FC2ブログ

性と愛の極地?



性と愛の極地?
 




  羽根と血



公園に飛び来る鳥
近づけば飛び立つ
はなれれば羽根をやすめて
何かを探す

あんたの羽根はきれいな羽根
車にひかれて羽根はちぎれて
飛び散る血は
あたしの足にかかる
白いくつ下が汚れる

はだしで歩いて行こう
あんたの羽根を背中につけて
飛び立つことはできないけれど

by レンゲ

『極私的詩集 (その2)』より


デンマンさん、これって、あたしが書いた詩ですよね。

そうですよ。レンゲさんの詩は、なかなか読み応えがありますよ。

そう言ってくださるのはうれしいのですけれど。。。

なんですか。。。?奥歯に物が挟(はさ)まったような言い方ですねぇ。。。あまり嬉しそうでもなさそうですね。どうしてですか?

デンマンさんは必ずあたしが気になることを言うでしょう?今度も必ず何かあたしが落ち込むようなことを言いますわ。。。きっと。。。

僕は何度も言いますが、レンゲさんは僕の心の恋人なんですよ。僕はレンゲさんのことを愛しているんですよ。

でも。。。でも。。。

なんですか?

日本人の男の人って、そうやって面と向かって“愛しています”なんて言いませんわ。

だから、僕は言ったでしょう。。。僕は日本人に生まれたけれど、一度日本人の自分を解体して、改めて国際人としてのデンマンを構築したと。。。

ええ、聞きましたわ。でも、国際人であろうが、火星人であろうが、あたしに面と向かって“愛しています”なんて言った人、これまでに一人も居ませんわ。

僕がレンゲさんに向かって“愛しています”と言うのはいけませんか?

いけないことはありませんけれど。。。でも。。。こういう時に言われても。。。

レンゲさんが言おうとしていることは分かりますよ。。。もしね、レンゲさんでなくジューンさんなら、僕はここでジューンさんを抱きしめてキスしますからね。。。そうしながら、愛しているよ。。。と、甘くささやきますからね。うへへへへ。。。

その笑いは余計ですけれど、あたしに対しては、そうなさらないのですか?

この話を続けると、レンゲさんは必ず人種差別と言い出しますからね。。。、僕は、もうこれ以上言いませんが、とにかくね、これまで僕が書いた記事を読んでもらえば分かりますが、僕は一度でも悪意からレンゲさんを落ち込ませようとしたり、心を傷つけようとしたり。。。そのようなことは一度としてした事はありませんよ。

分かりますけれど。。。あたしが気になることをデンマンさんはズケズケと言いますわ。

愛なき批判は空虚にして、

批判なき愛は盲目なり


何ですの? またこんな標語を持ち出してきて?

僕はこの標語を座右の銘にしているんですよ。レンゲさんにも意味は充分に分かりますよね。

ええ、分かりますわ。

だったら、僕は説明する必要はありませんよね。

デンマンさんの言おうとしていることは分かりますわ、でも、あたしは、いつでもナイフを心にグサリと突き刺されているような痛みを感じるのです。

“良薬口に苦し”とも言いますよね。レンゲさんは、歯の浮くような甘い言葉をかけられて、チヤホヤされるのが好きなんですか?

そうではありませんわ。

でも、レンゲさんは僕に批判めいたことを言われるのがイヤなんでしょう?

デンマンさんは、あたしに厳しすぎますわ。

“厳しさ”と“愛”とは表裏一体なんですよ。愛には必ず厳しさがなければならないんですよ。その事は定さんも予審調書の中で次のように言っていますよ。



「お前は淫売をしても人の亭主を取っても俺は驚かない。初めから良い事をしている女ではないと思っていたが何とか救ってやりたい、ぜひ真面目になれ。俺は名前こそ話さないがお前の将来は必ず引受けてやる」
そう言って、夜通し意見してくれました。

初め先生に対する気持は一時の浮気程度でしたが、非常な潔癖性で寝間での女の扱いもうまくはなく、面白くなかったので私は頼りなく思って居たのです。でも、今度もわざわざ私を尋ねて来てくれたのだし、万事親切で私と会うと誠心誠意私を良くしようと意見してくれるので、この時シミジミ有難く思いました。先生の気持ちに動かされて将来は真面目になって先生に頼ろうと決心し、翌日沼津まで送り涙で別れました。

。。。

昭和10年11月下旬から今年1月10日頃まで草津に行っておりました。
草津に一度先生が来ましたが、私が煙草を吸わなくなったのを知って驚いておりました。
先生は一晩泊りましたが布団2つ敷き、私が寄っても今日は疲れて居ると言い関係しませんでした。

