死ぬほど愛して、死ぬまで愛して




死ぬほど愛して、

死ぬまで愛して。。。

 






62歳の米女性、無事男児出産



【2006年2月21日 AP通信】

米カリフォルニア州に住む62歳のジャニス・ウルフさんが
6.9ポンド(約3Kg)の男児を無事出産した。
こうしてジャニスさんは世界最高齢出産の記録保持者の仲間入りをした。

3番目の夫のスコットさん(48)との間に生まれたこの男児は、
ジャニスさんの12番目の子供となった。
彼女にはすでに20人の孫と3人のひ孫がいる。

出産にあたっては、糖尿病や高血圧で母体の健康が心配されため、
予定日よりも一週間早めで帝王切開したが、出産は順調だった。

世界最高齢出産はルーマニアの女性で、66歳だった。
彼女は2005年1月に帝王切開で出産をした。

ギネスブックには、他にも63歳のイタリア人女性が1994年に出産している。


デンマンさん、この話題って。。。イギリスの女性ではなかったのですか?

そうですよ。つい最近報道されたニュースはイギリス人の児童心理学者のパティー・ファラントさんの事ですよ。次のように報道されました。


A 62-year-old has become

the oldest British woman


to give birth after delivering a healthy baby boy.

Child psychologist Patti Farrant - known professionally as Patricia Rashbrook - delivered her son "J.J." by caesarean section on Wednesday.
The baby was conceived after fertility treatments.

Farrant has three grown children from a previous marriage.
It is the first child with her current husband, John Farrant, 60, an education management consultant.

"He is adorable, and seeing him for the first time was beyond words," she was quoted as saying by the Daily Mail.
"Having been through so much to have him, we are overjoyed.
His birth was absolutely wonderful and deeply moving for both of us."



John and Patti Farrant

SOURCE: Associated Press (London) July 8, 2006


子供が生まれるように治療を受けたあとでパティーさんは思い通り妊娠することができたんですよ。元気な赤ちゃんを見た後で、やはりその喜びを隠しきれない様子ですよね。こうして写真を見ても幸せそうでしょう?

そうですわねぇ~。元気な赤ちゃんが生まれてよかったですわねぇ~。

パティーさんも感激して次のように言ってるんですよ。


赤ちゃんはとてもかわいくて、言葉に言いつくせないほどです。
生まれるまで大変な思いをしてきたので、喜びもひとしおですわ。
あたしもジョンも本当に感激しています。


それで、デンマンさん、一体どうして急に高齢出産の記事などを持ち出してきたのですの?あたしと洋ちゃんのことを書くつもりではなかったのですか?

実はね、このページのトップに載せた引用記事は僕が3月12日に書いたものなんですよ。

それがどうしたと言うのですか?

その記事をRealogのブログにも載せたんですよ。その記事(『いつまで愛し合い、求め合うことが出来るのでしょうか?PART 1』)に対して“もずり”さんから次のようなコメントをもらったんですよ。



私の現在進行中の体験を書き送ります。
私69歳、彼女76歳

私達は15年前から
男と女の関係を続けております。
以前サラリーマン時代、
大阪に勤務して居りました時に知り合い、
彼女は大阪住まい、
私は現在九州に帰り、
今も遠距離恋愛を続けております。

2ヶ月に1回私の方から大阪に出向き、
ビジネスホテルで
2泊3日の逢瀬を重ねております。

延べ45時間ホテルに籠りきりです。
食事は近くのスーパーで買って
ホテルに持ち込む場合と
ルームサービスで間に合わせています。

二人とも部屋では
テレビを見る時も食事の時も、
何時も裸でいます。
互い肌に触れ合い、
私が可能になれば即、
彼女は上位になって覆い被さってきます。

45時間内に8~9回は肌を合わせます。

今回私の言いたい事は
歳に関係なく男女共異性を欲しがるし、
又可能なものです。
高齢者からの一言です。
失礼しました。

by もずり-0814

2006/07/12 20:46


なんだかすごいコメントですわねぇ~。

レンゲさんも“すごい”と感じますか?

もちろんですわ。とってもお若いと思いますわ。

どうしてですか?

