FC2ブログ

性と愛のゆきつくところ?



性と愛のゆきつくところ?
 





あなたと交わした愛



2005/08/19

あなたの全てがいとおしい

そのまぶたをくちびるで愛撫する

くちびるから全身にしびれるような

熱い波がひろがっていく

あなたをつつむやすらぎの光

おだやかな時がいつまでも流れていく

あなたに出会い

そして愛し合う

こんなに強く抱きしめた腕

ふたりは確かに結ばれて

身も心もとけあう

あなた ・ ・ ・

いとしいひと ・ ・ ・

あの出会いからわかっていた

夕べのしじまの中で

あなたと交わした愛が

とこしえに続くことを

愛している

今朝はすべてが澄み切って

誰にもじゃまはできない

by レンゲ

(『あなたと交わした愛』より)


デンマンさんは、また、あたしの書いた詩を持ち出して何を言おうとなさるのですか?

レンゲさんはイケないと思っている。でもね、こういう詩が書けるという事が何よりもレンゲさんが女として開花している証拠じゃないですか。

あたしは、女として花が開いているかどうかということをデンマンさんに尋ねたわけではありませんわ。

分かりますよ。清水君と毎日愛し合っているのにレンゲさんにはイケない。だからどうしてなのか?。。。ということを僕に聞きたいわけですよね。

そうですわ。

でもね、イクとかイケないということは、極めて個人的な体験ですよ。

そんなことは分かっていますわ。

だったら、その極めて個人的な体験の事を僕に尋ねたってどうしようもないじゃないですか?

でも、あたしはデンマンさんに。。。去年の夏。。。あのぉ~。。。デンマンさんのお部屋で。。。あたし、確かにイッタんです。上の詩はその翌日に書いたものですわ。

でもね、上の詩とレンゲさんがイッタこととは直接の関係はないんですよ。

ありますわ。あたし、デンマンさんの腕の中でイッタから翌日詩を書く気になったのですわ。

僕は何度も言うけれど、レンゲさんとエッチしたわけじゃないんですよ。レンゲさんは怖い夢を見たと言って僕の部屋に入ってきたんですよ。まるで8歳の女の子のように、べそを浮かべて僕の部屋にやってきたんですよ。そんなレンゲさんを見たら、むげに突き飛ばして追い返すわけにもゆかないでしょう?だから僕はレンゲさんに“怖がらないようにね。。。”と寅さんのように優しくハグしたんですよ。。。ねっ?そうだったでしょう?

そうかもしれませんわ。。。でも、。。。でも、。。。とにかく、デンマンさんのベッドの中で、デンマンさんの腕の中であたしはイッタんです。だから。。。あたし、。。。あたしは洋ちゃんの時にはどうしてそうならないんですか?

あのねぇ。。。、レンゲさんはね、清水君とだって、ちゃんとイッているんですよ。

イッてませんてばああああ。。。。

それはねぇ、レンゲさんの心がそう思っていないだけなんですよ。

どういうことですかあああ~?


Women fall into 'trance' during orgasm



The key to female arousal seems rather to be deep relaxation and
a lack of anxiety, with direct sensory input from the genitals
playing a less critical role.

The parts of the female brain responsible for processing fear,
anxiety and emotion start to relax and reduce in activity. 
This reaches a peak at orgasm, when the female brain’s emotion
centres are effectively closed down to produce an almost
trance-like state.

The male brain was harder to study during orgasm, because of its
shorter duration in men, but the scans nonetheless revealed
important differences. Emotion centres were deactivated, though
apparently less intensely than in women, and men also appear to
concentrate more on the sensations transmitted from the genitals
to the brain.

This suggests that for men, the physical aspects of sex play
a much more significant part in arousal than they do for women,
for whom ambience, mood and relaxation are at least as important.

Men find it more important to be stimulated on the penis than
women find it to be stimulated on the clitoris.

"What this means is that deactivation, letting go of all fear and
anxiety, might be the most important thing, even necessary, to have
an orgasm," Dr. Holstege said.

Times Online June 20, 2005
(ロンドン発行のタイムズ紙 2005年6月20日の記事より)


何ですの、この長い英文の引用わあああ~?

