FC2ブログ

もう一度抱きしめて。。。




もう一度抱きしめて。。。
 








不安と焦燥感と寂しさ



2004 10/03 18:28

もう、このままで生きてるんなら、

命いりません。

ドナーカード持ってるから、

心臓でも角膜でも、

なんでも持っていって下さい。

家族はいません。

承諾とらなきゃいけない人は

誰もいません。

by レンゲ



『事故死するみたいなことが書いてあって。。。』より


デンマンさんは、またあたしが落ち込んでいた頃の手記を持ち出して、あたしを苦しめるのですわね?

違いますよォ~。それはレンゲさんの一方的な思い込みですよ。誤解ですよォ~。僕は何度も言っているように、レンゲさんが幸せになってくれることを望んでいるんですよ。

だったら、どうしてあの時あたしを引き止めてくださらなかったのですか?

バンクーバーにやって来た時のことですか?

そうですわ。

だから引き止めたでしょう。。。

引き止めませんでしたわぁ~。早く帰って欲しいと言ったんですねんやわあああ~~

そんなことはありませんよ。僕はちゃんとレンゲさんの望みをかなえて1日帰りを引き延ばしたんですよ。でしょう?

イヤイヤそうしただけですわ。あたしはデンマンさんが引き止めてくださると思っていたのですわ。

だから、1日帰りを延ばしたでしょう。。。

そうではありません。しばらく一緒に過ごせると思っていたのです。

2泊3日の旅だったんですよ。だからそのつもりで僕はレンゲさんをもてなしたんですよ。それをレンゲさんは一方的に滞在を長引かせようとする。あのやり方は独占欲の強い持統天皇と全く変わりがありませんよ。

デンマンさん!いい加減にしてくださいな。もう持統天皇を持ち出すことはやめてくださいな。

だったら、レンゲさんだって、僕に甘えることをやめた方がいいですよ。

あたしがデンマンさんに甘えているとおっしゃるのですか?

そうですよ。レンゲさんが甘える人は僕ではなくて清水君なんですよ。甘える人が居なくなったので、僕にその対象を求めている。簡単に言ってしまえばそういうことですよね。レンゲさんの小説的人生の中で僕を美化しているに過ぎないんですよ。魔法が解ければ、星の王子様もカエルになってしまうんですよ。

つまり、デンマンさんは、現実の世界ではカエルだということですか?

カエルじゃないけれど、ごく当たり前の人間の男ですよ。

デンマンさんは、そうやって自分の周りに予防線を張り巡らせて、あたしを突き放そうとしているんですよね?

突き放そうとしているわけじゃないですよ。レンゲさんが冷静になって、レンゲさん自身のことを、それに僕のことを、もっと良く見てもらいたい。僕が言いたいのはそのことだけですよ。

デンマンさんは、あたしと一緒にネットで“愛の正体”を見つける旅に出ると言ってくれましたやんかあああ~

そうですよ。だから、こうしてウェブカムを通して、太平洋を挟んで対話を持ちながら一緒に“愛の正体”を見つけようとしているではないですかァ。。。

だったら、もっとあたしに優しくしてくれてもいいですやんかあああ~。。。それなのに、冒頭にあたしが落ち込んでいた頃の、いや~♪~な手記などを出してきて、。。。しかも、ガイコツなんかを貼りつけちゃってぇ~。。。いややわあああああ。。。。

やっぱり、上のドクロはイヤ~♪~な感じを与えますか?

もちろんですわ。

その同じイヤ~♪~な感じを、僕は上の手記を初めて読んだ時に感じたものですよ。レンゲさんが、ものすっご~い事を書いているなあああ~~と僕は衝撃を感じたものですよ。しかも、ネットで公開して書いているんですからね。レンゲさんが、あの時に本当に自殺していたら、大変なことになっていましたよ。それこそ、各テレビ局がレンゲさんのことを取り上げて、報道したと思いますよ。ネットで自殺宣言して自殺した知能指数が140の女!。。。こういう見出しが画面に躍りましたよ。

それって、オーバーですわぁ。

決してオーバーではありませんよ。レンゲさんが自殺して、テレビ局がレンゲさんのことを取り上げたら、真似をして次から次とネットで自殺宣言して自殺する人が現れますよ。それでなくても、日本は“自殺大国”なんですからね。何しろ、1年に約3万5千人の人が自殺する!つまり、1日に約100人の人が自殺する。レンゲさんとこうして話し始めてからでも、すでに二人の人が自殺しているんですよ。1時間当たり4人が自殺しているんですからね。。。

あたし、本当に自殺しようかしら。。。

馬鹿なことを言わないでくださいよ。んも~~。。。レンゲさんが自殺すると悲しむ人が居ることを忘れないように。。。

どなたですの?

