FC2ブログ

World War B.C.

 

World War B.C.

 


(atombomb.jpg)


(lifeafter05.jpg)


(lifeafter07.jpg)




(diane02.gif)

Kato. . . , what do you mean by World War B.C.?


(kato3.gif)

World War before Christ.

Are you talking about the Peloponnesian War or something?

 


(pelopo2.jpg)



 



Oh no... I'm talking about a world war 20,000 years before Christ.



No kidding! . . . Do you really believe, Kato, there was a world war 20,000 years before Christ?

Yes, I do.

But ..., but ..., I've never learned at school that there was such a world war.

I bet you haven't.

Kato, are you out of your mind? Or you must've had a nightmare last night, huh?

Oh no. . . I'm dead serious.

What makes you think so?

Actually, I've recently viewed the following documentary at Vancouver Public Library.

 


(lib90724a.png)


"Zoom In"

"Actual Page"



(lifeafter02.jpg)



 




(lifeafter00.jpg)

 



 


(lifeafter02c.jpg)

 



 


(lifeafter02d.jpg)


 




My Comment

July 02, 2019

Originally produced for a "History Channel" TV program in 2008, this 94-minute documentary takes you on an amazing, shocking and fascianting visial journey in the world without humans.

The film presents a thought-provoking and inspiring adventure that combines superb visual effects with insights from experts in the fields of engineering, botany, ecology, geology, climatology, archaeology and astrophysics to demonstrate how the landscape of our planet will change in our absence.

If you're interested in the World War III and climate change, this is a must-see.



 



Well . . . It's quite interesting and shocking, but it has something to do with a future nuclear war and its aftermath, doesn't it?



Yes, it does. . . After I viewed the above documentary, however, I recalled the following passage:



(bermuda01.jpg)

 

Certain Asians, and Westerners as well, who subscribe to the theory that civilized man has existed for a much longer time than previously suspected do not find unbelievable the possibility of cresting and vanishing waves of civilization throughout the world, some of which have left no trace except in legend.

They therefore are prepared to believe that the unexpectedly detailed Indian references (such as the Mahabharata) to atoms, atomic structure, atomic weapons, and advanced technology may be simply a preserved memory of prehistoric and scientisticlly advanced civilizations.

In the legends of India, we should also consider the fact that certain sections of the earth's surface seem to show atomic scars acquired millennia previous to present atomic activities.

These locations exist in Siberia, Iraq, Colorado, and Mongolia.

In the course of an exploratory digging in southern Iraq in 1947, layers of culture were successively cored into by what one might call an archaeological mine shaft.

Starting from the present ground level, the excavation passed the ancient city culture levels of Babylonia, and Sumeria, with flood levels between different sages of city culture, then the first village levels, then a level corresponding to that of primitive farmers at a time era of 6000 to 7000 B.C., and beloe that, indications of a herdsman culture, and finally a time era was reached corresponding to the Magdalenian or cave culture of about 16,000 years ago.

Still farther down, at the botom of all levels, a floor of fused glass was revealed, similar to nothing else except the desert floow in New Mexico after the blasts which inaugurated our present atomic era.

 


(atombomb.jpg)




SOURCE: pp. 229-230
"The Bermuda Triangle" by Charles Berlitz
First Avon Printing, September 1975




Let's suppose that there was an advanced civilization like ours 20,000 years ago and that a nuclear war took place at that time.



But if what you say is true, then we can see some evidences.

That's the very reason I showed the above movie. . . Once you view the above documentary, you should be able to understand that even an advanced civilization will leave no trace except in legend 10,000 years after such a world war.

 




(lifeafter00.jpg)

 



 


(lifeafter02c.jpg)

 



 


(lifeafter02d.jpg)


 



Now I see your point, but I still think that there must be some indication of a lost civilization that existed 20,000 years ago.



Oh yes, there are some indications of lost civilization. . . For example, a 500-year-old map called "the Piri Reis Map" has been discovered and it could rewrite our human history.

 


(pirimap2.jpg)



 



This map was found in 1929 amid the clutter of the former harem of the ousted Sultan of Turkey, clearly shows the true coast of Antarctica as it would be without the covering ice, as well as the topography of the interior, also without the covering ice.



I see. . . Antarctica has been covered by ice for 6000 years as a minimum. . . So, this would mean that the original map was made considerably before recorded history, huh?

Yes, Diane, you're telling me. . . There is another map called "the Buache Map".

 


(buache01.jpg)

"Zoom In"



 



The above map shows Antarctica without ice



I see. . . So you think the above map was created in the advanced civilization 20,000 years ago, huh?

Yes, that's right.

Is there any other indication?

Oh yes, from 1968 to the present time, underwater discoveries have been made, especially near Bimini, of what seems to have been massive stonework on the present sea bottom, huge blocks of stone placed together in what may be roads, platforms, harbor works, or fallen walls.

What are those stone works?

They strangely resemble the pre-Inca stonework of Peru, the pillars of Stonehenge, or the Cyclopean walls of Minoan Greece. . . The age of the stones is uncertain, although fossilized mangrove roots which had grown over the stones have given carbon 14 datings of about 12,000 years.

 


(bimini02.jpg)



 



I see. . . So, around the present Bahama islands, there might have been an advanced civilization some ten thousands years ago, huh?



Yes, there might. . . Besides, there is an interesting story about the Great Pyramid and the Sphinx.

Tell me about it.

Well. . . In 1994, a book called "The Orion Mystery" was published and bacame a best seller.

What makes it so outstanding?

The author said, the Great Sphinx was constructed around 10,500 BC (Upper Paleolithic) unlike the history-textbook date of 2,500 BC.



(orion3.jpg)

 

Bauval is specifically known for the Orion Correlation Theory (OCT), which proposes a relationship between the fourth dynasty Egyptian pyramids of the Giza Plateau and the alignment of certain stars in the constellation of Orion.

However, 20 years before Bauval's book "The Orion Mystery" suggested that the Giza Pyramids were aligned to Orion's belt, Dr. James J. Hurtak pointed out such a correlation in 1973.

One night in 1983, while working in Saudi Arabia, he took his family and a friend's family up into the sand dunes of the Arabian desert for a camping expedition.
His friend pointed out the constellation of Orion, and mentioned that Alnitak, the most easterly of the stars making up Orion's belt, was offset slightly from the others.
Bauval then made a connection between the layout of the three main stars in Orion's belt and the layout of the three main pyramids in the Giza necropolis.

The Orion Correlation Theory has been described as a form of pseudoscience.
Among the idea's critics have been two astronomers: Ed Krupp of Griffith Observatory in Los Angeles, and Anthony Fairall, astronomy professor at the University of Cape Town, South Africa.
Krupp and Fairall independently investigated the angle between the alignment of Orion's Belt to North during the era cited by Bauval (which differs from the angle in the 3rd millennium BCE, because of the precession of the equinoxes), and found that the angle was somewhat different from the 'perfect match' claimed by Bauval and Hancock: 47 to 50 degrees, compared to the 38-degree angle formed by the pyramids.

Krupp also pointed out that the slightly-bent line formed by the three pyramids was deviated towards the North, whereas the slight "kink" in the line of Orion's Belt was deformed to the South, meaning that a direct correlation would require one or the other to be inverted.

Indeed, this is what was done in the original book by Bauval and Gilbert (The Orion Mystery), which compared images of the pyramids and Orion without revealing that the pyramids' map had been inverted.
Krupp and Fairall find other problems with the claims, including the point that if the Sphinx is meant to represent the constellation of Leo, then it should be on the opposite side of the Nile (the 'Milky Way') from the pyramids ('Orion'), that the vernal equinox around 10,500 BCE was in Virgo and not Leo, and that the constellations of the Zodiac originate from Mesopotamia and were unknown in Egypt at the time.




SOURCE: "Robert Bauval"
From Wikipedia, the free encyclopedia


 



 



Quite interesting! . . . So, there might have been an advanced civilization before the Egyptian Dynasty, huh?



Yes, there might. . . I'm pretty sure, some day somebody will discover an undeniable evidence of an advanced civilization that existed more than 20,000 years ago.



(dianelin3.jpg)


(laughx.gif)


【Himiko's Monologue】


(himiko22.gif)

Do you think that an advanced civilization existed more than 20,000 years ago?

What? . . . You don't like to talk about pseudoscience, do you?

"Tell me another interesting story!"

If you say so, I'll show you the following clip:

Here's a clip for a certain woman to use for making love.

 


(sexygal2.jpg)



 

How do you like the above music?

Are you tired of sexy music?

Well... here's a mood-changing tune just for you.

Gess what?... You can now laught to the last tears.

 


(mrmathane.jpg)

  Mr. Mathane



 

In any road, I expect Kato will write another interesting article soon.

So please come back to see me.

Have a nice day!

Bye bye ...


