性と愛の渇(かわ)き。バツイチの嘆き。



性と愛の渇(かわ)き。


バツイチの嘆き。
 
 






不安と期待に満ちたその日



青い空はわたしの誇り
どんなに高い木よりも
果てしなく高く青い空
驚きとあこがれのまなざしが
わたしの翼を輝かせる

赤く熱い太陽を
わたしは誰よりも知っている
地響きとともに地面をふみしめ
決して舞い上がることのない彼らには
太陽は、月は、星は、
どんなにか遠いんだろう

そしてわたしは夢をみた
薄い色の空に数え切れないほどの
どこかをめざすかのように
列をなして飛ぶものたちのすがたを
わたしにはかなわないほどの
力強く舞い上がる険しい瞳を

不思議な気持ちが
明日の明日のもっと先へと
わたしを連れて行ってくれる
不安と期待に満ちたその日を予感する

by レンゲ




『奇跡の翼、未来へ』より


デンマンさん。。。、また、あたしの詩を持ち出してきて古傷に触れるのですわね?

レンゲさんは、どうしてそのように被害妄想の先入観に囚われてしまうのですか?僕は何度も言っているように、レンゲさんを“心の恋人”として心から愛しているんですよ。。。僕のいとしい心の恋人を悲しい想いにさせるなんて僕には考えられないことですよ。できませんよ。第一、上の詩から、僕はレンゲさんの希望を感じますよ。何かをじっと期待している。。。何かすばらしいことを予感している。

いいえ。デンマンさんは。。。、そう言いながら。。。きっと、あたしを悲しませるような事をまたおっしゃるのですわ。

上の詩はレンゲさんを悲しませるために持ち出してきたのではありませんよ。全く逆ですよ。上の詩を書いた頃の希望を思い出してくださいよ。


赤く熱い太陽を

わたしは誰よりも知っている


こうして、レンゲさんは熱い希望を抱いていたんですよ。レンゲさんが誰よりも良く知っている。。。、と言うこの熱い太陽とは、レンゲさんのこれまでの数々の恋愛遍歴の果てに、やっと見出すことのできる本当の愛ですよね。そして、その愛とは、レンゲさんと僕が、このようにして詩を通して触れ合うことのできる心と心の触れ合いですよね。。。

(レンゲさんは、僕を見詰めたまま無言です)

さまざまな恋愛や不倫を経験して、悲しみ、落ち込み、打ちひしがれたとは言え、レンゲさんには依然として16才の乙女の頃の熱い期待と夢が今でも残っている。そして夢を見る。


そしてわたしは夢をみた

薄い色の空に

数え切れないほどの

どこかをめざすかのように

列をなして飛ぶものたちのすがたを

わたしにはかなわないほどの

力強く舞い上がる険しい瞳を


レンゲさんは、このように舞い上がることが好きなんですよね。そしてついに、レンゲさんは“夢のバンクーバー”で舞い上がってしまった。それで、書いたのが次の手記ですよ。


冗談ぬきで、舞い上がるような

いい気持ちです。


2004-8-16 19:46



ご苦労様、ありがとうございます。
バンクーバーでのわたしは、
デンマンさんにエスコートされて、
のびのびした表情をしていますね。
ここ大阪では考えられません。

あたしの精神年齢は32歳ですか?
大人ですね。
昔から思索にふけることが
多かったのですが、
そういった時に、
わたしは大人に
なれるのかもしれません。

でも、妄想にふける
中学生のわたしもいますが。
もうひとつ言えば、
不安にさまよう
4歳のわたしもいます。

わたしの詩・・・
(自分では自慰行為と呼んでいますが)
人に見せるのも、
まして批評していただけるなんて、
全く初めてだったんです。

デンマンさんが感想を書いて下さって、
冗談ぬきで、舞い上がるようないい気持ちです。
ネットで公開してよかった・・・

デンマンさんは少々わたしのことを、
買いかぶっておられるんじゃないかと、
少し不安です。

わたしがデンマンさんの“心の恋人”足り得るか・・・
いつか、ガッカリさせてしまうのではないかと、
自分自身の内面を省みて、心配になっています。

それにしても、わたしは幸せ者ですね。
この、“夢のバンクーバー”で、
わたしはデンマンさんを独占してしまったのですから
本当にありがとうございます。

質問の方もできるだけ早く、残りをお答えしますね。

by RENGE

『次元の違いとは端的に言うと』より


どうですか、レンゲさん。。。冗談抜きで、レンゲさんはこうして舞い上がったんですよね。 僕とレンゲさんは“心の恋人”として、こうして心と心が触れ合い、しっかりと結びついている。うへへへへ。。。そうですよね?

