FC2ブログ

性と愛と死をみつめて。。。



性と愛と死をみつめて。。。
 







光る時代



写真の中のあなたは若く
あのしあわせな時代を
切り取った中に生きている

豊かな日々がひびわれて
今、かけらさえも消え去った

あなたを失うことは
光る時代のピリオドだった

あなたは安定の中に生まれ
崩壊を見せつけられ
そして去っていった

あなたを失うことは
光る時代のピリオドだった

by レンゲ




『レンゲの極私的詩集』より







愛する感覚



あなたのくちびるが

わたしのくちびるに

かさなる瞬間まで

じっと見つめていた

そしてまぶたをとじて

じっくりと味わった

わたしは全ての感覚で

あなたを愛するから

ひとり思い出すとき

この目もこの耳も

わたしの全てが

あなたを恋しく思う

by レンゲ




『レンゲの極私的詩集』より


デンマンさん、また、あたしが書いた詩を持ち出して来たのですね。

いけませんか?レンゲさんの詩は、なかなか読み応えがありますよ。いつものことですが。。。

そう言ってくださるのはうれしいのですけれど。。。

なんですか。。。?あまり嬉しそうでないですね。。。

デンマンさんは、またあたしが気になることを言うのでしょう? 今度も必ず何かあたしが落ち込むようなことを言いますわ。。。きっと。。。

僕がレンゲさんを落ち込ませるようなことを言いましたか?レンゲさんは僕の心の恋人なんですよ。僕は、もう何度も何度もこの事を言ってきたはずですよ。

分かっています。だから、そう言われても、もうそれほどの効果がないのですわ。

僕がレンゲさんのことを愛している、と言っても感動が湧かないと言うことですか?

だって、日本人の男の人って、面と向かって、しかもマジで愛している、なんて言う人は居ませんわ。

レンゲさんは、また僕に同じ事を言わせるのですかぁ。。。? だから、僕は言ったでしょう?僕は日本人に生まれたけれど、一度日本人の自分を解体して、改めて国際人としてのデンマンを構築したと。。。

ええ、聞きましたわ。でも、国際人であろうが、火星人であろうが、あたしに面と向かって“愛しています”なんて言った人、これまでに一人も居ませんわ。

うん。。。レンゲさんがそう言うだろうと思ったから、僕は上の詩を持ち出してきたのですよ。

どういうことですか?

“光る時代”にも“愛する感覚”にもレンゲさんが愛した相手が居ますよね。

もちろんですわ。

この2つの詩の中の相手は同一人物ではありませんよね。

そのような事までデンマンさんは詮索するのですか?

詮索するわけではないけれど、これまでのレンゲさんの豊富な恋愛経験を知っている僕には、この詩の中の相手が同一人物だとは思えない。その事を確認したかっただけですよ。

いいえ、デンマンさんは、そう言いながらも、あたしが“浮気な女”だと言うことを暗に言おうとしているのですわ。そうやって、いつものようにあたしの心をチクチク、チクチクと傷つけるのですわぁ~。か弱い女の心に痛みを与えるのですわぁ~。あたしはデンマンさんのそういう無慈悲な言葉に何度となく悔し涙を流してきたのですわぁ~。

それは、レンゲさんの考えすぎですよ。いつものように僕の言葉を被害妄想しているだけです。僕が言いたいのは、そういうことではなくて。。。、これだけレンゲさんが愛した人が居た。レンゲさんの詩心を刺激した。レンゲさんに詩的インスピレーションを与えるほどの人が居たということですよね。しかも、この上の2つの詩の中に現れた人物は同一人物ではない。レンゲさんには詩的に愛した人物がたくさん居る。僕はその事を言おうとしているわけですよ。でも、それにもかかわらず、レンゲさんが詩的に愛した人物でさえ、レンゲさんに面と向かってマジで“愛している”と言った人が居ない。。。そう言う事でしょう?

そうですわ。

つまり、“愛している”と言う言葉を一度も交わさないうちに、出会い、デイトを重ね、エッチして、。。。そして失恋して、レンゲさんは上のような詩を作る。。。そうして次の人物に移る。今度も同じ事を繰り返す。しかし、“愛している”と言う言葉はお互いに一度として口にしない。そう言う事ですよね。

。。。そ。。。それは。。。デンマンさんは、あたしの愛が吹けば飛ぶような、つまらないモノだと言おうとしているのですわね。

違いますよ。

絶対にそうですわ。“愛している”と言う言葉を一度も口にしないで“愛”が終わる。失恋する。つまり、“愛している”と言う言葉を一度も言うことなしにエッチして、それで別れる。あたしの愛は愛ではなく、つきつめれば、それはセックスフレンドとの体の交わりだけだと。。。