だって、45時間内ということは丸2日間ですわよねぇ~。でも、その間に眠る時間もありますでしょう。。。つうことわあああ。。。仮に1日当たり、少なくとも6時間眠ったとしますわねぇ。そうすると、45時間のうちの12時間がロスタイムになりますねん。

なるほど。。。

。。。と言うことわぁ~。。。実際に愛するために使える時間は33時間ということになりますわねぇ~。

そういうことですよねぇ。

そうすると、仮に8回肌を合わせるとしますやん。。。、すると。。。4時間ごとに愛し合うことになりますねん。

レンゲさんは、こういうことになると文学系と言うよりも、むしろ理工系になるのですね。

デンマンさん、それはあたしをからかっているのですか?それともコケにしているのですかぁ~?

ちがいますよ。僕はレンゲさんをからかっているのでも、馬鹿にしているのでもありませんよ。僕はレンゲさんの“恋愛の美学”に対して、いつも感心させられているんですよ。

“恋愛の美学”だなんて、デンマンさんはいつもオーバーなんですわぁ~。

決してオーバーではありませんよ。レンゲさんの場合には、なんと言うか。。。愛することにも“美学”にこだわりがありますよ。

どういうことですの?

レンゲさんならば45時間も同じ場所にこもって愛することに耐えられませんよね?

デンマンさんは、どうしてあたしが秘密にしていることまでご存知なんですの?

秘密にしているって。。。レンゲさんは僕に何でも話してくれるじゃないですか?

だってぇ~、あたしが秘密にしていることをデンマンさんにお話しすると、デンマンさんはとっても喜んでくれるし、そういう時って、デンマンさんは、とっても優しくなるんですねん。それで、あたしは、ついつい秘密にしていることまでデンマンさんに喋(しゃべ)り捲(まく)ってしまいますねん。

だから、僕は知っているんですよ。

あたしが、“恋愛の美学”なんて大げさな事をデンマンさんに言いましたあぁ~?



話してくれましたよ。清水君とファンディー(fundies)をはいて、つながったままドライブすることだって話してくれたし、夜桜見物しながら車の中でシコシコと愛し合う事だって僕に話してくれたじゃありませんかぁ~。

でも、それと“恋愛の美学”とどういう関係がありますの?

つまりね、レンゲさんは退屈する恋愛に耐えられない。それはベッドの中で愛し合うことにも当てはまるんですよ。だから、レンゲさんは清水君ともいろいろな場所で愛し合う。夜桜見物しながら愛し合うなんて風流ですよ。ちょっと上の写真を見てくださいよ。万葉集の世界に車と一緒に入り込んで、ロマンと詩的な雰囲気の中で愛し合う。文学的な世界の中で愛し合う。レンゲさんのオツムの中では、愛することは常に詩的な甘美さを伴っている。また、それを追い求めるレンゲさんがいる。僕はそのことにレンゲさんの“恋愛の美学”を感じるんですよ。そうして生まれた詩がレンゲさんが書いた次の詩ですよ。





至福の悦び



2006/06/10

あなたとわたしが結ばれるには
このベッドは小さすぎる

甘い蓮華の花が咲く
広くて果てしないお花畑が
あなたとわたしが愛し合うベッド

ぬけるように青い空が
あなたとわたしが愛し合うベッドの天蓋
天までとどく白い大きな4つのポストが
青空を支えるようにそびえている

蓮華の花びらが敷き詰められた
肌ざわりのいいシーツと
柔らかなダウンがいっぱい詰まっている
大きなまくら

朝から晩まで
あたなとわたしはベッドの中にいて
いっぱいキスして過ごす

ふたりはずっとわらっている
わたしはしあわせすぎて
時々泣いたりする

あなたはわたしの涙を
優しい唇で拭ってくれる
あなた...
いとしい人...



今のわたしの涙は嬉し涙
しあわせなメロディーが
この胸の中にとまらなくて
あなたの胸へと伝わってゆく

そしてわたしは
あなたのくちびるが
わたしのくちびるに
かさなる瞬間まで
じっと見つめている

まぶたをとじて
じっくりと味わう

わたしの愛を
あなたのくちびるに差しだす
あなたは舌でからめとる

わたしの愛が
甘く透きとおって
あなたの舌のうえで
ゆっくりととけてゆく

あなたの愛は
キラキラ光って
あなたのくちびると
同じ味がする

わたしは全ての感覚で
あなたを愛しているから
わたしの全てが
あなたを恋しく思う
あなた...
いとしい人...



