FC2ブログ

生パンツをなぜ盗むの?



生パンツをなぜ盗むの?
 


 

生パンツ強盗!

女子高生に「パンツよこせ!」


暗い夜道で女子高生を襲い、身に着けていた下着だけを奪って逃走する“生パンツ”強盗が出没した。

神奈川県警宮前署によると、事件が起きたのは21日午後9時半ごろ。
川崎市宮前区の路上で、近くに住む高校2年の女子生徒(16)がアルバイトを終えて徒歩で帰宅する途中、前から来た若い男にすれ違いざま、襲われた。

男は、女子生徒の首を道路脇のフェンスに押し付けながら「パンツをよこせ!」と脅迫。
女子生徒が抵抗するとスカートの中に手を入れ、パンツをむりやり脱がして強奪。
“戦利品”を手に、そのまま逃走した。

女子生徒にけがはなく、そのまま自宅まで逃げ帰り110番通報した。
調べによると、男は20歳前後で身長170センチくらいのやせ形。
黒っぽいスエットのズボンをはいていたという。

宮前署関係者は「女子生徒の体をもてあそんだり、危害を加えたわけではない」として、下着マニアによる強盗事件として捜査を進めている。

SOURCE: スポーツ報知 2006年04月23日


デンマンさん、どうしてこの囲み記事の中に、あたしの写真を貼り付けたのですかあああ~?

いけませんか?

だって、あたしの生パンツが盗まれたと勘違いしてしまう方だって居るでしょう?

この写真はレンゲさんの16歳の頃のものですよ。だから、この写真がレンゲさんだと分かっている人でも、レンゲさんの生パンツが盗まれたと思う人は居ませんよ。

でも、あたしの写真を貼り付ける必要はないでしょう?

他に16才の女子高生の写真がなかったんですよ。

つまり、あたしの写真で代用したわけですのね?

いけませんか?

だって。。。なんだかぁ。。。、あたしと被害者のイメージが、これを読む人のオツムの中で結びついてしまいません?

そういうことはあるでしょうね。。。この16歳の被害者が、レンゲさんのように可愛くて、可憐で、清楚で。。。なんつうかあああ。。。

あらっ。。。デンマンさんは、あたしの事をそのように思っていてくださったのですの?

だから、16才の頃のレンゲさんはそうだったんじゃなかろうか?。。。と、想像を膨らませているわけですよ。

。。。で、今のあたしは。。。?

今のレンゲさんですか。。。?。。。そうですねぇ~~可愛くない事もないですよね。可憐ねぇ~~そうでない事もありません。清楚かぁ~~16才の頃の清楚な感じが今のレンゲさんにも少しは残っているかもしれませんよね。

つまり、今のあたしは、16才の頃のあたしと比べると、全く魅力がないとおっしゃりたいのですわね?

いや、別に。。。そう言うつもりではありませんよ。

だって、そう言ってますってばああああ~~

レンゲさん、ここでレンゲさんの写真の事をガタガタと言い合うと、またこの記事が長くなりますからねぇ~。

写真の事ではありません。あたしの事ですわぁ~。

だから、レンゲさんは僕の心の恋人なんですよ。

そうやって、またヒヨるのですわね?

逃げているわけではありませんよ。僕はレンゲさんを心の恋人として愛しているのですよ。

ホラっ。。。そうやって、とって付けたようなことを言って、この場を逃げ切るつもりなんですのねぇ。いつものことですわぁ~~。

僕はレンゲさんをすばらしい女性だと思っているんですよ。だからこそ、こうして2年近くもレンゲさんと“心の恋人関係”が続いているんじゃありませんかぁ。。。

それって、絶対に逃げるために言ってるんですよね?