(レンゲさん、半ば呆れながら。。。) デンマンさんって本当に幸せな方ですのねぇ~。 そうやって、何もかも自分の思うように解釈して、それで幸せそうなお顔をしてあたしにお説教するのですわね。

僕はレンゲさんに説教しているわけではありませんよ。こうして詩を持ち出してきてレンゲさんのすばらしさを讃(たた)えているんですよ。

そうやって、取って付けたようなことをおっしゃって、あたしの心をくすぐろうとなさるのですか?あたしを持ち上げて、この場をうまく切り抜けようとなさるのですか?。。。また、ヒヨルのですか?それって、コスイですわぁ~。

違いますよ。。。違いますよ。。。僕は前にも言いましたよ。あのね。。。、平均的な女性はね、仕事に追われ、生活に追われ、“ほんとうの愛”なんて、考える心のゆとりがありませんよ。生活にやつれていて、そんな“夢のような愛”があるなんて、もうとっくの昔にあきらめてしまっていますよ。せいぜいヨン様の映画を見て日頃のウサを晴らしている程度ですよ。詩を書くなんて気持ちになれないし、詩を書くなんてことは、全く無駄なことだと思っている人がほとんどですよ。詩を書いたところで、生活の足しにもならない。馬鹿馬鹿しいことだと思っている人がたくさん居ますよ。

つまり、あたしが、そのような馬鹿馬鹿しい事をやっているとデンマンさんはおっしゃりたいのでしょう?

ほらね。。。、レンゲさんはね、わざと、必要以上に、自分が馬鹿にされていると思い込んでいる。。。いや、思い込もうとしている。。。でも、レンゲさんだって僕の思いが分からないわけじゃないんですよ。。。でしょう?

いいえ、デンマンさんが、なんとおっしゃろうとも、きっと、またあたしを悲しませるのですわ。

今日は絶対に、レンゲさんを悲しませるようなことは言いませんよ。

でも、この記事に、とってもイヤらしいタイトルを書いたじゃありませんか! あたしには、とってもイヤぁ~な予感がしますわぁ~~。

このページのトップに書いたタイトルは、レンゲさんとは直接には関わりのないことです。今日はね、僕の悩みをレンゲさんに聞いてもらいたいと思っているんですよ。

ええっ。。。? デンマンさんの悩み。。。ですかぁ~? デンマンさんに。。。デンマンさんにも。。。悩みがありますのォ~?

もちろんですよ、ありますよォ~。僕だって、レンゲさん同様に不完全な人間ですからね。完璧でない以上、欠陥もあるし、欠点もあるし、短所もあるし、悩みもありますよ。

それで。。。それで。。。あたしに聞いてもらいたい悩みって。。。どういうことですの?

僕は5月27日に、ある女性からメールをもらったんですよ。とりあえず、読んでみてくださいよ。



Subj: 雄二さん、覚えているでしょうか?洋子です。
Date: 27/05/2006 10:13:34 PM Pacific Daylight Time
From: happyhapyy4156******@yahoo.co.jp
To: barclay1720@aol.com
Sent from the Internet


吉沢さんから雄二さんのメールアドレスを教えてもらいました。

驚いたと思いますが、私は半年ほど前に主人と離婚しました。
いろいろありましたが、もともと性格が不一致だったのでしょうね。
別れるまでの3年間はセックスレスで主人との交渉は一度もありませんでした。

離婚してからしばらくの間、落ち込んでいましたが、何時まで気にしていても始まらないので、人生をもう一度やり直したい気持ちでいます。
主人とは見合いで結ばれましたが、私は高校時代から雄二さんのことが好きでした。
でも、雄二さんには好きな人が他に居るようでしたので、私は思いのうちを打ち明けなかったのです。

これまでにも雄二さんのことをたびたび思い出しては懐かしんでいました。
こんな事を書くのは、とてもお恥ずかしいことですけれど、
主人に抱かれていた頃も、心の中では相手が雄二さんであることを想いながらエッチしていたのです。
そうでないと、あたしにはイケないのでした。

でも、そんなある晩、私が無我夢中でイッテしまった時に雄二さんの名前を口にしたと主人が言うのでした。
雄二さんとの浮気を疑われ、それが離婚の一つの原因でもありました。
もちろん、雄二さんにその責任をなすりつけるつもりはありませんが。。。