もうすぐわたしは生まれかわる
この手で殻を破り
あなたの女になって...

あなたの愛がこの身体に
一直線の光となって
さし込んで来るまで
わたしはもがき続ける

あなただけの女に生まれるために
わたしは苦悩する
そして強くなる
次の殻を破るための
力を手に入れる
何度も何度も
わたしは生まれかわる
あなたのために
あなた...
いとしい人...

あなたの全てがいとおしい
あなたのまぶたをくちびるで愛撫する
くちびるから全身にしびれるような
熱い波がひろがってゆく
狂おしいまでに
わたしはあなたの腕に抱きしめられて身悶える

あなたがわたしをつつむやすらぎの光
おだやかな時がいつまでも流れてゆく
あなたにやっと出会い
そして愛し合う

こんなに強く抱きしめた腕
ふたりは確かに結ばれて
身も心もとけあう
あなた ・ ・ ・
いとしい人 ・ ・ ・

あなただけが与えてくれる
この至福
あなただけが教えてくれる
この悦び
あなただけが癒してくれる
この寂しさ
あなただけが満たしてくれる
この虚しさ
あなた ・ ・ ・
いとしい人 ・ ・ ・

初めての出会いから
分かっていた
夕べのしじまの中で
あなたと交わした愛が
とこしえに続くことを

愛している
今朝はすべてが澄み切って
誰にもじゃまはできない

あなたとわたしは確かに結ばれて
身も心もとけあう
あなた ・ ・ ・
いとしい人 ・ ・ ・

by レンゲ




『至福の悦び』より


でも、この詩は洋ちゃんと愛し合った後で書いたのではありませんわ。あたしがバンクーバーでデンマンさんに抱かれて感じた愛を詠(うた)ったものですわぁ~。

分かっていますよ。。。分かってます。。。でもねぇ、何度も言うように、このような文脈の中でレンゲさんが不注意に漏らす言葉が、これを読む人に誤解を与えてしまうんですよ。

あたしが誤解を与えるようなことを何か言いましたぁ~?

言いましたよ。言ってしまったじゃありませんかア! “デンマンさんに抱かれて感じた愛”だと。。。このようなことをレンゲさんが言ったら、どう読んでも、僕とレンゲさんがベッドの中でエッチしたんだろうと、これを読む人が当然のように受け止めてしまいますよ。

だってぇ~、あたしとデンマンさんはベッドの中で確かに愛し合いましたわぁ~。あたしはデンマンさんに抱かれて眠ったのですもの。。。

だから、そのように言うことが、ますます誤解を深めてしまうんですよ。んも~~

だってぇ~、他に言いようがありしませんわあああ~~

だからぁ~、誤解を与えるようだなぁ~。。。と思ったら言わなければいいんですよ。“口は災いの元”と言うでしょう?レンゲさんだって聞いたことがあるでしょう?

もちろん知っていますわ。

だから、そういう時には言わないことですよ。

でも、言ってしまいましたわぁ。。。。うふふふふ。。。。

レンゲさんのオツムノ中で僕は“星の王子様”になってしまっているんですよ。レンゲさんだって知らないわけじゃない。でも、レンゲさんは、自分の“小説的人生”の中で酔っている。




抑鬱がひどいのですが、

お礼をさせていただきます。


2004-8-1 15:39

わたしのような、ネットの何たるか、
ネチケットとは何か、
そういったことをわきまえず、
まして精神的落伍者の
垂れ流し文章を、
熟読していただいたことを、
心から感謝いたします。

わたしはいつも、
自分に欠落している部分を、
何かで埋めておかないと、

転落の一途をたどるような
弱い人間です。

そのせいで、デンマンさんが名付けてくださった
小説的人生」を
送って来ざるを得なかったのかもしれません。

デンマンさんに、わたしの内面を見ていただいて、
最初の印象を払拭していただいたと信じています。
ありがとうございます。

by レンゲ

『心の恋人リスト』より


分かりますか、レンゲさん。。。この欠落部分を埋め合わせるために、レンゲさんは今でも小説的人生を歩もうとするところがありますよ。

あたしの今の欠落部分って何ですの?