レンゲさんだって僕の気持ちが分かっているでしょう。。。僕はレンゲさんを心から愛しているんですから。。。

そう言うところが、わざとらしいんですわ。日本人の男性はそう言う事を口に出しませんわ。

だから僕は国際人だと言っているでしょう。。。へへへ。。。国際人になるとね、僕のように恥ずかしげもなく、愛している女性に向かって、はっきりと“愛している”と言う事が出来るものなんですよ。

でも、そう言われたからって、ロマンチックな気分になって、デンマンさんの言ったことを水に流すことなんてできしませんわああああ~~

それは分かりますよ。何せ、初めに生パンツが出て来ましたからね。あまりロマンチックな気分の話題ではありませんよね。うへへへへ。。。。

あたし、。。。なんだか、馬鹿らしくなってきましたわ。。。こういうお話ならば、あたし帰らせていただきますわぁ~。

ちょと、ちょっとォ~~。。。。レンゲさん、。。。帰ってしまっては困りますよ。まだこの記事は書き始めたばかりなんですからね。待ってくださいよォ~~

デンマンさん、手をお放しになってくださいなぁ~~。

手を握っていませんよ。ウェブカムで話しているんですよ。レンゲさんと僕の間には太平洋が横たわっているんですよ。どうして、僕がレンゲさんの手を握って引き止めることが出来るのですか?

デンマンさん、そのような舞台裏のことは言わないでくださいな。せっかくその気になって、デンマンさんのお相手をしようと思っているのに。。。んも~~

分かりましたよ。それで。。。何が言いたいのですか?

だから、どうして男の人って生パンツを盗むのですかぁ~?

男がすべて生パンツを盗むものだと思わないでくださいよ。この事件の男はちょっと特別なんですよ。

そうでしょうか?

だって、そうでしょう?この事件がなぜ面白いのか?

なぜですの?

分かりきった事でしょう?こんな事をすれば、警察に捕まる事が目に見えている。でも、それだけの危険を冒しながら、この男は、女の子にはイタズラするわけでもなく生パンツだけを奪って逃げてゆく。そこが、どこかマヌケと言うか。。。へへへ。。。どことなく、憎めない可笑しさを記事を読む人に感じさせる。でしょう?

でも、どうして生パンツを盗むのですか?

だから、それを説明するために、このページのトップにハスの花を載せたんですよ。



生パンツとハスの花がどうして関係あるのですか?

レンゲさんは、この古代ハスを見て思い出すことはないのですか?

そう言えば、デンマンさんに連れられてハスの花を見に行った事がありましたわね?

そうですよ。古代ハスのふるさとーー行田市ーーそれは僕のふるさとでもあるんですよ。僕が生まれた町です。忍沼(おしぬま)のほとりをレンゲさんと一緒に散歩した時、レンゲさんは、きれいに咲いているハスの花を見つけたんですよね。ちょうど、上の写真のように沼の畔(ほとり)に咲いていたんですよ。

そうでしたわ。とてもきれいでしたわ。

“あらっ。。。きれい。。。” レンゲさんは、そう言うと沼のすぐそばまで歩み寄って、しゃがみ込んでしみじみとハスの花を眺めていたものですよ。普通の女性ならば、それだけなんですよ。でもレンゲさんは好奇心旺盛な女の子だから、ハスの花を手にとった。

そうでしたわ。あたし、どのような匂いがするものかと思って。。。

そうなんですよ。レンゲさんはハスの花の匂いを香水の匂いでも嗅ぐように、しみじみと嗅いでいましたよ。

でも、ハスの花と生パンツが関係ありますの?

そのハスの花の代わりにレンゲさんを置くと次のようになりますよ。



あたしが、どうして下着姿なのですか?

だから、もしレンゲさんがこのような姿で池の畔に立っていたら、絶対に男の目をひきつけますよ。レンゲさんを自由にする事が出来るなら、ちょうどハスの花をレンゲさんが手にとって匂いを嗅いだように、男もレンゲさんをじっくりと鑑賞したいと思いますよ。

あたしの匂いを嗅ぐと言う事ですか?

そうですよ。一体レンゲさんはどのような匂いがするものなのだろうか?僕だって興味がありますよ。。。でも、レンゲさんを裸にして匂いを嗅ぐわけにはゆかない。

それで、生パンツを代用にして生パンツの匂いを嗅ぐ、と言う事ですか?

