FC2ブログ

でも、不倫は、やっぱり永遠のテーマですよね。



でも、不倫は、やっぱり

永遠のテーマですよね。




愛が人類の永遠のテーマであるならば、

不倫もやはり永遠のテーマでしょうね。

だから、いまだにボヴァリー夫人は

不倫を扱った世界の名作です。


レンゲさんも、そう思うでしょう?

ええ、そう思います。でも、あたしは『ボヴァリー夫人』の印象ってそれ程強くないんですよ。いつだったか、そのことについて書いたらデンマンさんからボロクソに言われましたわ。

僕がボロクソに言いましたか?

クソミソでしたわァ~、。。。ふんとにィ~。。。

レンゲさん、僕を睨(にら)み殺すような目つきで見ないでくださいよォ~。 なんだか背筋のあたりが寒くなってきましたよゥ~。 ウゥ~~さむゥ~~

大げさですわァ~。

確かにレンゲさんが『ボヴァリー夫人』の感想を書いていましたよね。


甘えと寂しさから始まった不幸な「性的恋愛経験」だけはたくさん持っている。
しかしどの経験もレンゲさんの人間的な素質や尊厳も高めるものとはなっていないんですね。
この未熟な恋愛によって「捨てられると予感して」心の痛みを感じたことが繰り返されてきたのですね。
レンゲさん自身がそう語っているんです。

そして、この不幸な性的恋愛の破綻に学ぼうとしていない!
だから、このような書評だけしか書けないんです。



ボヴァリー夫人  
カテゴリー 海外文学       
著者名 フローベル
投稿日時 2004/09/04 17:19

それほど好きな小説ではないのですが、
なんとなく思い出しました。

あらゆる小説の中の人物で、
だれが一番リアリティをもって描写されてるか?
と、いう問いに、
だれかが「ボヴァリー夫人」の主人公が一番だ
と言っておられました。
それは、ふかーく納得。

それにしても、この小説の主人公は
世間知らずのおヴァカさんだと思いました。
結婚するまえに、
もっといろいろ世間のことを見ておかなきゃ!
結婚してから、他の男に初恋してどーすんねん。

すいません。あんまりおもしろくなくて、
印象も薄いもんで・・・


この時のレンゲさんには、自分も「おヴァカさん」であることが見えていなかったわけです。
レンゲさんが、もし、これまでの不幸な性的恋愛の破綻に学んでいたら、
12月のBLOGに書かれているような「破綻」も招いてはいないんです。
「甘えと寂しさ」から始まるレンゲさんの「性的恋愛」は長く続くことはないんです。
それを本人は「人間的恋愛経験」だと勘違いしている。
彼女のBLOGを読むとこのことが実に良く表現されています。

そして、これまでの僕に対する投稿にもはっきりと書いているように
「おヴァカさん」であることを認めているんですよね。

分かっているのに、なかなか実行できない。
一口で言えば、タバコを止めたいと思う人がタバコを止められないのと全く同じ理由です。
意志が弱いことに尽きる。
しかも、レンゲさんの場合には常に甘えと寂しさが付きまとっている!

この不幸な苦味を伴った「性的恋愛経験」が、現在、人間関係にまで影響を与えているわけです。
それで、デンマンに「善意」を感じて近づいては来たものの、
デンマンに「切り捨てられるという予感を感じる」と
実際そうなって心の痛みを感じる前にレンゲさんは離れてゆく。
レンゲさんが言っているように、心の痛みを感じたくないからなんですよね。

もちろんこれまでの投稿を読んでもらえば分かるとおり、デンマンはレンゲさんを切捨てはしません。
レンゲさんにとって、デンマンとの関係は、
これまでに経験したことのない「人間関係」だから全く理解できないんですよね。
デンマンのような人間に出会ったのは全く初めての経験なんです。
つまり、レンゲさんの人生経験が未熟であるということに尽きるんですね!