だから、清水君と別れたと言うことですよ。それを埋めようとしている。オツムの中で詩的な自分だけの世界を作ろうとしている。バンクーバーはレンゲさんにとって詩的な世界になっているんですよ。確かに清水君を含めたレンゲさんの現実の世界から比べると、バンクーバーでの暮らしはレンゲさんの好奇心を満たし、レンゲさんの詩的な感性を満足させてくれる。そのような景色や情景や雰囲気が漂っている。心の痛みを忘れて、レンゲさんはそのことに酔いしれようとしている。その中でデンマンという「おっちゃん」を“星の王子様”として飾り立てている。レンゲさんのしていることはそういうことですよ。レンゲさんの書いた詩の中の“あなた”は僕であって僕じゃない。レンゲさんのオツムの中の星の王子様ですよ。レンゲさんにだって分かっているでしょう?

デンマンさんは、そうやって、あたしの頭からバケツで冷たい水をかぶせるのですわ。

レンゲさんがいつまでも16才の夢見る乙女のように星の王子様の世界で酔っているからですよ。もっと、現実をじっと見詰めたらどうですか?清水君との関係をもっと真剣に考えたらどうですか?レンゲさんが書いた上の詩はすばらしと思いますよ。でも、それはレンゲさんの現実逃避なんですよ。



いいえ、あたしは決して16才の乙女のつもりで夢を見ているわけではありません。夢を見ているのは、実はデンマンさんのほうですわ。

僕が思春期の乙女のように甘い夢を見ながら恋に恋しようとしていると言うのですか?

そうですわ。デンマンさんがあたしに求めているものは、現実のあたしではありしませんわ。何度も何度も上の16才の頃の写真を持ち出してきて、あたしがまだ男にうぶだった頃の乙女をデンマンさんは求めているのですわ。デンマンさんは絶対にロリコンですねん。

レンゲさんは、何が何でも、僕をロリコンにしたいのですね?

だってぇ、そうですやんかあああ~~ デンマンさんが求めている女は過去のあたしです。だから、あたしがデンマンさんの女になりたいと言っているのに、デンマンさんはあたしをデンマンさんのモノにしてくれないんですねん。そうでしょう?

レンゲさん、ここで問題にしているのは、レンゲさんと清水君のことですよ。清水君の関係がこじれているのに、新たに僕との関係を持ち出してきて、なおいっそうこじらせることは無いですよ。モノには順序と言うものがありますよ。まず清水君とレンゲさんの関係をレンゲさんにとって意味のあるものにすることが重要でしょう?そう思いませんか?

それでデンマンさんは、あたしに何をお説教したいんですねん?

お説教ではありませんよ。少しでも僕の言うことがアドバイスになって、レンゲさんが清水君とヨリをもどして、また幸せに暮らしてくれればすべてがうまく行くなあああ。。。。と思っているだけですよ。

それで何がおっしゃりたいのですか?

清水君はレンゲさんが書いた詩に全く見向きもしない。りんごの嫌いな人にりんごを食べさせるのは酷(こく)ですよね。でも、僕はレンゲさんの書いた詩が好きですよ。なぜなら、レンゲさんは詩の中に素直に自分を表現する。レンゲさんが書いた詩や手記を読んでいると、レンゲさんのすばらしさが結晶になって星屑のように夜空にきらきらと光っている。だから、僕はレンゲさんの詩を読んでいると見飽きることがない。レンゲさんが詩的に僕のオツムにインスピレーションを与えてくれるんですよ。

だから、何度も言ってますやんかああああ~~あたしは、そうやってあたしの詩を分かってくれるデンマンさんの女になりたいってぇ~。。。

それが飛躍なんですよ。それが境界性人格障害に特徴的な衝動性なんですよ。欠落部分を衝動的に埋めようとするレンゲさんのこだわりなんですよ。それは決して愛ではないんですよ。

。。。で、それは一体なんですの?