そうですよ。

でも、それって“生パンツフェチ”でしょう?

しかし、男には誰でもそのような欲望はあるものですよ。つまり、好きな女性の匂いを嗅いでみたいと思うものです。僕だってレンゲさんの匂いを嗅いでみたい。でも、それが出来ないのでレンゲさんが身に着けている生パンツがレンゲさんの代用になる。つまり、生パンツがFetishになると言う事ですよ。

デンマンさんは、本当にあたしの匂いを嗅いでみたいのですかぁ~?うふふふふ。。。

それは喜びの笑いですか。。。?それとも軽蔑の笑いですかああ?

多分、その両方だと思いますわ。。。でも、あたしにはそのような。。。

しかし、実際に、きれいなハスの花が咲いているのを見た時、レンゲさんは沼の畔に歩み寄り、ハスの花を手にとって匂いを嗅いでみた。。。そうですよね?

それはそうですけれど、男性の生パンツなんて。。。

確かにね、上の事件の犯人の男をレンゲさんに変えて、女子学生を男子校生にしたら、かなり面白い場面になりますよね。レンゲさんが男子校生徒に近づいてナイフを突きつけ、“生パンツを脱ぎ~な! はようせんかい” こんな事を言ったら、可笑しな喜劇になってしまいますよね。うへへへ。。。。

アホらしいわぁ~。。。

でもね、女性だって、Fetishismが理解できない事はありませんよ。阿部定さんが予審調書の中で次のように言ってますよ。


女が男のモノをすごく好きになるのは世間にざらにあると思います。

早い話が女が刺身を好かなくとも亭主が好けば自然と好くようになり、亭主の留守に枕を抱えて寝たりする事は良くある事と思います。
自分の好きな男の丹前の臭いをかいで気持ちを悪くするような女がありましょうか。
好きな男が飲み残した湯呑の湯を呑んでも美味(おいし)いし、好きな男が噛んだものを口移しで食べても美味(うま)いと思う事もよく世間にあります。

『自伝・阿部定の生涯 その6』より


男の丹前の匂いを嗅いで好きな男を偲んだことが定さんにもあるんですよ。この場合ならば丹前が好きな男の代用品になる。つまり、Fetishになって、その丹前があたかも好きな人のように感じられる。

つまり、デンマンさんは、生パンツも好きな人の代用になるのだとおっしゃるのですか?

そういう場合もありますよ。ただし、この犯人の男は生パンツマニアになってしまった。これは完全なFetishistですよ。それを身につけている女性よりも、生パンツの方に強い性的刺激を感じるようになってしまった。だから、女子高生には目もくれずに、生パンツだけを持って逃げてゆく。本人はごく真面目なんですよ。でも、正常な感覚を持っている人には、この場面は喜劇ですよ。

でも、デンマンさんだって、あたしよりも生パンツの方が良いのでしょう?

馬鹿なことを言ってもらっては困りますよ。僕は、生パンなどよりもレンゲさんの方がいいですよ。僕がたとえばですよ、レンゲさんを襲ったとしても生パンツだけ持って逃げるような真似はしませんよ。

そうでしょうか?デンマンさんは次のように書いていましたわ。


変わっていると言えば、あなたは長風呂ですねェ~。

そうですかあ?

そうですよ。一時間ぐらい風呂に入っている人は居ないわけじゃないですよ。でも、あなたの場合は2時間ですよ。

2時間も、お風呂に入っているわけではありませんわァ。

だから、僕は心配になったんですよ。

なぜですの?

なぜって、決まっているじゃないですか!1時間たっても出てこない。僕はあなたがのぼせて、ひっくり返っているんじゃないかと思ったんですよ。

ひっくりかえったのなら声を出しますわァ。

だから、どうしているのかなと思うじゃないですか。それで、僕は気になって見に行ったんですよ。そしたら。。。。

あらっ、見たんですの?

見たんですのって、あなたはバスルームのドアを開けっぱなしでしたよ。

湯気が立ちのぼってバスルームに一杯になると私はのぼせてしまうんですよ。だから少し開けておくんです。

だったら、換気扇を使えばいいじゃないですか?