これを訳すと問題があるので日本語には訳しません。でも、ロンドンのタイムズ紙の記事から抜粋したものですよ。オランダの性科学者の実験に基づいた科学論文についての記事ですよ。

あたしがイケない事とどのような関係があるのですか?

僕はこの記事を読んでレンゲさんがエッチしたわけでもないのにイッてしまった理由が納得できましたよ。

どういうことですの?

僕は、レンゲさんがお漏らししたのかと思ったんですよ。セックスしたわけじゃありませんからね。おしっこなら、舐めればツンと沁みるような。。。刺すような味がありますからね。でも、おしっこと比べれば、かすかに甘い味がしましたよ。臭いはほとんどありませんでした。

デンマンさんは舐めたんですの?

シーツが濡れていましたからね。。。。確かめてみただけですよ。

イヤやわァ~、デンマンさんたらァ~。。。あたし、恥ずかしいわァ。。。

何もあなたが恥ずかしがることではないでしょう。

あたし、他の女性と比べて変わってますかァ?

だから僕もそう思ったんですよ。。。。上の記事を読むまではね。でもね、納得ゆきましたよ。

どういうことですか?

あの時の女性というのはトランス状態になる人も居るんですよね。日本では“失神する”と言うようですよね。定さんもイク時には同じように失神したことが伝えられていますよ。



前代未聞の阿部定事件が発覚すると、それは野火のように瞬く間に日本全国、津々浦々まで広がる勢いを示した。

各新聞は一斉に号外を出して「阿部定逮捕」を報じた。
このとき、国会では2つの委員会が開かれていた。
ところがこの号外を耳にした委員長は緊急動議を発令し会議を中断するほどだった。

委員会の全員が号外を手にして、それこそ世界大戦争が始まったかと思うほどに、血眼(ちまなこ)になって号外を読み耽った。

当然の事ながら阿部定さんが異常性欲の持ち主だと言う事が噂され、この種の噂は後を絶たない。
定さんと関係した男たちは、彼女がオーガズムに達すると体が震え出し、それから1時間近く失神していたと証言した。

中京商業高校の校長の大宮五郎先生は、最初に定さんと関係したとき、欲情した彼女の淫水が多いことに驚いて、病気ではないかと思ったと述べている。

定さんの精神鑑定をした東京帝国大学の村松常雄教授は、彼女を先天的なニンフォマニア(nymphomania:淫乱症)と診断した。

『阿部定事件の波紋と後半生』より


僕は女性がイク時に我を忘れて官能の奥へのめりこんでゆくという事は知っていましたよ。

でも、あたしは変わっているのですか?

特に変わっているとは思いませんよ。定さんだって女として本当に体の歓びを感じたのは28歳のときですからね。レンゲさんの場合も初体験は16歳のときだから、比較的早かった。でも、清水君とは毎日愛し合っているのにイケないと言う。ある意味ではレンゲさんも晩生(おくて)ですよ。

あたしもそうだと思っているんです。

僕は、レンゲさんをハグしながら頬擦(ほおず)りしたりキスしたり、。。。レンゲさんは8歳の女の子になりきっていましたからね、僕は妙な気分でしたよ。でも、そういうレンゲさんのことが実に可愛いと思いましたよ。。。だから僕は8歳の時の娘を可愛がるようにレンゲさんを可愛がっていた。。。そんな気持ちでしたよ。。。あなたは、なかなか僕を離さない。20分か、30分か、。。どのくらいあなたをハグしていたか、はっきりとは分からないけれど、気づいたら、あなたはトランス状態なんですよ。

あたしには、良くそういうことってあるんです。

僕はヨガもやるし、禅をやった事もありますがねぇ、精神をよほど“集中”しても“空”にしても肉体的な快楽の極地に到達する事って出来ないですよ。僕の修業が足りないのかもしれません。。。。でも、レンゲさんは僕にハグされて。。。頬擦りされてキスされて。。。可愛がってもらっているだけで。。。イッてしまったんですからね。。。

