愛と性のはざまに揺れて。。。



愛と性のはざまに揺れて。。。
 


なんだかとても素敵なお部屋ですわァ。広々として。。。デンマンさんがバンクーバーに居る時にはいつもこのお部屋でくつろぎますの?

そういうことです。

あたしも、こんなお部屋で暮らしたいわあああ。。。

レンゲさんの部屋は狭いんですか?

そうですねん。東大阪の高井田ですねんけど、4畳半と6畳のアパートですねん。そこに、ごてごてと、いろんなものが置いてありますさかい。。。メチャ狭いんですねん。。。あたしのお部屋と比べると、ここは本当にパラダイスやわあああ。。。それに、すごく眺めがいいですわァ~。。。すてき~。。。あたしのお部屋からは、工場の壁しか見えへんねん。

日本は狭い国だから仕方がないでしょうねぇ~。

デンマンさん、あの海は、もしかして太平洋ですかァ~?

そうですよ。。。バラード・インレットがここから太平洋に続いているんですよ。

なんだかすっご~く広々として、あたしの気持ちまでがおおらかになってゆくようですわアアア。。。

そうですかァ~。。。それは良かった。。。。いつまでも狭いアパートに閉じこもっていては、ますます落ち込んでしまいますからね。レンゲさんの境界性人格障害がなかなか治りませんよ。

あたし、このお部屋でデンマンさんと暮らしていいんですのォ~?

せっかくバンクーバーまでやってきたのだから、自分のマンションだと思ってのんびりすごしてくださいね。

あらァ~、のんびりしちゃって、いいんですのォ~? (満面に笑みを浮かべて、潤(うる)んだ瞳でデンマンを見つめる)。。。本当にィ~?

(デンマン、鼻の下を少し伸ばして、デレ~となる。。。) エヘへへ。。。どうぞ、どうぞ、。。。

だったら、ちょっと失礼して。。。(レンゲさん、立ち上がると、まるで誰も見ていないかのようにスカートを脱いで上の写真のような姿になって完全にくつろいでしまう。。。デンマン、度肝を抜かれて口をアングリ開けたまま、ただ呆然とレンゲさんを見詰める。。。)

あらァ~、あたし、デンマンさんの前でスカートを脱いでしまうのは、まずかったのかしらあああァ~。。。。

いえ、。。。あのォ。。。そのォ。。。何と言うかあァ。。。。暑いですからね、かまいませんよ。。。(デンマン、生唾【なまつば】をゴクリと飲み込んで目を丸くしたまま、更にレンゲさんを見つめる。。。)

やっぱり、まずかったですよね。。。うふふふ。。。

いや、そんな事ナいっすよ。。。くつろいじゃってかまわないですよ。。。レンゲさんのマンションだと思って、気ままにしてもらっていいですよ。。。。今日はちょっとムシムシ暑いですよね。 (デンマン、心にもないことを言う。バンクーバーはスカートを脱いでしまうほど暑くなる事は決してない!)

大阪の夏はムシムシするので、いつも一人でくつろぐ時には、あたし、パンツとT-シャツだけなんですねん。

分かりますよ。日本の夏は蒸し暑いですからね。へへへ。。。(でも、デンマン、かなりドギマギしています。)

あたし、。。。はしたないでしょうか?

いや、そんな事はないですよ。レンゲさんがその姿のほうがくつろげるのなら、僕に異存はありませんよ。

ご迷惑だとは思いますが、よろしくお願いします。。。じゃあ、ついでだから、あたしのお部屋を見せていただこうかしらァ~?。。。デンマンさん、いいですかァ~? 

も、。。。もちろんですよ。。。僕がうっかりしていましたよね。 へへへへ。。。

じゃあ、お願いします。

(そういうわけで、デンマン、レンゲさんをベッドルームへ連れてゆく。) ここはね、娘のミドリが使っていた部屋ですよ。現在、日本に留学しているんですよ。。。。

あら、可愛いお部屋ですわァ~。。。。すてき~~。。。(そう言いながら、レンゲさんはブーツを脱いでシャツまで脱いでしまう。)

。。。(無言) 。。。 (ちょっと度が過ぎると思いながら、目をむき出して見ているが、デンマンはびっくりしたままで声も出ない。あっけにとられて見つめている。)