あのブーンという音がイヤなんですのよ。

とにかくあなたは変わっていますよ。風呂に入ったあとで変わった美容体操をするのですね?

あら、見ましたの?

見ましたのって、見えますよ。ドアが開けっ放しなんですからね。

ノックすればいいじゃありませんか?

だって、半分以上開いていたんですよ。だから僕は、てっきりあなたがもう出て、買い物にでも行ったのかと思いましたよ。そしたら、あなたは鏡の前で裸のまま逆立ちしているんですよ。

どうして声をかけてくださらなかったのですかァ~?

かけられませんよ。僕は、もうびっくりしましたよ。見てはならないものを見たと思いましたからね。声をかけると、お互いに気まずい思いをするのではないかと思ってね。

それで、ずっと見ていたのですか?

いや、別に見る気はなかったのですよ。。。

でも、見ていたのですね。。。?

み、。。見る、。。。見る気は、。。。なんと言うかあァ、。。。。でも、そういうことになりますよね。へへへへ。。。。ああいうものはいつでも見られるというものではないですからねェ。

どうして声をかけてくださらなかったのですか?

だから、言ったでしょう。声をかけられませんよ。僕は度肝を抜かれてしまったんですから。。。びっくりして、金縛りにあってしまいましたよ。あなたのようなきれいな人が素っ裸で逆立ちしているのですからね。

イヤですわァ~。。。見せたくないものを見られてしまって。。。んっも~~。

だから、そういうところが、ちぐはぐだと言うんですよ。見られるのがイヤなら、ドアを閉めておけばいいじゃないですか?あなたほどの知性のある人が、あのようなうかつな真似をするのですからねぇ~、僕は半ば呆れてしまいましたよ。

デンマンさんが見るとは思いませんでしたもの。。。。

僕だって、見たくて見たわけじゃないんですから。。。。

それで、どの辺までご覧になったのですか?

どこまでって。。。そうですねェ。へへへ。。。逆立ちして両脚を左右に目一杯に広げるところも見ました。 あなたは良く、あんなことができますねェ~~。体がものすごく柔らかいんですねェ~。僕は驚きましたよ。。。って言うかああああ、感心させられましたよ。

いやですわあああ、ふんとにモォ~~。

それで、どうしてああいう変わった美容体操をするのですか?

最近運動不足ですから。

しかし、何も風呂場で逆立ちすることはないじゃないですか?あぶないですよ。ところで、日本ではああいう体操が、最近はやっているのですか?

別に、はやっているわけではありません。私は高校の時に体操部に居たんですよ。それで、あんな風に。。。。

レンゲさん、とにかく、あなたはたくさんの思い出を作ってくれましたよ。風呂場の逆立ちは一生忘れられない思い出になりましたよ。

それわああ、楽しい思い出ではありませんてばあああ。。。デンマンさんは、そう言いながら内心ではあたしのことを馬鹿にしているんやわァ。菊ちゃんのエピソードを話したあとで、このようなあたしの恥ずかしい事をわざわざ書いている事が何よりの証拠ですわ。

違いますよ。僕は別にあなたをケナしているのでも、馬鹿にしているのでもありませんよ。実際、僕は、風呂場のドアを開けっ放しにしたまま、あなたが素っ裸で逆立ちしているのを見て、ものすごく感動したんですよ。

どうしてですか?

どうしてって、あんなことをする女性は僕の思い出す限りこれまでに誰も居ませんでしたよ。

つまり、風変わりな女だと言いたいのでしょう?あたしはサーカスの見世物のような女だと言いたいのでしょう?

ほら、そうやって必要以上に、自分が馬鹿にされていると思い込もうとする。あなたの良くない所ですよ。

だってぇ~、そうじゃありませんかァ~、デンマンさんはそう思っているのでしょう?

違いますよ。バスルームのドアを開けたまま、あのようにして逆立ちするということは、僕を信頼しているから出来るのだと僕は感じたんですよ。その信頼を裏切ってはいけない、と僕は何度も自分を戒めたものですよ。僕が言おうとしていることが分かりますか?