(hand.gif)



(renge400.jpg)



If you've got some time,

Please read one of the following artciles:





(cook002.jpg)

"JAGEL"

"JAGEL Again"

"Say NO!"

Happy Gal in Canada

Roof of Vancouver

Aftershock

Whiplash

Sex Appeal

Better Off Without Senate

Fire Festival

Sweets@Paris

Scary Quake

MH370 Mystery

Putin's Way

Trump @ Vancouver

Otter & Trump


(juneswim.jpg)

Changeling

Fiddler on the Roof

Flesh and Bone

Maiden's Prayer

Romeo & Juliet

Trump @ Joke

Halloween in Shibuya

Trump Shock

Happy New Year!


(biker302.jpg)

Life or Death

Way to Millionaire

Adele Hugo

Middle Sexes

Romance@Madison

Hacksaw Ridge

Eight the Dog

Halloween@Shibuya

Chef Babette


(dianesun.jpg)

Ramen Boom

from Korea

Omakase@Sushi

Crocodile Meat

Killer Floods

Climate of Doubt

Glory of Death

Big Mystery

Hitler and Trump

Hot October

2018 BC Ballot

Bach Collegium Japan

Dolly the Sheep

Golden Shower

Cleopatra

Strange Love

Quartet

Unknown Tragedy



(surfin2.gif)


(bare02b.gif)

Hi, I'm June Adams.

Kato is a real movie lover, who tries to watch 1001 movies.

As a matter of fact, he has already accomplished his goal.


(lib81126a.png)

『Actual List』


(june001.gif)

Kato watched "The Arabian Nights" or "One Thousand and One Nights" as his 1001th movie.

You might just as well want to view it.


(1001nite.jpg)




(1001nite10.jpg)





The stories in "the Arabian Nights" were collected over many centuries by various authors, translators, and scholars across West, Central, and South Asia and North Africa.

The tales themselves trace their roots back to ancient and medieval Arabic, Persian, Indian, Egyptian and Mesopotamian folklore and literature.

In particular, many tales were originally folk stories from the Caliphate era, while others, especially the frame story, are most probably drawn from the Pahlavi Persian work Hazār Afsān which in turn relied partly on Indian elements.

What is common throughout all the editions of the Nights is the initial frame story of the ruler Shahryār and his wife Scheherazade and the framing device incorporated throughout the tales themselves.

The stories proceed from this original tale.

Some are framed within other tales, while others begin and end of their own accord.

Some editions contain only a few hundred nights, while others include 1,001 or more.


(bellyan15.gif)



ところで、愛とロマンに満ちた

レンゲさんのお話をまとめて

『レンゲ物語』を作りました。

もし、レンゲさんの記事をまとめて読みたいならば、

次のリンクをクリックしてくださいね。

『愛とロマンのレンゲ物語』


(renge730.jpg)

『軽井沢タリアセン夫人 - 小百合物語』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。



(bikini901b.jpg)


(dogs17.gif)


(girlxx.gif)
スポンサーサイト

10次元の世界

 

10次元の世界

 


(god031.jpg)

(god030.jpg)


(god003.jpg)


(god028.jpg)


(god008.jpg)


(god015.jpg)





(sylviex.jpg)

ケイトー。。。、今日はなんだか難しい話をするのねぇ~。。。


(kato3.gif)

いけませんか?

つまり、私たちが住んでいる世界は10次元の世界だと言うわけぇ~。。。?

僕も初めは信じられなかったのだけれど数学的に証明されているのですよ。。。

マジで。。。?

そうなのです。。。 そもそも次元というのは「動くことができる座標の数」のことなのですよ。。。 だから、普通 我々の世界は縦、横、高さ、それに時間軸にそって動くことができる。。。 それで、常識的に4次元の世界だと言われているのです。。。

でも、数学者によると、この世界は10次元だと言うわけなのォ~?

そうなのです。。。 次のクリップを観れば、シルヴィーも納得できると思うのですよ。。。

 


(god032.jpg)



 



つまり、宇宙が生まれたわけと、私たちの世界が10次元であることが関係あるわけなのォ~?



そうなのですよ。。。 上のクリップをじっくり観ると、それが理解できるのです。。。

ケイトーは上のクリップを観て理解できたわけぇ~?

そうです。。。

ケイトーは理工系のオツムを持っているから理解できるかもしれないけれど、私は文科系なのよ。。。 解り易く説明してよ。。。

じゃあ、まずジョン・シュワルツというおっさんを取り上げる必要があるのですよ。。。

 


(god014.jpg)

 



この上の写真の二人が超弦理論の生みの親と言われているのだけれど、フランス人のジョエル・シャークは34歳の若さでなくなってしまったのです。。。



交通事故でも起こしたわけぇ~?

いや。。。重い糖尿病を患っていて、薬を多く打ちすぎたために亡くなってしまったと言われているのです。。。

。。。で、その超弦理論が10次元と関係あるわけなのォ~?

そういうことです。。。 現在、70代のジョン・シュワルツはカリフォルニア工科大学の教授で理論物理学を教えているのです。。。

 


(god001.jpg)


(god002.jpg)

 



これはシュワルツ教授が講義室で学生に教えている光景なのォ~?



いや。。。 黒板に数式を書きながら研究している最中の写真ですよ。。。

あらっ。。。 コンピューターを使わないで昔ながらに黒板で研究を進めているのォ~? パソコンを使って研究した方が早くて より良い研究ができるんじゃないのォ~?

あのねぇ~、どんなに優れたソフトを使ってパソコンで研究しても、そもそもソフトやプログラムは人間が作ったものだから、コンピューターを使って研究しても独創的なアイデアまでは浮かんでこない。。。 だから、独創的な数式を導くためには、黒板かホワイトボードを使って手書きで数式を書きながら研究するのが一番なんだとか。。。

なるほどねぇ~。。。

ところで、137億年前に起こったビッグバンは ある数式によって予言されていたのです。。。

そのある数式と言うのは何よ?

それがアインシュタインの一般相対性理論ですよ。。。

 


(god003.jpg)


(god004.jpg)


(god005.jpg)

 



アインシュタインの一般相対性理論は、超弦理論とくらべると、何か欠陥があるわけなのォ~?



あのねぇ~。。。 一般相対性理論ではブラックホールの底、つまり、ミクロの世界を解明することができないのです。。。

どうして。。。?

宇宙の誕生はブラックホールと深い関わりがあるということが解った。。。

 


(god009.jpg)

 



ビッグバンとブラックホールは構造的に非常に良く似ている。。。 ビッグバンとブラックホールの奥底が数式上、宇宙の誕生をとく唯一の鍵になるのです。。。 つまり、宇宙の誕生を探るには、ブラックホールを数学的に解明する必要がある。。。 ところが、一般相対性理論ではブラックホールの底、つまり、ミクロの世界を解明することができないというわけです。。。



だから、どうしてなのよ?

ブラックホールの奥底を一般相対性理論で突き詰めてゆくと、ブラックホールの奥底では分母がゼロになってしまう。 これは無限大を意味する!

 


(god006.jpg)


(god007.jpg)

 



分母がゼロになって無限大になると、どうしてダメなわけぇ~?



数式上、計算不能と言うことになる。。。 だから、ブラックホールの奥底を数式で表そうとすると一般相対性理論は通用しないと言うことになるのですよ。。。

要するに、ブラックホールの奥底を数式で表せれば、宇宙の誕生が解ると言うわけなのねぇ~?

そういうことです。。。

 


(god008.jpg)

 



つまり、無限大の問題を解決しなければ、宇宙の謎を解き明かせないということねぇ~。。。



そういうことです。。。

それで、どうなったのよ?

素粒子の数式と一般相対性理論を組み合わせたらどうか? 。。。ということになった。

 


(god010.jpg)


(god011.jpg)

 



このアイデアが思い浮かんで、上の2つの式を理解し 初めて神の数式を求めたのがソ連時代のロシア人 マトベイ・ブロンスタイン(1906-1938)だった。。。 

 


(blonstein2.jpg)

 



かれは天才的な理論物理学者だったのです。。。 19歳で素粒子の数式と一般相対性理論をを完璧に理解していたと言われている。



。。。で、どうして若くして亡くなってしまったのォ~?

ちょうど、この研究に没頭していた頃、つまり、1937年にスターリンに逮捕されて殺されてしまった。。。 スターリンにとって怪しげな研究をしている知識人は目の上のタンコブだった。。。

 


(stalin02.jpg)



 



それにしてもスターリンはひどいことをしたのねぇ~。。。で、マトベイ・ブロンスタインの研究は、どうなったのよ。。。



2つの数式を組み合わせても、残念ながら無限大の解決にはならなかった。。。 むしろ、研究を進めると、身の回りにはミクロの世界のレベルで無限大が満ち溢れているという結果になった。。。

 


(god012.jpg)

 



無限大の問題はさらに深まってしまったと言うわけねぇ~?