デンマンさん、そんな風に見つめないでくださいな、。。。火照(ほて)ってしまいますわアアア。。。。

レンゲさんは自己催眠をかけるようにトランス状態にのめり込める人なんですよ。上の英文の引用にもあるとおり、科学的にはレンゲさんのような女性が理想的なイケるタイプなんですよ。つまり、何もかも忘れてしまうほどに自我を高揚した官能の中に埋没させてしまう事が出来る。“頭の中が真っ白になる”というのはそういう状態なんだと僕は思いますよ。

でも、あたしは洋ちゃんとイケないんです。

でもね、レンゲさんは “全身が性感帯だからイキッぱなしなんです” と僕に話したことがありますよ。だから、レンゲさんが清水君とイケないと言うことを聞いたとき、冗談を言っているのかと思いましたよ。

マジで、洋ちゃんとはイケないんです。なぜでしょうか?

やっぱり心の問題ですよ。

デンマンさんは、すぐに心の問題だとおっしゃいますけれど、それでは何のことだか分かりませんわ。

じゃあね、分かりやすく説明しますよ。ちょっとこの絵を見てくださいよ。



何ですの、このオレンジ色の髪をした女の人は。。。?

女性だということは分かりますよね。じゃあ、一体、どのような女性に見えますか?

そうですわねぇ~。。。オレンジ色に髪を染めて、思う存分盛り上げちゃって。。。、気分を高揚させようとしている、ちょっとオツムがどうかしてしまったおばあさんのように見えますわ。うふふふふ。。。。

なかなか穿(うが)った見方をしますねぇ~。面白い見方ですよ。

デンマンさん。。。、こんな絵を持ち出してきて、一体何が言いたいのですか?この絵があたしと洋ちゃんの事に関係あるのですか?

あります。

だから、どういう風にですの?

それを説明するところですよ。では次の絵を見てくださいよ。



あらぁ~~。。。若い女の人も居たんですのね?

そうなんですよ。良く見れば、一つの絵の中に、若い女性と年取った女性が見えるように描いてあるんですよ。次の絵はどうですか?



若い女の人が居るのが分かりますわ。

上の絵を見たから、当然一つの絵の中に同じように若い女と年取った女が描いてあるのではないかと思いますよね。実際、そのように描いてあるんですよ。



どちらの絵も、ちょっと見ただけで可笑しな絵というか、ちょっと変わった絵だという事に気づきますよね。たいていの人がまず、おばあさんの方が見えてくるだろうと思います。絵の構図だとか描き方に、おばあさんの方が先に見えてくるようになっている。

それで、この絵があたしがイケない事とどのように関係して来ると言うのですか?

つまりね、上の絵はまったく一つなんですよ。分かりやすく2つの絵にして見せているけれど、もともとは一つなんですよね。要するに、一つの絵も、見方によって、若い女にもおばあさんにも見えてくる。この2つの絵に関する限りは構図の関係で、おばあさんの方が見えてくるのが普通かもしれない。でもね、中には若い女が先に見えて来た人も居ると思う。

人によって見えてくる人物が違うということですか?

そうですよ。年配の人には、おばあさんの方が先に見えてくることは良く理解できる。日頃から付き合っている人におばあさんやおじいさんが多いから、視覚的にもおばあさんの方に馴染みがある。でも、たとえば10代の少年にとっては、当然のことながら同じ年頃の女の子の方に関心が向きますよね。

つまり、若い女の子の方が先に見えてくるということですか?

そうですよ。レンゲさんも、そう思いませんか?

確かに言われてみれば、その通りだと思いますが。。。

この絵のことから、僕が何を言おうとしているか。。。分かりますか?

なんとなく。。。

僕が心の問題だというのは、この事ですよ。つまりね、若い女性が見えてくることが、仮に“イク”ことだとするなら、レンゲさんが清水君とエッチしているときには、“おばあさん”だけしか見えていないんですよ。

どうしてですか?

