FC2ブログ

生パンツを紫式部が。。。?




生パンツを紫式部が。。。?




生パンツ強盗!

女子高生に「パンツよこせ!」


暗い夜道で女子高生を襲い、身に着けていた下着だけを奪って逃走する“生パンツ”強盗が出没した。

神奈川県警宮前署によると、事件が起きたのは21日午後9時半ごろ。
川崎市宮前区の路上で、近くに住む高校2年の女子生徒(16)がアルバイトを終えて徒歩で帰宅する途中、前から来た若い男にすれ違いざま、襲われた。

男は、女子生徒の首を道路脇のフェンスに押し付けながら「パンツをよこせ!」と脅迫。
女子生徒が抵抗するとスカートの中に手を入れ、パンツをむりやり脱がして強奪。
“戦利品”を手に、そのまま逃走した。

女子生徒にけがはなく、そのまま自宅まで逃げ帰り110番通報した。
調べによると、男は20歳前後で身長170センチくらいのやせ形。
黒っぽいスエットのズボンをはいていたという。

宮前署関係者は「女子生徒の体をもてあそんだり、危害を加えたわけではない」として、下着マニアによる強盗事件として捜査を進めている。

SOURCE: スポーツ報知 2006年04月23日


デンマンさん、また生パンツですか?

いけませんか?

どうして生パンツにこだわるのですか?

僕がこだわっているわけではありませんよ!

だって、こうして生パンツのことを1日おきに書いているではありませんか?

そうですか?

とぼけないでくださいよ。またあたしの写真を貼り付けているではありませんか?

いけませんか?

あたしと生パンツがすっかり結びついてしまうではありませんか?

でもね、レンゲさんが生パンツをはいている姿がなかなかイイと言う人が居るんですよ。

どなたですの?

だから、レンゲさんのファンですよ。

そういう人が本当に居ますの?

僕が嘘をついていると疑っているのですかぁ~。。。?居ますよ。レンゲさんのファンは結構たくさん居るんですよ。知らなかったのですか?

ファンメールを何通かもらってはいますけれど。。。それほど多くはありしませんわぁ~。。。

僕のメールアドレスに書く人も結構居るんですよ。

間違ってですか?

そうですよ。レンゲさんも僕のメールアドレスを使っているのだと思っているんでしょうね。

それで、あたしの生パンツ姿を見たと言うのですか?

そうですよ。僕はその写真を、おととい載せましたからね。



あらっ、この写真ですかぁ~。。。? これがイイと言うのですか?

そうですよ。

デンマンさんはどう思っていますの?

イイと思いますよ。

ほんとうにィ~。。。?

本当にィ~ホントにイイと思っていますよ。。。おばさんパンツじゃないし。ぴっちりとフィットしているところなんかが、。。。ナンと言うか、可愛いと言うか。。。レンゲさんって、年よりもずいぶんと若く見えるんだよねぇ。。。。

あたしって、。。。そんなに若く見えますのォ~? そうですのォ~? それで、あたしの生パンツ姿を載せるために今日もまた生パンツのことを書くことにしたのですかぁ~?

いや、別にそう言うわけではありませんよ。

だって、こうしてあたしの生パンツ姿をまた貼り付けているではありませんかあああ~~?

レンゲさんが生パンツを持ち出したからですよ。

あたしではありませんてばああああ。。。生パンツにこだわっているのはデンマンさんですよ。

こだわっているのは僕ではありませんよ。最近の日本で無気力に生活している若者(ばか者)が生パンツにこだわっているんですよ。

でも、上の事件だけでしょう?

