Visitor from San Juan


 
 
Visitor from San Juan
 
  


TAKE ME TO PUERTO RICO









Kato, the above bikini-clad girl did visit your blog, didn't she?



How do you know?

...'cause you posted a salacious article the other day.

Salacious article?

Yes, the following excerpt is really obscene, isn't it?
 

No panties, please!



In the first place, the Japanese women used to wear no panties---let alone, brassiere.
Men wore a loincloth while women wore "koshi-maki(腰巻)" or something like petticoat.



Women in

"koshi-maki(腰巻)"


In 1919 the headmaster at Ochanomizu girls' high school forced his students to wear panties or drawers.
After graduation, however, 90 percent of those students stopped wearing panties simply because they abided by the prevailing custom.

One of the reasons why the Japanese women started to wear panties is to have experienced some major disasters, one of which was the Great Kanto Earthquake that took place in 1923.
Another disaster was the fire that happened at the Shirokiya Department store in 1932.
The shoppers involved in the accident tried to escape the fire using a rope along the exterior of the building.

However, the female shoppers didn't wear panties.
A great number of onlookers watched the escaping women, who hesitated to jump down because of their sense of prudery.
If the female shoppers jumped down, the hem of their kimono would flare up and their private parts would expose themselves to the eyes of the curious onlookers.
Instead, the women preferred burning-to-death to exposing their private parts.

Since this fire, the Japanese women started to wear panties.

(translated by Kato)
(pictures from the Denman Library)




206 page
"When did the Japanese feel ashamed of nakedness"
by Akira Nakano;
published by Shincho-sha(新潮社)
on May 25, 2010

Quoted in :
"Unwashed Panties and
Good Gals in Bed"

(August 25,2011)
『生パンツと床上手』に掲載




Diane, are you saying, this is a lewd article?



Yes, of course, it is.  Look at the above title---"Unwashed Panties and Good Gals in Bed," in which you quoted the excerpt.

I didn't write the above passage, which is actually written by another writer.

I know that, but your article sounds salacious.

Does it?

Yes, you seem to be preoccupied by unwashed panties, don't you?

Oh, Diane...you're so nice to say that... :)

Don't be silly, Kato...Be serious!

So, Diane, tell me how the bikini girl has something to do with the above article.

Have you ever heard of the following saying?



"Birds of a feather flock together."



Oh, yes, I've heard of that.  So what are you getting at, Diane?



Well..., she belongs to a salacious group of yours.

I see...a quite interesting interpretation of the above proverb, isn't it?  However, I don't think she is a lewd girl.  Actually, she is a beauty-conscious girl.

How do you know?

Look at the following screen.





This is how I met her.



I see...your favorite FEEDJIT list, isn't it?  I see a Canadian flag in the top entry of the list.  Is that you, Kato?

Yes, I am.

I also see "A visitor from San Juan" in the second-bottom entry.  San Juan of Cuba?

Oh, no.  She came from Sa Juan of Puerto Rico.




San Juan



San Juan is officially called "Municipio de la Ciudad Capital San Juan Bautista (Municipality of the Capital City, Saint John the Baptist)"---the capital and most populous municipality in Puerto Rico, an unincorporated territory of the United States.



As of the 2010 census, it had a population of 395,326 making it the 46th-largest city under the jurisdiction of the United States.

San Juan was founded by Spanish colonists in 1521, who called it Ciudad de Puerto Rico ("Rich Port City"). Puerto Rico's capital is the second oldest European-established city in the Americas, after Santo Domingo, in the Dominican Republic.

Several historical buildings are located in San Juan; among the most notable are the city's former defensive forts, Fort San Felipe del Morro and Fort San Cristóbal, and La Fortaleza, the oldest executive mansion in continuous use in the Americas.



Today, San Juan is one of Puerto Rico's most important seaports, and is the island's manufacturing, financial, cultural, and tourism center. The population of the Metropolitan Statistical Area, including San Juan and the municipalities of Bayamón, Guaynabo, Cataño, Canóvanas, Caguas, Toa Alta, Toa Baja, Carolina and Trujillo Alto, is about 2 million inhabitants; thus, about half the population of Puerto Rico now lives and works in this area.

San Juan is also a principal city of the San Juan-Caguas-Fajardo Combined Statistical Area. The city has been the host of numerous important events within the sports community, including the 1979 Pan American Games, 1966 Central American and Caribbean Games, 2006 and 2009 World Baseball Classics, the Caribbean Series and the Special Olympics and MLB San Juan Series in 2010.

SOURCE:
San Juan, Wikipedia
PICTURES: from the Denman Library


San Juan, Puerto Rico:

Colourful houses,

cobblestoned street






I see...but tell me, Kato, what makes you think that the visitor is a beauty-conscious girl.



Look at the following screen.





Oh, my!...look at the woman with big boobs in a yellow dress.



Look, Diane!... I'm not talking about the busty woman...but a woman with big buttocks.

I see...the woman at the middle of the bottom row, you mean?





Yes, that's the woman I'm talking about.



But how do you know that the bikini-clad woman searched that particlar woman on the Net?

A good question, Diane.  When I clicked the pink link in the entry of the list, I came up the following screen:





You've gotta be kidding!



