FC2ブログ

性の平等に隠された真実?



性の平等に隠された真実?
 

  


『完全なる結婚』



オランダの婦人科医のヴァン・デ・ヴェルデ 【Theodoor Hendrik van de Velde (1873-1937)】 が1926年にドイツ語で出版した診療用マニュアルを翻訳したもの。
この大作は一部分が1930年に『完全なる夫婦』という題名で一度日本語に翻訳された。
その時の翻訳者は共産主義者で、出版社は好色本を乱造していた会社だったので不健全という理由で直ぐに発禁処分にされた。

しかし、発禁にもかかわらず『完全なる夫婦』は“性の解放”のバイブルとして左翼のインテリの間では名前が知られた。
ドイツ語版と英語版は19030年代と1940年代の初期には医学生や若い医者によく読まれた。

戦後、この本を全訳したのは東京帝国大学医学部の学生グループで、こういう本に興味のある人が居るかどうか「朝日新聞」に質問記事を出したところ、1日で100通を越す反応があった。
それで出版する事になったという逸話がある。
この全訳本が出てから直ぐに学術性の低い安い抄訳本が出版され、これがたちまちベストセラーの3位になった。

『完全なる結婚』が戦前、発禁処分になっており、エロチックだという評判が高かった事が多くの読者を惹きつけた。
この本はヴァン・デ・ヴェルデの初めての著作で、執筆当時彼は50代の初めであり、20年間医者としての経験を持っていた。
彼が読者に想定していたのは、主に医療関係者や学歴の高い男性既婚者であり、本の前提となっていた考え方は、
“性交は結婚の基本”というものだった。当時としては非常に進んだ考えだった。

日本人の性意識に対するこの本の最大の貢献は、女性の“性感曲線”に注意を呼び起こし、前戯、後戯、オーガズムといった考え方や実践を強調した事であった。
性交において“男性は教師である”という彼の考え方は、今日では古めかしいが、結婚生活における女性の性交時の感覚や女性の性欲にこれだけの理解を示したことは当時、驚くべき事と思われた。

夫婦の性行為を正々堂々と論じる事が大衆にアピールしたため、これを真似して1949年に『夫婦生活』という雑誌が創刊された。
『夫婦生活』はたちまち月刊3万部を越えた。この雑誌があまりに評判となったため、カストリ雑誌の時代はこれで終わったと言われる。

『夫婦生活』が、それまでのカストリ雑誌と根本的に違うのは、結婚を性交に結びつける事によって、性交は恥ずべき行為ではなく正当な行為であって、男女が互いを分かち合い、互いに楽しむ事を両性の平等の象徴とした事である。

『完全な結婚』についてさらに知りたい人は次のリンクをクリックして読んでみてください。
“『完全な結婚』--本とビデオ紹介サイト”

SOURCE: 
“Embracing Defeat (Japan in the Wake of World War II)”
 published in 1999 by John W. Dower


戦後、女性が性的に“解放”されたのは、『完全なる結婚』だとか『夫婦生活』が出回った事がかなり影響したようです。
女性が“性の平等”に目覚めたのもこのような本や雑誌の影響を見過ごす事は出来ないでしょう。
これ以外にも扇情的でショッキングなカストリ雑誌がたくさん発行されたのです。


カストリ雑誌

     



すぐ上の『猟奇』の創刊号に発行者は次のように書いていた。


読者諸賢を啓蒙しようとか、教育しようとかという大それた気持ちは全然ありません

読者諸賢が、平和国家建設のために心身ともに疲れきった午睡の一刻に興味本位に読み捨て下されば幸いです


発行者自身がこのように言っていた。つまり、読み捨てにしてトイレで落し紙にするような、どうでもいい低級な雑誌だった。
一口で言うと“低級桃色風俗雑誌”でした。

カストリ雑誌のカストリは“カストリ”という焼酎から取った言葉。このカストリという酒は、とにかく悪い酒だった。
“カストリ”とは、酒粕(サケカス)から採(と)った焼酎だった。つまり、カスからトッた酒で、カストリ。

この酒は匂いがひどくって、鼻をつまんで飲むものだったらしい。質が悪くて3合(0.54 リットル)飲むと酔いつぶれて意識が無くなると言われた。
どうして、カストリと呼ばれたかと言うと、語呂合わせだった。
“3合で酔いつぶれる” と “3号で雑誌社がつぶれる” とをかけた。
つまり、低級で低俗な雑誌の事を意味するようになった。
だから、長くは続かなかった。
そういうわけで、カストリ雑誌の発行者たちは、立派な目的など何もないと、上のように書いていたほどです。


この “カストリ文化” は現在の “ネット文化” と極めて似ているところがありますよね。
そう思いませんか?