不幸な「性的恋愛経験」だけしか知らないんです。
その中でまともな「対話」を持った経験がないんです。
だから、相手の気持ちが分からない!
彼女のBLOGを読むと実に良く分かります。

レンゲさんの、この「心の痛み」の原点は何か?
「不幸な愛の無かった家庭」なんです!
これはレンゲさん自身も理解していることです。
彼女のBLOGを読んでください。

こういうことがレンゲさんにはすべて分かっている。
分かっていながら、なぜ不幸な関係を繰り返すのか?
「対話」がもてないことに尽きるんですよ。


親と5年ほど会ってない。
話もしてない。


これがレンゲさんの恋愛関係・人間関係の破綻の原点です。
現在デンマンと対話がもてないことも、このことに尽きるんですね。
「対話」の拒絶!
でも、気を紛らわせる程度には、この掲示板できわめて短い投稿の交換をしています。

『立ち上がろうと努力しているのが良く分かりますよ!』より


デンマンさんはあたしの事をずいぶんとクソミソに言ってましたわねぇ。

そうですか?

そうですか?じゃありませんわあああ。。。あたしはずいぶんと傷ついたんですよォ~~。

そのことを僕に言えばよかったじゃありませんか?

よう言えしませんやったァ。

どうして?

落ち込んでましてん。

僕に何も言えないほど落ち込んでいたんですかァ?

そうですねん。

対話がもてないほどにィ~?

そうですねん。

対話が重要だという事は知っているでしょう?

もう耳にタコが出来るほどデンマンさんから聞かされました。でも、その気いになりしませんねん。

実はね、Mikiさんから22日にWABLOGで書いた記事(『不倫は、もう飽き飽きしましたか?』)に次のようなコメントをもらったんですよ。


不死身のdenmanさん、また書き込みさせてください。

不倫をすると家庭崩壊がはじまる!とdenmanさんは記事に書いておりますが、本当にそうでしょうか?

夫婦生活では、信頼の木をたくさん植え、大きな森にしていく事が大切だとはなしている人がいましたよ。
一本の木が、嘘の木で枯れたとしても、大きな森だったら再生ができるよ!と

信頼の大きな森を作っているから、denmanさんの家族はカナダと日本で離れて暮らしても家庭崩壊が起こらないような気がします。

信頼の木を増やすには、夫婦の会話が何より大切だと思います。
相手の性格を観察したり、相手が何を求めているのか、なぜこんな行動をするのか、会話からいろいろな情報が得られると思います。

夫婦関係だけではないと思いますが、対話が必要なんですね!

また書き込みさせてくださいね!

by miki 2005年12月22日 10:37


分かるでしょう、レンゲさん。。。Mikiさんも対話が大切だと言っているんですよ。

分かります。。。でも、なかなかその気になれしません。

レンゲさんは結局僕と対話を持つことが出来たじゃないですか。

それまでに、あたしはずいぶんと努力をしたんです。
 
その同じ努力をお母さんに対して持つことは出来ないのですか?もう6年近くも会っていないんですよね?

それを言わないでくださいな。あたしの母はデンマンさんのようにあたしの事を理解しようとしないんです。

だから、レンゲさんがお母さんの事を理解しようとすればいいじゃないですか? 

言うはやすし、行うは難(かた)し、なんですわああああ。。。。

ちょっとしたきっかけなんですよ。。。。レンゲさんがメンタルブロックを壊さないからなんですよ。いつまでも小さい頃のままの母と娘ではないんですよ。レンゲさんから電話をかけたらどうですか?

まだ、素直にその気持ちになりしません。

そうですか。。。まだ、考える時間が必要なようですね。その間にMikiさんが書いてくれた前のコメントに答えようと思いますよ。


パワフルdenmanさん、こんにちわ!
毎日楽しく読ませて、いただいております。

境界性人格障害の症状をみていると、
今問題になっているストーカー、ニート、依存症などこの境界性人格障害が
もとにあったんですね!
もしかしたらこの頃の凶悪事件もこの障害が関係しているのかもしれませんね!

denmanさんがこの障害にこだわっている事がわかりました。

家庭崩壊がこの障害を作り出しているのでしょうか?
家庭崩壊をなくすには、どうしたらいいのでしょうか?
精神的に自立した男女が結婚しないために家庭崩壊がおこるのでしょうか?
自立した人間を作るには、何が必要なのでしょうか?