たまたまクラスメートの吉沢さんに会ったら、雄二さんがまだ独身だと聞いたので、
このメールを出す決心がつきました。

できたら雄二さんに会って私の心の悩みを聞いて欲しいと思います。
もし、迷惑でなかったら、ぜひお返事ください。
今の私は雄二さんに会いたい気持ちでいっぱいです。

では、お返事をお待ちしています。


デンマンさんは、やっぱりあたしを悲しませようとしていますわ。

違いますよ。僕はレンゲさんを悲しませようとしているわけではありませんよ。第一、このメールはレンゲさんとは関係ないものですよ。

いいえ、関係ありますわ。この洋子さんはデンマンさんのことを想いながらご主人に抱かれたからイッタと書いていますわ。あたしは。。。、あたしは。。。デンマンさんのことを想いながら洋ちゃん抱かれてもイケないんです。。。だから、。。。だから。。。デンマンさんは、今度は洋子さんのメールまで持ち出してきて、あたしの想像力が貧困だと言いたいのですわ。。。あたしのイマジネーションが不足しているので、あたしが洋ちゃんに抱かれてイケないんだと。。。デンマンさんは、そうおっしゃりたいのですわ。

それは、レンゲさんの考えすぎですよ。

いいえ、考えすぎではありませんわ。デンマンさんは英文の記事まで引用して次のように書いていましたわ。



Women fall into 'trance' during orgasm



The key to female arousal seems rather to be deep relaxation and
a lack of anxiety, with direct sensory input from the genitals
playing a less critical role.

This suggests that for men, the physical aspects of sex play
a much more significant part in arousal than they do for women,
for whom ambience, mood and relaxation are at least as important.

Men find it more important to be stimulated on the penis than
women find it to be stimulated on the clitoris.

"What this means is that deactivation, letting go of all fear and
anxiety, might be the most important thing, even necessary, to have
an orgasm," Dr. Holstege said.

Times Online June 20, 2005
(ロンドン発行のタイムズ紙 2005年6月20日の記事より)


つまりね、fear and anxiety、心配事だとか、気になることを抱えていると女性はイケないと言っているんですよ。僕に言わせてもらえれば、レンゲさんは無意識のうちに“下つきの女は淫乱だと言われているんですよ。性的に無軌道で手に負えない女だと言うことですわ”という事を刷り込まれている。このことがメンタルブロックになっている。だから、清水君の前では“淫乱な女”であると思わせるような反応を無意識のうちに見せないようにしている。“性的に無軌道で手に負えない女”であると思わせるような反応を見せないようにしている。このメンタルブロックがレンゲさんのイクことにブレーキをかけている。これがレンゲさんが清水君に抱かれてイケない事の説明ですよ。僕には、このこと以外に考えられませんね。

そうでしょうか?。。。で、あたしはどうすればよいのでしょうか?

だから、このページのトップに引用した詩があるでしょう?

あたしの書いた詩がどうだとおっしゃるのですか?

その詩の中で書いたように、何もかも忘れて自己を愛の中に埋没させて相手を愛することですよ。全感覚で愛することですよ。レンゲさんにはできるんですよ。できることを僕は知っている。だから、レンゲさんにも、このような詩が書ける。それが何よりの証拠じゃないですか!

『性愛と官能の秘訣』より


つまり、デンマンさんは、あたしに洋子さんのように、何もかも忘れて、デンマンさんのことだけをただ一筋に想って。。。一途に想って。。。そのようにしてイキなさい、とおっしゃりたいのですわ。洋子さんが、そのようにしてイッテいる事をわざわざあたしに見せ付けているのですわ。

それもレンゲさんの考えすぎですよ。僕は、レンゲさんが清水君に抱かれてイケない事をこの記事で書こうとしているわけではありませんよ。僕の悩みをレンゲさんに聞いて欲しいと言っているんですよ。

だって。。。、だって。。。洋子さんはデンマンさんのことを想ってイッタと書いていますわ。だから、去年の夏あたしがデンマンさんのお部屋で抱かれたように、洋子さんもきっとデンマンさんにたびたび抱かれたのですわ。だから、デンマンさんのことを想うだけでイケるのですわぁ~~。

それは、レンゲさんの妄想ですよ。

だって。。。だって。。。洋子さんは上のメールの中で書いていますわ。

レンゲさんが僕の言うことを最後まで聞かずに、勝手に想像を膨(ふく)らませてしまっているんですよ。僕の悩みを聞いて欲しいと言っているでしょう?

だって、洋子さんは、はっきりとデンマンさんのことを想ってイッタと書いていますわぁ~~。

僕はね、この洋子さんという人を知らないんですよ。

ええっ。。。? 知らないって。。。それは、。。。それは。。。一体どういうことですの?

