FC2ブログ

性の開放と性の堕落



性の開放と性の堕落
 

あなたは性的に抑圧されていませんか?
  


  


現在の日本人は性と愛の点で

額田女王が生きていた頃よりも

不幸なのではないか。。。?


江戸時代から明治時代を経て、戦争中も女性の“性”は抑圧されていた。
結婚生活の中で女性が性的満足感を詠(うた)いあげるなんて、とても考えられなかった。
女は天皇の国家に奉仕する“家”の制度の中で“重い荷を背負わされ”、男に抱かれても、冷凍されたマグロのように寝床の中で、じっとして横たわって居なければならなかった。

実際、そのような教えを受けて、良家の女はマグロでなければならなかった。
このような『女大学』的な“教え”の中では“性の平等”など望んでも実現できる事ではなかった。
でも、もちろん当時の女性に不満がなかったというわけではないでしょう。

でも、その不満を口に出す事が出来なかった。
本音では不満でも、建前ではあくまでも『女大学』の“教え”を守らなければならなかった。

分かりますよね。
“建前”と“本音”!

日本に、こういう考え方が根付いてしまった背景には、“性の不平等”が長い間、日本文化の中に温存されていたからだと僕は信じているほどですよ。
僕の妻は京都出身ですが、旧家の生まれですから、お公家さんの流れをくむ、しつけの厳しい家庭に育ちました。
だから、本音と建前を使い分けるのがとても上手ですよ。
もちろん、京都出身の人がすべて本音と建前を使い分けるのが上手だと言うつもりはありませんよ。へへへへ。。。。

概して、日本では女性の方が昔から(性的以外にも)抑圧されていたので、本音と建前を使い分ける人が多いですよね。
もちろん例外は居ます。
大正昭和では阿部定さんなどは本音で生きた人でしょうね。
本音で生きた結果、あのような事件を起こしてしまった。

最近では、レンゲさんでしょうね。
ファンディー(fundies)をはいてパンツの中でつながりながら、高速道路を80キロのスピードで突っ走る。そうしながら清水君とエッチに夢中になってしまう。
まだ交通事故を起こしていませんが、このまま続けていれば、遅かれ早かれ事故を起こしてしまいますよ。
平均的な女性ならば、本音では考えていても、建前ではOKしないものですよ。

でも、レンゲさんは本音の人だから、ついついやってしまう。
阿部定さんのような事件になったら取り返しが付かないのですが、レンゲさんにはまだよく分かっていないようです。
だから、本音だけで生きるのも、このように問題がある場合もありますよね。

『性愛の自由の影に』 (2006年5月6日)より


デンマンさん、きのうは阿部定さんとあたしを、こうして並べて引き合いに出したのですわね?

いけませんか?

デンマンさんは思い込みが激しいんやわあああ~~。

ん?思い込み。。。?

そうですやんかあああ~。。。あたしと洋ちゃんがファンディーをはいて高速道路で80キロで突っ走ると書いていますやんかあああ~~

だって、そうしているんでしょう?

していませんてばあああ~

もう止めたのですか?

毎日、毎日、そんな時間ありしませんわ。あたしだって忙しいのですから。。。

もう、夜桜を見に行かないのですか?



いつまでも咲いていませんわぁ~。

遅咲きの桜があるでしょう?

んも~~。。。桜の事よりも、ファンディーを持ち出してあたしと洋ちゃんのことを書くのをやめてくれません?

気になりますか?

デンマンさんの書き方を見ていると、あたしは無軌道で思慮分別に欠けた無謀な女にされてしまっていますわぁ~

レンゲさんはそういう女じゃないと思っているわけですか?

もちろんですわ。。。んも~~。。。いつまでもファンディーにこだわっているわけじゃありしませんわ。

。。。つうことわあああ。。。もうファンディーを愛用していないという事ですか?

していません。

どうして。。。?

そんな事はどうでも良いではありませんかあああ~。。。それよりも、“阿部定さんのような事件になったら取り返しが付かないのですが、レンゲさんにはまだよく分かっていないようです”ーーーこういう書き方は絶対にあたしをコケにしていますわぁ~。

僕は何度も言っているようにレンゲさんを馬鹿にしているわけではありませんよ。心配しているんですよォ~。交通事故を起こしたらどうするのですか?僕はその事が心配なんですよ。“心の恋人”を失いたくないんですよ。

また、そうやって、わざとらしく“心の恋人”を持ち出すやんかあああ~。。。そうやって甘い言葉を持ち出せば、あたしがいい気持ちになって、デンマンさんの書いた事をすべて忘れ、水に流してしまうとでも思っているのですかぁ~?