いいえ、そのような回りくどい言い方ではあたしには分かりませんわ。

つまりね、あなたはとてもきれいで魅力的な人なんですよ。それに若いし、ピチピチ、ムチムチしているし。。。ジューンさんが豊胸の持ち主だとあなたは言ったけれど、レンゲさんだって、結構大きな形のいいオッパイしているんですよ。しかも、着やせするタイプのあなたは、腰のあたりがむっちりして、あなたが逆立ちして両脚を広げたときなど、僕はもう目が離せませんでしたよ。心臓が張り裂けてしまうかと思うくらいドキドキしてしまって、。。。僕の言いたいことが分かりますかァ~?

いいえ、分かりません、はっきりとおっしゃってください。

僕はあなたが思うほど聖人君子ではないんですよ。だから、きれいな女性の裸を見れば、当たり前に欲情もするのです。しかも、菊ちゃんは絶対に見せようとしなかった桜の花びらを、レンゲさんは両脚を広げた時に惜しげもなく開いたチューリップのようにして見せてくれたんですからね。



あたしはデンマンさんに見せようとして、ああしたわけではありませんてばあああ~~。

とにかく、僕が10歳若ければ、あなたに飛びついて行ったかも知れませんよ。

どうして飛びついてこなかったのですかァ?

『愛することに目覚めて』より


このようなことがあったのですわ。デンマンさんも覚えているでしょう?

もちろんですよ。でもね、僕がなぜレンゲさんに飛びついていかなかったのか?それはね、レンゲさんの人間としての尊厳と女としての誇りを傷つけたくなかったからですよ。レンゲさんを心の恋人として愛しているからこそ、そのような無謀で衝動的で乱暴な事は出来なかったのですよ。

でも、あたしは、女としての魅力に欠けているのではないのか。。。?そう思って、かなり落ち込んだのですわ。。。だって、デンマンさんは、ジューンさんには馴れ馴れしくしてフレンチキスまでするくせに、あたしとデンマンさんは一緒に暮らしていたのに、お休みのキスさえしてくれなかったのですよ。

だから、お休みのキスをするようにしたでしょう?

それ以上のことはしませんでしたわ。

もちろんですよ。不倫になってしまいますからね。

でも、“心の恋人”として愛していると、デンマンさんはあたしに何度もおっしゃっているではありませんか?

そうですよ。だから、心の恋人として愛していますよ。

いいえ、デンマンさんはあたしよりも生パンの方がいいのですわ。

どうして、急に生パンツを持ち出すのですか?上のエピソードにもレンゲさんの生パンツは出てこなかったでしょう?

でも、デンマンさんは先日の記事の中で次のように書いていましたわ。


レンゲさんのような女性が身に着けているパンティーなら、僕も興味がありますから、風呂場に脱ぎ捨てたものがあれば、僕はそれを手にとってしみじみと眺めたり、匂いぐらいは嗅いでみるかもしれませんよ。

『生パンツ強盗に思う事。。。』より


確かに、そう書きましたよ。

あたし、それを読んで思い当たる事があったのですわ。

僕がレンゲさんの生パンツを盗んだと言うのですか?

盗みはしませんでしたけれど、あたしがお風呂に入ると決まってパンツがありませんでしたわ。

それはね、僕が片付けたんですよ。レンゲさんはね、風呂から出て着替えのパンツをはくと、どういうわけか身につけていたものを風呂場のシンクの脇に置きっぱなしにするんですよね。

だって、デンマンさんは言ってくれませんでしたわ。

7つや8つの女の子じゃないんだから、言われなくても分かると思っていましたよ。それに、そのような事を言うと、レンゲさんの“女のたしなみ”が無い事を注意するようで、もしかするとレンゲさんの“女の誇り”を傷つける事になるのではないか?。。。僕はそう思ったから黙っていたんですよ。

。。。それで、あたしの生パンツの匂いを嗅いだりしたのですか?