まだまだ聞きたい事があるのですが、また今度にします。
がんばってください!

by miki 2005年12月20日 11:06


家庭崩壊をなくすには、やはりMikiさんが22日のコメントの中で書いたように親子の“対話”でしょうね。



僕はスキンシップが重要だと言いましたが、親子の対話というのはこのスキンシップから始まるものだと信じていますよ。

先ほどバンクーバー時間で22日の午後10時40分(日本時間では23日の午後3時40分)に福井市に住む僕のお客さん(島田のり子:仮名)さんから電話がありました。

仕事の話しは10分程度で済んだのですが、それから午前0時40分まで2時間にわたり話し込みました。何を話したかというと、徳島県で起きた事件の事です。実の母親が8歳の長男と5歳の長女をダムに突き落として死なせたという事件ですよ。この事に絡んで“日本は家庭崩壊が進んでいるんですわあああ~”とのり子さんはまくし立てました。

この福井市に住むのり子さんとは、僕はもう10年近いお付き合いをしています。ご主人を亡くした“有閑マダム”なんですが、常々“最近の日本はどこか狂っている”と口癖のように言っている人なんですよね。ちょうどもってこいの事件が持ち上がったとでも言うように、彼女はよどみなく悲惨な事件の内容を僕に説明してくれました。

実際、どうかと思うような事件ですよね。僕もすぐにネットで調べてみましたが、詳しいことはまだ分かっていないようですね。本当に理解に苦しむような事件ですね。これだけの事しか調べがつきませんでした。


22日午前9時ごろ、徳島県警阿南署に阿南市新野町の主婦の女(41)が「自分の長男と長女をダムに突き落とした」と自首してきた。
同署などが供述に基づき、同市福井町の福井ダム付近を捜索したところ、午後零時20分ごろ、ダム湖に浮いていた長男(8つ)とみられる1遺体を見つけた。
同署などは遺体の身元の確認ができ次第、殺人容疑で女を逮捕する方針。

同署は長女(5つ)の捜索を続けるとともに、女や夫から詳しく事情を聴いている。
女は夫と子ども2人の4人暮らしで、「21日午後に子ども2人を落とした」と供述している。


上のジューンさんの“母子像”をじっくり見てください。僕はこのようにして育てられたんですよ。優しい母親とのスキンシップを充分に感じながら育ちました。だから、最近“母親殺し”という事を良く日本のニュースで聞きますが、僕には全く信じる事ができません。

動物の世界を見てください。実の母がわが子をかみ殺したという事を僕はこれまで一度として耳にしたことがありません。あなたは、そのような事を聞いたことがありますか?

動物の世界では、母親はわが身を犠牲にしても敵に立ち向かってわが子を守るものですよ。

それが、日本では、上の事件に見るように実の母親がわが子をダムに突き落とす。

この事件ばかりではありませんよ。


事件は4年前に起こったのだけれど、つい最近、残忍な殺害を企てた40代の内縁関係のカップルに死刑の判決が下りましたよ。

どういう事件でしたの?

女性の家族6人と男の友人1人をこのカップルは殺害したんです。その殺し方が常識では考えられないような凄惨なものですよ。本当にショッキングな事件でした。感電死させた死体を切り刻んで鍋で煮て、それをミキサーに入れジュースにしてから捨てる。死体なき完全犯罪を行なおうとしたんですよ。このような残酷で猟奇的な発想は家族の絆で固く結ばれていたら、とても考え付かないものですよ。この事件など氷山の一角だと思いますね。

『不倫と家族の絆』より


このニュースは今年の9月僕が日本に滞在している時に耳にしたものです。

このような悲惨な事件が捜せば日本には山とあるんですよね。アメリカ、カナダ、イギリス、ドイツ、イタリア、フランス、。。。それぞれの国の事件を調べてゆくと、日本がどこか狂ってしまっている、としか言いようが無いんですよね。

僕の結論は“家庭崩壊”です。家庭教育の欠如!家庭の“愛”の喪失!

スキンシップと対話がもっと必要なんですよ。

Mikiさんが言っていたように


(心に)信頼の木をたくさん植え、大きな森にしていく事が大切。。。。
一本の木が、嘘の木で枯れたとしても、大きな森だったら再生ができる。。。

信頼の大きな森を作っているから、denmanさんの家族はカナダと日本で離れて暮らしても家庭崩壊が起こらないような気がします。


そうなんですよ!Mikiさん、そう言ってもらえて本当に僕はうれしいですよ。

夫婦の間もスキンシップと対話ですよ!