そうは思ってませんよ。

だったら、こういう所で、“心の恋人”だなんて言わないでくださいなぁ~。

でも、僕にとってレンゲさんは本当に心の恋人なんですよ。

でも、こういう所で、このような時に、そのように言われても、あたしはうれしくありしませんわああああ~。

僕は、レンゲさんをうれしがらせようとして言っているわけではないんですよ。僕は本音でそう思っているんですよ。だから、僕は自分の心に正直に、素直になって“レンゲさんは僕の心の恋人です”と、言っているだけですよ。。。いけませんか?

でも。。。でも。。。日本人の男って、そんな風に言いませんてばああああ~~

だから、何度も言ってるじゃありませんかああああ。。。僕は日本人じゃないんですよ。

でも。。。、でも、デンマンさんは日本人ですわあああ~

もちろん日本人の両親から生まれましたからね、日本人ですけれど、何度も言っているように、僕はもう人生の半分以上を30カ国近い国々を放浪して、そして、現在パラダイスだと決めたカナダのバンクーバーで生活しているんですよ。

だから。。。?

だから、国際人なんですよ。。。。だから、本音と建前を使い分けてないんですよ。本音で生きないとね、国際人として生きてゆけないんですよ。そう言う訳で、回りくどい事を言わないし、心にないことも言わない。。。思っている事をできるだけ素直に言う。その方が簡単だからですよ。その方が疲れないんですよ。肩が凝らないんですよ。その方がストレスがたまらないで、寅さんのように丈夫で長持ちするんですよ。だからこそ、僕はもう20年以上も病気にかかったことがないし、医者に診てもらったこともない。だから、レンゲさんは僕の心の恋人ですよと、恥ずかしげもなく素直に言う事ができるんですよ。分かりますかぁ?国際人になるとね、こうして心の内をはっきりと言う事ができるのですよ。

。。。デンマンさん、。。。そんな風に熱いまなざしで、あたしを見つめないでくださいな。。。あたし。。。あたし。。。

どうしたのですか。。。?

なんだか、胸の内が熱くなってきて、思い出してしまいましたわぁ。。。


冗談ぬきで、舞い上がるような

いい気持ちです。


2004-8-16 19:46



ご苦労様、ありがとうございます。
バンクーバーでのわたしは、
デンマンさんにエスコートされて、
のびのびした表情をしていますね。
ここ大阪では考えられません。

あたしの精神年齢は32歳ですか?
大人ですね。
昔から思索にふけることが
多かったのですが、
そういった時に、
わたしは大人に
なれるのかもしれません。

でも、妄想にふける
中学生のわたしもいますが。
もうひとつ言えば、
不安にさまよう
4歳のわたしもいます。

わたしの詩・・・
(自分では自慰行為と呼んでいますが)
人に見せるのも、
まして批評していただけるなんて、
全く初めてだったんです。

デンマンさんが感想を書いて下さって、
冗談ぬきで、舞い上がるようないい気持ちです。
ネットで公開してよかった・・・

デンマンさんは少々わたしのことを、
買いかぶっておられるんじゃないかと、
少し不安です。

わたしがデンマンさんの“心の恋人”足り得るか・・・
いつか、ガッカリさせてしまうのではないかと、
自分自身の内面を省みて、心配になっています。

それにしても、わたしは幸せ者ですね。
この、“夢のバンクーバー”で、
わたしはデンマンさんを独占してしまったのですから
本当にありがとうございます。

質問の方もできるだけ早く、残りをお答えしますね。

by RENGE

『次元の違いとは端的に言うと』より

 
そうですよ。レンゲさんだって“心の恋人”になろうとして僕の“求愛”を受け入れてくれたんですよ。覚えているでしょう?