違いますよ。ちょっと前にも次のような事件がありましたよ。


下着強盗

女性宅に侵入、建設会社役員を逮捕 横浜

一人暮らしの女性宅に侵入し現金や下着を奪ったとして、神奈川県警捜査1課と金沢署は20日、横浜市磯子区の建設会社役員、根本容疑者(29)を器物損壊などの罪で起訴したが、強盗と性的暴行未遂の疑いで再逮捕した。
「女性の下着に興味があった」と容疑を認めている。
自宅からは女性の下着約150点が見つかり、余罪を追及している。

調べでは、根本容疑者は2月14日夜、同市金沢区のアパート1階の大学生の女性(22)宅で、ベランダの窓ガラスをバールで割り侵入。
同午後8時20分ごろ、帰宅した女性に台所にあった包丁を突きつけて脅し、粘着テープで手足を縛り、現金約1万2000円と下着など46点を盗んだ上、女性の体を触るなどした疑い。
女性にけがはなかった。
約20分後に女性の友人が訪れたため、ベランダから逃走した。

SOURCE: 毎日新聞 2006年04月20日


実は、昨日、このような事件が日本で多いという事をジューンさんと話したんですよ。

カナダではこういう事件はないのですか?

あるかもしれないけれど、ここ20年ばかり、活字になったのを新聞でも、雑誌でも、ネットでも僕は読んだ事がないですよ。とにかく、カナダでは下着泥棒が極めて少ないことだけは確かですよ。

どうして、日本には下着泥棒が多いのですか?

だからその事をジューンさんに聞いたんですよ。

なんと答えたのですか?

ジューンさんが一言で答えてくれましたよ。


Many young Japanese seem to lack in

interpersonal communication skills.


どうですか!。。。ジューンさんがこう言ったんですよ。僕は、彼女が頭の良い女の子だとは思っていたけれど、たった一言でズバリと言い当てたように思い、僕はすっかり感心してしまいましたよ。

どういう意味なんですの?

つまりね、“日本人の多くの若者は対人コミュニケーションのスキルが欠如しているみたいよね”と、言った訳ですよ。ジューンさんは、英語学校で日本人の若者に英語を教えた経験があるから、結構最近の若者の気質だとか、付き合い方だとか、流行だとか、。。。知っているんですよ。

それで、その事と生パンツがどういう関係にあるのですか?

だから、最近の若い男には女の子とうまく人間関係を結ぶ事が出来ないんですよ。それで、性的関心が女の子本人に向かわずに代用品に向かってしまう。それで、生パンツを強盗したり、下着泥棒になってしまうわけですよね。分かりますか?

本当にそうなんでしょうか?

そうなんですよ。

それで、今日の記事のタイトルですけれど、一体、生パンツと紫式部とどのような関係にあるのですか? 第一、平安時代に紫式部さんがパンツをはいていたなんて聞いた事がありませんわ。

僕だって聞いた事がありませんよ。

だったら、どうして。。。?

実はね、“生パンツ泥棒”が平安時代にもあったんですよ。

うっそおォ~~

レンゲさんも驚くでしょう?ちょっと次の話を読んでみてくださいよ。


平助さんが卑弥子さんに

恋をしたのがウンのつき




今は昔、兵衛の佐(すけ)の平の助文という人がいた。あだ名を平助(へいすけ)といった。家柄は悪くはなかったが、男前とは言いがたかった。どちらかと言うと、どこか抜けているような表情をしていた。気の利いたことは何も言えず、どちらかと言えば口下手だった。つまり、女性にモテルようなタイプではなかったのだ。

そのような男なので、人妻や娘や、まして宮仕えをしている女たちは、この平助をどちらかと言えば馬鹿にしていた。

ところでその当時、本院の大臣(おとど)・藤原時平という人が居た。その家に侍従の卑弥子という若い女房がいたが、美人と言うほどではないにしても、どこかしら愛嬌があって才気煥発な人だった。平助は、本院の大臣の館に普段から出入りしていたので、この侍従のことを噂で聞いており、かねがね恋をしていたのだった。

しかし、侍従は平助のラブレターに返事も書かなかった。

「だって、私が平助殿のラブレターに返事を書いたら町中のお笑いものになってしまいますわ」

平助は嘆息し、性懲りもなくまたラブレターを書き続けた。「ただ『見た』の二文字だけでも、お返事をください」と繰り返し、泣くばかりに懇願して書き送った。

「仕方がないわ。こう度々ラブレターをもらっていると、他のすばらしい殿方にまで、この噂が聞こえてしまうかもしれないわ。そうなると私は相手にされないかもしれないから、返事を書いて、これで終わりにしましょう」