その時、私に夫婦や女の道を話して聞かせてくれました。

「夫婦は生活本意で、色事は夫婦の交りのためとは言え第二の問題である。
男女間でも色事は第二でなければならない。
心と心と触れ合って居ればそれで満足しなければならない。
俺はお前を見ればそれで安心するのだ。
お前は手を握っても直ぐ眼の色を変えるほど色情が強過ぎる。
男女一緒に寝ても自制出来るぐらい修養しなければならない。
俺は関係しないと思えば絶対関係しない」

私は実につまらないと思いましたが、意志の強い立派な人だとも思いました。

『自伝・阿部定の生涯 その2』より


定さんは大宮先生に愛されていると思っていますよ。だからこそ “つまらないと思いましたが、意志の強い立派な人だ”と思ったんですよね。

デンマンさんは、何がおっしゃりたいのですか?

つまりね、石田吉蔵さんに、もし10分の1でもいいから大宮先生のような厳しさがあったら、あの事件はなかったと僕は言いたいんですよ。つまり、次の標語で言っていることですよ。

愛なき批判は空虚にして、

批判なき愛は盲目なり


この標語で言っている事とは。。。?

だから、定さんと吉蔵さんの愛は“盲目の愛”だったんですよ。大宮先生が定さんに言ったような“愛の厳しさ”がない限り愛は盲目になってしまう。そして行き着くところは愛の破綻、それから死ですよ。大宮先生は分かっていた。分かっていたからこそ定さんとの愛にのめり込んでいかなかった。

つまり、あたしと洋ちゃんの愛は盲目の愛だと言うのでしょう?

僕は断定しているわけではありませんよ。

でも、それがデンマンさんのおっしゃりたいことですわ。上のあたしの詩もその事が言いたくて持ち出したのですわ。

やっぱり分かりますか?

デンマンさんとのお付き合いも長くなりましたから。。。

それもそうですよね。レンゲさんと清水君は毎日、ベッドの中で愛し合っているけれど、僕とレンゲさんは心で強く結ばれていますからね。うへへへへ。。。

そうやって、からかわないでくださいな。んも~~

実は、上の詩については僕はすでに次のように書いていたんですよ。



僕はこの詩の中にも
『不倫の悦びと苦悩』の影を見る様な気がします。
つまり,「羽根」というのは「不倫」によって得られた「愛」なのです。
この「羽根」は背中につけても飛ぶことが出来ないんですよ。

こういうことは、人間、「不倫」に足を踏み込まなくても分かるものなんですね。
レンゲさんも、そのように書いています。

しかし、人間というのは、やはり不完全なんですね。
僕も、そしてレンゲさんも。。。

人間は、往々にして、
一歩を踏み出してはならないと分かってはいても、
つい踏み出してしまうことがよくある。。。。
若いということはそういうことですよね。。。。
レンゲさんは、「まだ若いです」とプロフィールで書いていましたよ。。。

でも、これは取り返しのつく若さです。。。

by デンマン

『愛は大海の如く、心はすみれの花のように』より


でも、あたしは洋ちゃんと不倫しているわけではありませんわ。

分かっていますよ。分かっています。。。でもね、今度の愛の「羽根」を背中につけても飛ぶことはできませんよ。

どうしてですか?

盲目の愛だからですよ。定さんと吉蔵さんの愛とあまり変わりがありませんよ。


走行中、愛し合う事は危険です

【ベルリン 2003日7月5日 AP通信】

ドイツの高速道路で時速100キロで走行中に金髪女性とセックスした男(23)が道路標識に突っ込んだ揚げ句、現場から逃げたため、裁判所に当て逃げの罪で、罰金刑を言い渡された。
コトに没頭した前方不注意が原因とみられるが、「高速道路のセックスを取り締まる法律はない」との理由で、行為そのものの罪は問われなかった。

ドイツ西部の都市ケルンの裁判所は、この「交通事故」に対する判決を下した。
事故現場から逃亡した事実を認めた男(23)に対し、600ユーロ(約8万4000円)の罰金刑を言い渡したのだが、事故の“原因”は「高速道路を走行中に運転席でHしたため」だった。

地元警察などによると男は事故前、ヒッチハイクの金髪女性を乗せた。
2人はすぐに意気投合したため、時速100キロで高速道路を走行していたにもかかわらず、助手席にいた女性が男の上にまたがる形でコトを始めてしまったというのだ。

だが、男は行為に没頭したせいか、車が道路標識に衝突。幸い大事には至らなかったが、標識などが大破したため、男は「警察に捕まる」と考え、現場から逃走した。全裸だった女性も衣服を車内に残したまま、男と別れて現場から姿をくらました。


あたしと洋ちゃんも、いつかこのような事故を起こすと言うのですか?