覚えていますわ。

こうして僕とレンゲさんはかれこれ2年間近くも、“心の恋人関係”を保ってきたんですよ。その間に、レンゲさんは何度かくっついては離れる関係を続けてきた椎名さんと別れた。その後、野々宮さんと関係を結び、彼の“浮気”が原因で別れることになった。現在の愛人の清水君は、僕がレンゲさんと知り合うようになってから3人目の男ですよ。

そうやってあたしの私生活を記録しているのですね?

別に、記録しているわけではありませんよ。本音で生きる事が良い関係を保つ事になるという事を言いたかったまでですよ。だからこそ、レンゲさんと僕はこうしてすばらしい“心の恋人関係”を続けていられるのではないですか!レンゲさん、分かるでしょう?本音で生きる事とは、このようなことですよ。

でも、デンマンさんは、そう言いながらも、誤解を招くようなやり方であたしを記事の中で引用していますわ。だから、この記事を読んでいる人は、あたしがオツムの足りない女じゃないかと思ってしまいますわぁ~

僕はむしろレンゲさんが本音で生きていると言って褒(ほ)めているつもりなんですよ。

そんな風には思えませんわぁ~

どうしてですか?

だって、“本音だけで生きるのも、このように問題がある場合もありますよね”。。。と、書いていますやんかあああ~

僕が言おうとしている事は、今の日本では本音で生きている人は少ないんですよ。だから何度も出したように次のような統計が出てしまうんですよ。


性生活満足度ランキング最下位は日本



AP通信によると、米シカゴ大学の研究グループが29カ国・地域を対象に実施した性行動・態度に関する調査の結果が、学術誌アーカイブス・オブ・セクシャル・ビヘイビアー4月号に発表された。
それによると、性生活に満足している人の割合が最も高かったのはオーストリアだった。
71.4%が「満足している」と答えた。
一方、最も低かったのが日本で25.7%だった。

上位5カ国は、オーストリア71.4%、スペイン69.0%、カナダ66.1%、ベルギー64.6%、米国64.2%。
下位5カ国は、タイ35.9%、中国34.8%、インドネシア33.9%、台湾28.6%、日本25.7%

ただし、この研究の対象者は40歳から80歳まで。

結論:

性的問題で肉体的要素が占める割合は、年を重ねるにつれて男性の方に大きく影響する。
しかし、心理的な要素、パートナーとの人間関係が、肉体的要素と同様に性的満足感とパーフォーマンスに大きな影響を与えているようだ。

SOURCE: AP通信 (2006年4月19日)
“Sexual Problems Among Women and Men Aged 40-80”


分かるでしょう?本音で生きていれば、このようにはならないんですよ。

どうしてですか?

だから、日本では、長年連れ添った夫婦であっても、セックスの事になると思っている事をお互いに包み隠すことなく言う事ができないんですよ。本音と建前が日本では当たり前のことになっている。だから、センシティブな事になると本音で話さずに建前で話してしまう。つまり、本当に気になっていることを言わずに、当たり障りのないことを言うわけですよ。

どうして、デンマンさんはそのように決めてしまうのですか?

僕が決めてしまっているわけではありませんよ。ちゃんと証拠がありますよ。

どういう証拠ですの?

レンゲさんだって僕の記事を読んだでしょう?不満を抱いている妻たちは夫に言っても仕方ないと思うのか、じっと我慢してしまう。それで、その不満が募(つの)って夫の生パンツに向かってしまうんですよ。分かるでしょう?“坊主憎けりゃケサまで憎い”という諺がありますよね。つまり、満足感を与えてくれない夫に向かって思っている事が言えないから、生パンツに当り散らすわけですよ。そういうわけで、次のような事を言ったりやったりするんですよ。



夫のパンツは雑巾と便座カバーと一緒に洗濯します。

夫のパンツを洗うために大学を出たんじゃないわ!

夫のパンツを見るとムカつく!

夫のパンツの中にムカデを入れておいたわ。

汚い夫とは、もう2年やってません。

ウンチの付着した夫のパンツを洗わされるのはもう嫌です。

私の横でパンツいっちょになった夫のパンツを見たら吐き気を催(もよお)しました。

夫のパンツは汚いから、捨てる割り箸でつまんで洗濯機に入れています。

夫のパンツと一緒に自分のパンツは洗いません。

最近、夫のパンツを見るのもイヤです。


僕の言おうとしている事がレンゲさんにだって分かるでしょう?