トラバクスパムやコメントスパムをやっている愚か者のサイトやブログを見てください。
ほとんどが “低級桃色風俗サイト” か “低級桃色風俗ブログ” ですよ。

こういうサイトやブログは“カストリ雑誌”と同じ運命をたどります。
つまり、3年から5年以内に、きれいに姿かたちがなくなるでしょうね。
見る人が居なくなるから、自然消滅するか、自滅して残骸だけがネットに残される事になるでしょう。

今だって、見てくれる人が居ないから、一生懸命になってトラバクスパムやコメントスパムをやっているんですよね。
こういうところが愚かだと言うんですよ。
浅はかです!

僕のSO-NETのブログ http://blog.so-net.ne.jp/denman
やEXCITEのブログ http://denman705.exblog.jp/
を見てください。

最近付いたトラバクやコメントは、すべてこの愚かなトラバクスパマーが飛ばしたものや
コメントスパマーが付けたものです。
この連中が典型的な“病んでいる日本の愚民”ですよ。うへへへへ。。。。。

いくら宣伝したって、コンテンツが低級桃色で、内容の無いものなら、
やがて見る人が居なくなる事は分かりきっているんですよね。

要するに、ブログやホムペは内容が問題なんですよ。
宣伝する必要は全くないんです。
検索エンジンが自動的に宣伝してくれます。

読み応えのある、しっかりとした内容の記事を書いていれば、読者は増えてゆくものですよ。

ちょっと横道にそれましたが、戦後の日本のカストリ文化が、
ちょうど現在の“日本のネット”のように“低級桃色風俗モノ”を乱造していたのです。
もう、読む人だってそのような低級な物には目もくれなくなってしまった。
そういう中から、比較的読み応えのある真面目な本や雑誌が現れた。

それが『完全なる結婚』だとか『夫婦生活』だったわけです。
このような本や雑誌の影響を受けて、戦後、確かに“性の平等”に目覚めた人は多かった。

しかし、現在、本当に性の平等になっているか?
僕はそうは思っていません。
次の統計を見れば明らかです。


性生活満足度ランキング最下位は日本


AP通信によると、米シカゴ大学の研究グループが29カ国・地域を対象に実施した性行動・態度に関する調査の結果が、学術誌アーカイブス・オブ・セクシャル・ビヘイビアー4月号に発表された。
それによると、性生活に満足している人の割合が最も高かったのはオーストリアだった。
71.4%が「満足している」と答えた。
一方、最も低かったのが日本で25.7%だった。

上位5カ国は、オーストリア71.4%、スペイン69.0%、カナダ66.1%、ベルギー64.6%、米国64.2%。
下位5カ国は、タイ35.9%、中国34.8%、インドネシア33.9%、台湾28.6%、日本25.7%

ただし、この研究の対象者は40歳から80歳まで。

SOURCE: AP通信 (2006年4月19日)



結論(Conclusion)

A number of sexual problems were found to be frequent in this large sample of women and men aged 40-80. Physical, social/emotional, and relationship factors were all found to have a significant impact on the prevalence of one or more sexual problems. In addition, we observed an important gender difference: increasing age was more consistently associated with sexual problems among men. Thus, sexual problems among women and men appear to share similar correlates, but physical factors may play a larger role among men. However, as men age, there may be more psychological and relationship issues as well that influence their sexual satisfaction and performance.