確実に悲しむ人が一人居ますよ。

だから、どなたですの?

この僕ですよ。。。僕が誰よりも悲しみますよ。

本当に悲しんでくれますのォ~?

悲しみますよ。僕ほどレンゲさんを愛している人はこの世界には居ないと。。。僕はマジで信じているのですからね。。。。

それ程あたしのことを思っていてくださるのならば、どうしてあたしをデンマンさんの女にしてくれないのですかぁ~?

ホラ、ホラぁ~~。。。それが飛躍なんですよォ~。そういうことが、とりもなおさずレンゲさんの小説的人生なんですよ。




抑鬱がひどいのですが、

お礼をさせていただきます。


2004-8-1 15:39

わたしのような、ネットの何たるか、
ネチケットとは何か、
そういったことをわきまえず、
まして精神的落伍者の
垂れ流し文章を、
熟読していただいたことを、
心から感謝いたします。

わたしはいつも、
自分に欠落している部分を、
何かで埋めておかないと、
転落の一途をたどるような
弱い人間です。

そのせいで、デンマンさんが名付けてくださった
「小説的人生」を送って来ざるを得なかったのかもしれません。
デンマンさんに、わたしの内面を見ていただいて、
最初の印象を払拭していただいたと信じています。
ありがとうございます。

by レンゲ

『心の恋人リスト』より


レンゲさんは“欠落している部分”を自分で作っているんですよ。

どういうことですの?

清水君と別れる必要がまったくなかったのに、別れてしまったのはレンゲさんが勝手に被害妄想を起こしたからですよ。それで、アパートから出て行ってしまったんですよ。

被害妄想ではありませんわ。洋ちゃんが久美子さんと浮気をしたのです。

だから、レンゲさんが認めているように、それは浮気でしょう?本気ではないんですよ。

でも、あたしは洋ちゃんに言って欲しくない事を言われて心が傷ついたんですねん。

だから、それもレンゲさんの被害妄想ですよ。

だって、女にとって、とっても気になることを言われたんですよ。デンマンさんには、この気持ちは分かりませんわ。

分かりますよ。“下つき”だと言われてレンゲさんの気持ちが傷ついたのなら、男ならさしずめ“粗チン”と言われて心が傷ついたようなものでしょうね。。。

もし、あたしがそう言ったとして、デンマンさんは傷つかないのですか?

そんなことを言われたって気になりませんよ。

どうしてですの?

だってね、これまで問題になるようなことはありませんでしたからね。

デンマンさんは、女性を扱うことでも自信を持っているからですわ。

だから、そこですよ。。。レンゲさんだって、清水君以上の恋愛経験を持っている。清水君にとってレンゲさんは初めての女性だったんですよ。レンゲさんが僕にそう言ったんですよ。覚えているでしょう?

ええ。。。

清水君はウソをついたのですか?

いいえ、あの子は本当にあたしと愛し合うのが初めてでした。

でしょう?レンゲさんだって、そう確信しているじゃないですか。レンゲさんが年上の経験ある女として優しく導いてあげたんですよ。そうでしょう?

。。。(レンゲさん無言)。。。

いわば清水君はレンゲさんに“筆おろし”してもらったんですよ。男にとって“筆おろし”してくれた女性のことは忘れないものですよ。しかもレンゲさんは経験豊富で男の扱いに慣れている。清水君にとってレンゲさんは理想的な人なんですよ。レンゲさんにだって清水君の気持ちが分からないわけではない。レンゲさんを傷つけようとして言ったわけではないですよ。それなのに、どうして下つきだと言われたぐらいで気にしてしまうのですか?

だって、下つきの女は淫乱な女だと言うことになっているんです。デンマンさんだってご存知でしょう?

もちろん聞いたことはあるけれど、医学的には全く根拠のないことだと言うことも知っていますよ。

でも、洋ちゃんはそう思っているんです。あたしが根っからエッチが好きな女だと思い込んでいるんです。それにデンマンさんだって。。。

僕もそう思っていると言うのですか?

だって、デンマンさんは、はっきりとおっしゃいましたわぁ~。。。。

僕が何を言ったのですか?