でも、本音で話しても分かってくれないから本音で話さないのですわ。

そんな事はありませんよ。本音で話せば通じるものです。

それは理屈の上だけのことですわ。

相手の言っている事を素直に理解する。それが本音で話す。本音で理解するという事ですよ。心が通じ合わない話は、いくら本音だと言っても、それは本音ではないんですよ。

。。。では、何ですの?

だから、建前ですよ。

あたしは、本音で話しても心が通わない事があると言っているのですわ。

だから、そういう場合は本音で話していると思っているけれど、実際には建前で話しているんです。だから心が通(かよ)わないんですよ。

デンマンさんがおっしゃっている事は、心が通い合う時だけが、本音で話していると言っているのですわ。

そうですよ。心が通わない本音は建前なんですよ。

あたしは、デンマンさんと禅問答しているのではありませんわ。そういう言い方は可笑しいと思いますわ。

ちっとも可笑しくありませんよ。心が通い合う話が本音の話ですよ。だから、上のように不満な妻たちが、夫の生パンツに当り散らしても何の解決にもなりませんよ。お互いに本音で話さないから、いつまでたっても不満な妻は不満なままですよ。不満な夫は不満なままですよ。

あたしはデンマンさんに本音で話しましたけれども、ちっともあたしの不満は解消しませんでしたわ。

そんな事はないでしょう?レンゲさんと僕は心の恋人として愛し合っているでしょう?僕はレンゲさんを愛していますよ。レンゲさんは僕を愛していないのですか?

デンマンさんがあたしを愛している愛と、あたしが期待している愛は違うものですわぁ~。あたしは本音でデンマンさんに言いましたわ。そうしたらデンマンさんは、あたしを無理やり日本へ連れ戻してしまったんですわ。んも~~

だってね、あのまま一緒に居たら不倫になってしまうんですよ。レンゲさんが望んでいたのは不倫の愛だったんですよ。

あたしは不倫の愛だとは思っていません。あたしにとって、あれは“心の恋人”の愛でした。

“心の恋人”は不倫しませんよ。

とにかく、あたしはデンマンさんとバンクーバーで一緒に暮らしていたかったんです。

だから、あれ以上一緒に暮らすと不倫になってしまうんですよ。それで、僕はレンゲさんを日本へ連れ戻したんです。とにかく、現在、レンゲさんは清水君という新しい恋人が出来て幸せにやっているでしょう?結果として、僕がレンゲさんを日本へ連れ戻したという事はお互いのために良かった事なんですよ。そうではありませんか?僕とレンゲさんは相変わらず“心の恋人”としてネットでこうして“愛の正体”を探す旅を続けているんですよ。そうでしょう?

でも、あたしはデンマンさんとの愛を完結したかったのですわ。

僕とレンゲさんの愛は“愛の正体”を見つけることで完結するんですよ。大宮先生が定さんに次のように言っていたでしょう?


夫婦は生活本意で、色事は夫婦の交りのためとは言え第二の問題である。
男女間でも色事は第二でなければならない。
心と心と触れ合って居ればそれで満足しなければならない。
俺はお前を見ればそれで安心するのだ。
お前は手を握っても直ぐ眼の色を変えるほど色情が強過ぎる。
男女一緒に寝ても自制出来るぐらい修養しなければならない。
俺は関係しないと思えば絶対関係しない。

『性の平等のボトルネック』 (2006年5月5日)より


大宮先生の言った事が“愛の正体”とどのように関係していると言うのですか?

だから、“男女間でも色事は第二でなければならない。心と心と触れ合って居ればそれで満足しなければならない”と、言っているでしょう?

定さんは“私は実につまらないと思いました”と言っていましたわ。

僕もレンゲさんが同じような事を言うだろうと思っていましたよ。そういうわけで、僕はレンゲさんと定さんが似ていると思ったわけなんですよ。

だって、男と女が本当に愛し合っていれば、身も心も一つになりたいと思うのはごく自然な成り行きですわ。

だから、それもレンゲさんの極めて個人的な意見に過ぎないんですよ。レンゲさんや定さんのように考える人は結構、女性の中にも居ると思いますよ。でもね、大宮先生のように考える人だって居るんですよ。

デンマンさんも、そうだとおっしゃりたいのですね?