(その姿で、まるでプールに飛び込むようにレンゲさんはベッドにジャンプする。しばらく泳ぐようにしてスプリングの具合を調べてから、仰向けになって、デンマンを見る。)



(^Д^)ギャハハハハ。。。

 。。。(無言。。。デンマン、完全に度肝を抜かれてしまう。)。。。

あらァ。。。、あたし、ちょっと、調子に乗りすぎちゃったかしらあああ。。。。ゥフフフ。。。 

いや、。。。あのォ~。。。何と言うかァ、。。。今日は蒸し暑いから、。。。ですよねぇ、。。。ベッドの上でも、つい、泳ぎたくなってしまいますよね、へへへへ。。。(デンマン、かなり無理をして、痙攣するような笑いを浮かべる)

あたし、なんだか、デンマンさんに初めてお会いしたような気がしないんですのよ、ついつい、調子に乗ってしまって、ごめんなさい。

いや、いいんですよ。僕も、そのビキニ、。。。つうかあああ。。。もう何度も見たような気がしますよ。。。へへへ。。。

いいえ、これ、あのォ~、。。。ビキニではありませんわァ。うふふふ。。。あたしのパンツとブラですねん。

ああ、そうですかァ。。。それにしても、ぴっちりとくっついちゃってぇ~、。。。なんと言うか、見ごたえがありますよね。へへへへ。。。。

いやですわァ~、デンマンさんに、そんなに見つめられて、なんだかとっても恥ずかしいですわァ~。


夢のバンクーバー

2004-8-16 19:46


ご苦労様、ありがとうございます。
バンクーバーでのわたしは、denmanさんに
エスコートされて、のびのびした表情をしていますね。
ここ大阪では考えられません。

あたしの精神年齢は32歳ですか?
大人ですね。
昔から思索にふけることが多かったのですが、
そういった時に、
わたしは大人になれるのかもしれません。

でも、妄想にふける中学生のわたしもいますが。
もうひとつ言えば、
不安にさまよう4歳のわたしもいます。

わたしの詩・・・(自分では自慰行為と呼んでいますが)
人に見せるのも、まして批評していただけるなんて、
全く初めてだったんです。

denmanさんが感想を書いて下さって、
冗談ぬきで、舞い上がるようないい気持ちです。
ネットで公開してよかった・・・

denmanさんは少々わたしのことを、
買いかぶっておられるんじゃないかと、
少し不安です。

わたしがdenmanさんの“心の恋人”足り得るか・・・
いつか、ガッカリさせてしまうのではないかと、
自分自身の内面を省みて、心配になっています。

それにしても、わたしは幸せ者ですね。
この、“夢のバンクーバー”で、
わたしはdenmanさんを独占してしまったのですから
本当にありがとうございます。

質問の方もできるだけ早く、残りをお答えしますね。

by RENGE

『次元の違いとは端的に言うと』より


デンマンさん、10日ほど前にも“夢のバンクーバー”の事を書きましたよ。すっかり同じじゃありませんか?どうしてまた同じものを書くのですか?

レンゲさんが上の投稿を書いたのは、一昨年の夏なんですよね。月日の経つのが本当に早く感じられますよねェ~~。

そのこともデンマンさんはすでにおっしゃいましたわァ~。

そうでしたか。。。なぜ、また書いたかというとね、僕が書いたオリジナルの“夢のバンクーバー”は、上の話よりももっとエロい話だったんですよ。

そうでしたわ。あたしも覚えています。

そのオリジナルの“夢のバンクーバー”は、レンゲさんが上の手記を書く2、3日前に書いたんですよ。探してみたのだけれど、その時書いた記事がどうしても見つかりませんでした。レンゲさんが実際にバンクーバーにやって来たのは、上の手記を書いてから1年たってからですよ。つまり、去年の夏だったんですよね。

そうですわ。それで、どうしてまた上のお話を持ち出したんですの?

おととい、レンゲさんの愛と性について話をしました。


どうしても、幼児的なふれあいへのあこがれが、
この年になると、イコールセックスになるんやわあ。

『愛とセックスは、もちろん、違いますよね?』より


レンゲさんにとっての“幼児的なふれあい”への憧れというのは、実はお母さんとの“スキンシップ”なんですよね。不幸にもレンゲさんにはお母さんとの、このような心温まる思い出が無かった。つまり、レンゲさんは母親とのスキンシップを全く感じないで大人になってしまったんですよね。そういうわけで、レンゲさんの場合にはセックス=スキンシップ=愛というような図式になるんですよね。

そうです。そのつもりで言ったんです。

レンゲさんが小さかった頃、お母さんとのスキンシップが全くなかった。この事を語らずに愛=セックスと言うと、誤解を招く事になると思うわけですよ。

そうなんですか?



