FC2ブログ

レンゲさんと境界性人格障害


あなたは“境界性人格障害”


という言葉を聞いたことがありますか? 


ん? ある? 


でも実際どういう人が


そう呼ばれるのか知ってる?


もしかすると、あなたもこの障害を


患っているかも知れませんよ。






「ヤダあああ~!はなせよゥ~!
ぎゃあああ~ 殺されるゥ~
助けてぇ~~!」

叫び声をあげ、すさまじい力で振り切ろうとする21才の娘(和子)を山形早苗(仮名・45才)さんは羽交い絞めにしながら涙が止まらない。

このようなことは1度や2度ではない。

もう何度となく繰り返されてきたのだ。

「山形ですけど、娘が暴れて死ぬと言っています!
早く来て!」

度重なる110番通報で事情はくどくどと説明する必要はなかった。
パトカーのサイレンがそのうち聞こえてくるだろう。
お巡りさんが助けに来てくれるはずだ。

8畳のリビングはテレビが倒れ、本棚から本が落ちて部屋中に散乱していた。
知らない人が見れば、親子で死に物狂いの大喧嘩をしているように見えるに違いない。


娘の和子さんの病名は境界性人格障害。
これは神経症、精神病、うつ病、そして健康の4つの部分の“境界”に居る人が患う病気です。
症状は、不登校、引きこもり、家庭内暴力、拒食症、リストカットを含む自殺未遂など、多岐にわたっている。

男性よりも女性に患者が多く、たいてい20代前半までに発病します。しかし、30代で発病するケースもある。
この障害に陥ると自分の衝動や欲求をコントロールするのが難しくなります。
また、愛されたい気持ちが人一倍強くなります。
家族や治療者などを、自分を理解してくれると理想化し、思い通りの行動や発言をしないと裏切られた、捨てられたと感じて自傷行為に走ったり、攻撃に転じることもある。

山形早苗さんは当時9歳の和子さんを連れて12年前に離婚しました。
保険の外交員として働き始め、シングルマザーとして生活をやりくりし、やっと一息ついたところで中学生になった和子さんの不登校が始まったのです。
和子さんの成績がよかったので、早苗さんはそれほど心配しませんでした。
学校に行きたくないのなら行かなくっても良いと気楽に考えていたのです。

それでも何とか中学を卒業し、高校も無事におえて大学に入学しました。
しかし、大学一年生のときに調子が悪いといって和子さんは自ら心療内科に通い始めたのです。

その2ヵ月後早苗さんが仕事から帰ると、担当の医師から処方された薬を全部飲んで和子さんが居間で倒れていたのです。
救急車で病院に運ばれた和子さんは、病院に到着したとたん医師と看護師に殴りかかったため、手足をベッドに縛られ投薬のあと紙おむつをあてがわれて監視カメラの下で見守られる事になったのです。
1ヶ月の入院でした。



それから3年間で5回の入退院を繰り返しました。
退院してくると、調子の良い時にはバイトをしたり、家事も手伝うのです。
調子が悪かったり、早苗さんが和子さんの気に触る事を言うと、クルッと振り向いた瞬間に目が釣りあがり、上の写真のような般若(はんにゃ)の顔になって部屋の中のものを手当たりしだいに取っては投げて、部屋中のものを破壊しつくすのでした。

気持ちが落ち着くと、今度は態度がコロッと豹変して、
“ママ、抱っこして~”
と赤ちゃん言葉(子供返り)で甘えるのでした。

早苗さんが今日は大丈夫かと事務所に出社しても、仕事している最中に
“もう死にます。マジだよ”
とメールが入る。

最初の頃はそのたびに早苗さんは仕事を切り上げて帰宅していました。
しかし度重なるにつれて、
“そんなに死にたいなら死ね!”
と思う事もありました。
娘の死は悲しい。でもそこで終わる。
“もう死にます”と脅かされながら仕事をすることに早苗さんは限界を感じてきました。
仕事を止め、娘に付きっきりになったら、親子ともども破滅だと思う今日この頃なのです。


デンマンさん、DEMPA55さんの事が、やっと終わったと思ったら今度は和子さんのことですかァ?

和子さんのことではありませんよ、今日はレンゲさんの心の問題について語りましょう、と思っているんですよ。

デンマンさんは、あたしを晒し者にしたいのですか?