だから、こだわりですよ。病的なこだわりですよ。何が何でも僕を星の王子様にしてしまおうというレンゲさんの詩的なこだわりですよ。小説的人生ですよ。

デンマンさんは、またそうやって、あたしの頭からバケツで冷たい水をかぶせるのですわ。

レンゲさん、もうちょっと冷静になりましょうね。レンゲさんが気持ちを静めることができるように、ここで僕が“もずり”さんに書いた返信を載せますからね。ちょっと気持ちを落ち着けて読んでみてくださいね。


もずりさん、貴重なコメントありがとうございます。
URLを書いてくれると信憑性の点で
僕はさらに喜んでしまうのですけれど。。。。
うへへへへへ。。。。

でもね、明日レンゲさんと何を語ろうかと考えていたので、
もずりさんのコメントは、信憑性を抜きにしても
高齢者社会の恋愛体験ということで、
僕にインスピレーションを与えてくれましたよ。

ここで、僕に提案があるんですが。。。
これからはますます高齢者が続出しますからね、
もずりさんと“彼女”との関係を、
ちょうど僕がレンゲさんとダイアログという形式でブログに書いているように、
もずりさんも同じように書くなら、高齢者にとって大きな励みとなると共に、
すっご~♪~く参考になると思いますよ。

どうですか?
“60歳の手習い”ですよ!
ブログを立ち上げて“老いらくの恋(第2の青春の恋)”を謳いあげてみませんか?

僕は常連になって読ませてもらいますよ。
もちろん、コメントも書きたいと思います。うひひひひ。。。。

いづれにしても、明日のレンゲさんとの対話の題材がこれで決まりましたよ。
うへへへへへ。。。。


ありがとうございました。

(*^_^*)キャハハハ。。。
(^_^)キャハハハ。。。
(≧Д≦)ノ彡☆もっと教えて☆教えて★教えてぇぇ★☆!!
(^Д^)ギャハハハハ。。。。
(≧ω≦)
(⌒∀⌒)ノキャハハハ。。。

じゃああね。
バ~♪~イ!

マジでしたああああ。

by デンマン  2006/07/13 15:10

『いつまで愛し合い、求め合うことが出来るのでしょうか?PART 1』のコメント欄より


どうですか、レンゲさん?

デンマンさんらしい返信ですわ。どこまでがマジで、どこまでが冗談なのか?。。。あたしも時々思いあぐねることがありますわ。デンマンさんに冷たいバケツの水を頭からかぶせられたような気がして、落ち込んだ気分でしたけれど、こうしてデンマンさんが書いた返信を読んでいると、落ち込むのも、なんだか馬鹿らしく思えてきましたわ。

そうでしょう?。。。だから、別に落ち込む必要なんて無いんですよ。こうして60才になっても70才になっても愛し合う人は居るのだから。。。

あたしと洋ちゃんはどうしてうまく行かないのでしょうか?

うまく行かないんじゃなくて、うまくやろうとする気持ちがレンゲさんに欠けているからですよ。今回の清水君の事だって、レンゲさんが恐れている“見捨てられ感”を必要以上に意識したから別れることになったんですよ。


わたしの心の軌跡

投稿日時: 2004-9-8 11:45

わたしは精神障害者です。
しかも、誰もが関わりたがらない
境界性人格障害者です。
時に、感情の爆発という
発作も起こります。

愛憎にあやつられる人生です。
わたしの世界には、
シロかクロしかありません。
誰かに愛着をかんじすぎると、
怖いのです。
見捨てられ感、迫害妄想で、
全面的に愛していた人のことを、
全面的に否定してしまうのです。

そのうえ、わたしはある人に対して、
“ほれこむ”ということも、よくあります。
でも、その場合でも、
相手から見れば全く理不尽な
理由で、ほれこんでいた人のことを、
全否定してしまうのです。

これらは、精神の発達が
未熟であるのはもちろん、
幼少時の体験によって
「見捨てられる恐怖」が、
頭にこびりついていて、
見捨てられる(つらさを味わう)くらいなら、
こっちから先に、
相手との関係を絶つ、という
逃げの行動なのです。

わたしは、この障害で苦しんでいます。
わたしに関わったことで、
理不尽な気持ちで去ってゆく
“被害者”の方々も、多いと思います。
治せるものなら治したい。
でも、幼い頃の心の傷が、
真人間になることを、
かたくなに拒み続けます。
二度と傷つきたくないから、
防衛するのです。
この硬い殻を、どうすればこわせるのか・・・