洋ちゃんとエッチばかりしていないで、少しは心が触れ合うような趣味を二人で見つけたらどうか。。。そう言ったのですわ。

レンゲさんが淫乱だと言ったわけではありませんよ。

でも、デンマンさんだって、あたしが洋ちゃんとエッチばかりしていると思っていますわ。

レンゲさんが僕に言ったからですよ。清水君は競馬競輪が好きで、詩など全く関心がない、小説だとか、文学的なことには全く見向きもしないので共通の話題があまりないんだって。。。清水君がレンゲさんに夢中になるのはエッチの時だけだって。。。そう、レンゲさんが言ったんですよ。



それで夜桜見物に出かけても、清水君と詩の話だとか万葉集の話などしてもちっとも聞いてくれないので、ついついペッティングになってしまって気づくと夢中になってエッチしているんだって。。。

確かに、あたし、そう言いましたけれど。。。でも、エッチばかりしていたわけではありませんわ。

。。。で、他にどういうことをしていたのですか?

だから、一緒にテレビを見るとか、。。映画を見るとか、。。。コンビニに行くとか。。。ドライブに出かけるとか。。。

そうですよ。。。そうやって二人で愛を育ててゆけばいいんですよ。でも、レンゲさんは頭のいい女の子なのに、何か気になることを言われると、その事にこだわってしまって理性が消えて飛んでしまうんですよね。今度のことだって、“下つき”と言われたぐらいでレンゲさんは気にしすぎている。清水君はレンゲさん以外に女性経験がなかったんですよ。男性週刊誌で読んだことをたまたま口にしたに過ぎないんですよ。実際には、レンゲさんが下つきなのかどうなのか分かっていないんですよ。レンゲさんだって、冷静になれば分かりそうなものなのに、つい、気になるものだから、そのことにこだわってしまう。そういうことでしょう?

。。。あたしはどうすれば良いのでしょうか?

だから、女の意地を捨てて、清水君と対話を持つことですよ。じっくりと話し合うことですよ。

でも、タイミングを逃してしまったようで、今さら話し合う気が。。。

それもレンゲさんの思い込みですよ。レンゲさんは、そのうち、また寂しさが募ってきて、また上のようなことを書くのですよ。死にたくなるんですよ。レンゲさんの落ち込む様子が見えてくるようですよ。

。。。デンマンさんは、何もかも知っているんですわ。あたしの事も誰よりも良く知っていますわ。だから、あたし、バンクーバーにもっと長く居たかったんですわ。

それが、レンゲさんの甘えですよ。それでは失敗から学んでないことになりますよ。レンゲさんの気持ちは分かるけれど、まず、清水君と仲直りするのが先決ですよ。

でも、あたし、久美子さんは“上つき”なんだと思います。だから洋ちゃんは久美子さんと今でも一緒に暮らしているのですわ。あたしよりも具合のいい女性を見つけたんですわ。

レンゲさんが、そう思い込んでいるだけですよ。それに、レンゲさんが勝手にアパートを引き払って出て行ってしまったからですよ。

でも、あたしに当てつけるかのように久美子さんを引き入れて暮らし始めることはないでしょう?あたしに対する嫌がらせですわ。

レンゲさんは清水君と、もう2度と会いたくないんですか?完全に別れたつもりでいるのですか?もう、愛していないと言うことなんですか?

それは。。。

まだ愛しているんでしょう?本当は別れたくないんでしょう?

でも、洋ちゃんは下つきの女が嫌いなんです。

レンゲさん、冷静になってよく考えてくださいよ。清水君はレンゲさんが初めての女なんですよ。だから、実際には、何も分かっていないんですよ。清水君の言ったことを気にする必要はないんですよ。

でも、あたし、前にも、他の人にそう言われた事があるんです。

だから、僕が何度も言ったでしょう。レンゲさんは決して下つきではないと。。。

それはデンマンさんが、あたしに気にしないようにと。。。そう言って下さるだけですわ。

ほら、ホラぁ~。。。そうやってまたレンゲさんは悪い方向に思い込もうとする。すぐに悪い方向に思い込んでしまうから、レンゲさんの恋愛は破綻しやすいんですよ。何度も何度も恋愛をしているのに、ベターハーフが今だに居ないのも一番の原因はそのことなんですよ。だから、もっと自分に自信を持って、そういう下らない事は気にしないことですよ。例え、レンゲさんのモノが下つきでも、そのことと清水君とイケないこととは全く関係のないことなんだから。。。

でも。。。

だから、レンゲさんがエッチにこだわりすぎるんですよ。男と女の愛にこだわらずに、もっと大らかな気持ちで愛することができないのか。。。と僕が言うのは、そういうことですよ。

でも、洋ちゃんもあたしと同様、ベッドで愛し合うことにこだわるんです。デンマンさんが言うような心の触れ合いなんて小説の中だけの事だと思っていますわ。だから、あたしが書いた詩には見向きもしませんし、あたしが気に入った香水のことなど全く話題にすることなどありしませんわ。

とにかくね、レンゲさんが勝手に飛び出してしまったのだからレンゲさんの方から清水君に連絡して一度会ってゆっくりと話し合ってみたらどうですか?