だから、心の問題だと言っているでしょう。。。

どういうことだか、まだ良く分かりません。

僕とレンゲさんは詩を通して心が触れ合っていますよ。レンゲさんは次のように書いていましたよね。


冗談ぬきで、舞い上がるような

いい気持ちです。


2004-8-16 19:46



ご苦労様、ありがとうございます。
バンクーバーでのわたしは、
デンマンさんにエスコートされて、
のびのびした表情をしていますね。
ここ大阪では考えられません。

あたしの精神年齢は32歳ですか?
大人ですね。
昔から思索にふけることが
多かったのですが、
そういった時に、
わたしは大人に
なれるのかもしれません。

でも、妄想にふける
中学生のわたしもいますが。
もうひとつ言えば、
不安にさまよう4歳のわたしもいます。

わたしの詩・・・
(自分では自慰行為と呼んでいますが)
人に見せるのも、
まして批評していただけるなんて、
全く初めてだったんです。

デンマンさんが感想を書いて下さって、
冗談ぬきで、舞い上がるようないい気持ちです。
ネットで公開してよかった・・・

デンマンさんは少々わたしのことを、
買いかぶっておられるんじゃないかと、
少し不安です。

わたしがデンマンさんの“心の恋人”足り得るか・・・
いつか、ガッカリさせてしまうのではないかと、
自分自身の内面を省みて、心配になっています。

それにしても、わたしは幸せ者ですね。
この、“夢のバンクーバー”で、
わたしはデンマンさんを独占してしまったのですから
本当にありがとうございます。

質問の方もできるだけ早く、残りをお答えしますね。

by RENGE

『次元の違いとは端的に言うと』より


共感する、感動する。。。そういう心の触れ合いがあれば、エッチしなくてもレンゲさんだって舞い上がるような気分になれるんですよね。でしょう?清水君と舞い上がる気分にはなれない。なぜだと思いますか?

あたしと洋ちゃんは心が触れ合っていないとおっしゃるのですか?

まったく触れ合っていない、と言うつもりはないけれど希薄ですよ。詩に関する限り、清水君は全く興味がない、とレンゲさんも言っていましたよね?

そうです。詩には見向きもしませんわ。

それで、清水君は、何が趣味?

マージャンだとか、競馬、競輪です。

趣味はギャンブルなんだぁ~。

そうです。

あまり、いい趣味じゃないよねぇ~。。。で、他には?

特にありません。

テニスだとか、ゴルフだとか、ジョギングだとか。。。一緒にやるスポーツはないの?

特にないんです。

。。。つまり、なんですかぁ~。。。一緒にやる事と言えば、他にはエッチぐらいしかないということ。。。?

(レンゲさん苦笑しながらうなづきました。)

そうなんだぁ~~うへへへへ。。。。

デンマンさん、馬鹿にしたような笑い方はやめてくださいな。

別に馬鹿にしているわけじゃないけれど。。。何か他に共通の話題だとか趣味があるでしょう?

あたしも洋ちゃんも仕事で忙しいんです。

確かにねぇ~、直美も言っていたけれど、レンゲさんはほとんど休みを取らずに頑張っているんだってねぇ。。。売り上げトップの座をキープすることはそれなりに努力が居ることなんだろうけれど。。。、でもね、実は直美も心配していたんだよ。一生懸命やってくれるのはありがたいことだけれど、そのしわ寄せが清水君との生活に悪い影響を与えるんじゃないかってね。。。実は、僕も気にはなっていたんだけれど。。。

どうすれば。。。?

ファンディー(fundies)をはいてドライブする気持ちは分かるけれどさぁ~、もう少し心の触れ合いになるようなことはできないの?

とにかく、あたしも洋ちゃんも仕事で忙しいんです。洋ちゃんは残業があったり出張があったりで、あたしたちエッチすることで愛し合っていることを確かめているような。。。

でも、まだいいほうだよ。最近は、若いカップルの中にもセックスレスが増えているという記事をネットで読んだよ。そうなったら、またレンゲさんは落ち込みそうだからね。

たぶん。。。そうなると思います。

だからね、それほど深刻に考えずに、これからは休みを取るようにして、エッチ以外に何か二人で一緒にできることを考えたらどうなの?