そういうことですよ。レンゲさんの言う事はもっともだと思いますよ。でもね、それは本能の赴(おもむ)くままに。。。と言う事なんですよ。人間はサカリのついた犬や猫とは違うんですよ。

つまり、あたしはサカリのついたメス猫のようにしてデンマンさんと一緒に暮そうとしていたとおっしゃるのですか?

分かり易く言えば、そういうことですよ。

んも~~。。。デンマンさんが“心の恋人”としてあたしを愛していたとおっしゃるなら、あたしだってデンマンさんを同様に愛していましたわ。だから、あたしは、そういう意味でバンクーバーでデンマンさんとの愛を完結したいと思っていたのです。

だから、レンゲさんの言うように“愛を完結する”と不倫になってしまうんですよ。それは、サカリのついた犬や猫が求め合う事と全く変わりがないんですよ。

いややわあああ。。。。そういう言い方って。。。んも~~。。。あたしはサカリのついたメス猫ではありしませんわぁ~。

定さんは、実はこう言っているんですよ。“私は実につまらないと思いましたが、(大宮先生は)意志の強い立派な人だとも思いました。”

それが。。。どうしたと言うのですか?

だから、定さんは大宮先生と身も心も一つになりたかった。でも、大宮先生は“心と心と触れ合って居ればそれで満足しなければならない”と言った。定さんは、つまらない事を言う人だと思った。しかし、改めて考えてみて、大宮先生は意志の強い立派な人だとも思いました、と言っているんですよ。つまり、定さんだって、人間の“愛”と猫の“サカリ”の違いをわきまえている。だからこそ、大宮先生がつまらない事を言ったと思ったけれども、先生の人間としての意志の強さに打たれて立派な人だと思ったわけですよね。

それぐらいの事は、あたしにも分かりますわ。

でも、レンゲさんは感情に押し流されて分からなくなってしまう。それで、去年の真夏の夜の出来事のような事になってしまう。詳しい事は次のリンクをクリックして読んでくださいね。
『あたしは、どのように愛せば良かったのでしょうか?』 (2006年1月15日)

デンマンさんは、あたしが堕落した女だと思っているのでしょう?

それはレンゲさんの考えすぎですよ。僕は何度も言っているでしょう?レンゲさんは本音で生きていると。。。

でも、あたしはサカリのついた猫のようだと、今さっきおっしゃったばかりじゃありませんかあああ。。。

そう決め付けたわけではありませんよ。

デンマンさんは、心の中でそう思っているのですわぁ。あたしにだってそのぐらいの事は分かります。それで、あたしを無理やり日本へ連れ戻してしまったんですわ。

それもレンゲさんの考えすぎですよ。僕はレンゲさんが幸せになって欲しいからああしたまでですよ。実際、レンゲさんは現在、清水君と幸せに暮しているではないですか?結果として良かったと言う事ですよ。そう思いませんか?

あたしが問題にしているのは、現在の洋ちゃんとの生活の事ではなくて、デンマンさんがあたしの事を堕落した女だと思っている事ですわ。

だから、僕はそう思っていないと言っているでしょう。

でも、あたしがサカリのついた猫のように男を求めていると思っていますわ。。。でしょう?あたしが野々宮さんに近づいた事も、洋ちゃんと関係した事も、デンマンさんは、そのようにしか考えていませんわ。

それは、レンゲさんが一方的に決め付けていますよ。僕は一度もそういう事は言っていませんよ。

今さっきおっしゃいましたわ。

だから、例えばの話として出したまでですよ。レンゲさんがサカリのついた猫のようにして清水君と関係したと言ったわけではありませんよ。

でも、あたしにはそのように聞こえました。性的に解放されているけれども、性的に堕落した女だと。。。デンマンさんはそんな風にあたしのことを思っているのですわ。

僕の“心の恋人”が性的に堕落しているはずがないではありませんか?