もちろんですよ。

いややわああああ。。。。

いやなら、洗濯機の中に投げ入れておけばいいじゃないですか?僕にとってレンゲさんの生パンツは、きれいに咲いているハスの花のようなものなんですよ。だから手にとってしみじみと眺めて結構楽しませてもらいましたよ。へへへ。。。

いやですわあああ。。。。

なんですねぇ~~レンゲさんは可愛いパンティーが好きなんですねぇ~。花模様だとか、水色やピンクのポルカドットだとか、スヌーピーが描いてあるものとか。。。ローティーンの女の子がはくようなパンティーですよね。

そんな事まで覚えているのですか?

だから言ったでしょう?レンゲさんの生パンツは、僕にとって、きれいに咲いているハスの花のようなものなんですよ。

デンマンさんが、あたしに注意しなかったのは、きれい事を並べ立てましたけれど、本当はあたしのパンツが見たかったからですか?

うへへへ。。。レンゲさんも知っていながら、わざとシンクのそばに脱ぎ捨てて置くのかと僕はかんぐったほどですよ。

デンマンさんは、もしかして生パンツマニアではありませんの?

それは違いますよ。僕はレンゲさんの生パンツには興味がありますが、見ず知らずの女性のモノまで奪う気にはなりませんよ。そのような人のことを生パンツマニア、つまりFetishistと言うんですよ。

なぜ、見ず知らずの女性の生パンツを。。。。?

なぜなら、見ず知らずの女性の生パンツを盗む男は、女性を愛する事が出来ないからそうするのですよ。あるいは、女性を愛する事が出来なくなってしまったんですよ。。。つうかああ、女性を愛する事に失望したんでしょうね。だから、代用の生パンツを愛してしまう。女子高生に襲いかかっても、本人よりも、代用の生パンツの方に惹かれてしまう。

どうしてですの?

生パンツの方に、もっと強い性的刺激を感じてしまう。つまり血の通っている生身(なまみ)の女性との恋愛経験は苦(にが)いものばかりだった。それで失望してしまった。残っているものは生パンツに感じる性的刺激だけになってしまった。

それで、生パンツを。。。?

そうです。生パンツの方に、より強い刺激を感じるので女子高生には目もくれずに生パンツを盗んで逃げてゆく。つまり、銀行強盗に入って、お金を盗まずに、女子行員の生パンツを盗むようなものですよ。うへへへへ。。。。

デンマンさんは、長々と説明してくださったのですけれど、簡単に言えば、そう言う事になるのですか?

そうですよ。僕は、この事が言いたかったわけですよ。本末転倒になってしまっているんですよ。お金目当てが女子行員の生パンツではね。うへへへへ。。。では。。。またね。。。

ちょっとどころか、かなり馬鹿馬鹿しいですけれど。。。とにかく、そういうことのようですので、今日も楽しくネットサーフィンしましょうね。





ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、ためになる関連記事

■ 『デンマンのブログを削除した管理人に対する公開抗議文とその面白い顛末』

■ 『日本は軍国主義への道を歩んでいるのでしょうか?』

■ 『2ちゃんねるは世界のネットのために貢献できるか?』

■ 『日本のネットではありませんよ! 世界のネットです!』

■ 『日本の皇室はどうあるべきでしょうか?』

■ 『一体、日本は良くなるの?』

■ 『どうして、こうも犯罪が増えている?警察はホントに駄目になったの?』

■ 『日本人に欠けているものは?』

■ 『日本のネットで迷惑を振りまいているウツケ者たち』

■ 『国際化・グローバル化とはあなたにとってどのようなものですか?』

■ 『日本 ☆ 日本人 ☆ 日本社会 ☆ 比較文化論』



じゃあ、今日も元気に

楽しくお過ごしくださいね。

スポンサーサイト



テーマ : それでいいのか日本国民
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

次郎

  • Author:次郎
  • 次郎の徒然ブログへようこそ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2006/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Hit Graph

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Follow Me
Twitter
ブログ内検索
RSSフィード
リンク