性的問題で肉体的要素が占める割合は、年を重ねるにつれて男性の方に大きく影響する。
しかし、心理的な要素、パートナーとの人間関係が、肉体的要素と同様に性的満足感とパーフォーマンスに大きな影響を与えているようだ。

SOURCE: 
“Sexual Problems Among Women and Men Aged 40-80”


日本に本当に“性の平等”が根付いているならば、このような統計は表れないはずですよね。
なぜなら、心理的な要素、パートナーとの人間関係が、肉体的要素と同様に性的満足感に大きな影響を与えているようだと報告されている。
確かに、そうだろうと僕も思います。

そういうわけで、妻が夫に対してどのような感じを抱いているのか?
僕は、5年ほど前に、長年連れ添った妻が夫のパンツを別々に洗濯すると言う話を聞いたことがあったので、現在の日本では妻が夫のパンツに対してどのような感想を持っているのか?ためしに調べてみたのです。

次のような感想を持っているんですよね。全部が全部とは言いませんよ。
でも、ちょっとネットで調べただけでも次のようなモノに出くわしました。



夫のパンツは雑巾と便座カバーと一緒に洗濯します。

夫のパンツを洗うために大学を出たんじゃないわ!

夫のパンツを見るとムカつく!

夫のパンツの中にムカデを入れておいたわ。

汚い夫とは、もう2年やってません。

ウンチの付着した夫のパンツを洗わされるのはもう嫌です。

私の横でパンツいっちょになった夫のパンツを見たら吐き気を催(もよお)しました。

夫のパンツは汚いから、捨てる割り箸でつまんで洗濯機に入れています。

夫のパンツと一緒に自分のパンツは洗いません。

最近、夫のパンツを見るのもイヤです。


つまり、上の満足度25.7%の数字の裏には、このような心理的な要素、パートナーとの人間関係が隠されているというわけですよね。
これは、もう性生活以前の問題ですよ。僕の言おうとしている事が分かるでしょう?

つまり、性的満足度は、夫婦の人間関係が反映されているということですよね。
本当に性が平等ならば、性生活満足度はもっと高くなるのではないだろうか?
要するに、性生活において性は平等ではないのではないか!
平等に満足感を得ていない!
性生活満足度が低いからこそ、夫のパンツに対してこのような感想を持つわけですよね。

諺に次のようなものがあるのをあなただって知っているでしょう?

“坊主憎けりゃ袈裟(ケサ)まで憎い”

これを言い換えれば、

“亭主に不満ならパンツまで憎い”



うへへへへ。。。。
こういう事になるのでしょうね?

つまりね、日本は戦後、焼け野原から経済復興を遂げて、経済大国になった。
ハイテク工業立国にもなった。
世界で有数の長寿国にもなった。
このことを自慢に思っている日本人は意外に多いですよ。
でもね、こうして性生活満足度の調査をすれば、日本人の夫婦生活が外国と比べてすっかり荒(すさ)んでいることが、はっきりと表れてしまう。

25.7%が少なすぎだと思うのでしょう?でもね、全く違うグループが調査した数字も次に示すように、この25.7%に極めて近いんですよ。



【2006年2月10日 ロイター通信】

Ejaculation Deficiency治療薬「シアリス」を製造している医薬品大手イーライリリーがこのほど、韓国と日本、フランス、アメリカの4カ国の既婚者の男女1200人を対象にセックスについての調査を行った。

韓国の既婚女性は、セックス生活に満足しておらず、日本人男性はセックスの問題をはぐらかす一方で、フランス人の男性はセックス生活をエンジョイしていることが明らかになった。

調査結果によれば、韓国人女性の約30%弱は、夫とのセックスにあまり満足しておらず、4カ国中で最もセックス満足度が低いことがわかった。

一方、韓国人男性のおよそ50%は、妻とのセックスに満足しているという。日本人男性は約30%弱しか、Ejaculation Deficiency治療を求めておらず、これは他国と比べて最低の割合だった。

また、フランス人男性の10%は、セックスに対して何かしらの不満を持っているものの、他の国に比べ最も満足度が高かった。
そして、フランスの次にセックスの満足度が高かったのはアメリカだった。

さらに、男性の不満理由の1位は、「回数が少なすぎ」というものが4カ国共通して見られ、女性の主な不満は「ロマンチックでなさすぎ」というものだった。


この調べでも、約30%弱という数字が出ていますよ。
ある意味で日本では、夫婦生活が崩壊しています。
夫婦の間が満足でないのですからね。
家庭全体に良い影響が出るわけがないんですよね。
だから、家庭が崩壊している事も頷(うなづ)けますよ。

