は正直に言うと結婚する前までは、自分だけ対策をすればいいやと、年金なんか信用してないから個人年金を23歳から始めましたよ。
もう10年以上前にね。
老後の心配もないように手を打ったりしてました。
だから政治家が何しようと、まぁ見てればいいかと。
知らないと対策がとれないから。

でも、結婚して子供ができたら話は違います。
やっぱり税金の無駄使いされれば、子供のためにと思ったことが裏切られているわけです。
それからは腹が立つようになりましよ。

もともと政治に興味もったのは学校ではなく、個人的にいろいろ興味があったなかの一つですから。
つまり、学校教育では政治に興味持たないように教えていますよ実際に。
それは私達の頃からね。
それから20年以上経ち、見事に今花開いて、政治に不信を持っていても興味を持ってないです。

現在、政治の話はまるでダブーのようにネットでも書けない?
書かない?

【デンマン注釈】

僕はやってますよ!
書いてますよ!
毎日毎日。。。必ず2つの記事を書いていますよ!
槍が降ろうが血の雨が降ろうが。。。
1日も休まず。。。
毎日、常に政治の記事ではないですが。。。うへへへへ。。。。
これまでに30ぐらいのブログを削除されましたが。。。
1日で退会処分にされたこともありました!

5つ削除されれば10立ち上げ。。。
10削除されれば20立ち上げて。。。
現在40近いブログを持っていますよ。

削除されても、今のところ命まではとられませんからね。うへへへ。。。
僕は、がむしゃらに書きまくっていますよ!
今では、削除されることが少なくなりました。。。!


ちょっとわかりませんが、少なくとも自分なりのやり方で政治に参加すらしない人が多いのは悲しいです。
ますますやりたい放題です。

『何故、日本人は政治意識が薄れたか?』より


では、2006年7月15日に、フルーツブログで書いた記事(『国が必要だと思いますか?』)に書いてくれたgeokunのコメントをもう一度書きます。
 



久しぶりに、面白いブログに出会いました!
読みでがありそうなので、ゆっくり読ませてもらいます!

紹介していたアモスさんの記事
“Justifiable Genocide?
 (ある民族を絶滅させることを正当化することができるだろうか?)”
も面白かったです。

今回の記事で私が、気になった点は、


> かつて、日本は経済大国になった国です。
> 今度は、福祉大国、幸福大国を目指すべきですよね?
> あなたも、そう思いませんかぁ~~?


ってところですが、経済大国になれたのは、
アメリカの加護と策略によってなしえた事だと思ってます。
もちろん、なれたこと自体も凄い事かもしれませんが、
アメリカが日本を資金調達国にしたかったのが一番かと!?

そして、福祉大国、幸福大国になるためには、今の日本の政治家では無理でしょう! 
今までの政治家の中で、この人の政権がもっと長く続いていたら、
日本ももっと変わっていたかも。。。。。と思える政治家は、田中角栄くらいですね!

日本の教育システムも戦後、堕落の一途をたどり、
現在の人心荒廃の元凶となっている。

本当、バークレーさんが言うように(まだ記事は2,3しか読んでませんが^^;)
一人一人の意識変革から始めないと、
この国の未来は最悪のものとなるでしょう!


by geokun at 2006/07/16 15:53

『国が必要だと思いますか?』のコメント欄より


geokunも僕に賛同してくれましたが、
一人一人の意識変革から始めないと、
この国の未来は最悪のものとなるでしょう!


この意識革命とは何か?

日本人一人一人の政治意識を高めることですよ。
現実を見てください!
日本国民の政治意識が低いから日本が病んでいる!

海外から見れば一目瞭然ですよ!

国民の政治意識が高いとはどういうことか?

例えば、アメリカで年金をごまかす政治家が出たとします。
すると、カリフォルニア州民がリコールしてアーニーちゃんの前の
“悪徳州知事”を辞めさせてしまったように、
民衆の怒りや不満がリコール運動になって、年金をごまかした政治家をリコールします。
つまり、辞めさせてしまう!

ところが、日本では、このような運動にならない!
政治意識がないからです。
無いと言って御幣(ごへい)があるなら、政治意識が極めて低いからです。

“仲良くしましょう”
“触らぬ神にタタリ無し”
“見て見ぬ振りをする”
“長いものには巻かれろ”

つまり、“事なかれ主義”なんですよね。

だから、年金をごまかした悪徳政治家が、いまだに国会議事堂の中をウロウロしている。
年金をごまかす政治家も悪い!
しかし、ごまかした政治家をそのままにしておく日本国民も悪い!
要するに、日本国民の政治意識が極めて低いという事ですよね?!