レンゲさんが、そうやって自分で決め付けているんですよ。僕は、そう言うつもりではありませんよ。

いいえ、デンマンさんは、絶対にそう言いたいんですわ。デンマンさんは、あたしが“愛”ではなく“エッチ”にこだわっていることを、このように回りくどく言おうとしているんですわ。

。。。そ。。。それは。。。

そうでしょう。。。? デンマンさんは、そうおっしゃりたいのでしょう。。。? あたしに、そのものズバリを指摘されたので、そうやって口ごもっているのですわぁ~~。

。。。そ。。。そうでは。。。ありませんよ。。。でも、。。。でも、考えてみると、僕は無意識のうちに、そう言おうとしているのかもしれませんよ。レンゲさんに言われて気付いたような。。。うへへへ。。。それにしても、レンゲさんは僕のことを良く理解するようになりましたねぇ~~

デンマンさん、とぼけないでくださいな。。。んも~~。。。あたしをそうやって、またコケにするのですかああああ~~

違いますよ。。。ボクは。。。僕は、今さらながら、レンゲさんは頭のいい女の子だと思って感心しているんですよ。

そう言う、取って付けたようなお世辞を言うのは止めてくださいな。ちいっとも、うれしくありませんわ。。。んも~~。。。

レンゲさん、。。。どうか落ち着いてくださいよ。レンゲさんが書いた次の手記をもう一度冷静に読んでくださいよ。


冗談ぬきで、舞い上がるような

いい気持ちです。


2004-8-16 19:46



ご苦労様、ありがとうございます。
バンクーバーでのわたしは、
デンマンさんにエスコートされて、
のびのびした表情をしていますね。
ここ大阪では考えられません。

あたしの精神年齢は32歳ですか?
大人ですね。
昔から思索にふけることが
多かったのですが、
そういった時に、
わたしは大人に
なれるのかもしれません。

でも、妄想にふける
中学生のわたしもいますが。
もうひとつ言えば、
不安にさまよう
4歳のわたしもいます。

わたしの詩・・・
(自分では自慰行為と呼んでいますが)
人に見せるのも、
まして批評していただけるなんて、
全く初めてだったんです。

デンマンさんが感想を書いて下さって、
冗談ぬきで、舞い上がるようないい気持ちです。
ネットで公開してよかった・・・

デンマンさんは少々わたしのことを、
買いかぶっておられるんじゃないかと、
少し不安です。

わたしがデンマンさんの“心の恋人”足り得るか・・・
いつか、ガッカリさせてしまうのではないかと、
自分自身の内面を省みて、心配になっています。

それにしても、わたしは幸せ者ですね。
この、“夢のバンクーバー”で、
わたしはデンマンさんを独占してしまったのですから
本当にありがとうございます。

質問の方もできるだけ早く、残りをお答えしますね。

by RENGE

『次元の違いとは端的に言うと』より


どうですか、レンゲさん。。。僕とレンゲさんは“心の恋人”として、こうして今だに詩を通して心と心がしっかりと触れ合っている。この間にもレンゲさんは関係を結んで別れてしまった男が数人居るんですよ。レンゲさんは僕の“求愛”を受け入れて、それ以来レンゲさんは僕にたくさんの詩を書いてくれ、僕に思いの内を素直に打ち明けてくれている。どんな事でもレンゲさんは僕に話すことができる。そんなレンゲさんの真心に対して僕は素直に“愛している”と思っているし、そのことを僕はレンゲさんに率直に言ってきたんですよ。でしょう?

。。。(レンゲさん無言)。。。

“心の恋人”とは、素直に信じていることを伝え合うと言うことですよね。それなのに、エッチにこだわっているとか、こだわっていないとかを持出してきて、ガタガタ言っても、あまり意味のあることとは思えませんよね。そうでしょう?そう思いませんか?

デンマンさんは、ずるいですわ。

どうして?

だって、こういう時にあたしが書いた手記を持ち出してきて見せ付け、あたしを黙らせてしまう。あたしの弱みをデンマンさんはしっかりと握っているのですわ。

上の手記は、レンゲさんの弱みではありませんよ。レンゲさんのすばらしさでしょう? だからこそ、僕はこの手記を何度も引用するんですよ。レンゲさんのすばらしさを分かってもらいたいからですよ。

でも、このような時にあたしの手記を持ち出されるのって、とっても恥ずかしいんです。。。でも。。。でも、デンマンさんは、そう言うことまで分かっていてあたしの目の前に持ち出すんですわ。。。あたしの弱みを握っていると言うのは。。。そう言う意味ですわ。。。とにかく、デンマンさんはあたしを黙らせたいのでしょうから、もうエッチのことは言いませんわ。。。それで、デンマンさんは何がおっしゃりたいのですか?