そういうわけです。。。 それで、ほとんどの研究者が、無限大の謎については諦めて投げ出してしまった。

それでどうなったのよ?

40年ほどたった頃に、正確には1974年に、無名の二人の数学者がその謎を解く論文を発表した。。。 それが上で紹介したジョエル・シャークとジョン・シュワルツです。。。

 


(god013.jpg)


(god014.jpg)

 



二人は当時誰も見向きもしなかった弦理論を研究していた。。。 この弦理論では素粒子は点ではなく、弦のような、ひも状のものだというのです。

 


(god015.jpg)

 



ジョン・シュワルツは、さらに研究を進めて、超弦理論が無限大の問題を解くことを発見した。。。 素粒子が点だとすると2つの素粒子が衝突する時に無限大になってしまう。

 


(god017.jpg)


(god018.jpg)


(god019.jpg)

 



超弦理論では衝突しても距離がゼロになることはない。。。 なぜなら素粒子は弦だから、点ではないから無限大が出ない。。。

 


(god020.jpg)

 



ところが、ここで問題が生じた。。。 超弦理論の数式がなりたつ条件が現実ではありえないものだった!



その条件とは。。。?

それが、つまり、10次元ですよ!。。。 10次元の時だけ超弦理論が成り立つのです。

 


(god021.jpg)

 



ということは、宇宙は10次元で生まれた、ということになるわけねぇ~?



そういうことです。。。 でも、常識的に考えると我々の世界が10次元だとは思えない。。。

4次元よねぇ~。。。 あとの6つの次元は何なのよ?

そういう疑問が研究者の間にも生まれた。。。 だから、多くの研究者は馬鹿らしいと言って、相手にしなかった。

それで、超弦理論の信奉者はどうしたの?

超弦理論の数式に あの2つの数式、つまり、一般相対性理論と素粒子の数式が含まれているかどうかを検証した。

 


(god016.jpg)


(god022b.jpg)


(god022.jpg)

 



超弦理論の数式に あの2つの数式が含まれているかを検証してゆくと、驚いたことに全く無関係と思われる2つの数式が導かれ始めた。。。 そして 496という 完全数 (perfect number) が次々に現れた。

 


(god023.jpg)


完全数

 

完全数とは、自分自身を除く正の約数の和に等しくなる自然数のことである。
完全数の最初の3個は 6 (= 1 + 2 + 3)、28 (= 1 + 2 + 4 + 7 + 14)、496 (= 1 + 2 + 4 + 8 + 16 + 31 + 62 + 124 + 248) である。

「完全数」は「万物は数なり」と考えたピタゴラスが名付けた数の一つであることに由来するが、彼がなぜ「完全」と考えたのかについては何も書き残されていないようである。
中世の『聖書』の研究者は、「6 は「神が世界を創造した(天地創造)6日間」、28 は「月の公転周期」で、これら2つの数は地上と天界における神の完全性を象徴している」と考えたとされる。

古代ギリシアの数学者は他にもあと2つの完全数 (496, 8128) を知っていた。
以来、完全数はどれだけあるのかの探求が2500年以上のちの現在まで続けられている。

完全数の定義は、正の約数の総和が自分自身の2倍に等しいことと同値である。
すなわち、N が完全数であるとは、約数関数 σ に対して σ(N) = 2N が成り立つことであると表現できる。
また、正の約数の逆数和が 2 であると表現することもできる。

 

エピソード

日本プロ野球で初めて完全試合が達成されたのは月・日とも完全数の1950年6月28日だった。




出典: 「完全数」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』




つまり、昔から完全数というのは完全性を象徴している、と考えられていたわけねぇ~。。。



そういうことです。。。 とにかく、超弦理論の数式に あの2つの数式が含まれていることが検証されたニュースは世界の研究者に知れ渡った。。。 496という 完全数が現れたというのは、おまけですよ。。。

それで、超弦理論が注目を集めたわけなのねぇ~。。。

そういうことです。。。

でも、残りの6つの次元はどういうことになるわけ?

あのねぇ~、例えば人間の1次元はてんとう虫にとっては2次元、あるいは3次元になるのですよ。。。

 


(god024.jpg)


(god025.jpg)


(god026.jpg)

 



つまり、上のように綱渡りの人間にはケーブルの上は1次元だけれど。。。、前と後ろにしか進めないけれど、てんとう虫には2次元、あるいは3次元でもある。。。 要するに、この世には人間の目には見えない次元があるのですよ。。。



具体的には、どういうことなのよ?

原子の1兆分の1の1兆文の1の超ミクロの世界に、残りの6次元が隠れているのです!

 


(god027b.jpg)


(god027.jpg)

 



これで10次元の問題は解決したのだけれど、さらに問題があった。。。 あの車椅子の天才が「素粒子さえ動けないブラックホールの底になぜ熱が発生するのか?」という「ホーキングパラドックス」を提起した。。。 つまり、極限の1点では何一つ身動きが取れない、素粒子さえ動けないはずなのに、どうしてブラックホールの奥底で熱が発生しているのか?



。。。で、誰が解決したわけ?

上の写真にも出てきたジョセフ・パラチンスキーが、(弦が集まった)膜の数式を新たに加えたことでブラックホールの熱を計算することに成功したのです。。。

 


(god028.jpg)

 



6つの次元の中で膜状の素粒子が動き回って熱が発生していたのです。。。

 


(god029.jpg)

 



つまり、これですべての問題は解決したわけなのねぇ~?



いや。。。 最新の研究では この宇宙は10次元ではなく、11次元だという研究者も現れ、さらに宇宙は 10の500乗も存在するという仮説まで出ているのですよ。。。 問題はさらに深まっているのです。。。

。。。で、実際に残りの6次元があることを実験的に確かめられたのォ~?

だから、現在、あの有名なフランスにある欧州原子核研究機構(CERN)で科学者が加速器を使って実験的に残りの6次元を実際に検証しようと実験をしているのです。。。

 


(cern02.jpg)


(cern03.jpg)

 



欧州原子核研究機構(CERN)と言えば、確か、ここでワールドワイドウェブ(WWW)が生まれたのよねぇ~。。。



あれっ。。。 シルヴィーはよく知ってるねぇ~。。。 その通りですよ。。。

 


(cern01.jpg)





(laugh16.gif)


【ジューンの独り言】


(bare02b.gif)

ですってぇ~。。。

あなたも上のクリップを観て「10次元の世界」が理解できましたかァ~?

ええっ。。。 「そんなことは、どうでもいいから、他に、もっと楽しいことを話せ!」

あなたは、そのように強い口調で私に命令するのですか?

分かりましたわ。

シルヴィーさんが出てくる面白い記事は たくさんあります。。。

次の記事の中から面白そうなものを選んで読んでください。


(sylvie500.jpg)



(sunwind2.gif)

『チョコレートと軍産複合体』

『チョコレートと甘い権力』

『CIAの黒い糸』

『美しい日本語再び』

『宮沢りえブーム?』

『また、宮沢りえ?』

『浅間山噴火とフランス革命』

『なぜアクセスが急増したの?』

『気になる検索ワード』

『なぜ塩野七生批判』

『その検査、ムカつく!』

『宮沢りえと床上手な女』


(mh370a.jpg)

『MH370ミステリー』

『なぜ死刑廃止?』

『真犯人はそこにいる』

『MH370ミステリー裏話』

『お裁きを信じますから』

『ジャルパックと国際化』

『古代ローマのセックス』

『CIAとノーパン』

『エロいローマ再び』

『エロいけれどためになる話』

『えろあくにめ温泉』


(jump009.jpg)

『エロいけれどためになる』

『地球上のネット普及率』

『原発はダメだったのに』

『スカートをはいた兵隊』

『行田シンドローム』

『幻の暴走機関車』

『CIA@NOパンツ』

『やっぱり、セックス』

『セックス風呂具村』

『CIAの黒い手再び』


(banana82e.jpg)

『アダムとイブは何を食べたの』

『舞踏会 明子』

『波乱の人生』

『国際化だよね』

『イングナさんを探して』

『美しい日本語 チェーホフ』

『横の道@ニコライ堂』

『また塩野七生批判』

『日航スチュワーデス』


(cleopara2.jpg)

『クレオパトラ@塩野批判』

『テルモピュライの戦い』

『思い出の蓮』

『角さんと天罰』

『ラーメン@リガ』

『角さんと天罰がなぜ?』

『南京事件と反知性主義』

『あけびさんの卒論』

『愛は降る星の彼方に』

『サイバー戦争』

『エロくて、ごめんね』

『モバイル社会とガラケー』

『元老のアメリカ』

『ケネディ家の呪い』

『欧米を敵に回す』

『ソフィアからこんにちわ』

『ドイツが原爆をロンドンに』

『いまだに謎』

『さらば大前研一』


(superm3.jpg)

『空飛ぶスパイ』

『愛情はふる星@ベトナム』

『ヒラリーと塩野七生』

『ケネディ夫人@インドネシア』

『究極の大前研一批判本』

『フェルメールの謎』

『女に文句を言う女』

『あなたの祖国』

『宮沢りえ@韓国』

『正しい戦争』

『ゴールデンシャワー』

『死刑廃止』

『かまびすしい』

『今、新たな戦前』

『クレオパトラ@アラビア』

『政府は嘘をつく』

『犬と人間と戦争』

『未来予測』

『知られざる悲劇』

『量子活動家』

『アンネの運命』


とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。 バーィ。


(hand.gif)



(surfin2.gif)

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事



平成の紫式部、橘卑弥子でござ~ます
(himiko92.jpg)

『卑弥子の源氏物語』

『平成の紫式部』

■ めれんげさんの『即興の詩』

■ めれんげさんの『極私的詩集』

Jagel - Soft Japanese Bagel
(bagel702.jpg)

■ "JAGEL - Soft Japanese Bagel"


(linger65.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』


『センスあるランジェリー』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


(beach02.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人 - 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』




(rengfire.jpg)


(byebye.gif)

Big Mystery


 

Big Mystery

 


(question8.png)


(mh370a.jpg)


(question.gif)



(diane02.gif)

Kato... What do you mean by "Big Mystery"?