そうですよ。今まで事故が起こらなかったことが不思議なほどですよ。レンゲさん、。。。車の中で清水君が運転している最中に愛し合うことだけは絶対にやめた方がいいですよ。事故を起こしたらどうするんですか? その時の状況を思い浮かべると目も当てられませんよ。レンゲさんだって、想像が付くでしょう? 『カップル専用パンツをはいた男女が走行中にエッチに夢中になってガードレールに激突。つながったまま昇天!』 こういう見出しが新聞に出ますよ。

もう、していませんてばああああ~~

信用していいんですか?

デンマンさんはあたしが嘘を言う女じゃないことをご存知ですよね?

もちろん、レンゲさんがウソをついているとは思っていませんよ。

だったら。。。

でもね、レンゲさんは次のような詩も書くんですよ。


  コンビニにて

2004 12/24 23:06

帰り道にファミマに寄りました。

ぶたまんが恋しくなったからです。

でも、それだけ1個だけしか買わないなんて

なんだか駄菓子屋でチョコバット1本・・・

みたいな、へんな恥じらいにおそわれて、

ピザまんも、連れてかえってきました。

よしよし、ピザまんチャン (^Д^)うふっ♪

次はあなたの番よ。。。!



by レンゲ

『レンゲさんの日記に答えて』より


これは詩のつもりで書いたのではありませんわ。

何のつもりでも、レンゲさんの天真爛漫・天衣無縫な面を上の文章の中に僕は見るんですよ。レンゲさんの詩には、圧倒的に沈思黙考の詩が多いのだけれど、このようにお茶目な中学生の女の子が書いたかと思うようなものもあるんですよ。だから、愛の詩だけを読んでいると、レンゲさんの性格の陽気で明るい部分を見失ってしまう。

こんな事を書いていたなんて、あたしはもうすっかり忘れていましたわ。

だから言ったでしょう?むやみに自分の日記やブログを削除するものではないと。。。

デンマンさんは、あたしの書いたモノなら何でも保存しておくのですか?

そうですよ。愛する人の書いたものは、その人と同じぐらい愛(いと)しいものですよ。

なんだか。。。急に女心をくすぐるようなことをおっしゃるのですわね。でも、そういう時って、きっとあたしの心にグサリと突き刺すようなことを言うのですわ。そうでしょう?

僕のことをずいぶんと理解するようになりましたね。うへへへへ。。。

それで、何がおっしゃりたいのですか?

天真爛漫・天衣無縫というのは表面だけに過ぎないんですよ。それを裏返すと、レンゲさんの衝動性につながるんですよ。


<< 境界性人格障害の判断基準 >>

■ 対人関係が不安定だ。
  理想化とこき下ろしの
  両極端を揺れ動く。

■ 衝動性が強い。
  浪費、薬物乱用、過食、無謀運転、
  見境なしのセックスなどに陥る。
  衝動的に不倫に走ったりする。

■ 感情が不安定だ。
  強い不快、イライラ、
  不安などに悩まされる。

■ 自分ではコントロールできない
  不適切なほどの強い怒りが起こる。

■ 自殺の振る舞いや
  自傷行為などを繰り返す。

■ 自分自身に対するイメージが不安定。
  自己同一性の顕著な混乱が見られる。

■ 慢性的な空虚感、退屈さがある。

■ 見捨てられる不安とそれを
  避けようとする行為を繰り返す。

■ 妄想観念や解離性障害
  (記憶喪失や現実感の喪失など)がある。

上の9つの項目のうち、5つ以上当てはまると境界性人格障害と診断される可能性が高い。


分かりますよね。レンゲさんの天真爛漫・天衣無縫な性格の裏にはこの衝動性が隠されている。上の愉快な楽しい手記の中にも、その衝動性が見えていますよ。帰り道に急に豚マンが恋しくなった。それでファミマに立ち寄る。でも豚マンの他にピザまんも目にすると、それも食べたくなって買ってしまう。衝動性の数珠(ジュズ)繋(つな)ぎですよ。

それで、その衝動性があたしと洋ちゃんの愛にどのように関係しているとおっしゃるのですか?

レンゲさんはファンディー(fundies)をはいてドライブに出かけることをすべて清水君のせいにしているけれど、レンゲさんにだって充分にそうしたい気持ちがあるんですよ。そうでない限り、高速道路に出て80キロで走行中にエッチするなんて、とても考えられない。考えたって、行動に移すことなんて普通の人にはとてもできないものですよ。

そうでしょうか?

たとえば、定さんが今生きているとして大宮先生に同じ事をしましょう、と言ったら、大宮先生は必ず定さんに2時間ぐらいお説教して必ず止めさせますよ。

デンマンさんも、もしあたしがファンディーをはいて一緒にドライブしましょうと言ったらお説教するのでしょう?