その使いが今回は返事をもって帰ってきたので、平助は嬉しさのあまり、物につっかえながら転がり出て、その返事を引ったくるように見た。

「なんじゃいな。。。『見た』の二文字だけしか書いてないじゃないか!しかも、その『見た』の二文字はマロが書いたラブレターの文字を切り抜いて、薄い鳥の子紙に貼り付けてよこしたのじゃ」

平助はこれを見て、ますます悔しくつらく、思いをつのらせるのだった。

五月の二十日ばかりになって、梅雨の降り続く五月闇の夜、平助は「今夜のような日に忍んで行ったなら、想う心がどれほど強いものかを感じて、グラリとするかもしれない」と計算高く考えた。

それで、夜も更けて雨音も止まずに降り続ける中、目指すものも見えない闇の中を、内裏から無理やり本院まで出掛けていった。本院に着くと、局(つぼね)に以前から取り次いでくれていた女の童を呼んで、「想い余ってこのようにやってきました」と言わせた。するとその女の童が帰ってきて答えるには「ただ今は、殿様のお前におりまして、他の人々もまだご寝所に下がられておりませぬので、お逢いすることはできません。もうしばらくお待ちください。皆さんが寝静まったら忍んでまいりましょう」と言ってきた。

これを聞いて、平助、胸を高鳴らせ「だからってことよ。こんな夜にわざわざ出て来た男を憎く思うはずがない。よくぞ出て来たものだ」と思い、暗い戸の蔭に隠れて待つ身は、何年も経ったような気がしたものだ。

二時間ばかり経過して、人々が皆寝る音がして、座敷から人がやってきて、引き戸の掛け金をそっとはずした。平助はうれしさに遣り戸を引きあけると、簡単に開いた。夢心地で、これはどうしたことかと思いながらも、うれしさに身の震える思いだった。けれどここは冷静にと、頭を冷やしながらそっと室内に入ってみると、空薫きの香のかおりが部屋に満ちていた。

平助は部屋の中に進み、臥し所とおぼしいところを手探りしてみると、女はなよやかな一重の着物を被って伏していた。頭や肩のようすを手探りすると、頭は華奢な感じで、髪は氷のようにひんやりと手に触れる。平助は、うれしさに有頂天になって、思わず手も震え、物を言い出すこともできなかった。

そこで女の言うには、「たいへんなことを思いだしました。部屋の障子戸の掛け金をかけないできてしまいました。今行って掛けてまいりますわ」と言うので、平助は「そうなんだ」と思い、「じゃあ早く帰ってきてくださいね」と言うと、女は起き上がって上に着ていた衣を脱ぎ置いて下着の単衣と袴だけの姿で出て行った。

その後、平助は衣を脱いで準備万端で待ち伏していたが、障子戸の掛け金を掛ける音は聞こえて、もう戻ってくるハズと気持ちははやるのに、足音は奥の方に去っていくように聞こえ、こちらに来る音はとんとしない。怪しんで起き出し、例の障子戸のそばに行って確かめてみると、掛け金はちゃんとあった。それを引いてみると、向こう側から掛けて奥へ行ってしまったのだった。平助は、言いようもなく悔しく、地団駄踏んで泣けてくるのだった。呆然とその障子戸のそばに立ち尽くしていると、流れる涙は、降り続く雨にも負けないくらいだった。

「こんなに部屋にまで入れて謀るとは、何と憎らしいことだ。こんなこととわかっていれば、一緒についていって掛け金を掛ければよかった。マロの心を試そうとして、こんなことをしたにちがいない。どんなにトンマな奴と思われているだろう」