(kato3.gif)

On the last day of July, I read the local paper, which says Malaysian Airlines MH370 has not been found since March 8, 2014 when it disappeared over the Indian Ocean.

That is, it's been out of sight for more than 4 years, huh?

That's right... The local paper shouts like this:


Missing Flight MH370 was

possibly ‘manipulated’

off course by a third party, report says



(mh370b.jpg)

By Angus Whitley Bloomberg
Chong Pooi Koon

Mon., July 30, 2018

 

Malaysia Airlines Flight 370, missing since 2014, was probably deliberately steered off course and flown to the southern Indian Ocean,
according to the Malaysian government’s safety report into the disaster.

MH370 vanished on March 8, 2014, en route to Beijing from Kuala Lumpur with 239 people on board.
Investigators have never been able to explain why the jet abandoned its route shortly into the flight, traversed Malaysia and then cruised south over the Indian Ocean.

It’s difficult to attribute the change in course to any system failure, according to the report released Monday.
“It is more likely that such manoeuvres are due to the systems being manipulated,” the report said.

Experts mapped the Boeing 777’s course only after picking through hourly data hookups with a satellite.
Extensive sonar searches of remote waters off Australia’s west coast failed to locate the wreckage.

Monday’s 449-page report offered little to solve modern aviation’s biggest mystery and stopped short of apportioning specific blame.
There’s nothing to suggest the plane was evading radar, or evidence of behavioural changes in the crew, it said.
Significant parts of the aircraft’s power system, including the autopilot function, were probably working throughout the flight, the report said.

“We are unable to determine with any certainty the reasons that the aircraft diverted from its filed planned route,” Kok Soo Chon, chief inspector of the MH370 investigation team, told reporters in Putrajaya, outside Kuala Lumpur. “The possibility of intervention by a third party cannot be excluded.”






SOURCE: Digital Version




In a nutshell, nobody knows what happend to MH370, huh?



You're telling me.

According to the above paper, we know only the following five points...



(acars01.jpg)

 

1) There is no evidence that an airplane tried to evade a radar.

2) No evidence of crew members' abnormal behavior.

3) An important part of the aircraft's power system including the autopilot function was probably not abnormal during flight.

4) It is NOT possible to determine the reason why the aircraft departed from the prescribed route.

5) The possibility of intervention by a third party cannot be excluded.





I think that it is a crime by a third-party intervention.



In other words, someone on the plane hijacked it... Is that what you think?

That's righ... Let's call the name of the hijacker Badawi Razak... He is a Malaysian in his 50s and has some experience in flying a fighter plane in the military. After graduating from an American university and retiring the military, he has once worked as the captain of civil aviation... Of course, he also knows how to handle the Boeing 777.

But how come Mr. Badawi Razak decided to hijack the plane?

Well... While he was studying at the American university, he came across the following book:


(bermuda01.jpg)



Is this the book he came across while studying in the States?



That's right... The above book has changed Badawi's life.

This is a book written about the world-famous "Bermuda triangle", isn't it?

Yes, it is.


Bermuda Triangle


(bermuda02.jpg)

The Bermuda Triangle, also known as the Devil's Triangle, is a loosely-defined region in the western part of the North Atlantic Ocean, where a number of aircraft and ships are said to have disappeared under mysterious circumstances.

Most reputable sources dismiss the idea that there is any mystery.

The vicinity of the Bermuda Triangle is amongst the most heavily traveled shipping lanes in the world, with ships frequently crossing through it for ports in the Americas, Europe and the Caribbean islands.

Cruise ships and pleasure craft regularly sail through the region, and commercial and private aircraft routinely fly over it.

Popular culture has attributed various disappearances to the paranormal or activity by extraterrestrial beings.

Documented evidence indicates that a significant percentage of the incidents were spurious, inaccurately reported, or embellished by later authors.




SOURCE: "Bermuda Triangle"
From Wikipedia, the free encyclopedia




Badawi Razak is profoundly influenced by the mystery of this "Bermuda triangle" and deeply preoccupied by the mystery ever since.



But..., But..., Malaysia Airlines 370 flight vanished over ​​the Indian Ocean... NOT in the Bermuda triangle.


(mh370c.jpg)


(bermuda02.jpg)



The Indian Ocean is far from the Bermuda triangle, isn't it?



Yes, you're absolutely right... But if you read the above book, you'll know that the mysterious triangle is not just in "Bermuda"!

Where else is it?

For example, in the waters around Japan there is a mysterious zone called "Dragon's triangle".


(bermuda03.jpg)



According to the author, five military vessels had been lost in the two years from 1952 to 1954 in this zone.



Are you saying, Kato, Malaysia Airlines flight 370 vanished in this dangerous mystery triangle?


(mh370d.jpg)



NOT me, but the author of the above book said that... He supposes that there is a possibility that the myeterious triangle exists in the Indian Ocean as well.



Kato, are you saying that Mr. Badawi Razak has been addicted to the mystery of "Bermuda triangle" and hijacked the plane to confirm his theory?

That's right.

Is that the only motive?

Besides, Badawi Razak was told by his doctor that he had a life expectancy of less than a year due to his cancer.

I see.... So Mr. Razak decided to sacrifice his life to prove the mysterious triangle or "demonic waters" exists in the Indian Ocean in addition to Bermuda Triangle and Dragon Triangle.

Yes, he did... Actually, Malaysia Airlines flight 370 disappeared on March 8, 2014, but nobody has found any trace of the plane for more than 4 years... In a sense, Badawi Razak proved it, didn't he?

So, Kato, you're saying that Mr. Razak as well as 239 passengers and crew members of Malaysia Airlines flight 370 rest in peace in the "demonic waters" of ​​the Indian Ocean?

Yes, I am... If you think so, the mystery is NOT a mystery any longer, is it?

But, it is awful and miserable that 239 people had to die with him simply because of realization of Mr. Razak's dream.

I agree with you, Diane. If I were on the same plane, I would have confronted with Badawi Razak to save everybody eles.

... just like an event on United Airlines 93 on the day of the 9.11 terrorist attack?

That's right.


United Airlines Flight 93

 


(united93b.jpg)

 

United Airlines Flight 93 was a domestic scheduled passenger flight that was hijacked by four Al-Qaeda terrorists on board, as part of the September 11 attacks.
It crashed into a field in Somerset County, Pennsylvania, during an attempt by the passengers and crew to regain control.
All 44 people aboard were killed, including the four hijackers, but no one on the ground was injured.
The aircraft involved, a Boeing 757–222, was flying United Airlines' daily scheduled morning flight from Newark International Airport in New Jersey to San Francisco International Airport in California.

The hijackers stormed the aircraft's cockpit approximately 46 minutes after takeoff.
The pilot and first officer took measures, such as de-activating the autopilot, to hinder the hijackers.
However, Ziad Jarrah, who had trained as a pilot, took control of the aircraft and diverted it back toward the east coast, in the direction of Washington, D.C. Khalid Sheikh Mohammed and Ramzi bin al-Shibh have claimed that the intended target was the Capitol Building.

After the hijackers took control of the plane, several passengers and flight attendants learned from phone calls that suicide attacks had already been made by hijacked airliners on the World Trade Center in New York City and the Pentagon in Arlington County, Virginia.
Many of the passengers then attempted to regain control of the aircraft from the hijackers.
During the struggle, the plane crashed into a field near a reclaimed strip mine in Stonycreek Township, near Indian Lake and Shanksville, about 65 miles (105 km) southeast of Pittsburgh and 130 miles (210 km) northwest of Washington, D.C.
A few people witnessed the impact from the ground, and news agencies began reporting the event within an hour.