僕はレンゲさんの心をくすぐるためではなく、本当にレンゲさんはすばらしい人だと思っている。それなのに、レンゲさんが書く詩には、なぜか失恋の思いが込められている。実際、レンゲさんの恋愛は長い目で見ると失恋ばかり。。。、と言うより、すべての恋愛が破綻に終わっている。だから、これまで平均的な女性なら、とてもありえないような恋愛の数々を経験してきたと言うのに、今だに人生の伴侶を見つけていない。。。でしょう?

そうです。でも、恋愛の数を増やすために恋愛しているのではありませんわ。

分かりますよ。僕もレンゲさんが詩を書くために恋愛しているとは思っていませんよ。

あたしはどうして失恋ばかりしているのでしょうか?

だから、その事を話そうと思って2つの詩を持ち出したわけですよ。

分かりましたわ。それで結論はどういうことですの?

ずいぶんと僕をせかせますね。すぐに結論を話せと言うのですか?

だって、デンマンさんの話はいつでも長いんですもの。。。この記事だって、これまでのことはすべて前置きですよね。あたしがどうして失恋するのか?初めから、この事を書けばもっと簡潔な文章になると思いますわ。

確かにその通りですよ。これからは、なるべく無駄話はしないようにしますよ。

それで、結論は。。。?

それほど結論にこだわるのならば言いますが、レンゲさんは独占欲が強すぎるんですよ。上の手記にさえ“独占志向”が顔を覗かせていますよね。


それにしても、わたしは幸せ者ですね。
この、“夢のバンクーバー”で、
わたしはデンマンさんを独占してしまったのですから
本当にありがとうございます。


分かるでしょう。。。?レンゲさんはある人を独占したいと言う強い気持ちが無意識のうちにこれまでのレンゲさんの恋愛を支配している。もちろん、このことはレンゲさんだけに特有のことじゃない。誰にも愛する人を独り占めにしたいと言う気持ちはありますよ。ただ、レンゲさんは、人一倍この欲求が強い。

どうしてでしょうか?

それはレンゲさんの生い立ちに関係があるんですよ。レンゲさんが書いてくれた次の手記に実に良く表れていますよ。


わたしの心の軌跡

投稿日時: 2004-9-8 11:45

わたしは精神障害者です。
しかも、誰もが関わりたがらない
境界性人格障害者です。
時に、感情の爆発という
発作も起こります。

愛憎にあやつられる人生です。
わたしの世界には、
シロかクロしかありません。
誰かに愛着をかんじすぎると、
怖いのです。
見捨てられ感、迫害妄想で、
全面的に愛していた人のことを、
全面的に否定してしまうのです。

そのうえ、わたしはある人に対して、
“ほれこむ”ということも、よくあります。
でも、その場合でも、
相手から見れば全く理不尽な
理由で、ほれこんでいた人のことを、
全否定してしまうのです。

これらは、精神の発達が
未熟であるのはもちろん、
幼少時の体験によって
「見捨てられる恐怖」が、
頭にこびりついていて、
見捨てられる(つらさを味わう)くらいなら、
こっちから先に、
相手との関係を絶つ、という
逃げの行動なのです。

わたしは、この障害で苦しんでいます。
わたしに関わったことで、
理不尽な気持ちで去ってゆく
“被害者”の方々も、多いと思います。
治せるものなら治したい。
でも、幼い頃の心の傷が、
真人間になることを、
かたくなに拒み続けます。
二度と傷つきたくないから、
防衛するのです。
この硬い殻を、どうすればこわせるのか・・・

治療はうけていますが、今は目先の“うつ”
の治療が主です。
それも、最近容態が悪いようで、
心理テストなどばかり受けています。

長々と書いてしまいましたが、
こんな(迷惑な)人間もいるのだということを、
書き連ね、より自虐的に、とことんどんぞこまで
落ち込み、自分への罰としたいとおもいます。

by レンゲ

『未熟者であることに甘えていることがすべての問題を生んでいる』より


つまり、レンゲさんにとっての独占欲は“見捨てられる恐怖”の裏返しなんですよ。言ってみれば同じものなんですよ。コインの裏と表の関係ですよ。見捨てられる恐怖が愛している人を独り占めさせようとする。境界性人格障害の人はそれがとりわけ強いですよ。僕が阿部定さんも境界性人格障害者だと思うのはそのためですよ。

定さんもあたしのような人格障害者だったのでしょうか?