もちろんですよ。スリルがあってやりたい気持ちは分かるけれどさぁ、死ぬことよりも、つながったままでお巡りさんに捕まることを考えると、カッコが悪くってとてもできませんよ。カッコが悪いというより、馬鹿馬鹿しいというか、呆れると言うか、お巡りさんもビックリすると思いますよ。レンゲさんたちは、これまでにお巡りさんに見付かって職務尋問されたことがないの?

ありません。

幸運なんだよねぇ~。事故を起こしていないばかりか、お巡りさんにも見付かってない。。。それで、今でもやってるの?

もうやってません。

ちょっと、信じがたいけれど、どうして?

桜も終わったし。。。うふふふふ。。。



つまり、夜桜見物ができなくなったんで止めたんだぁ~。それで、今度はファンディーはいてつながったままで何すんのォ~?

そうやって、デンマンさんは、またあたしをコケにするのですかぁ~?

別に、そういうわけじゃないけれどさぁ~。。。やっぱり、次に何を始めるのか、興味があるからねぇ~。。。

そういう言い方があたしをコケにしていますわ。

衝動的に何を始めるのも、僕がとやかく言うことではないかもしれないけれど、豚マンとピザまんを買う事ぐらいに止めておいた方がいいよ。高速道路で80キロで走行中にエッチするのはやっぱりヤバイよ。

だから、しませんてばああああ。。。。デンマンさんは絶対にあたしをコケにしていますわ。

分かりました。もうファンディーのことは言いませんよ。

デンマンさんは、また今日もあたしの質問に答えてくれませんでしたわ。

なんの質問ですか?

だから、あたしが洋ちゃんとイケないことですわ。

それは、おとといの記事で僕は答えたはずですよ。

いいえ、答えていませんわ。

心と心が触れ合うような趣味を持ったらどうですか。。。と言ったんですよ。それに“足るを知る”という気持ちを持てば、今でも充分にレンゲさんは満ち足りることができるんですよ。

でも、具体的に教えてくれませんでした。

それはできませんよ。アダルトになってしまいますよ。このブログはエログではないんですからね。

だったら、このブログで書けるところまででけっこうですから。。。

どうして、そのことにこだわるんですか?

だって、洋ちゃんと愛し合って本当にイキたいんです。デンマンさんは、いろいろと難しいことを言って、いつものようにあたしを煙に巻いて話題を変えてしまったんですわ。

難しいことではありませんよ。レンゲさんが無意識のうちにやっていることです。

だから、それって何ですか?
 
自己催眠ですよ。ヨガも禅も、この煩雑な世界で精神を集中することによってオツムを“空”にする。考え方によれば、“自分をだましている”ことですよ。現実世界で、オツムを“空”にすることなんて不可能ですからね。でも、修行することによって、そのことに限りなく近づいてゆける。だから、禅をする人は、誰も自分をだましているなんて思っていませんよ。その同じ事をレンゲさんも無意識のうちにやっているんですよ。

やっていませんわ。とにかく、あたしには、そんな難しい事はできませんわ。

できますよ!

できませんてばあああ~

できます!だから、僕とエッチしたわけじゃないのに、レンゲさんはイッてしまったじゃないですかぁ~。。。? でしょう?

そ。。。そ。。。それは。。。

【ここだけの話しですけれどね。。。レンゲさんは分かっているようで、分かっていなかったですよね。あなたは僕の話を理解してくれましたあ?ん?なんとなく分かったあ。。。? でもね、僕の話を信じるかどうかは、また別の問題ですよね。うへへへへ。。。とにかく、レンゲさんの話はますます面白くなりますよ。これまでの話を読みたい人はリンクを貼っておきましたから、ぜひ読んでくださいね。】

       
レンゲさんの愉快で面白い、そして悩み多い日々は
次のリンクをクリックして読んでください。

■ 『レンゲさんのこれまでの話を読みたい人のために。。。』

■ 『レンゲさんの愛と心のエデン』



レンゲさんをもっと知りたい人は。。。。

■ 『女探偵ふじこが試みたレンゲさんの素行調査』

■ 『“愛の正体” と “レンゲのテーマ”』

■ 『不倫の悦びと苦悩』

■ 『レンゲさんのように苦境から立ち上がった女 ー グロリア・スタイナム』

レンゲさんの写真を見たい人は。。。

■ 『レンゲさん、あなたは実はメチャ美人なんですよ!』

スポンサーサイト



テーマ : Sexとココロとカラダのバランス
ジャンル : 心と身体

プロフィール

次郎

  • Author:次郎
  • 次郎の徒然ブログへようこそ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2006/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Hit Graph

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Follow Me
Twitter
ブログ内検索
RSSフィード
リンク