Of the four aircraft hijacked on September 11 – the others were American Airlines Flight 11, United Airlines Flight 175 and American Airlines Flight 77 – United Airlines Flight 93 was the only aircraft that did not reach its hijackers' intended target.
Vice President Dick Cheney, in the Presidential Emergency Operations Center deep under the White House, authorized Flight 93 to be shot down, but upon learning of the crash, is reported to have said, "I think an act of heroism just took place on that plane."

A temporary memorial was built near the crash site soon after the attacks.
Construction of a permanent Flight 93 National Memorial was dedicated on September 10, 2011, and the concrete and glass visitor center situated on a hill overlooking the site was opened exactly four years later.






SOURCE: "United Airlines Flight 93"
From Wikipedia, the free encyclopedia




Maybe, a similar incident occurred on Malaysia Airlines flight 370, didn't it?



I suppose so... Since Badawi Razak was a lone wolf, a lot of passengers rushed to prevent him from entering the cockpit.

Kato, are you saying that the plane lost control during the fight and fell into the Indian Ocean?

Yes, that's right.

Then, the remains of the aircraft may be discovered! How come nobody has found anything?

The plane happened to fall into the "demonic waters" of the Indian Ocean. That's why it is still missing...



(dianelin3.jpg)


(laughx.gif)


【Himiko's Monologue】


(himiko22.gif)

What do you think?

What would you do if you happened to be on the hijacked plane?

Could you fight with the hijacker?

Or would you simply give up and meet your fate in peace?

The passengers on Malaysia Airlines flight 370 seemed to fight with the hijackers.

Unfortunately, while they confronted the terrorists, the plane lost control.

 


(united93.jpg)



 

In any road, I expect Kato will write another interesting article soon.

So please come back to see me.

Have a nice day!

Bye bye ...


(hand.gif)



(renge400.jpg)



If you've got some time,

Please read one of the following artciles:





(dianesun.jpg)

"Glorious Summer"

"Biker Babe & Granny"

"Genetically Modified"

"Tyrannosaur"

"Love@Magic"

"Yellow Ball"

"Welcome Back"

"Forbidden Love"

"Merry X'Mas"

"Heaven with Mochi"

"Travel Expense Scandal"

"Love@Redemption"


(cook002.jpg)

"JAGEL"

"JAGEL Again"

"Say NO!"

Happy Gal in Canada

Roof of Vancouver

Aftershock

Whiplash

Sex Appeal

Better Off Without Senate

Fire Festival

Sweets@Paris

Scary Quake

MH370 Mystery

Putin's Way

Trump @ Vancouver

Otter & Trump


(juneswim.jpg)

Changeling

Fiddler on the Roof

Flesh and Bone

Maiden's Prayer

Romeo & Juliet

Trump @ Joke

Halloween in Shibuya

Trump Shock

Happy New Year!


(biker302.jpg)

Life or Death

Way to Millionaire

Adele Hugo

Middle Sexes

Romance@Madison

Hacksaw Ridge

Eight the Dog

Halloween@Shibuya

Chef Babette

Ramen Boom

from Korea

Omakase@Sushi

Crocodile Meat

Killer Floods

Climate of Doubt

Glory of Death



(surfin2.gif)


(bare02b.gif)

Hi, I'm June Adams.

Kato is a real movie lover, who tries to watch 1001 movies.

As a matter of fact, he has already accomplished his goal.


(lib50909a.png)

『Actual List』


(june001.gif)

Kato watched "The Arabian Nights" or "One Thousand and One Nights" as his 1001th movie.

You might just as well want to view it.


(1001nite.jpg)




(1001nite10.jpg)





The stories in "the Arabian Nights" were collected over many centuries by various authors, translators, and scholars across West, Central, and South Asia and North Africa.

The tales themselves trace their roots back to ancient and medieval Arabic, Persian, Indian, Egyptian and Mesopotamian folklore and literature.

In particular, many tales were originally folk stories from the Caliphate era, while others, especially the frame story, are most probably drawn from the Pahlavi Persian work Hazār Afsān which in turn relied partly on Indian elements.

What is common throughout all the editions of the Nights is the initial frame story of the ruler Shahryār and his wife Scheherazade and the framing device incorporated throughout the tales themselves.

The stories proceed from this original tale.

Some are framed within other tales, while others begin and end of their own accord.

Some editions contain only a few hundred nights, while others include 1,001 or more.


(bellyan15.gif)



ところで、愛とロマンに満ちた

レンゲさんのお話をまとめて

『レンゲ物語』を作りました。

もし、レンゲさんの記事をまとめて読みたいならば、

次のリンクをクリックしてくださいね。

『愛とロマンのレンゲ物語』


(renge730.jpg)

『軽井沢タリアセン夫人 - 小百合物語』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。



(bikini901b.jpg)


(dogs17.gif)


(girlxx.gif)

いまだに謎

 

いまだに謎

 


(question.gif)


(mh370a.jpg)


(sylvie500.jpg)




(sylviex.jpg)

ケイトー。。。 “いまだに謎”というのは、マレーシア航空のMH370機がまだ見つかってないということ?


(kato3.gif)

そうです。。。 2014年3月8日に消息を絶ってから いまだに機体が見つかってないのですよ。。。

すでに4年以上経過したのに、いまだに解明されてないのねぇ~。。。 でも。。。、でも。。。、どうして急に、この失踪事件を持ち出してきたわけぇ~?

7月31日のバンクーバーの無料タウン情報紙を開いたら 次の記事が載っていたのです。


Missing Flight MH370 was

possibly ‘manipulated’

off course by a third party, report says


By Angus Whitley Bloomberg
Chong Pooi Koon

Mon., July 30, 2018

 

Malaysia Airlines Flight 370, missing since 2014, was probably deliberately steered off course and flown to the southern Indian Ocean,
according to the Malaysian government’s safety report into the disaster.

MH370 vanished on March 8, 2014, en route to Beijing from Kuala Lumpur with 239 people on board.
Investigators have never been able to explain why the jet abandoned its route shortly into the flight, traversed Malaysia and then cruised south over the Indian Ocean.

It’s difficult to attribute the change in course to any system failure, according to the report released Monday.
“It is more likely that such manoeuvres are due to the systems being manipulated,” the report said.

Experts mapped the Boeing 777’s course only after picking through hourly data hookups with a satellite.
Extensive sonar searches of remote waters off Australia’s west coast failed to locate the wreckage.

Monday’s 449-page report offered little to solve modern aviation’s biggest mystery and stopped short of apportioning specific blame.
There’s nothing to suggest the plane was evading radar, or evidence of behavioural changes in the crew, it said.
Significant parts of the aircraft’s power system, including the autopilot function, were probably working throughout the flight, the report said.

“We are unable to determine with any certainty the reasons that the aircraft diverted from its filed planned route,” Kok Soo Chon, chief inspector of the MH370 investigation team, told reporters in Putrajaya, outside Kuala Lumpur. “The possibility of intervention by a third party cannot be excluded.”





(mh370b.jpg)

マレーシア政府の惨事安全報告書によれば、2014年以降に行方不明のマレーシア航空便370号が意図的にコースから離脱し、インド洋南部に飛行した可能性がある。

MH370航空機は2014年3月8日に、クアラルンプールから北京へ239人の乗客・乗務員を乗せて出発した。
調査官は、なぜ飛行機がすぐに飛行ルートから離脱し、マレーシアを通過し、その後インド洋の南に巡航したのかを説明することができなかった。

月曜日に発表された報告書によると、飛行ルートの変更がシステム障害によるものと結論することは難しいとしている。
「それよりも、システムが人為的に操作された可能性が高い」と同報告書は指摘する。

専門家は、ボーイング777のコースを、衛星からの1時間ごとに取得したデータにより地図上に表示した。
オーストラリアの西海岸の遠隔海域の広範囲なソーナーの調査では、機体の残骸を発見することはできなかった。

月曜日の449ページの報告書は、現代航空の最大の謎を解決するためにはほとんど役に立たず、責任の特定はできなかった。
飛行機がレーダーを回避しようとした形跡はなく、乗組員に異常な行動があったという証拠も認められなかった。
オートパイロット機能を含む航空機の電力システムの重要な部分は、おそらく飛行中に異常はなかったものと考えられる。

MH370調査チームのコク・スー・チョン(Cok Soo Chon)チーフ調査官は、クアラルンプール郊外のプトラジャヤで記者団に対して次のように語った。
「航空機が規定のルートから逸脱した理由を確定することはできない。 また、第三者による介入の可能性を排除することもできない」

【デンマン訳】






SOURCE: Digital Version




結局、ほとんど何も解明されてないということじゃない!