大統領といえども、あくどい事をすれば引き摺り下ろされてしまうのがアメリカですよ。
ニクソン大統領は、引き摺り下ろされそうになったので、自分から辞めてしまった!
つまり、アメリカ人の政治意識がニクソン大統領を辞めさせたわけですよね。

ところが、その政治意識が日本国民にはほとんど無い!
だから、日本国民を甘く見て、年金をごまかした政治家が、いまだにノウノウとしている!

フランス革命によって欧米の近代市民が生まれた!

国を自分のものと考えて好き勝手なことをやっていた王様の首をちょん切る
王様と一緒に勝手で身勝手なことをやっていた貴族の首をちょん切る!
当時、年金をごまかした政治家がフランスに居たら、首をちょん切られてしまったわけですよね。
そうやって近代市民が誕生したんですよ。

分かるでしょう?
そうやって、社会的自我に目覚めた近代市民が誕生したんですよ!
世界のネット市民はその近代市民の心の遺産を引き継いでいるのです。

World Wide Web はスイス、ジュネーヴの欧州共同原子核研究機関 (CERN) の顧問ソフトウェアエンジニアだったTimothy Berners-Lee によって生み出され
そのソースコードが1991年にネット上で公開されて、ウェブが爆発的に広がったのだけれども、
このネットでウェブを使うネット市民も近代市民として自覚すべきだと僕は思いますね。



つまり、近代市民とは?
世界のネット市民とは何か?

確固とした社会的自我を持つことですよ!
しっかりとした自分の意見を持って、間違ったことに対しては、しっかりと批判することですよ!
それこそが近代市民の条件ですよ!

ニクソン大統領を退陣させたのは
健全な批判精神がアメリカのメディアに根付いていたからですよ!
だからこそ、ワシントンポスト紙のボブ・ウッドワード記者がウォーターゲート事件という暴露記事を書けた。

日本だったら、
“仲良くしましょう”
“触らぬ神にタタリ無し”
“見て見ぬ振りをする”
“長いものには巻かれろ”

つまり、“事なかれ主義”があったから、もみ消されてしまったかもしれませんよね!?

しかし、メディアもアメリカ国民も健全な批判精神を持っていた!
だから、前の“悪徳カリフォルニア州知事”はリコールで辞めさせられた。
ニクソン大統領も辞めなければならなかった。

ところが、日本では年金をごまかした政治家の多くが、いまだに国会議事堂の中をうろついている!

健全な批判精神が日本には根付いていないからですよ!
“批判”すると、日本では“誹謗中傷”と受け止められてしまう。

そんなことを言わないで、“仲良くしましょうね”と言われてしまう!

丸め込まれて“事なかれ主義”で表面的には仲良くやっている。
しかし、日本国民の大多数は不満タラタラですよ!
あなただってそうでしょう?
ストレスがたまっているでしょう?
うへへへへ。。。。



そういう馬鹿なことをやっているのがイヤだから、
デンマンはパラダイスと決めたカナダのバンクーバーに居るんですよ。
ストレスもためず、政治に不満を感じれば、
こうして健全な批判精神に基づいてブログで記事を書いている!

こうしてじゅぁきさんを批判しています。
僕は草の根政治(grassroots net politics)を信じているからです。
日本を良くしようと叫んだところで、すぐに良くなるわけがない!
どうすればよいのか?

ブログで記事を書くことによって、こうしてお互いの政治意識を高める。
そうすれば、少なくとも、僕とじゅぁきさんの二人の日本人の政治意識が昨日よりも高まる。
これを読んでいるあなたの政治意識も高まることを祈りながら。。。

とにかく、確実に僕とじゅぁきさんの二人分だけ政治意識が高まる。
それだけ日本が確実に良くなるという事です。

僕のやっている事はそういう事なんですよ。
お分かりいただけたでしょうか?

誤解がないようにじゅぁきさんに一言。

でも、でも、もっと根底に基本的なものとして、
人は自分が大切だからこそ、
他人をむやみやたらに傷つけてはいけないという精神だと思うんです。


じゅぁきさんが書いていたように、このような精神も確かに大切です。
しかし、もっと大切なのが健全な批判精神です。

なぜか?

“批判のないところに進歩なし!”

僕はこの格言を素直に信じています。
その通りだと思っています。

“愛なき批判は空虚にして、

 批判なき愛は盲目なり”


これも僕の座右の銘にしています。
寅さんのように優しい批判を心がけています。うへへへへ。。。

一人でも多くの人が“社会的自我”に目覚め
しっかりとした意見を持って、
駄目な政治家に対して、
病んでいる日本の政治に対して
断固として批判する!
その気構えを持つことが必要だと僕は信じていますよ!

そうでない限り、日本の将来はお先真っ暗ですよね。
あなたも、そう思いませんか?

今夜のテレビニュースを見てくださいよ!
悲惨な事件が今夜も報道されますよ!
他の先進諸国と比べて、日本には悲惨な事件が多すぎますよ!
親殺し。
息子殺し!
娘殺し!
子供の虐待!
幼児殺し
。。。。

誰が、こんな日本にしてしまったのかああああ?