僕の名前はAkiraですよ。雄二ではありませんよ。

つまり。。。つまり。。。人違いということですか?

そうですよ。メールアドレスは間違いなく僕のものですよ。しかし、この洋子さんは、間違った僕のメールアドレスを知らされたようです。すぐに分かったようで、翌日次のようなメールを送ってきましたよ。



Subj: 雄二さんの事でメールした洋子です。
Date: 28/05/2006 11:13:20 PM Pacific Daylight Time
From: happyhapyy4156******@yahoo.co.jp
To: barclay1720@aol.com
Sent from the Internet


何のメールだろうと、思われたでしょうが…。
ごめんなさい、アドレスを間違えてメールをしたみたいなんです。
本当にごめんなさい。
教えてもらったアドレスが違っていたようです。
barclay1720@aol.comはあなたのアドレスですものね?
本当に申し訳ありません。。
削除して下さい。

失礼します。


それで。。。それで。。。デンマンさんの悩みとは。。。?

僕はね、こういうメールは以前にも、もらったことがあるんですよ。たいてい、いたずらか悪ふざけなんですよ。まともに付き合っていたら、時間を無駄にするだけなんですよ。

それで、何がデンマンさんの悩みなのですか?

僕は、このようなメールは無視することにしています。たいてい初めの1通で終わるんですよ。洋子さんのように“間違いました。。。”、なんて書いてよこした人はこれまでに一人として居ませんでしたよ。

それで、何が問題なんですの?

ところが、この洋子さんは、よせばいいのにまた僕にメールを書きました。ちょっと読んでみてくださいよ。



Subj: 度々のメールでごめんなさい。洋子です。
Date: 29/05/2006 9:04:54 PM Pacific Daylight Time
From: happyhapyy4156******@yahoo.co.jp
To: barclay1720@aol.com
Sent from the Internet


しつこくメールをしてしまってごめんなさい。

雄二さんと言う男性に8年間ほど思いを寄せていたのですが…。
アドレスも違っていた事で、連絡の手段も無くなってしまいました。

これは、そういう運命なのだと思い、彼の事は諦めたんですが。
離婚したばかりで、独身の今の私には心の支えが無くって…。

これも何かの縁だと思い、私と友達になってくれませんか?
ご迷惑になるのは嫌なので、無理にとは言いません。

ですが、前のメールで私自信の事を知られしまった事が恥かしくて…。
このまま引くに引けなくて。
離婚の原因は私の浮気ですし。
お見合だったので、流されて結婚してしまったのもあって、主人に対して不満は多かったんです。
主人に内緒で8年間浮気を重ねてきました。

今では年齢的にそこまで活発でも無いですし、出会いもありませんし。
こんなメールですら運命だと思ってしまう程、淋しい現状にあります。

私としては、お友達になれたのであれば、会う事を前提としてメールしたいです。
異性だと思えば尚更なのが本心です。
もちろん、すぐに会うのは何かと不安でしょうから、将来的にはと言う考えですが。

可能であれば、どちらにお住まいか教えて下さい。
県とか市でかまわないので。
近所だったり、お会いするのに可能な場所でしたらお返事したいと思ってますから。
それでは、お待ちしています。


それでデンマンさんは、あたしに何を聞きたいと。。。?

だから、女性としてレンゲさんの考えを。。。このような気持ちになるものですか。。。? 5月27日に初めて僕にメールをよこしたわけですよね。僕が雄二さんだと思ってね。その翌日には、間違いだと分かって謝罪のメールをよこした。それで、普通なら終わるのに、その翌日に、お友達になってください、とメールをよこす。僕は、全く無視して返信さえ書いていない。それなのに、僕をお友達にしたいという。

洋子さんは、初めからデンマンさんのことを知っているのですわ。どうしても、デンマンさんとお友達になりたいのですわ。

レンゲさんもそう思いますか?実は僕もそうじゃなかろうか。。。?と、思ったんですよ。

どういうわけで?

この洋子さんは、かなりしたたかな女性だと思いますよ。しかし、自分では頭が良いつもりで、このように恥ずかしげもなく書いているけれど、やっぱりオツムが足りないところがありますよ。

どうして、そのようなことをおっしゃるのですか?

僕は、洋子さんに一度も返信を書いていない。このメールアドレスを持っている人物が男なのか女なのか洋子さんには分からないはずなんですよ。それにもかかわらず次のように書いている。


私としては、お友達になれたのであれば、会う事を前提としてメールしたいです。
異性だと思えば尚更なのが本心です。
もちろん、すぐに会うのは何かと不安でしょうから、将来的にはと言う考えですが。


どうして僕が男だということが分かるのですか?