今夜のテレビニュースを見てくださいよ。
このような家庭に育った子供が現在問題を起こしているんですよ。
はっきり言って、夫婦の間がうまくいっていないのだから、家庭がうまく行っているわけがない。
家庭教育に悪い影響が出ている。
家庭教育などやっている心のゆとりもないでしょうね。
だから、次のような信じがたい犯罪が起きてしまう。


遺体をホットプレートで焼いたり煮たりした

大阪の母親バラバラ殺人男



母親の遺体を切断し、セメントで固めて自宅の庭に捨てたとして逮捕された大阪府河内長野市の無職・大沢容疑者(37)が、府警捜査1課の調べに「階段から落ちて動けなくなった母の頭を、庭の石で殴って殺した」と殺害も自供、遺体を切断した上、「ホットプレートで焼いたり煮たりして捨てた」と供述していることが24日、わかった。捜査1課は同日、死体損壊・遺棄容疑で大沢容疑者を送検。
 
調べによると、同容疑者は昨年5月下旬、自宅で母親の広子さん(当時57歳)と口論になった。
口げんかの末、2階から自分を追い掛けてきた広子さんが階段から落ち、動けなくなったのを見て、
「良い機会だと思い、庭にあった石で頭を殴り殺害した」という。凶器の石は捨てたと話している。

同容疑者は、広子さんを殺害した翌日、遺体を自宅の風呂場に運び込むと、のこぎりや包丁を使って、バラバラに切断。
一部をホットプレートで焼くなどした上で、生ごみと一緒に捨てたという。
残りの頭蓋(ずがい)骨などは、バケツに入れてセメントで固め、庭に放置したとされる。

大沢容疑者は「遺体の処分に困ったので切断した。調理器具で焼いたり煮たりしてから捨てた」と供述している。

遺体から発生する異臭から事件が発覚するのを防ぐための残忍な証拠隠滅工作だったとみられる。

犯罪心理学者はつぎのように説明している。

「事件を隠ぺいするよりも、母親への憎しみが強かったのではないか。ニートのような引きこもり生活で母親との折り合いを欠き、うっぷんを晴らすつもりで殺害、遺体の解体から焼却という猟奇的な犯行に走ったのだろう」

調べに対し、大沢容疑者は「(母親から)仕事に就けとうるさく言われ、腹が立っていた」と動機について述べた。
同容疑者は広子さん殺害後も仕事に就かず、広子さんの貯金で生活していた。

SOURCE: スポーツ報知 (2006年4月25日)


つまり、夫婦の間の“性の不平等”がこのような家庭問題から社会問題まで引き起こしている。
これが隠されている事実だと僕は信じているほどです。
あなたはどう思いますか?

ちょっと憂鬱気味な結末になりましたけれど、
あまり深刻に考えずに、せめてあなただけは“性の平等”を改めて考え直して、
今夜も頑張ってくださいね。

じゃあね。
バイバ~♪~イ。。。。

今日も楽しくネットサーフィンしましょうね。



ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、ためになる関連記事

■ 『デンマンのブログを削除した管理人に対する公開抗議文とその面白い顛末』

■ 『日本は軍国主義への道を歩んでいるのでしょうか?』

■ 『2ちゃんねるは世界のネットのために貢献できるか?』

■ 『日本のネットではありませんよ! 世界のネットです!』

■ 『日本の皇室はどうあるべきでしょうか?』

■ 『一体、日本は良くなるの?』

■ 『どうして、こうも犯罪が増えている?警察はホントに駄目になったの?』

■ 『日本人に欠けているものは?』

■ 『日本のネットで迷惑を振りまいているウツケ者たち』

■ 『国際化・グローバル化とはあなたにとってどのようなものですか?』

■ 『日本 ☆ 日本人 ☆ 日本社会 ☆ 比較文化論』



じゃあ、今日も元気に

楽しくお過ごしくださいね。

スポンサーサイト



テーマ : それでいいのか日本国民
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

次郎

  • Author:次郎
  • 次郎の徒然ブログへようこそ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2006/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Hit Graph

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Follow Me
Twitter
ブログ内検索
RSSフィード
リンク