そういうことですよ。。。

要するに、上の報告書で判ったことは次の5点なのよね。。。



(acars01.jpg)

 

1) 飛行機がレーダーを回避しようとした形跡はない。

2) 乗組員に異常な行動があったという証拠も認められない。

3) オートパイロット機能を含む航空機の電力システムの重要な部分は、おそらく飛行中に異常はなかった。

4) 航空機が規定のルートから逸脱した理由を確定することはできない。

5) 第三者による介入の可能性を排除することもできない。




僕は、第三者の介入による犯行だと思うのですよ。。。



つまり、乗客の誰かがハイジャックしたということォ~?

そうです。。。 仮に、犯人の名前をバダウィ・ラザクと呼ぶことにします。 彼は50代のマレーシア人で軍では戦闘機に乗っていた経験がある。 アメリカの大学を卒業して軍を退役してからは民間航空の機長を経験している。。。 もちろん、ボーイング777の操縦経験もあり機体のこともよく知っている。

そのバダウィさんが、どういうわけでハイジャックしたのォ~?

アメリカの大学に留学している時に、彼はある一冊の本に巡り合うのですよ。


(bermuda01.jpg)



これが その本なのォ~?



そうです。。。 この本がバダウィさんの人生を変えてしまったのですよ。

これはあの有名な“バミューダトライアングル”について書かれた本じゃないのォ~?

その通りですよ。


バミューダトライアングル


(bermuda02.jpg)

バミューダトライアングル(Bermuda Triangle)は、フロリダ半島の先端と、大西洋にあるプエルトリコ、バミューダ諸島を結んだ三角形の海域。

昔から船や飛行機、もしくは、その乗務員のみが消えてしまうという伝説がある。

この伝説に基づいて、多くのフィクション小説、映画、漫画などが製作されている。



超常現象を取り扱う雑誌や書籍やテレビ番組の報道によると、通過中の船舶や飛行機が突如何の痕跡も残さず消息を絶つ海域とされる。
消息を絶つ直前にコンパスや計器の異常等の兆候があるとされる。

100年以上前から100を超える船や飛行機、1000以上の人が消息不明となっているとされる。
「魔の三角地帯(または三角海域)」とも呼ばれている。

バミューダトライアングルの「伝説」が広く知られるようになるにつれ、来福丸転覆事故やシティ・オブ・グラスゴー号遭難事件のように大西洋上の異なる地域(数百キロ、あるいは1000キロ以上離れた場所)で起きた事故や遭難もバミューダトライアングルで遭難したかのように語り継がれることが増え、実際にこの地域で起きた事故を遙かに上回る数の遭難が関連付けられる事となった。

中には1902年のフレヤ号遭難のように発生現場が遠く離れた太平洋であるにも関わらずこの事例に入れられたものも存在する。

その結果ますます「伝説」の信憑性が増すという悪循環を引き起こし、実際にはこの地域での事故がそれほど多くはないにもかかわらず「事故や遭難が多発する地帯である」という誤った認識が広まってしまった。

多くの場合はハリケーンなどの悪天候時に起こったものや操縦ミス、計器の確認ミスであり、船や飛行機などの遭難件数が他の一般的な海域よりも多いという事実はない。
この地域はハリケーンや霧の多発地帯として有名であり、ハリケーンに遭遇して遭難したと証明されている案件も多い。

また、周辺に目印となる島や構造物も無いため遭難しても救助されにくい。
特にこの海域は強力なメキシコ湾流が流れており、短時間で航空機や船舶の残骸が遠くに流されるという事も考えられうる。

一例として、1945年12月5日にアメリカ海軍のアヴェンジャー雷撃機5機が訓練飛行中に消息を絶った事件について、バミューダ・トライアングルの典型的な飛行機消滅の超常現象として長期にわたり出版、報道されている。

しかし、事故は、悪天候に加えてパイロット達の訓練不足が重なったことで方向を見失ったことにより起きたものだと現在では考えられている。
なお、このエピソードの紹介の際に語られることが多い「どっちが西かも分からない」「白い水に突入」などの隊員の台詞は、実際の通信記録には存在しない。




出典: 「バミューダトライアングル」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』




バダウィさんは、この“バミューダトライアングル”の謎に取り憑(つ)かれてしまった。



でも。。。、でも。。。、マレーシア航空370便墜落事故はインド洋の海上で起こったわけでしょう!? 


(mh370c.jpg)


(bermuda02.jpg)



“バミューダ”とは全く方向が逆じゃない!



あのねぇ~、本を読んでみれば解るけれど、謎のトライアングルは“バミューダ”だけじゃない!

他にどこにあるの?

例えば、日本の近海には“ドラゴンのトライアングル”と呼ばれる謎のゾーンがある。


(bermuda03.jpg)



本の著者によると、このゾーンでは1952年から1954年の2年間に5艘の軍用船が消息をたったというのですよ。



つまり。。。、つまり。。。、マレーシア航空370便が墜落事故を起こしたゾーンも、この危険な謎のトライアングルだとケイトーは言うのォ~?


(mh370d.jpg)



いや。。。、僕が言っているわけじゃなくて、本の著者が理論的にインド洋にもある可能性がある、と言ってるのですよ。

それで。。。、それで。。。、“バミューダトライアングル”の謎にハマッてしまったバダウィさんが それを確かめるためにハイジャックしたとケイトーは言うのォ~?

そうです。。。

ただそれだけの動機で。。。?

いや。。。、バダウィさんはハイジャックする前に癌で余命1年足らずだと宣告されていたのですよゥ。

つまり、バダウィさんは、どうせ余命1年しかないとするなら、自分が実験台になって“魔の海域”が“バミューダトライアングル”や“ドラゴンのトライアングル”だけじゃなくて、インド洋にもあることを実証するために、ハイジャックしたとケイトーは推測するのォ~?

実際、バダウィさんの思い通りに マレーシア航空370便は、2014年3月8日に消息を絶ってから4年以上経っているのに、いまだにその所在が分からない。。。

“インド洋の魔の海域”にハマッたバダウィさんは、マレーシア航空370便の乗客・乗務員239人と共に“魔の海域”に眠っている、とケイトーは言うのねぇ~?

そう考えると、なんとなくミステリーが現実っぽくなってくるでしょう!?

でも、バダウィさん一人の夢の実現のために、道ずれにされた239人は可哀相じゃないのォ~?

確かに、そうですよう。。。 僕が乗り合わせていたら、決死の覚悟でバダウィさんと機上で対決したと思うのですよう。。。

それって、まるで9.11テロ事件のユナイテッド航空93便上の出来事じゃない!

そうですよ。


ユナイテッド航空93便

 


(united93b.jpg)

 

ニューアーク(ニューアーク空港)発サンフランシスコ(サンフランシスコ国際空港)行きユナイテッド航空93便(ボーイング757-200、機体記号N591UA)は、午前8時42分、乗客37名(日本人1名を含む)(乗客37名中4人はテロリスト)・乗員7名を乗せて、滑走路の混雑で30分遅延で出発した。

93便離陸の僅か数分後、アメリカン航空11便が世界貿易センター北棟に激突した。

乗客の機内電話からの通報によると、午前9時27分にハイジャックされ、コックピットを乗っ取られた。

オハイオ州クリーブランド付近で進路を南に変え、さらに南東へ向かった。

ワシントンD.C.へ向かうことを管制官に通告、標的はアメリカ合衆国議会議事堂かホワイトハウスであったと推測されている。

午前9時57分、機内電話や携帯電話による外部との連絡で、ハイジャックの目的を自爆テロと認識した乗客が機の奪還に乗り出す。

その僅か数分後、ワールドトレードセンター・ツインタワー南棟が完全崩壊した。

午前10時03分、93便は、490ノット(時速563マイル、時速907km)の速度でペンシルベニア州ピッツバーグ郊外シャンクスヴィル(ワシントンD.C.北西240kmの場所)に墜落した。

離着陸時の速度の倍以上の高速で地上に衝突したため、機体の残骸はほとんど原形を留めていなかった。

なお、地震計のデータから墜落の時刻を午前10時6分と公式記録と異なる報告がなされたが、後にこの時刻を算出した地震学者本人により撤回されている。

乗客たちがハイジャッカーたちに反撃した際に「Let's Roll.(さあやろうぜ)」を合図にしたと言われている。

この9・11事件以降のアフガニスタンへの「報復戦争」において、この「Let's Roll」は軍用機に描かれたり、空母乗組員が人文字を空中撮影する際に用いられたりするなど、しばらく「テロと戦うスローガン」とされた。


しかし乗客はコックピット内に進入できず、テロリストの操縦により機体を墜落させたと結論づけている。

なお、離陸からハイジャック、墜落までの乗員乗客の行動を基にした映画『ユナイテッド93』として2006年に公開された。

この映画ではハイジャッカーたちに対して反撃した乗客たちがコックピットに進入した様子が描かれているが、公式の調査報告書では、実際にそこまで辿り着けていないと結論されている。

一方で遺族向けに公開されたCVRの音声には墜落前にコックピットのドアの開く音が記録されていた。




出典: 「アメリカ同時多発テロ事件」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』




もしかすると、マレーシア航空370便でも、同じような出来事が起きたんじゃないのォ~?