でも、あたし、つらいんです。

でもね、レンゲさんはイケない体じゃないんだよ。レンゲさん自身も認めているじゃないか。“あたしの体は全身性感帯だからイキッぱなしなんです”と。。。そう僕に話してくれたこともあるんだから。。。レンゲさんは冷感症の女ではないんですよ。イケないとは言いつつも、レンゲさんは清水君と愛し合うことに悦びを見出している。決して冷凍されたマグロになって横たわっているわけじゃないんですよ。イケない女性が95%も居る、と言うこの数字の中には、レンゲさんのような女性も含まれていると僕は思いますよ。つまりね、体は十分に反応しているのに、オツムが反応していないんだよ。上の英文の記事の中で、イクためには “fear and anxiety” を無くす事が必要不可欠だと言っているんですよね。 今のレンゲさんには心配事がないように見えて、清水君との間には結構気がかりなことが多いんですよね。仕事が忙しすぎるとか、共通の趣味がないとか、要するに心が触れ合っていないんだよね。そういう心配があって、それを埋め合わせるようにエッチで愛し合っていることを確かめようとする。でも、心配しながら心配を忘れようとしてエッチしているから、オツムが反応しない。。。それで、ますます悪循環になってしまう。僕の言おうとしていることが分かりますか?

つまり、あたしには上の絵で言えば“おばあさん”しか見えていないんですね?

そうですよ。でもね、たとえ肉体的にイケなくても満ち足りた性生活を持つことができるんですよ。統計がそれを裏付けていますよ。95%と言う数字を信用するなら、イケる女性はわずかに5%だけだと言うことになる。イク事にこだわる女性がすべてなら、性生活満足度は5%と言うことになる。でも、実際には25.7%と言う数字が出ている。つまり、イケない女性でも性生活に満足している人が居るという事ですよ。

イクことだけが性生活の満足度を決める物差しではない、と言うのでしょう?

そうですよ。レンゲさんには“足るを知る”と言う気持ちが欠けているんですよ。こだわる必要のない事にこだわっている。やっぱり僕は、そう思っていますよ。ここで、気持ちをちょっと切り替えるだけで、上の絵の“若い女”が見えてくるんですよ。

だから、どうやって切り替えるのですか?

今すぐに、清水君と心の触れ合うような共通の趣味を持つことは無理だとしても、“足るを知る”と言う気持ちにはなれるでしょう?

要するに自分をだますのですね?満ち足りていないのだけれど、満ち足りていると思う。。。そういうことでしょう?

自己催眠と言うのはそういうことですよ。違いますか?ヨガだって禅だって、この煩雑な世界で精神を集中することによってオツムを“空”にする。考え方によれば、“自分をだましている”ことですよ。現実世界で、オツムを“空”にすることなんて不可能ですよ。でも、修行することによって、そのことに限りなく近づいてゆく。だから、禅をする人は、誰も自分をだましているなんて思っていませんよ。

とにかく、あたしには、そんな難しい事はできませんわ。

できますよ!

できませんてばあああ~

できます!だから、僕とエッチしたわけじゃないのに、レンゲさんはイッてしまったじゃないですかぁ~。。。? でしょう?

そ。。。そ。。。それは。。。

【ここだけの話しですけれどね。。。レンゲさんも少しは分かってくれると思います。でも、あなたがこの話を信じるかどうかは、また別の問題ですよね。うへへへへ。。。とにかく、レンゲさんの話はますます面白くなりますよ。これまでの話を読みたい人はリンクを貼っておきましたからぜひ読んでくださいね。】

       
レンゲさんの愉快で面白い、そして悩み多い日々は
次のリンクをクリックして読んでください。

■ 『レンゲさんのこれまでの話を読みたい人のために。。。』

■ 『レンゲさんの愛と心のエデン』



レンゲさんをもっと知りたい人は。。。。

■ 『女探偵ふじこが試みたレンゲさんの素行調査』

■ 『“愛の正体” と “レンゲのテーマ”』

■ 『不倫の悦びと苦悩』

■ 『レンゲさんのように苦境から立ち上がった女 ー グロリア・スタイナム』

レンゲさんの写真を見たい人は。。。

■ 『レンゲさん、あなたは実はメチャ美人なんですよ!』

スポンサーサイト



テーマ : Sexとココロとカラダのバランス
ジャンル : 心と身体

プロフィール

次郎

  • Author:次郎
  • 次郎の徒然ブログへようこそ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2006/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Hit Graph

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Follow Me
Twitter
ブログ内検索
RSSフィード
リンク