その事では、これまでにレンゲさんと何度も話し合ったではないですかあああ。。。僕はレンゲさんを晒し者にしていませんよ。確かにそのように感じる人は居るかもしれませんよね。でも、レンゲさんは次のように書いていたんですよ。



投稿日時: 2004-8-30 4:54

レンゲ本人です(´▽`)ノ
denmanさん、
わたしの事をアナウンスして下さって、
とてもうれしく思っています。
感謝!です。

blooでは、わたしひとりが
「愛~」「愛~」と言ってるだけで、
真正面から、わたしと「愛についての
ディスカッション」をしてくださる方は、
なかなか現れてくれません。

BLOGの方も(こっちを恋愛専科にしようかなと思ってます)
なんせ、レスがつかないんですよ・・・
しょぼん・・・
では、ワタクシから・・・

『愛を探して。。。』に、遊びに来てくださいね!
みなさんと愛について考えたいと思い、
立ち上げました。
心の中が温かくなるような交流の場にしましょう。

レンゲより

『心も寒い、「妄想部屋」もさむい、HPも寒い、というレンゲさんへの返信』


レンゲさん、思い当たるでしょう?このように書いていたんですよ。

ええ、覚えていますわ。

境界性人格障害は“愛”と深くかかわっている。レンゲさん自身がそのことに気づいて、ネットで“愛”について考えたいと言っていたんですよ。

そうですけれど。。。

だから、僕はレンゲさんを晒しているわけじゃない。このブログでレンゲさんと愛について、それと境界性人格障害について考えたいわけですよ。

分かっています。

分かってないじゃないですかァ。。。僕がレンゲさんを晒していると、さっき言ったばかりじゃないですか?

なんだか晒されているように感じたんですわ。

でも、これまでにレンゲさんの悩みに関心を示してコメントを書いてくれた人がたくさん居るんですよ。だから、こうしてレンゲさんと語り合う事も意味があることなんですよ。レンゲさんばかりではなく、これを読んでくれる人も心の問題について考える事が出来るわけです。そう思いませんか?

分かりました。でも、今日はなぜ和子さんを取り上げたのですか?

上のエピソードを読んで、レンゲさんにも思い当たる事があるでしょう?

ええ、でもあたしの場合には本当に私のことを心配してくれる母は居ません。だから、あたし一人で悩み苦しみ続けているのです。

レンゲさんの場合には凶暴になることはほとんどなかったようだけれど、ヒステリーを起こしたように逆上する事ってあったよね。

そうですか?

僕ははっきり覚えていますよ。初めどうしてレンゲさんが急に僕に腹を立てたのか理解に苦しみましたよ。

そうでしたか?

今になってみれば、レンゲさんが境界性人格障害を患っていたからだと説明がつくのだけれど、何も知らなかった頃には本当に理解に苦しみましたよ。

いったん頭に来ると、自分では抑制が効かなくなってしまうんですよ。そういうわけで見苦しい所をデンマンさんにお見せする事になったんです。

僕が不思議に思うのわねぇ、レンゲさんは何もかも充分に理解しているんだよ。

そう思いますか?

そうですよ。レンゲさんは1年以上も前に僕に次のような投稿を書いてくれたんですよ。覚えているでしょう?


わたしの心の軌跡

投稿日時: 2004-9-8 11:45

わたしは精神障害者です。
しかも、誰もが関わりたがらない
境界性人格障害者です。
時に、感情の爆発という
発作も起こります。

愛憎にあやつられる人生です。
わたしの世界には、
シロかクロしかありません。
誰かに愛着をかんじすぎると、
怖いのです。
見捨てられ感、迫害妄想で、
全面的に愛していた人のことを、
全面的に否定してしまうのです。

そのうえ、わたしはある人に対して、
“ほれこむ”ということも、よくあります。
でも、その場合でも、
相手から見れば全く理不尽な
理由で、ほれこんでいた人のことを、
全否定してしまうのです。

これらは、精神の発達が
未熟であるのはもちろん、
幼少時の体験によって
「見捨てられる恐怖」が、
頭にこびりついていて、
見捨てられる(つらさを味わう)くらいなら、
こっちから先に、
相手との関係を絶つ、という
逃げの行動なのです。