心のねじまがった政治家ですよ!
年金をごまかすような心のねじまがった政治家ですよ!

そして、その政治家に、いまだに政治をやらせておく日本国民の政治意識の低さですよ!
仲良くするのは、確かに良いことですよ!
僕も、その事を認めますよ!

しかし、年金をごまかした政治家と仲良くして一体何になるんですか?
馬鹿馬鹿しい!
“仲良くしましょうね”と言った聖徳太子が聞いたって馬鹿馬鹿しいと思うでしょうね!?

仲良くするのは良いけれど、
健全な批判精神を忘れてしまうと、現在の日本のように
良い政治家が生まれてこないんですよ!

駄目な政治家が最も悪い!
でも、命をかけて批判しない我々日本国民の怠慢でもあるんですよね!

昔は命をかけた政治家がいましたよね。
板垣退助ちゃんも、そういう政治家でしたよね。
“板垣死すとも自由は死せず”
(カッコいいなああああ~~~!)

暗殺されそうになって、そう言ったと伝説化していますが、
命を張って政治をする気構えを昔の日本の政治家は持っていたようですよね!
明治維新の志士を思い出してください!

時代が違うと言われれば、それもそうですけれど。。。、
僕だって、命が狙われて、殺されることを覚悟して書いていますよ!
ブログにろくな事を書かなかったなァ!と恨まれて、殺される人間が日本に必ず出てきますよ!

僕は、そうやって殺される第1号にならないように気をつけますが。。。
だからと言って、言うべきことを言わない、書くべきことを書かない。
そういう人間にはなりたくありませんよ。

それでは死んでいることと同じですからね。
僕は、命を狙われることも覚悟で書いています。
あなたも、そのつもりで、書いてくださいね。
うへへへへへ。。。。
(でも、僕はマジだよ!)

命が惜しいからといって、みっともない真似をしないようにね!
2ちゃんねるで遊んでいる馬鹿にならないように!
ほとんどの人が匿名のまま無責任でいい加減なことを2ちゃんねるに書いていますよ。
あなたに、もし2ちゃんねるで遊ぶ時間があったら、ブログを立ち上げて、
草の根政治家になって、正しいと思うことを書きまくってくださいね。
草の根政治(Grassroots Net Politics)ですよ!

そういう人が一人でも増えれば、日本は必ず現在よりも良くなります。
少なくとも、年金をごまかすような政治家が少なくなるはずです。
なぜなら、僕のような草の根政治家が、それこそ首でも取ったように、
年金をごまかした駄目な政治家について、こうして書きまくりますからねぇ。。。
うへへへへ。。。。

あなたもね、できれば本当の意味で自分を国際化してくださいね。
海外に出かけなくても、ネットの上で充分にできます。

つまり国際化ということは、ネットでも、近代市民として世界中の人と交信するということですよ。
少なくとも、しっかりとハンドル名を書いて、
あなたのホムペかブログのURLを書いて、正々堂々と意見を交換してくださいね。

覆面したままで記事を書くということは2ちゃんねるで書くように
無責任でいい加減な投稿を書くことと同じことなんですからね。



つまり、こういう格好で“きくま”やマクベス君のようにコメントを書いている愚か者が日本にはあまりにも多いんですよ!
頭隠して尻隠さずですよ!
これを見たら、おかしいでしょう?



でもね、自分ではまともな事をやっているつもりになっているけれど、
上のような格好でネットでコメントを付けている愚か者が、日本には実に多いんです!
 
とにかく、上のようなサルにはならないでくださいよね。うへへへ。。。

では。。。



ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、ためになる関連記事

■ 『デンマンのブログを削除した管理人に対する公開抗議文とその面白い顛末』

■ 『日本は軍国主義への道を歩んでいるのでしょうか?』

■ 『2ちゃんねるは世界のネットのために貢献できるか?』

■ 『日本のネットではありませんよ! 世界のネットです!』

■ 『日本の皇室はどうあるべきでしょうか?』

■ 『一体、日本は良くなるの?』

■ 『どうして、こうも犯罪が増えている?警察はホントに駄目になったの?』

■ 『日本人に欠けているものは?』

■ 『日本のネットで迷惑を振りまいているウツケ者たち』

■ 『国際化・グローバル化とはあなたにとってどのようなものですか?』

■ 『日本 ☆ 日本人 ☆ 日本社会 ☆ 比較文化論』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』



おほほほほ。。。。

卑弥子でござ~♪~ますわよ。

なんだか、デンマンさんが

物騒なことをおっしゃっていますけれど、

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。

スポンサーサイト

テーマ : それでいいのか日本国民
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

次郎

  • Author:次郎
  • 次郎の徒然ブログへようこそ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2006/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Hit Graph

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Follow Me
Twitter
ブログ内検索
RSSフィード
リンク