僕の知る限り阿部定さんが境界性人格障害者だったと言った人はこれまでに一人も居ませんよ。でも、僕は確信に近い思いでそう信じていますよ。

定さんも独占欲が強かったのですか?

そうですよ。あの事件は定さんの独占欲が引き起こしたのですよ。定さん自身がそう語っていますよ。
 


5月7日から10日まで石田と別れて自分一人稲葉の家に居た当時、石田の事ばかり考えて辛い思いをしたので、石田を殺してしまおうかしらという考えが出ました。

それは直ぐ他の気持ちに打消されていたのですが、その晩石田から色々言い聞かされ、頸を直すためには将来二人でやってゆくためにも一時別れなければならないと言われたのです。

石田の寝顔を見ているうち石田が家へ帰れば自分が介抱したようにお内儀さんが介抱するにきまっている。
今度別れればどうせ1月も2月も会えないのだ。
この前のわずかな間だけでも辛かったのだからとても我慢出来るものではないと思いどうしても石田を帰したくありませんでした。

石田は私から心中してくれとかどこかへ逃げてくれと言ったところで、今まで待合を出させて末永く楽しもうと言っていたし、石田としては現在出世したのですから今の立場で死ぬとか駈落するとかは考えられませんから私の言うのを断ることは判り切っているので、私は心中や駈落は、てんで問題にしていなかったのです。

結局、石田を殺して永遠に自分のものにする以外にないと決心したのです。

『自伝・阿部定の生涯 その5』より


あたしにも定さんの気持ちは分かる気がしますわ。

でしょう?

でも、どんなに独占したい思いが募(つの)ろうとも、あたしは殺す気にはなりません。

分かりますよ。詩を書く人に殺人者は居ませんからね。レンゲさんの詩を読んでいて、その根底には“愛”が流れているのを感じますよ。でもね。。。

愛なき批判は空虚にして、

批判なき愛は盲目なり


愛は盲目になることもある。そして、盲目の愛は殺意に変わることもある。その具体例が阿部定事件ですよ。

定さんは、どうして、それほどまでに独占欲にかられてしまったのでしょうか? 

定さんは次のように言っていましたよ。



その頃の私はどちらかと言えば堅過ぎる位真面目な考えを持っていました。でも15歳の時お友達の家で学生に抱かれてからガラリと気持が変って不良になり浅草で遊び暮すようになったのです。

その頃、毎日お友達の福島ミナ子さんの家へ遊びに行きました。やはり、そこに遊びに来た福島さんの兄さんの友達で慶応の学生さんと知合いました。私はその人と懇意になり二階でふざけて居るうち、その学生さんに関係されてしまいました。その時大変痛みがあり、二日位出血したので驚いてしまいました。これで自分は娘でなくなったと思うと何だか怖ろしくなって母に話さずにいられなくなったのです。

その後その学生さんと会ったので自分はこの間の事を話しました。“あなたも親に話して下さい”と言ったところ、その学生さんはその後福島さんに寄りつかなくなり、母がその学生さんのところへ行っても会ってくれず、そのまま泣き寝入りになってしまいました。

当時、その学生さんに遊ばれただけだと思うと口惜しくて堪らず、もう自分は処女ではないと思うと、このような事を隠してお嫁に行くのは嫌だし、これを話してお嫁に行くのはなお嫌だし、もうお嫁に行けないのだとまで思ひ詰め、ヤケクソになってしまいました。

『自伝・阿部定の生涯 その1』より


レンゲさんはお母さんから愛されていないと思っていた。お母さんに拒絶されていると思い込んでしまった。定さんは子供の頃はお母さんから可愛がられていたと言っているけれど、一人で暮らすようになってから子供の頃を振り返って母親を憎んでいたと、自分で語っていますよ。しかし、定さんにとってもっともトラウマだったのは慶大生に抱かれ、結局見捨てられた。ただ遊ばれただけだったと分かった時のショックですよね。それ以来、定さんは男性不信になった。

そうでしょうか?定さんは結構たくさんの男性と一緒に暮らしたりしていますわ。

それが定さんの“仕事”だったからね。でも、本当に心から愛し合えたのは吉蔵さんだけだったと定さんは言っていましたよ。だから、定さんにしてみれば慶大生に抱かれた時のような終わり方にしたくはなかった。

それで、あのような事件になったと。。。?

僕はそう思っていますよ。

でも、定さんは望みを果たして吉蔵さんを独占しましたよね?

定さんはそう思ったかもしれません。しかし、吉蔵さんは死んでしまったんですよ。常識的に考えれば決して独占したことにはならない、すべてを失ってしまった。吉蔵さんを殺したことにより吉蔵さんを失ったばかりか、定さん自身の人生も台無しにしてしまった。

そうでしょうか?