レンゲさんの頭の中では、こんな図式になるんですよ。愛とセックスが重なるように近づいている。全く矛盾なく受け入れられているんですよねぇ~。でもね、平均的な人にとって愛イコールセックスというのは、ちょっと飛躍ですよ。むしろ下の図のように離れていますよ。



重なる部分があるけれど、同じではない。レンゲさんの場合には2つが重なるほどに接近してしまう。そして、寂しくなるとレンゲさんは決まってこの “幼児的なふれあい” を求めるように心が動いてしまう。16才の時に坂田さんに抱かれてサクラの花びらを散らしたのは、まさに 


セックス=スキンシップへの憧れ=愛 


。。。これだったんですよ。

それで、“夢のバンクーバー”とどのような関係があるのですか?

オリジナルの話がもっとエロいものだっただけに、僕はこの話がレンゲさんに一体どのように受け止められるだろうか?。。。と、いろいろと思いをめぐらせたものですよ。

それで。。。?

レンゲさんは、好意的に受け止めてくれたんですよね。それが、レンゲさんの書いた手記の中に表現されているんですよ。


夢のバンクーバー

ご苦労様、ありがとうございます。
バンクーバーでのわたしは、denmanさんに
エスコートされて、のびのびした表情をしていますね。
ここ大阪では考えられません。


上の僕の話は、人によったらイヤらしい話と受け取る人も居ると思いますよ。早い話が、この上のイラストをエロいと感じる人も居ると思います。中にはポルノだと決め付けてしまう人が居るかもしれない。

そう思う人も居るのでしょうか?

もちろんですよ。愛とセックスが別物だと感じている人ほど上の話をエロいモノ、ポルノがかっていると感じるはずですよ。レンゲさんが、そう感じないのは愛とセックスが限りなく近づいているからですよ。

そうなんですか?

僕がそのことを実感できたのは去年の夏のあの出来事ですよ。




大人の皮をかぶった

4歳児


2004 09/23 21:05 編集 返信

> rengeさんも、
> 心をたくさん遊ばせてあげてね。

これなんですよ。

わたしなんて大人の皮をかぶった4歳児なもんで、

周囲から大人であることを強要されているようで、

つねに息苦しさを感じています。

子供と本気で遊ぶのっていいですよね!

わたしも大好きです!

遊んであげているんじゃなくて、

いっしょに遊んでいる、

自分が原点に戻れて、ほっとします。

わたしも、何か“心を遊ばせてやれる”ことを探します。

by レンゲ


レンゲさんは8才の女の子に戻るとほっとするわけですよ。そうでしょう?

ええ、確かにそういう時ってあります。

去年の夏、僕の部屋にやって来た時のレンゲさんは8歳の女の子になりきっていたんですよ。

あたしは8歳の女の子になったつもりで、このような格好をしたのではありませんわ。

格好はどうであれ、あなたは怖い夢を見て眠れなくなったと言って僕の部屋に入って来たんですよ。

だって、実際そうだったんですもの。。。

でもね、レンゲさんは、もうすぐ30才になるんですよ。子供が一人や二人いたっておかしくないんですよ。そういう女性は、本来なら怖がる子供を抱き寄せて、“怖がることはないのよ”と言って慰めてあげる立場にあるんですよ。 

分かっています。

でもね、レンゲさんは“怖い夢を見て眠れない。 だから、一緒のお部屋に居させてくれ” と僕に言ったんですよ。

つまり、あたしは8歳の女の子になりきっていたとおっしゃるのですね。

愛する女である前に、レンゲさんは“幼児的なふれあい”を求めていましたよ。甘えたい、愛されたい。可愛がってもらいたい。そういうレンゲさんでしたよ。

『愛と性を見つめて。。。』より


僕は8才の女の子をハグしていた。頬擦(ほおず)りしたりキスしたり、。。。レンゲさんは8歳の女の子になりきっていましたからね、僕は妙な気分でしたよ。でも、そういうレンゲさんのことが実に可愛いと思いましたよ。。。だから僕は8歳の時の娘を可愛がるようにあなたを可愛がっていた。。。そんな気持ちでしたよ。。。あなたは、なかなか僕を離さない。20分か、30分か、。。どのくらいあなたをハグしていたか、はっきりとは分からないけれど、気づいたら、あなたはトランス状態なんですよ。