治療はうけていますが、今は目先の“うつ”
の治療が主です。
それも、最近容態が悪いようで、
心理テストなどばかり受けています。

長々と書いてしまいましたが、
こんな(迷惑な)人間もいるのだということを、
書き連ね、より自虐的に、とことんどんぞこまで
落ち込み、自分への罰としたいとおもいます。

by レンゲ

『未熟者であることに甘えていることがすべての問題を生んでいる』より


分かりますか、レンゲさん?。。。この逃げの行動ですよ。清水君と別れた。欠落部分ができた。それでレンゲさんはその欠落部分を埋めようとしてバンクーバーへやって来た。そうして書いた愛の詩が上に示した『至福の悦び』ですよ。

デンマンさんは今でもあたしを愛してくれていますよね?

もちろんですよ。僕はレンゲさんの期待する愛で不倫することはできないけれど、誰よりもレンゲさんを愛していると思っていますよ。

あたしは、どうして洋ちゃんとうまくやってゆけないのでしょうか?

レンゲさんは“継続は力なり”と言う格言を知っていますよね?

ええ、聞いたことがありますわ。


私達は15年前から男と女の関係を続けております。


もずりさんと“彼女”は15年という時間をかけて“愛”を熟成させている。僕とレンゲさんの“愛”はまだ2年ですよ。レンゲさんと清水君の“愛”は、たったの半年ですよ。“継続は愛の源泉なり”。。。僕はそう思いますよ。

あたしに洋ちゃんと長くやってゆこうとする気持ちが無いとおっしゃるのですか?

もちろん、全く無いわけではないでしょう。でも、“見捨てられ感”が邪魔をしてその気持ちが消えてしまう。

そうでしょうか?

だからね、清水君と仲直りすることを考えてみてくださいね。もずりさんと“彼女”のように長く続く愛を育ててくださいね。

できるでしょうか?

できると信じて仲直りしてくださいね。とにかくね、レンゲさんと僕は“心の恋人”としてまだ2年しかたっていないんですよ。それにもかかわらず、レンゲさんには上のようなすばらしい詩が書ける。15年後のレンゲさんが、どのような詩を書いてくれるのか?僕は、そのことが楽しみですよ。うへへへへ。。。

【ここだけの話しですけれどね、僕はレンゲさんと清水君がヨリを戻してくれることを願っているんですよ。できれば結婚してほしいと思っています。もちろん僕は、レンゲさんを心の恋人だと思って愛し続けることができます。あなただって、レンゲさんにはすばらしいものがあると言うことが分かるでしょう?そのすばらしいものを僕は愛しているんですよ。ええっ?まだ良く分からないの?だったらね、これから僕が書くレンゲさんの記事を読み続けてくださいよね。きっとあなたにもレンゲさんのすばらしさが分かるはずですから。うへへへへ。。。。とにかくね、レンゲさんの話の続きは、ますます面白くなりますよ。どうか期待して待っていてくださいね。もっとレンゲさんのことが知りたいのなら、下にリンクを貼っておきましたからぜひ読んでくださいね。】

       
レンゲさんの愉快で面白い、そして悩み多いバンクーバーの日々は
次のリンクをクリックして読んでください。

■ 『レンゲのバンクーバー紀行』



バンクーバーから戻ってきたレンゲさんの新しい悩みは次のリンクをクリックして読んでください。

■ 『夢のバンクーバー“後記”』
 
レンゲさんをもっと知りたい人は。。。。

■ 『レンゲの悩みの数々。。。本当にわたしは悩みの宝庫です。。。』

■ 『“愛の正体” と “レンゲのテーマ”』

■ 『不倫の悦びと苦悩』

レンゲさんの写真を見たい人は。。。

■ 『レンゲさんのスナップ写真集』

■ 『レンゲさん、あなたは実はメチャ美人なんですよ!』
スポンサーサイト

テーマ : 熟年おやじの青春記
ジャンル : 恋愛

プロフィール

次郎

  • Author:次郎
  • 次郎の徒然ブログへようこそ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Hit Graph

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Follow Me
Twitter
ブログ内検索
RSSフィード
リンク