だから、洋子さんは、あたしとデンマンさんの記事を読んでいるのですわ。デンマンさんの記事には『レンゲのフォーラム』へのリンクがたくさん貼ってあります。その掲示板へ行けば、デンマンさんのメールアドレスを簡単に見つけることができますわ。

。。。うん、確かにレンゲさんの言うように僕のメールアドレスを見つけることはできますが。。。

洋子さんは、間違いだと装(よそお)ってデンマンさんと話のきっかけをつかもうとしたのですわ。

どうして、洋子さんは、そういうことをするのですか?

だから、デンマンさんと仲良くしたいのですわ。あたしの“心の恋人”であるデンマンさんを、あたしから奪おうとしているのですわ。

まさかぁ~~?

いいえ、絶対そうですわ。だって。。。だって。。。ぬけぬけと次のようなことを書いているんですよォ~。


主人に抱かれていた頃も、
心の中では相手が雄二さんであることを想いながらエッチしていたのです。
そうでないと、あたしにはイケないのでした。


しかし、この雄二さんというのは僕ではないんですよ。

でも。。。でも。。。、初めから雄二さんと言う人は居ないんですわ。これはデンマンさんのことなんです。

まさかぁ~~?

そうですわ。あたしに対して嫌がらせをしているのですわ。あたしが洋ちゃんに抱かれてイケない事を知っていて、こういうことを書くのですわ。んも~~

なぜですか?

だから、デンマンさんのことを想うとイケルという事をデンマンさんに伝えようとしているのです。自分がイケる女だと言うことをデンマンさんにアピールしているのですわ。そこまでしてデンマンさんの気を惹いて、何が何でもデンマンさんとお友達になりたいのですわ。あたしから、デンマンさんを奪い取ろうとしているのですわぁ。ふんとにも~~

まさかぁ~~?

いいえ、絶対にそうですわぁ~。あたしよりも自分の方がデンマンさんにふさわしい女だと信じているのですわぁ~。それで。。。、それで。。。あたしに取って代わろうとしているのですわぁ。。。あたしを押しのけて、デンマンさんと心の恋人になって、ゆくゆくはデンマンさんに抱かれてイキたいと思っているのですわぁ~~。あたしにも、その気持ちがすっご~♪~く分かりますわぁ~。

ちょっと。。。ちょっと。。。レンゲさん。。。、いくらなんでも、それは飛躍のし過ぎではありませんかぁ~。そこまで想像をたくましくして考える必要はありませんよ。

でも。。。、でも。。。デンマンさんだって悪い気持ちではないのですわぁ~。こうしてわざわざ、あたしに自慢するかのように洋子さんのメールを見せているのですわぁ~。まるで、あたしが洋ちゃん抱かれてイケないことをあざ笑うかのようにィ~。。。

僕はそのようなつもりで。。。

いいえ、絶対にそうなんですねん。デンマンさんは、あたしを捨てて、洋子さんに乗り換えようとしているのですわぁ~。

違いますよ。

そうですってばああああああああ~~!んも~~

【ここだけの話しですけれどね。レンゲさんが感情的になると、そのうち河内弁が飛び出してくるんですよ。そうなるとね、とても、ここでは書けないような、すっご~♪~い卑語・隠語・俗語が飛び出してくるんですよ。そういうわけですからね、ひとまずここで区切ることにしますよ。中途半端ですけれど、この続きはぜひとも明後日に読んでくださいね。レンゲさんの話はますます面白くなりますよ。これまでの話を読みたい人はリンクを貼っておきましたから、ぜひ読んでくださいね。】

       
レンゲさんの愉快で面白い、そして悩み多い日々は
次のリンクをクリックして読んでください。

■ 『レンゲさんのこれまでの話を読みたい人のために。。。』

■ 『レンゲさんの愛と心のエデン』



レンゲさんをもっと知りたい人は。。。。

■ 『女探偵ふじこが試みたレンゲさんの素行調査』

■ 『“愛の正体” と “レンゲのテーマ”』

■ 『不倫の悦びと苦悩』

■ 『レンゲさんのように苦境から立ち上がった女 ー グロリア・スタイナム』

レンゲさんの写真を見たい人は。。。

■ 『レンゲさん、あなたは実はメチャ美人なんですよ!』

スポンサーサイト

テーマ : Sexとココロとカラダのバランス
ジャンル : 心と身体

プロフィール

次郎

  • Author:次郎
  • 次郎の徒然ブログへようこそ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2006/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Hit Graph

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Follow Me
Twitter
ブログ内検索
RSSフィード
リンク