だってね、あの事件の後、刑務所から出て自由の身になると、定さんは名前を変えて結婚した。しかし、新聞記者のインタヴューを受けて定さんだと分かると、夫は定さんと離婚してしまった。吉蔵さんを殺して彼を独占できたのなら、吉蔵さんの面影を抱いて幸せに余生を送れると僕は思うのだけれど、定さんの女の性(さが)がそれを許さない。生身の定さんは生身の血の通う男を必要としていたんですよ。だから、他の男と結婚したんですよ。勝手だと思いませんか?独占するために相手を殺した。でもその人だけでは満足できないと言うことですからね。何のために殺したのか?

“盲目の愛”の仕業(しわざ)ですか?

それ以外にないでしょう?

つまり、デンマンさんは、どれほど愛し合っても一人の人間を独占することはできない、とおしゃるのですか?

そうですよ。僕がレンゲさんをどれほど愛したとしても、僕はレンゲさんを独占することはできませんよ。

いいえ、できますわ。デンマンさんがそれ程あたしを愛してくれるのなら、あたしは喜んでデンマンさんだけの者になりますわ。

定さんは、そのつもりで吉蔵さんを殺したんですよ。でも、殺しておきながら他の男と結婚している。

あたしと定さんは違います。定さんは定さんですわ。あたしはあたしです。デンマンさんが、あたしだけを心から愛してくれるのならば、あたしは喜んでデンマンさんだけの者になる事ができますわ。

僕は今でもレンゲさんだけを愛していると思いながら愛しているけれど、人間には一人の人だけを愛することはできないんですよ。

どうしてですの?

レンゲさんだって一人の男だけを愛することはできないでしょう?

あたしにはできますわ。

僕だけを愛することができると言うのですか?

そうですわ。あたしにはできると言い切れますわ。

僕に、それを信じろと言うのですか?

そうですわ。ただし一つだけ条件がありますわ。

その条件とは。。。?

あたしとだけエッチしてください。

。。。ハイ、そうしますと言って、僕が鼻の下を伸ばしてレンゲさんだけを抱いたとしても、レンゲさんは僕だけを愛することはできないんですよ。

そんなぁ~。。。あたしはできると言っているんです。つれないことを言わないでくださいな。あたしができると言っているのですよ。デンマンさんは、どうして、できないものだと決めつけてしまうのですか?

あの精神分析学の権威であるフロイトが次のようなことを書いていたんですよ。


When two people make love, there are at least four people present---the two who are actually there and the two they are thinking about.

--- Sigmund Freud


つまり、どれほど、お互いに愛し合っていても、エッチしている時って他の人のことを考えていると言うのですか?

そういうことですよ。



。。。で、デンマンさんがこうして奥様を愛しているとき、一体どなたのことを考えるのですか?

だからぁ~。。。レンゲさんのことですよ。うへへへへ。。。。

んも~~~

【ここだけの話しですけれどね。。。レンゲさんをからかっているわけではないんですよね。マジメ腐っているだけでは面白くないですからね。でも、馬鹿な事だけを書いていたとも思いませんよ。けっこう、マジなことも書きましたよ。あなたは僕の話を理解してくれましたあ? ん? なんとなく分かったあ。。。? そうですか。。。でも、僕とレンゲさんが“心の恋人”として、こうして愛し合っている事は信じることができないでしょう?うへへへへ。。。とにかく、レンゲさんの話はますます面白くなりますよ。これまでの話を読みたい人はリンクを貼っておきましたから、ぜひ読んでくださいね。】

       
レンゲさんの愉快で面白い、そして悩み多い日々は
次のリンクをクリックして読んでください。

■ 『レンゲさんのこれまでの話を読みたい人のために。。。』

■ 『レンゲさんの愛と心のエデン』



レンゲさんをもっと知りたい人は。。。。

■ 『女探偵ふじこが試みたレンゲさんの素行調査』

■ 『“愛の正体” と “レンゲのテーマ”』

■ 『不倫の悦びと苦悩』

■ 『レンゲさんのように苦境から立ち上がった女 ー グロリア・スタイナム』

レンゲさんの写真を見たい人は。。。

■ 『レンゲさん、あなたは実はメチャ美人なんですよ!』

スポンサーサイト



テーマ : Sexとココロとカラダのバランス
ジャンル : 心と身体

プロフィール

次郎

  • Author:次郎
  • 次郎の徒然ブログへようこそ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2006/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Hit Graph

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Follow Me
Twitter
ブログ内検索
RSSフィード
リンク