最近、セックスレスの夫婦が日本では増えているという事ですよね。
あなた、結婚しているんだったら考えた方がいいですよ。
もし、そうなら、(心に)信頼の木をたくさん植え、大きな森にしていく事が大切。。。。ですよ!

そして親子の間にもスキンシップと対話ですよ!



こうしてスキンシップと対話がもてれば、崩壊家庭はなくなるんですよ!
動物の世界を見てくださいね。

のり子さんも言っていました。最近日本ではペットブームらしいですよね。
僕にも理解できますよ。
人間よりペットに癒しを求めようとする、その気持ち!
上のような事件が日本にはたくさん起きています。
日本人の心がすさんでいるんですよね。
一部の日本人は、人よりもペットに癒しを求めるようになってしまったんでしょうね。

のり子さんは、もうずいぶん前から、カナダに移住しようとしています。
10年前からすでに50回を越えるほどカナダにやってきています。
カナダ人の素朴さと、カナダの自然に魅せられているんですよ。

女子大時代の友人がバンクーバーに住んでいる事がのり子さんがカナダに関心を示したきっかけなんですよ。
ところが、移住したいのだけれど、福井では地価が下がったままで、不動産の処分がつかなくて、なかなか移住するだけの条件がそろわないと嘆いていました。
“デンマンさん、ここだけのお話ですけれど、もう心のすさんだ日本には住めませんわ”
そう言うんですよね。

彼女は、そのようなわけで心を癒すために暇を見つけては、マドリッドのプラド美術館、パリのルーブル美術館、ニューヨークのメトロポリタン美術館、レニングラードのハーミテージ美術館(Hermitage Museum)を見て回るのです。そしてバンクーバーの僕のところにも立ち寄って、いろいろな土産話をしてくれるのです。のり子さんは日本画に凝っているのですが、グローバル化の世界で、日本画だけの技術に固執していてはならないという考え方を持っています。世界を見て回りながら日本画にもグローバル化の突破口を見つけようとしているのです。個展を開くと、意欲のあるところを見せていました。

デンマンさん、あたしはのり子さんと比べると何のとりえも無い、くだらない女ですいません。

おおおォ~~、レンゲさん、まだ居たのですかあああ? もう、とっくに帰ってしまったのかと思いましたよ。

いいえ、デンマンさんのお話しを聞きながら、家庭崩壊について考えさせられました。

でもねぇ~~、レンゲさん、上のような悲惨な事件を見れば、レンゲさんの育った家庭は、まだ良いほうなんですよォ~。あなたのお母さんは、あなたをダムに突き落とさなかったんですからね。あなたが18歳になるまで少なくとも面倒を見たんですよ。だからね、母親をいつまでも恨むことは無いんですよ。もう、スキンシップを持つことは不可能だけれど、対話を持つことは出来るんですよ。だから、どうか、お母さんと会う事をじっくりと考えてくださいね。

ええ、考えてみようと思います。

のり子さんが福井市から電話をかけてきたんで、こんな風になってしまいましたが、こういう事もたまにはありますよね。

レンゲさん、そういうわけで、あなたも今日はフラダンスもサモアのダンスも踊る気分ではないでしょうね。だから、踊ってください、とは僕は言いませんよ。
 
でも、どうしても、レンゲさんのダンスを見たい人は次のリンクをクリックして見てくださいね。
『サモアのダンス見てみます?』
サモアのダンスミュージックも聴くことが出来ますよ。






僕が噛み付いたコメントを読みたい人は次のリンクをクリックしてください。

■  『バークレーさんが噛み付いたコメントの数々!』

僕を励ましてくれたコメントは次のリンクをクリックして読んで下さい。

■  『☆ バークレーさんを励ますコメントの数々 ☆』



レンゲさんの愉快で面白い、そして悩み多いバンクーバーの日々は
次のリンクをクリックして読んでください。

■ 『レンゲのバンクーバー紀行』

バンクーバーから戻ってきたレンゲさんの新しい悩みは次のリンクをクリックして読んでください。

■ 『夢のバンクーバー“後記”』

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : *不倫 de 純愛*
ジャンル : 恋愛

プロフィール

次郎

  • Author:次郎
  • 次郎の徒然ブログへようこそ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
11 | 2005/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Hit Graph

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Follow Me
Twitter
ブログ内検索
RSSフィード
リンク