そう思うと、会えなかった場合よりも、平助は憎らしく悔しい思いに駆られるのだった。

「夜が明けても、この局に寝ていてやろう。マロが通ってきたことが知れるのもイイだろう」

そう思ってもみたが、夜明けが近くなると、人々の起き出す音がしてきたので、冷静になって考えてみた。

「この姿を露見してしまうと、妙な噂が広がって、あの人に嫌われてしまうかもしれない。。。」

そう考えなおし、夜の明ける前に急いで抜け出したのだった。

さて、その後、平助はこの女への想いで、ますます身を焦がす日々が続いた。

でも、何度ラブレターを書いても会ってはくれないのだった。そこで平助はあることを思いたった。

「あの人が会ってくれないのなら、せめてあの人のウンチなりとも見てみたいものだ」

便器の箱を仕える女の子が始末しに行くところを奪い取って見てやろうと計画した。

例の局のそばにやってきて様子をうかがっていると、歳のころ十七八ばかりの、髪は腰に少し足りないほどの長さ、涼しげなナデシコ重ねの薄物のあこめを着て、濃い紅の袴を無造作に引き上げて出てきた。その女の名を千草(ちぐさ)と言う。千草は、丁子(ちょうじ)で染めた薄紅色の薄物の布で便器の箱を包んで、赤い色紙に絵を描いた扇をかざして顔を隠して局から出て行く。

シメシメとほくそ笑んで、見え隠れに後をつけて、人の目につかない所で走り寄って例の箱を奪い取った。千草は泣いて抵抗したが、無情に奪い取って走り去った。人のいない建物の中に入り内側から掛け金をかけてしまったので、千草はその外に立ちつくして泣いていた。

平助はこの箱をじっくり眺めてみた。金漆を塗った立派なものだ。この箱の有り様を見ると、中に入っているあの人のウンチが金銀のように思えてくるのだった。なんだか開けて見てしまうのがもったいないようで、平助は、しばらくの間開けないで、感心して箱ばかりをしみじみと眺めていた。

しかし、こんなこともしていられないと、我に返ってワクワクしながらその箱の蓋を開けてみた。

すると、丁子(ちょうじ)の香りがかぐわしく漂ってくる。まさしくあの人らしいウンチだと、平助はドキドキしながら中を覗いてみた。すると、薄黄色の液体が半分ばかり入っている。また親指ほどの太さの黒っぽい黄色の物体の、8センチばかりの長さのものが三切ればかり丸まってゆれている。

「きっとウンチだろう」と思って見ていると、漂ってくる香りが何ともいえず芳しいので、そばに木切れがあるのを取って、それに突き刺し鼻にあてて匂いを嗅いだ。

「う~♪~ん。。。これはナンと言うかぐわしい匂いだ。まるで、あの黒方というお香の匂いじゃないか!卑弥子さんは天女の生まれ変わりかもしれない」

これを見てからというもの、ますますこの人を手にいれたいと、平助は心も狂うようになってしまった。その箱を手元に寄せて、その液体をすすってみると、丁子(ちょうじ)の香りが心に染み込むようだ。またその木切れで刺したものの先を少し舌でなめてみると、口にほろ苦(にが)くまた甘い。芳しいことは譬(たと)えようもない。

ところ変わって局では卑弥子さんが千草に尋ねていた。「泣いたりしてどうしたの?」

「平助殿にあの箱を奪われてしまいました。申し訳ございません」

「いいのよ。そのような事をするお方だと思っておりましたわ」

「つうことわああああ。。。」

「そうなのよ。あれは本物ではないのよ。あたしが作った偽(にせ)のウンチなのよ。だから、千草さんが責任を感じて泣く事などないのよ」

「では、あれは。。。?」

「尿としたのは丁子を煮て、その汁を入れたのよ。また、ウンチの方は、山芋に練り香を甘葛(あまずら)に練り合わせて、大きな筆の軸に入れ、それから出してきたものなのよ。おほほほほ。。。」

ところで、平助は、どういうわけか病の床に着いてしまった。医師が不思議に思って平助に尋ねたので、平助はありのままをその医師に話した。卑弥子さんのウンチを盗んでちょっぴり食べた事を打ち明けたのだった。

しかし、平助の病状は、医師がどのような薬を与えても治す事ができなかった。それで平助は、卑弥子さんを思い焦がれつつ、そのまま苦悶の果てに死んでしまったのだった。

医者は臨終の床でため息をもらして言った。「これが本当の“ウンのつき”だわ」



『今昔物語巻30の1の話の翻案』より



これって、実話ですの?