わたしは、この障害で苦しんでいます。
わたしに関わったことで、
理不尽な気持ちで去ってゆく
“被害者”の方々も、多いと思います。
治せるものなら治したい。
でも、幼い頃の心の傷が、
真人間になることを、
かたくなに拒み続けます。
二度と傷つきたくないから、
防衛するのです。
この硬い殻を、どうすればこわせるのか・・・

治療はうけていますが、今は目先の“うつ”
の治療が主です。
それも、最近容態が悪いようで、
心理テストなどばかり受けています。

長々と書いてしまいましたが、
こんな(迷惑な)人間もいるのだということを、
書き連ね、より自虐的に、とことんどんぞこまで
落ち込み、自分への罰としたいとおもいます。

RENGE

『未熟者であることに甘えていることがすべての問題を生んでいる』より


このようにレンゲさんは自分の病状を良く理解しているんですよね。

ええ、分かっているつもりです。でも、自分ではなかなか治せないのです。

それが僕は不思議でしようがないんですよ。レンゲさんは類(たぐい)まれな知性を持っている。とにかく知能指数が140あるんですからね。僕はこの数字を知る前に、レンゲさんが書いた日記や手記や「極私的詩集」を読んで知的なところを感じ取っていましたよ。

デンマンさんは本当にそう思ってくださったのですか?

そうですよ。前にも言ったでしょう?嘘だと思ったら次の記事を読んでくださいね。
『たれてるお尻ってなかなか直りませんよね?』

分かりました。あたしって、そのように知的なのですかああ? うふふふ。。。そういうことなら何度でもデンマンさんの口から聞きたいわア~。

ホラ、また、そうやってヨダレをたらして悦ぶゥ~。レオタードの胸元がぬれていますよ。あなたは、そうやってコロリ、コロリと態度が変わりますからねぇ。

デンマンさんは、またあたしをこき下ろすのですかあああ~?

そうじゃないですよ。僕が言いたいのは、それほど知的なあなたが、もう10年以上も精神科の医者の世話になっている。ここの所が僕には良く分からないんですよ。

あたしの病気はそれほど根が深いものなんです。

確かにそうかもしれません。お母さんから見捨てられたというトラウマがあなたの心の奥深い所であなたを苦しめている。でも、レンゲさんはそのような事もちゃんと理解している。それなのに、10年以上も治療に通っていてなぜ治らないのか?

なぜでしょうか?

僕は、いろいろと考えましたよ。あなたのような知的な人を10年以上かかってもドクターは治す事ができない。この謎めいた疑問は僕の人生で最も魅力的な謎なんですよ。

デンマンさんから、そう言ってもらえると、なんだかうれしいような、コケにされているような。。。うふふふ。。。

でもねぇ~、本当のことを言うと、僕はもう分かっていますよ。

ゥッソォ~~ まさかああァ~ うそでしょう?

この病気は、どうやら馬鹿はかからないようですよね。上の手記の中の和子さんも頭が良かった。頭が良ければ良いほどこの病気の根は深くなる。レンゲさんと投稿の交換をし、あなたとこうして実際に会ってみて、僕は確信を持ちましたよ。ドクターが10年かかって、あなたを治そうとしたけれどもあなたを治す事ができなかった。

なぜでしょうか?

僕は分かっていますよ。

本当に。。。? だったら、教えてくださいなァ。

でもね、これを言うと、レンゲさんは逆上しますからね。せっかく仲直りをしてバンクーバーで会う所までレンゲさんと僕の関係が改善したというのに、これを話すとパトカーのサイレンが聞こえてきそうですからねぇ。僕は言う事ができませんよ。

んも~!デンマンさんったらあああ~ いけ好かないわあああ。あたしを持ち上げているようで、けなす。けなしているようであたしを持ち上げる、デンマンさんはとてもmanipulativeなんですよ。

ほらね、こういうところでmanipulativeなんて言葉が飛び出す所が知的なんですよ。IQ100以下の人にはそのような単語は飛び出してこないんですから。。。

デンマンさん、そのような言い方は良くないですよ。

どうしてですか?

だって、これを読んでいる人の身になってくださいな。もし、manipilativeという言葉の意味が分からなかったら、その人は知能指数が100以下だと言うことになるでしょう?

そうですよ。だから。。。どうだって言うんですか?

だってぇ~。。。これを読んでいる人がIQ100以下だと分かったら気を悪くするでしょう? あたしのIQとずいぶん差をつけられてしまうんですのよォ~。もしかするとガッカリして豆腐の角に頭を打ち付けて自殺するかも知れませんよォ~。 ゥふふふ。。。。そうなったら、デンマンさんは責任を取るのですかあああァ?