会ってくれるでしょうか?

会いますよ。

どうして分かるのですか?

清水君と久美子さんは浮気なんですよ。すぐに飽きが来ますよ。清水君の方が飽きてしまいますよ。なんと言ってもレンゲさんの恋愛経験は豊富ですからね。久美子さんよりもレンゲさんの方が男の扱いに慣れている。遅かれ早かれ、清水君はレンゲさんの所に戻ってきますよ。なんと言ってもレンゲさんは清水君の筆おろしをしてあげたんですからね。男にとって、“筆おろし”をしてくれた女性は母親の次に忘れられないものですよ。

デンマンさんもそうですの?

そうですよ。

。。。で、デンマンさんは、どなたに筆おろしをしてもらったのですの?

それはまたの機会に話しますよ。今、問題にしているのはレンゲさんと清水君のことなんですからね。。。

でも、あたし、気になりますわ。

ホラ、ホラぁ~。。。そうやってレンゲさんは、すぐに、どうでもいいことを気にする。。。レンゲさんの悪い癖ですよ。

だって、デンマンさんは、あたしにこれまで、その事を話してくれたことがないじゃありませんか。。。あたしは、なんでもデンマンさんに話しているというのに。。。

だから、また別の機会に話しますよ。

でも、名前だけでも教えてくださいな。

レンゲさんの知らない人ですよ。それよりもレンゲさんが清水君と仲直りする事の方が重要なことですよ。

あたしは、デンマンさんがどのようにして筆おろしをなさったのか?。。。その方が気になりますわ。

レンゲさん、僕はマジですよ。

あたしだってマジですわ。

だったら、清水君と仲直りすることをもっと真剣に考えたらどうなんですか?

もちろん、そうしますわ。でもその前に、デンマンさんに筆おろしをしてあげた女性のことが知りたいんです。

レンゲさん、いい加減にしてくださいよ。レンゲさんと清水君が仲直りをすることと僕の筆おろしとは全く関係がないことですよ。

いいえ、関係がありますわ。

どういう関係があると言うのですか?

だって、デンマンさんに筆おろしをしてあげた女性ですもの。。。きっとすばらしい人じゃないかと。。。デンマンさんがその女性にどうして接近したのか?その女性がデンマンさんをどのように扱ったのか、あたしがこれから洋ちゃんと仲直りする場合にも、とっても参考になると思うんです。

参考になりませんよ。世代が違うんだから。。。

だって、あたし、本当に知りたいんです。

レンゲさんは、このように、どうでもいいことを気にしてしまうんですよ。しかも、気にし始めると、このようにこだわってしまう。清水君がなんとなく言った“下つき”だって、そういうことだったんですよ。それをレンゲさんが、こだわるから、こじれてしまうんですよ。レンゲさん、僕の言おうとしていることが分かりますか?何が重要なことなのか?しっかりと見極めて、清水君と早く仲直りしてくださいよね。

でも、その前に。。。

【ここだけの話しですけれどねぇ~、レンゲさんのこだわり方には病的なものが感じられますよね。いづれにしても、“夫婦喧嘩は犬も食わぬ”と言います。レンゲさんと清水君は夫婦ではないけれど、言ってみれば内縁関係の夫婦ですよね。僕がとやかく言う問題ではないのですが、レンゲさんが寂しくなって、また死にたいと言い出す前に、何とかヨリを戻してほしいと思っているんですよ。。。とにかく、レンゲさんの話はますます面白くなりますからね。これまでの話を読みたい人はリンクを貼っておきましたから、ぜひ読んでくださいね。】

       
レンゲさんの愉快で面白い、そして悩み多い日々は
次のリンクをクリックして読んでください。

■ 『レンゲさんのこれまでの話を読みたい人のために。。。』

■ 『レンゲさんの愛と心のエデン』



レンゲさんをもっと知りたい人は。。。。

■ 『女探偵ふじこが試みたレンゲさんの素行調査』

■ 『“愛の正体” と “レンゲのテーマ”』

■ 『不倫の悦びと苦悩』

■ 『レンゲさんのように苦境から立ち上がった女 ー グロリア・スタイナム』

レンゲさんの写真を見たい人は。。。

■ 『レンゲさん、あなたは実はメチャ美人なんですよ!』

スポンサーサイト



テーマ : 幸せになる方法
ジャンル : 心と身体

プロフィール

次郎

  • Author:次郎
  • 次郎の徒然ブログへようこそ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2006/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Hit Graph

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Follow Me
Twitter
ブログ内検索
RSSフィード
リンク