今昔物語の中に出てくる話ですよ。この原話を元にして僕が手を加えていますが、大筋は変えていません。上のリンクをクリックすると、原話も読めます。もちろん、現代語に書き換えてありますが。。。

つまり、生パンツがなかったのでウンチにしたというわけですか?

そういうことですよ。どちらも女性の代用品ですからね。

それにしてもウンチだなんて。。。

でもね、僕には理解できますよ。たとえばですよ。ヒトラーが生きているとしますね。そのヒトラーから“ウンチを舐めなければガス室に送るぞ”と言われたとする。自分以外、誰のウンチでも良いのであれば、僕はレンゲさんのウンチなら、それほどの抵抗もなく舐める事が出来ると思いますよ。

いややわあああ。。。。

つまり、愛している人のもの、恋している人のものは、特別な意味、あるいは価値を持っている。その証拠に、お母さんが自分の赤ちゃんの世話をしている時、オムツを替えるときでもウンチは汚くないと感じる。それと全く同じ事ですよ。

そう言えば、あたし思い出しましたわぁ~。

何をですか~?

いつだったかデンマンさんがお話してくださったのですわ。デンマンさんは、奥様のお母さんの方が気に入っていた。ちょっと待ってくださいね。“京都 オナラ 直美 八千草薫”を入れて検索してみますわ。。。ああっ。。。見つかりましたわ。SO-NETのデンマンさんのブログの記事が引っかかりましたわ。次のように書いていましたわ。


僕は男子校の生徒でした。
普段女の話などしない先生がそういうことを言い出すものだから、クラス50人の生徒が、一瞬シーンとして先生が何を言うかと固唾(かたず)を呑んでじっとしていたのを、今でも鮮明に覚えていますよ。

“お母さんをじっくりと見ることだよ。
年を取ったら、そのお母さんのようになる。
女の子はお母さんをモデルにして育つからね、お母さんがダメだったら、やめておいたほうがいい”

“先生、母親と結婚するわけじゃあないでしょう”と茶化した奴が居たけれど、僕は“なるほど~”と感心して聞いたものでした。

従妹と僕の妻は東京の女子大で学んだのですが、僕の妻の実家は京都でした。
僕の実家は埼玉です。
従妹と一緒に2度ほど妻の実家に行ったことがありました。

その当時僕はもちろん現在の妻と将来結婚しようとは思っていませんでした。
ただし、高校時代の恩師の言葉が頭にこびりついていたんですね。
だから、僕は妻の挙動よりも妻のお母さんの方に関心が向いたわけですよ。

このお母さんがたいした女性なんですね。
僕は歴史馬鹿ですから、京都という“古都”に対する“憧れ”のようなものがどこかにある。
つまり、紫式部だとか清少納言だとか、そのような昔のすばらしい女性たちが、なんとなく京都に住んでいたというような思い込みがあるわけです。
そのすばらしい昔の女性たちと妻のお母さんを重ねているようなところがあった。

それには理由があるんですよ。
そのお母さんたるや書道が3段。
活花は免許皆伝。
お茶は表千家の免状を持っている。
しかも、和歌もたしなむ。
それで美人なんですよ。

僕は当時年上の女性、というより熟女に憧れのようなものを持っていました。
だから、このお母さんに近寄りがたいものを感じるとともに、どうしようもなく惹きつけられるものをも感じました。
このお母さんと居ると僕は緊張の連続でしたよ。

でも、この人は、もの当たりの柔らかい、例えれば38歳ぐらいの八千草薫さんという感じなんですね。
人の接し方にそつがない。
しかも京都言葉で、なんとなく品がいい。
それに、家にしろ庭にしろ京都の旧家だけあって格調がある。

こういう雰囲気の中で浅黄色の着物を着て、何やかやと僕をもてなしてくれるわけです。
一度、京都のキツネうどんを出されました。

はっきり言って薄味で“関東の濃い味”に馴染んでいる僕の舌には、実に不味いんですよ。
でも、このお母さんが作ったものだと思うから、“これが本当の上品な味というものなのかあああ~”と妙な感心の仕方をしてしまう!

ずっと後になってから妻にボロクソに言われましたよ。
“あなたは、うちのおかあはんが作るものなら何でもおいしいおすの?
おかあはんのオナラも、きっと香水のようないい匂いがするのでしょうね?”