あたしには、良くそういうことってあるんです。

僕はヨガもやるし、禅をやった事もありますがねぇ、精神をよほど“集中”しても“空”にしても肉体的な快楽の極地に到達する事って出来ないですよ。僕の修業が足りないのかもしれません。。。。でも、レンゲさんは僕にハグされて。。。頬擦りされてキスされて。。。可愛がってもらっているだけで。。。イッてしまったんですからね。。。

デンマンさん、そんな風に見つめないでくださいな、。。。火照(ほて)ってしまいますわアアア。。。。

あの時の図式はレンゲさんのオツムの中では セックス=スキンシップ=愛 だったんですよ。レンゲさんは8歳の女の子になって僕の腕の中でハグされていたけれど、レンゲさんの中の熟女は頭が真っ白になってトランス状態になっていたんですよ。その熟女が翌日次のような詩を書いたんです。





あなたと交わした愛



2005/08/19

あなたの全てがいとおしい

そのまぶたをくちびるで愛撫する

くちびるから全身にしびれるような

熱い波がひろがっていく

あなたをつつむやすらぎの光

おだやかな時がいつまでも流れていく

あなたに出会い

そして愛し合う

こんなに強く抱きしめた腕

ふたりは確かに結ばれて

身も心もとけあう

あなた ・ ・ ・

いとしいひと ・ ・ ・

あの出会いからわかっていた

夕べのしじまの中で

あなたと交わした愛が

とこしえに続くことを

愛している

今朝はすべてが澄み切って

誰にもじゃまはできない




(『あなたと交わした愛』より)


つまり、熟女の心の中では僕にハグされて感じたスキンシップがトランス状態の中で“愛”になり、それが上の詩になってレンゲさんの“幼児的なふれあい”への憧れを満たしているんですよ。

デンマンさん、かなり無理してこじつけているのではありませんか?

そんな風に聞こえますか?でもね、僕は上の詩の中で熟女に愛されている男が僕だと思い込むほどうぬぼれてはいませんよ。

熟女が愛していたのはデンマンさんではないのですか?

8才の女の子は僕に甘えているだけでしたからね。。。。

では、あたしの中の熟女は、一体誰を愛していたのですか?

レンゲさんとずっと幸せに暮らすはずだった坂田さんですよ。へへへ。。。。



あたしは坂田さんの面影を追い求めていると。。。?

僕はそう思いますよ。レンゲさんは16歳当時坂田さんにすべての希望を見出していたはずですからね。


わたしの胸には、愛情はない。

だって教わってないから。


2005-08-13

わたしは生まれた時から、
必要な愛情をあたえられなかった。
両親ともに、
こんなめんどくさい生き物の
ニーズなんて考えもしない。

わたしはいつも見捨てられてきた。
わたしの胸には、愛情はない。
だって教わってないから。

by レンゲ

『デンマンさんが私のことをグロリア・スタイナムに似ていると』より



教育という名を借りた虐待

2005 03/16 11:00 編集 返信

わたしは、今よりも脆い心を、成長させて強く正しく明晰に育てていく段階で、大人たちの無知?ゆえに、教育という名を借りた虐待によって育ち、そのツケを自分自身で払わなければならないのです。

苦しいです。
そして、悔しくて、無念です。
自分に備わっていたであろう可能性を、幼少期につぶされたのだと大人たちをうらんでいます。

でも、恨んでいるだけでは、前には進めないということに気が付いてからは自分で自分を慰め、過去の傷を癒す努力をしています。

確かに自分で勝手に信じた相手からの、裏切り?行為にたいして、裏切られた・信じていたのに・・・などと言うのは、自分の思い込みによる信頼の、真相を知ることだと思います。

わたしは未だに、この寂しさのせいで容易に人を信じます。
相手をまず疑ってみることなど、考えられないのです。
世間はそんなに甘いものではないのでしょうが、どうしても信じてしまいます。

それで、つらい思いを何度もしているのに、学習能力がないのかも知れませんね。

by れんげ

『わたしは未だに、この寂しさのせいで容易に人を信じます』より


この状態から救ってくれるのは坂田さんだけでしたからね。レンゲさんの頭の中には幼児の頃からお母さんの愛情を受けていないと言う“見捨てられ感”がある。可愛がってもらえなかった。愛されていなかった。 受験校に入学したレンゲさんには“教育という名を借りた虐待”が待っていた。勉強しなさい、と言われる。自分の好きな事など何も出来ない。させてもらえない。これでは、レンゲさんも息が詰まりますよ。でしょう?