取れませんよ。僕はそこまでの責任を取りかねますよ。レンゲさんも、そこまで考える事はないんです。それよりもレンゲさん本人のことをまず考えてくださいねぇ。

だから教えてくださいな。絶対に逆上しませんから教えてください。お願いします。この通りです。もう、跪(ひざまず)いてお祈りしてしまいますから。。。

分かりましたよ。では、絶対に逆上しないと約束できますか? ヒステリーを起こしたり、この部屋の中のものを手当たりしだい取って僕に投げつけたり。。。そういうような野蛮で凶暴な事を絶対にしないと約束できますかあああ?

はい、天に誓って約束します。だから、あたしのドクターが10年かかってもあたしを治せない理由を教えてください。

それわねぇ。。。

どうしてですの?

それわねぇ~~。。。

だから、どうしてですかああああ?早く言ってくださいってばああああ~ ふんとにィ~~

それわねぇ~、あなたのドクターがあなたより知能指数が低いからですよゥ!

(レンゲさんはこらえていますゥ~。でも、こらえ切れずに、真っ赤な顔をして怒り出そうとしていますゥ~)

んもォ~。。。あたしのドクターを侮辱することは絶対に許しませんわアアア!

ほらほらああああ~~、怒らないと言ったでしょう?

でも。。。許せません! それで、デンマンさんの知能指数は、一体いくらあると言うのですかああ?

180です。

まさかあああ~~。それでは、天才じゃありませんか? そんなこと信じる事ができませんわあ。

どうしてですかあ? “信じる者は救われる”と言うじゃありませんかあ? 信じた方がいいですよ。そうすればレンゲさんの病気も回復する方向に向かいますよ。

イヤやわあああ、アホらしい~!

分かりましたよ。僕もアホらしくなって来たから、これを読んでいる人のために境界性人格障害の判断基準を示して終わりにします。最後まで読んでくれてありがとうございました。


<< 境界性人格障害の判断基準 >>

■ 対人関係が不安定だ。
  理想化とこき下ろしの両極端を揺れ動く。

■ 衝動性が強い。
  浪費、薬物乱用、過食、無謀運転、
  見境なしのセックスなどに陥る。
  衝動的に不倫に走ったりする。

■ 感情が不安定だ。
  強い不快、イライラ、不安などに悩まされる。

■ 自分ではコントロールできない
  不適切なほどの強い怒りが起こる。

■ 自殺の振る舞いや自傷行為などを繰り返す。

■ 自分自身に対するイメージが不安定。
  自己同一性の顕著な混乱が見られる。

■ 慢性的な空虚感、退屈さがある。

■ 見捨てられる不安とそれを
  避けようとする行為を繰り返す。

■ 妄想観念や解離性障害
  (記憶喪失や現実感の喪失など)がある。

上の9つの項目のうち、5つ以上当てはまると境界性人格障害と診断される可能性が高い。


あなたも胸に手を当てて上の表を見ながら、じっくりと考えてみてくださいね。

もし、思い当たるようなエピソードがあったら、ぜひコメントに書いてください。レンゲさんにも参考になると思います。

ええっ? そんな馬鹿げた事など出来ない?

いやいや、決して馬鹿げた事ではありませんよ。マジですよ。冗談でこれだけの記事は書けませんよ!分かるでしょう?






僕が噛み付いたコメントを読みたい人は次のリンクをクリックしてください。

■  『バークレーさんが噛み付いたコメントの数々!』

僕を励ましてくれたコメントは次のリンクをクリックして読んで下さい。

■  『☆ バークレーさんを励ますコメントの数々 ☆』

レンゲさんの愉快で面白い、そして悩み多いバンクーバーの日々は
次のリンクをクリックして読んでください。

■ 『レンゲのバンクーバー紀行』

バンクーバーから戻ってきたレンゲさんの新しい悩みは次のリンクをクリックして読んでください。

■ 『夢のバンクーバー“後記”』
スポンサーサイト

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

プロフィール

次郎

  • Author:次郎
  • 次郎の徒然ブログへようこそ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
11 | 2005/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Hit Graph

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Follow Me
Twitter
ブログ内検索
RSSフィード
リンク