その可能性も十分ありますよ。。。 とにかく、バダウィさん一人の犯行だったから、大勢の乗客が バダウィさんを取り押さえようと決起したわけです。。。

つまり、その格闘中に飛行機がコントロールを失ってインド洋に落ちてしまったと言うのォ~?

そうですよ。。。

だったら、機体の残骸が発見されてもいいじゃない!?

だから、その場所が たまたま“インド洋の魔の海域”だったので、未だに行方不明なのですよ。。。



(laugh16.gif)


【ジューンの独り言】


(bare02b.gif)

ですってぇ~。。。

あなたは、どう思いますか?

確かに、こういう飛行機に乗り合わせたら、たまったものじゃありませんよねぇ~!?

運命の悪戯(イタズラ)だと諦めきれないと思います。。。

 


(united93.jpg)



 

ところで、シルヴィーさんが出てくる面白い記事は他にも たくさんあります。。。

次の記事の中から面白そうなものを選んで読んでください。


(sylvie500.jpg)


『角さんと原発と天罰(2013年1月5日)』

『真紀子落選(2013年1月14日)』

『野火(2013年1月18日)』

『タイタニックと国際化(2013年2月1日)』

『宮澤理恵@Macao(2013年2月28日)』


(sunwind2.gif)

『チョコレートと軍産複合体』

『チョコレートと甘い権力』

『CIAの黒い糸』

『美しい日本語再び』

『宮沢りえブーム?』

『また、宮沢りえ?』

『浅間山噴火とフランス革命』

『なぜアクセスが急増したの?』

『気になる検索ワード』

『なぜ塩野七生批判』

『その検査、ムカつく!』

『宮沢りえと床上手な女』


(mh370a.jpg)

『MH370ミステリー』

『なぜ死刑廃止?』

『真犯人はそこにいる』

『MH370ミステリー裏話』

『お裁きを信じますから』

『ジャルパックと国際化』

『古代ローマのセックス』

『CIAとノーパン』

『エロいローマ再び』

『エロいけれどためになる話』

『えろあくにめ温泉』


(jump009.jpg)

『エロいけれどためになる』

『地球上のネット普及率』

『原発はダメだったのに』

『スカートをはいた兵隊』

『行田シンドローム』

『幻の暴走機関車』

『CIA@NOパンツ』

『やっぱり、セックス』

『セックス風呂具村』

『CIAの黒い手再び』


(banana82e.jpg)

『アダムとイブは何を食べたの』

『舞踏会 明子』

『波乱の人生』

『国際化だよね』

『イングナさんを探して』

『美しい日本語 チェーホフ』

『横の道@ニコライ堂』

『また塩野七生批判』

『日航スチュワーデス』


(cleopara2.jpg)

『クレオパトラ@塩野批判』

『テルモピュライの戦い』

『思い出の蓮』

『角さんと天罰』

『ラーメン@リガ』

『角さんと天罰がなぜ?』

『南京事件と反知性主義』

『あけびさんの卒論』

『愛は降る星の彼方に』

『サイバー戦争』

『エロくて、ごめんね』

『モバイル社会とガラケー』

『元老のアメリカ』

『ケネディ家の呪い』

『欧米を敵に回す』

『ソフィアからこんにちわ』

『ドイツが原爆をロンドンに』


とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。 バーィ。


(hand.gif)



(surfin2.gif)

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事



平成の紫式部、橘卑弥子でござ~ます
(himiko92.jpg)

『卑弥子の源氏物語』

『平成の紫式部』

■ めれんげさんの『即興の詩』

■ めれんげさんの『極私的詩集』

Jagel - Soft Japanese Bagel
(bagel702.jpg)

■ "JAGEL - Soft Japanese Bagel"


(linger65.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』


『センスあるランジェリー』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


(beach02.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人 - 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』




(rengfire.jpg)


(byebye.gif)

萌える愛

 

萌える愛

 



(valent6.gif)




(kgal05e.png)





(fireanim8.gif+spacer.png+renge62c.gif)




(manila05b.jpg)

デンマンさん。。。今日もふざけていますわねぇ~?


(kato3.gif)

やだなあああぁ~。。。 ふざけてませんよう。 かなりマジですよう。

でも。。。、でも。。。、燃える炎のアニメを貼り付けて、写真をベタベタ貼って遊んでいるではありませんかァ~!

あのねぇ~。。。 遊んでいるわけじゃない。。。 タイトルだけ注目を集めるようにしても、内容が伴わないと面白くないのですよ。。。

つまり、上の炎のアニメを持ち出してきて、写真を貼り付けることで読みにやって来たネット市民の皆さんが楽しめるだろうと思ったのですかァ~?

そうですよ。。。 レンゲさんも、面白いと思ったでしょう?

なんだか目障りですわァ~。。。

そんなことはないでしょう!? このアニメと写真を見て、ネット市民の皆様は 更に興味を呼び覚まされると思うのですよ。。。

。。。で、どなたが萌える愛にハマったのですかァ~?

ちょっと次のリストを見てください。。。


(liv80428a3.png)


『拡大する』

『萌える愛長歌』


 



これはライブドアの僕の『徒然ブログ』の日本時間で4月27日の午後1時54分から28日の午前3時1分までの約13時間の「生ログ」の一部です。。。 赤枠で囲んだ箇所に注目してください。。。



あらっ。。。 4月27日の午後2時11分にGOOの検索エンジンで検索して『萌える愛長歌』を読んだネット市民がいたのですわねぇ~。。。

そういうことです。。。 実は韓国のソウルに住んでいる 金 明淑(キム・ミョンスク)さんが読んだのです。。。

またIPアドレスを調べてキムさんを突き止めたのですか?

そうです。。。


(ip236116b.png)



つまり、この上の写真の女性が金 明淑(キム・ミョンスク)さんですかァ~?



そうです。。。 女子大学では、韓国で一番古い歴史のある梨花女子大学の人文科学大学人文科学部の3年生なのですよ。。。


(rika003b.jpg)





。。。で、金 明淑(キム・ミョンスク)さんは何を専攻しているのですか?



史学科に籍を置いて日本史を勉強しているのです。。。

そのキムさんが何で萌える愛にハマったのですか?

キムさんは『萌える愛長歌』を読んで次の箇所を読んで衝撃を受けたのですよ。。。



(kaguyama2.jpg)

 

春すぎて 夏来たるらし 白妙(しろたえ)の

 衣(ころも)ほしたり 天(あめ)の香具山




この短歌は、持統天皇が詠んだものですよねぇ~。。。



そうです。。。

でも。。。、でも。。。、この短歌を読んでも衝撃を受けるようなところはありませんわァ。。。

確かにレンゲさんの言うとおりです。。。 文字通りに解釈したら全く平凡で、つまらない歌ですよ。 “もうすぐ夏になるのだなあああぁ~、香具山のふもとで農民が白妙を干しているから。。。” 初めてこの歌を読んだ時、僕はこの歌の素晴しさが全く分かりませんでしたよ。 一体、何のために大伴家持(おおともやかもち)は、この歌を『万葉集』に載せたのか?

つまらない短歌なのに、編者の大伴家持は、なぜ持統天皇の歌を『万葉集』に載せたのですか?

だから、僕も不思議に思ったのですよ。 つまらない歌をわざわざ『万葉集』に載せる訳がないだろう! 僕だって、そう思いましたよ。

それで、大伴家持が持統天皇の上の歌を選んだ理由がデンマンさんには分かったのですか?

だから、僕はずいぶんと調べまくったのですよ。

でも、デンマンさんはブログの記事を書くので忙しいのでしょう?

そうですよ。 でもねぇ、これは人類の謎だと思って僕は7世紀の謎々を解くようなつもりで、マジで熱中して調べたのですよ。

それで、分かりました?

分かりましたよ。僕は上の短歌を次のように解釈したのですよ。


春が過ぎて夏が来たようだ。

天の香具山に美しく真っ白な衣が干してあるなあぁ~

でも、私の心はあの山の裏にある

磐余(いわれ)の池を見ているのです。

 


(iware01.jpg)

 

大津皇子が自害する前に池の端で

辞世の歌を読んだという。

自害の後で、皇子の妻であり、

私の腹違いの妹でもある山辺皇女が

髪を振り乱し、裸足で駆けて行き、共に殉死したという。

痛ましいには違いない。

しかし私は、ああせねばならなかったのです。

怨霊になって私を憎んでいるのかもしれないけれど、

私には他にとるべき道はなかったのです。

どうか、心安らかに眠っていて欲しい。




つまり、デンマンさんのこの説明にキムさんは衝撃を受けたのですか?



そうです。。。 更に、持統天皇の腹違いの妹でもある山辺皇女が髪を振り乱し、裸足で駆けて行き、大津皇子と共に殉死したという、そのことに萌える愛を見たというのです。。。

マジで。。。?