そうです。デンマンさんだって、そう思うでしょう?

その頃の坂田さんは離婚していて一人住まい。以前から可愛がってくれていた坂田さんのところに遊びに行くのが、レンゲさんにとって唯一の慰め。。。つうかああァ~、癒しだったんですよねぇ。時には坂田さんのために夕ご飯を作ってあげた。レンゲさんには、。。。なんつうかあああ。。。こういうけなげで、大人びたところもあった。。。へへへ。。。

どうして、そこで笑うのですかあああ~?

つい、レンゲさんの言った言葉が思い出されてきたんですよ。

何のことですのォ?

僕はレンゲさんに尋ねたんですよ。坂田さんの腕に抱かれてサクラの花びらを散らした時はどのような気持ちでしたかとね。。。そしたら、レンゲさんは言ったものです。


あたしは心の中で期待していました。

だから、抱かれた時は正直言ってうれしかったです。


デンマンさんは、あたしが文字通り“据え膳”を用意したとおっしゃるのですね?

レンゲさんはねぇ~、僕の言おうとする事をこのようにすぐに感知してしまう人なんですよ。とにかく知能指数が140もあるんですからねぇ~。あなたは頭のいい人なんですよォ~。へへへ。。。

デンマンさん、その“へへへへ。。。。” という笑い方は、。。んも~~。。。どうにかなりませんかあああ?

ゥヒヒヒヒ。。。の方がいいですか?

デンマンさん、ふざけないでくださいなあああ。んも~~。。。あたしはデンマンさんとふざけるためにこうして自分の“恥部”を晒しているのではありしませんねん。

分かってます、。。分かってますよ。。。僕が少し悪乗りしたようです。。。でもね、僕はレンゲさんの気持ちも、坂田さんの気持ちも分かるような気がするんですよ。

どういうことですの?

つまり、教育ママゴンが “勉強しなさい、勉強しなさい” と監視している“愛のない”息が詰まってしまうような生活の中で、レンゲさんにとって坂田さんのところに遊びに行くことが唯一の救いだったろうと思うわけですよ。坂田さんにとっても離婚の痛手を受けた身に、レンゲさんの心遣いがありがたかったことでしょう。“幼な妻”のようにせっせと、かいがいしく夕ご飯を作ってくれるゥ。僕にも良く分かるんですよ。




料理なんか全くしなかったレンゲさんだったけれど、僕がなすびのバルサミコマリネって何って言ったら、じゃあトマトのバルサミコマリネ作ってあげますね、と言って作ったのがこれでしたよね。

そうでした。写真まで撮ってたんですね。

そうですよ。僕はどんなイタリア料理が出てくるのかと思って期待していたんですよ。

そしたら、ボールにバルサミコ酢とはちみつを入れて混ぜ合わせ、そのなかにトマト、イチゴ、ブルーベリー、プルーンを入れ、軽く混ぜ合わせて2~3時間おいて出来上がりなんだよね。

そうですよ。

実は僕はバルサミコマリネって知らなかったんだよ。そしたら、レンゲさんが言ったもんだよね。あら、デンマンさんでも知らないんですの?バルサミコ(balsamico)はイタリア語で芳香性の意味ですよ。白ブドウの液を発酵・熟成させて作るんですよ。イタリアの伝統的なお酢ですよ。。。なんちゃってね。僕は改めてレンゲさんの知性的なところを見たと思いましたよ。

でも、ちょっとでもイタリア料理のことを勉強すれば、このぐらいのことは常識ですよ。

とにかくさ、レンゲさんがね、トマトのバルサミコマリネだけじゃなく、僕のために一生懸命料理を作ってくれてさ、僕は感激しましたよ。バンクーバーにやってくるまで料理らしい料理は全く作らなかったと言ってましたからね。

そうですよ。あたしはお薬だけスニッて、だらだらと毎日を無為に過ごしていたこともありました。でも、昔はこれでもお料理していたこともあったんです。すこしでもデンマンさんにも知って欲しかったんです。

『不安で寂しいからと言って死んでは駄目ですよ』より


僕が感動したように、坂田さんだって感動したはずですよ。

それをデンマンさんは“据え膳”とおっしゃるのですよね。あたしが何もかも計算して坂田さんの腕の中で桜の花びらを散らしたと。。。そうでしょう?。。。そう思っているんでしょう?