だって、デンマンさんは、あたしと愛を完結してくれませんでした。

そんな事はないでしょう?僕と心と心が触れ合い、心と心が一つになってイッてしまったと、レンゲさんは次のように言っていたんですよ。








茜(あかね)さす 

紫野行き

標野(しめの)行き 

野守(のもり)は見ずや 

君が袖振る


茜色の光に満ちている紫野(天智天皇の領地)で、あぁ、あなたはそんなに袖を振ってらして、領地の番人が見るかもしれませんわ。後で、その番人が天智天皇に告げ口するかもしれませんわよ。

この歌には額田女王(ぬかだのおおきみ)の性格が、生き生きと現れている。
美しく、才知にあふれ、強く情熱的な女性。
彼女は、巫女としての自分と、二人の天皇の愛の間で揺れ動く女としての自分、そして天武天皇との間にもうけた十市皇女(といちのひめみこ)の母としての自分という、複雑な立場からの葛藤の中で悩みながらも、自分を高く維持し、歴史の荒波に耐えて、鮮やかに生きぬいた。






あなたと交わした愛



2005/08/19

あなたの全てがいとおしい

そのまぶたをくちびるで愛撫する

くちびるから全身にしびれるような

熱い波がひろがっていく

あなたをつつむやすらぎの光

おだやかな時がいつまでも流れていく

あなたに出会い

そして愛し合う

こんなに強く抱きしめた腕

ふたりは確かに結ばれて

身も心もとけあう

あなた ・ ・ ・

いとしいひと ・ ・ ・

あの出会いからわかっていた

夕べのしじまの中で

あなたと交わした愛が

とこしえに続くことを

愛している

今朝はすべてが澄み切って

誰にもじゃまはできない

by レンゲ

(『あなたと交わした愛』より)


あら、あたしの詩が額田女王の歌と比較されるなんて、。。。なんだかうれしいような、恥ずかしいような。。。

額田女王の歌は、雅(みやび)やかに詠(うた)っていますがね、その歌の内容はレンゲさんの詩とあまり変わりがないものですよ。

そうでしょうか?

そうですよ。額田女王はこの歌の相手、つまり、後の天武天皇との間に十市皇女(といちのひめみこ)を儲(もう)けているのですからね。雅(みやび)な歌の裏には、情熱的な“濡れ場”が隠されているんですよ。

でも、あたしがこの詩を読んだ前の晩、あたしはデンマンさんに抱かれましたけれど、“濡れ場”はありませんでしたわ。

ありましたよ。

いいえ、ありませんでしたわああああ~~

でも、レンゲさんは、シーツを濡らしたじゃありませんか?

それは。。。それは。。。

要するに、本当の心の触れ合いとは、エッチしなくてもイケルものなんですよ。うへへへへ。。。。

『本当に性の平等になってる?』 (2006年4月25日)より


分かるでしょう?心と心の触れ合いと言うのは奥が深いものなんですよ。

でも、あたしは。。。

僕とレンゲさんは心の深いところで、しっかりと結び合ったのですよ。違いますか?

でも、それは。。。

まだ不満ですか?。。。レンゲさんは、間違いなくシーツを濡らしたんですよ。それ以上、いったい何を求めたいと言うのですかぁ~?
 
【ここだけの話しですけれどね、今日はちょっぴり格調高かったですよね。なにしろ、心と心の触れ合いですからね。。。ええっ?。。。ちょっと話がアホらしい、とおっしゃるのですか?へへへへ。。。信用するかしないかはあなた次第ですよ。とにかく、レンゲさんの話の続きは、ますます面白くなりますよ。どうか期待して待っていてくださいね。もっとレンゲさんのことが知りたいのなら、下にリンクを貼っておきましたからぜひ読んでくださいね。】

       
レンゲさんの愉快で面白い、そして悩み多い日々は
次のリンクをクリックして読んでください。

■ 『レンゲさんのこれまでの話を読みたい人のために。。。』

■ 『レンゲさんの愛と心のエデン』



レンゲさんをもっと知りたい人は。。。。

■ 『女探偵ふじこが試みたレンゲさんの素行調査』

■ 『“愛の正体” と “レンゲのテーマ”』

■ 『不倫の悦びと苦悩』

■ 『レンゲさんのように苦境から立ち上がった女 ー グロリア・スタイナム』

レンゲさんの写真を見たい人は。。。

■ 『レンゲさん、あなたは実はメチャ美人なんですよ!』

スポンサーサイト



テーマ : 恋愛日記
ジャンル : 恋愛

プロフィール

次郎

  • Author:次郎
  • 次郎の徒然ブログへようこそ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2006/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Hit Graph

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Follow Me
Twitter
ブログ内検索
RSSフィード
リンク