こういう真面目な時に 僕はデマカセや悪い冗談を言いませんよ。。。 上の歌を持統天皇は藤原京の宮殿から香具山を見て詠んだのです。

 


(fujiwara3.gif)

 



この地図で見れば分かるように、香具山の裏に磐余(いわれ)の池があるんですよね。 この池の端で大津皇子は辞世の句を詠んだのです。 現在では、ほとんどの歴史家が大津皇子は持統天皇の陰謀によって死なされたと見ています。



デンマンさんもそう考えているのですか?

そうですよ。 つまり、持統天皇は結果として自分と血のつながりがある甥の大津皇子と腹違いの妹を死に追いやったわけですよ。 この当時は怨霊ということがマジで信じられていた。

それほど怨霊は恐れられていたのですか?

そうです。 “怨霊の崇り”ということが現在で言えば“テポドンで攻撃を受ける”程度に怖いこととして考えられていたのですよ。 持統天皇だって、テポドンを宮殿に打ち込まれたくないので怨霊を鎮魂するために上の歌を詠んだ。 それが僕の解釈です。

なるほど。。。 キムさんは、そのデンマンさんの解釈に共感したのですか?

その通りです。。。

。。。で、キムさんは、そのことでデンマンさんにメールを出したのですか?

そうです。。。 レンゲさんは信じられないのですか?

どうせまた、デンマンさんは“信じる者は救われる!”と言いたいのでしょう?

その通りです。。。



(laugh16.gif)


【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~。。。

確かに、持統天皇の腹違いの妹でもある山辺皇女が髪を振り乱し、裸足で駆けて行き、

大津皇子と共に殉死したという事実には、

萌える愛が無ければ考えられませんよねぇ~。。。

あたくしも感動いたしましたわ。。。

ええっ。。。 そのような悲しい話はいいから、何か面白い話をしろ!

あなたは、そのように言うのでござ~ますかァ~?

分かりましたわァ。

じゃあ、気分直しに、あなたに面白いお話をお届けしますわァ。

ええっ。。。 どんな面白い話かってぇ~?

実は、最近 あたくしの“ヴィーナスのえくぼ”がネットで人気が出ているのでござ~ますわよう。

ええっ。。。 信じられないと言うのでござ~ますかァ?

じゃあ、ちょっと次の検索結果を見てくださいまし。。。


(gog60409a.png)

『拡大する』

『現時点での検索結果』

「卑弥子 女性の本当の魅力 ヴィーナスのえくぼ」と入れてGOOGLEで検索する殿方が多いのでござ~ますわァ。

つまり、あたくしの“ヴィーナスのえくぼ”を目当てにやって来るのですわァ~。。。

うふふふふふふ。。。

あなたも、ビックリするでしょう?

ジムに毎日通って“ヴィーナスのえくぼ”をゲットしたのですわよ。


(buttdimp5.jpg)

どうでござ~ますかァ?

ええっ。。。 あたくしのお尻だとは思えないのでござ~ますかァ~?

どうしてよう?

ええっ。。。 スタイルがよすぎると、おっしゃるのござ~ますかァ~?

あたくしが十二単を一枚、一枚脱いでゆくと、

最後には上のようなおヌードになるのですわよう。

信じてくださいましなァ~。。。

ところで、話は変わりますけれど、

かつて、レンゲさんの親友の めれんげさんは 一生懸命にブログを更新していたのでした。

でも、時には、他のことに夢中になって、会費を滞納したことがあったのでござ~ますわァ。。。

そのために、サイトを削除されてしまったのです。

それでも、2013年の6月にライブドアで『即興の詩』サイトを再開しました。

めれんげさんの『即興の詩』サイト

再開して間もないのに 検索結果 3,960,000件中の 9位に躍り出るなんてすごいですよねぇ~。。。


(gog30703.gif)

『現時点での検索結果』

現在、めれんげさんは お休みしています。

でも、これからも、ブログを通して「愛のコラボ」を続けて欲しいですよねぇ~。。。

かつて めれんげさんの「即興の詩をはじめました!」の『極私的詩集』サイトは 次の検索結果で見るようにトップを占めていたのです。


(gog30928a.png)

また、ブログを更新して トップに返り咲いて欲しいものです。

ところで あなたは「どうしたら、上位に掲載されるのォ~?」と考えているかもしれません。

その秘訣を知りたかったらデンマンさんが面白い記事を書いていますわ。

次のリンクをクリックして読んでみてください。


(seo001.png)

『おばさんの下着に見るSEO』

話は変わりますけれど、めれんげさんは可愛い猫を飼っています。

あなたも、猫ちゃんを飼っていますか?

ええっ。。。 ワンワンちゃんを飼っているのですか?

そういえばデンマンさんが『ワンワンちゃん』という面白い記事を書いていました。

気が向いたら下のリンクをクリックして読んでみてください。


(dog202.jpg)

『ワンワンちゃん』

とにかく、次回も興味深い話題が続きます。

あなたもどうか、また読みに戻ってきてくださいね。

では、また。。。


(hand.gif)



(surfing9.gif)

メチャ面白い、

ためになる関連記事



(linger49.gif)


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』


『センスあるランジェリー』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『軽井沢タリアセン夫人 - 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

■ 『あなたもワクワクする新世代のブログ』


(rengfire.jpg)

『SM家畜女』

『めれちゃんと倉持由香』

『肥後ずいきdeビックリ』

『めれちゃん@画像検索』

『めれちゃん@富士山』

『目覚めぬ夢』

『熱烈なファンの軌跡』

『花火とロマン』

『恋に染められ』

『恋に染めごろう』


(sayuri201.jpg)

『皆さん、ありがとう』

『メリエスの銀河鉄道』

『今年こそ自殺したい』

『その手に抱かれ』

『愛と性の秘められた物語』

『シビル・セリグマンと横尾真美』

『石川の郎女@ドイツ』

『目覚めぬ夢なの』

『目覚めぬ夢@プエルトリコ』

『家畜人ヤプー 性と愛』

『美尻を探して…』

『ズロースと乱歩』

『平成悲話』


(rengfire.jpg)

『パンツが並んだ』

『禁忌の愛を探して』

『淫らな恋を探して』

『オッパイ@アクセス数』

『熱狂的なファンのぬくもり』

『愛と心の構造探して』

『初めての接吻』

『夫婦de風呂』

『私を見つけたのね』

『や~らしか方言@坊さん』

『エロ文学』

『五重塔で心中』

『綺麗な写真に魅せられて』


(renge62e.jpg)

『双头爱染明王』

『性具@バンコク』

『愛de擬人法』

『ネットde世界』

『細川ガラシャと病める日本』

『愛と性の悦び』


(babdol6.jpg)

『ハレンチ@日本』

『ハレンチde日本』

『永遠の愛を探して』

『永遠の愛よね』

『yapoo家畜便器污』

『電脳海豚』

『死に誘われて』

『愛と心の構造なのね』

『愛の心が広まる』

『いとしき言霊』


(kimo911.jpg)

『カミュを読みたい』

『日本の神話』

『素敵な人』

『吉祥天に恋をして』

『ウィルスアタックだ!』

『めれちゃん、ありがとう!』

『萌える愛長歌』

『思い出のハロウィン』



(june06.jpg)

こんにちはジューンです。

バンクーバーでは例年に無い暑さを記録しました。

1960年7月30日に記録した33.3度を破って

今年の7月30日に 33.8度を記録したのです。

でも、日本の暑さと比べれば

たいしたことはありませんよね。


Hottest Day Ever Recorded

in Vancouver


Source: The Canadian Press
Posted: 07/30/09 8:09AM
VANCOUVER, B.C.


(june08c.jpg)

The city of Vancouver has registered its hottest day on record.

Environment Canada says a temperature of 33.8 C was recorded at Vancouver airport on Wednesday, shattering the previous high of 33.3 C that was set in 1960.

"A very strong ridge of high pressure is currently dominating all of B.C.," said Gary Dickinson, a meteorologist with Environment Canada.

"The ridge of high pressure also brought up from the south very warm air, which was responsible for the record-breaking temperatures."


ところで、今日は8月7日ですけれど、

最高気温は18度でした。

夏というよりも、もう秋という感じです。

わずか1週間しか経っていないのですが

変われば変わるものです。

あなたの地方では、いかがですか?

まだまだ暑さが続いているのでしょう?


(valent1.gif)

話は変わりますが、

デンマンさんがレンゲさんの記事を集めて

一つにまとめました。

もし、レンゲさんの記事をまとめて読みたいならば、

次のリンクをクリックしてくださいね。

■ 『最近のレンゲ物語 特集』


(wildrose.jpg)

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。



(bikini84b.jpg)


(kissx.gif)

プロフィール

次郎

  • Author:次郎
  • 次郎の徒然ブログへようこそ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Hit Graph

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Follow Me
Twitter
ブログ内検索
RSSフィード
リンク