そこまで言うつもりはありませんよ。僕はただ。。。レンゲさんと坂田さんが抜き差しならない関係になることは、むしろ自然な流れのように思えるという事が言いたかったまでですよ。

そういうことなら、“据え膳”だなんて嫌な言葉を持ち出して欲しくありませんわ。

わかりました。レンゲさんが気になるのなら言いません。とにかく、僕にはレンゲさんが“幼児的なふれあい”を求めて坂田さんの腕に抱かれたくなる気持ちが分かりました。でも、レンゲさんが思っていたほど世の中は甘くなかったわけですよね。

そうですねん。 

3ヶ月もたたないうちにお母さんに分かってしまう。逆上して坂田さんのアパートに怒鳴り込んで行った。お母さんにしてみれば、離婚した男が身近に居た高校1年生の女の子に手をつけたと思うから、当然許せない。

あたしは学校を辞めて坂田さんと結婚するとまで言ったのですけれど、母は全く取り合ってくれませんでした。

それはそうでしょう。かなりの教育ママだったようだから、そのようなことを言ったら、ますます逆上したでしょうね。

そんなわけで、あたしと母の間はますますこじれてしまいました。坂田さんはアパートを引き払って、もっと小さな独身用のアパートに移りました。あたしは、すぐに住所を突き止めて家出して同棲したのですけれど、2週間もしないうちに見つけられて連れ戻されました。そういうことが3度か4度重なり、学校でも問題になって、結局、辞めさせられて私立高校に移ることになりました。

そういうことでしたよね。。。。それで坂田さんの次はどのような人が登場してくるのですか?。。。と僕はレンゲさんに尋ねた所でおとといの記事は終わっていたんですよね。

デンマンさんが、余計な事をいろいろと持ち出してお話しするから、いつだって、こうして尻切れトンボになってしまうんじゃないですかあああ。。。ったくゥ~~。。。

余計な事ではありませんよ。バルサミコマリネだって、レンゲさんの事をもっと良く知るには必要な事なんですよ。だから、僕は引用したんですよ。

でも、結局振り出しに戻ってしまったじゃありませんかあああ~。

だから、そういう事だってありますよゥ。レンゲさんの事をもっと良く理解するためだから、これを読んでいる人だって文句はないと思いますよ。

そうでしょうか?

そうですよ。。。そういうわけだから、レンゲさんの次のお相手のことについては明後日に話しましょうね。 

仕方ありませんわあああ。。。

(あなたと、ここだけの話しですがねぇ、この話の続きは、ますます面白くなりますよ。どうか期待して待っていてくださいね。もっとレンゲさんのことが知りたいのなら、下にリンクを貼っておきましたからぜひ読んでくださいね。)

       
レンゲさんの愉快で面白い、そして悩み多いバンクーバーの日々は
次のリンクをクリックして読んでください。

■ 『レンゲのバンクーバー紀行』



バンクーバーから戻ってきたレンゲさんの新しい悩みは次のリンクをクリックして読んでください。

■ 『夢のバンクーバー“後記”』
 
レンゲさんをもっと知りたい人は。。。。

■ 『レンゲの悩みの数々。。。本当にわたしは悩みの宝庫です。。。』

■ 『“愛の正体” と “レンゲのテーマ”』

■ 『不倫の悦びと苦悩』

レンゲさんの写真を見たい人は。。。

■ 『レンゲさんのスナップ写真集』

■ 『レンゲさん、あなたは実はメチャ美人なんですよ!』
スポンサーサイト

テーマ : 婚外恋愛
ジャンル : 恋愛

プロフィール

次郎

  • Author:次郎
  • 次郎の徒然ブログへようこそ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
12 | 2006/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Hit Graph

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Follow Me
Twitter
ブログ内検索
RSSフィード
リンク