『好きになるタイプ、引かれる異性』より


良く僕の記事を覚えていましたね?

あたしじゃなくて、検索エンジンの威力ですわ。デンマンさんの上のお話の中で“良い人を選ぶなら、お母さんを見なさい”、と言うのがとても印象に強く残っていたのですわ。

それで、レンゲさんが言いたい事は“好きな人のモノなら、オナラも香水のようになる”と言う部分ですか?

そうですわ。

これは僕が言ったんじゃなくて、僕のワイフが言ったんですよ。

“あばたもえくぼ”と言う事ですわね?

だから、あばたも、オナラも、ウンチも、生パンツも。。。好きな人のモノなら、何でもすばらしいものになってしまうんですよ。

でも、生パンツを盗む。。。ウンチを盗む。。。それはちょっと。。。。

確かに異常ですよ。でもね、分からない事はありませんよ。つまりね、上の説話の中の平助さんも生パンツを盗んだ若者も、下着泥棒の会社役員も共通したものがある。

それはナンですの?

それはね、対人関係をうまく持つことが出来ない、ということですよ。要するに、ジューンさんが言った interpersonal skills がないんですよ。だから、好きな女性と仲良く出来ない。その欲求不満が、生パンツや、下着や、ウンチに男を向かわせる。

つまり、最近の日本の若い男性は孤独で、女の子とうまく人間関係を持つことができないと言う事ですか?

最近の日本のニュースを見ていると、生パンツや下着泥棒が実に多い。だから僕は、対人関係をうまく持つことができる若者が少なくなっているのだと思いますよ。

それで夕べは、デンマンさんはジューンさんとエッチしたのですか?

ん?。。。僕とジューンさんがエッチする?。。。何で急にそのような事を言うのですか?

だって、デンマンさんは、あたしと洋ちゃんのことをずいぶんと書きまくったでしょう?

レンゲさんが僕にいろいろと話してくれるから、僕は書くわけですよ。

だから、今、ここでジューンさんとのことを話してくださいな。

今日の話題とは全く関係がありませんよ。

ずるいですよ、デンマンさん。。。あたしと洋ちゃんのことは、あることないこと、ダラダラと書くくせにィ~。。。

ここで、ジューンさんのことを書くわけにはゆきませんよ。話題と全く関係ないし、これ以上この記事を長くするわけにはゆきませんよ。

それって、ずるいやんかああああ~~、あたしはデンマンさんとジューンさんの事を聞きたいねん。

分かりましたよ。また後でね。。。ちょうど、この記事の切れが良くなったので、今日はこれまで。。。また、あさってねぇ~。。。

【ここだけの話しですけれどね、僕は別にヒヨるわけではありませんよ。ジューンさんと生パンツは関係ないんですからね。それに、これ以上この記事を長くは出来ませんよね。あなただって退屈してきたでしょう?。。。でもね、レンゲさんの話の続きは、ますます面白くなりますよ。どうか期待して待っていてくださいね。もっとレンゲさんのことが知りたいのなら、下にリンクを貼っておきましたからぜひ読んでくださいね。】

       
レンゲさんの愉快で面白い、そして悩み多い日々は
次のリンクをクリックして読んでください。

■ 『レンゲさんのこれまでの話を読みたい人のために。。。』

■ 『レンゲさんの愛と心のエデン』



レンゲさんをもっと知りたい人は。。。。

■ 『女探偵ふじこが試みたレンゲさんの素行調査』

■ 『“愛の正体” と “レンゲのテーマ”』

■ 『不倫の悦びと苦悩』

■ 『レンゲさんのように苦境から立ち上がった女 ー グロリア・スタイナム』

レンゲさんの写真を見たい人は。。。

■ 『レンゲさん、あなたは実はメチャ美人なんですよ!』

  
スポンサーサイト



テーマ : それでいいのか日本国民
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

次郎

  • Author:次郎
  • 次郎の徒然ブログへようこそ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2006/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Hit Graph

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Follow Me
Twitter
ブログ内検索
RSSフィード
リンク