No, I'm quite serious.  If you doubt, you might as well go to http://denman705.blogspot.com then click   Real-time view Menu   and then click the pink link in the entry.  If you're lucky enough, that particilar entry is still in the list.

But, Kato, you haven't answered my question.  What makes you think that the visitor is a beauty-conscious girl?

The bikini-clad girl chose the african girl with big buttocks, and then she read the background article, which is "Diane in Bustle Skirt" as you see in the above screen.



"Diane in Bustle Skirt"

(September 12, 2011)




So, Kato, you think the girl read the above article, don't you?



Yes, most definitely, she did.

How come you're so sure?

'Cause the FEEDJIT record shows that she actually clicked the following link as shown in the entry:



"Diane in Bustle Skirt"

http://denman705.blogspot.com/2011/09/diane-in-bustle-skirt.html



I see.



If you doubt, you might as well click   Real-time view Menu   and hit the pink link.

But, Kato, you still haven't answered my question.  What makes you think the visitor is a beauty-conscious girl?

Diane, I thought you were smart enought to figure it out by now.  The bikini girl watched the black woman with big buttocks, then came to understand that the Victorian fashion---namely, bustle skirt---had come from the girl with a sticking-out ass.

Really?

Look at the following three pictures:


 
 

 
 

 
 

 
 




When you take a close look at the above pictures, you should be able to understand that the bustle skirt came from the black woman with a sticking-out ass.



I see...so the visitor from San Juan was looking for something special that would make her look beautiful.

Yes, that's why I'm saying the bikini-clad girl is beauty-conscious.  She also read the following excerpt:


Rear End



A middle-aged woman in the square recalled the story of a beautiful singer in the 1950s who was approached by a drunk.
The drunk yelled out, "I've half a mind to screw you."

The singer wagged her finger at him and replied, "If you do and I find out about it..." That is the spirit of these women.

The men of Sutri appreciate these women. But it is not the beautiful women who draw the most attention. Beautiful women require little imagination. The real challenge is to find the extraordinary in the woman whom others don't notice.

There is a man in the square who stares at one woman and only that woman. As hard as I've tried, I cannot tell what he sees in her. She is amaller than average, has thinning hair and a torso that is more boyish than that of most middle-aged Italian woman. Her posture is less than perfect, and she has large misshapen buttocks.



On a Sunday morning, I was in the piazza with Nicolaia, when the woman walked by us on her way back from the Duomo. Her admirer was on the other side of the piazza and, true to his obsession, was staring at her. Not offensively, but noticeably.



The woman was almost through the square when I caught Nicolaia smiling at her. And suddenly I saw what they saw: the deformed rear end. Divorced from its relationship to other parts of her body or how hers compared with the same part of other women---in other words, viewed as a pure form---her rear end was of great merit. There was also a pent-up exuberance about it.

(PICTURE: from the Denman Library)




pp.174-175 "Pasquale's Nose"
(Idle Days in an Italian Town)
by Michael Rips © 2001
ISBN 0-316-74800-5


Calcata, Sutri,

and Viterbo (Italy)






Tell me, Kato, how you know she read the above passage.



It is quite simple.  The bikini-clad woman was impressed by the way you were dressed up in a bustle skirt.





Are you sure?



Yes, of course, I am...'cause she was moved by the above passage and decided to buy a bustle skirt like the one above.

How do you know?

I know...the girl in San Juan put it on the way you wore it, and indeed she walked around to impress the men in San Juan---just like the Sutri woman.

How the hell do you know?

I know...otherwise, I wouldn't have written this article in the first place... :)


【Himiko's Monologue】



Wow! What a lovely place San Juan is!
I wish I could fly over there right now.
Kyoto is a nice place, but it has no seas, you know.
An ocean is one thing; romance is another.

Come to think of it, I've never met a decent man in my life.
How come I'm always a loner?
I wish I could meet a nice gentleman at the library in my town as Diane met Kato.
Well, they say, there is a way where there is a will.

Have a nice day!
Bye bye ...










"Cleopatra"

"Queen Nefertiti"

"Catherine de Medici"

"Catherine the Great"



"Mata Hari"

"Sidonie Colette"



"Marilyn Monroe"

"Hello Diane!"

"I wish you were there!"

"Jane Eyre"



"Jane Eyre Again"

"Jane Eyre in Vancouver"

"Jane Eyre Special"

"Love & Death of Cleopatra"

"Nice Story"



"Scrumdiddlyumptious"

"Spiritual Work or What?"

"What a coincidence!"



"Wind and Water"

"Yoga and Happiness"

"You're in a good shape"



"Hellelujah!"

"Ecclesiophobia"

"Uncorruptible"

"Net Travel & Jane"



"Net Love"

"Complicated Love"

"Electra Complex"

"Net Début"

"Inner World"



"Madame Riviera and Burger"

"Roly-poly in the North"

"Amazing Grace"

"Diane in Paris"

"Diane in Montmartre"



"Diane Well Read"

"Wantirna South"

"Maiden's Prayer"

"Bandwidth"

"Squaw House and Melbourne Hotel"



"Tulips and Diane"

"Diane in Bustle Skirt"

"Diane and Beauty"

"Lady Chatterley and Beauty"




ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事





■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』


■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』



■ 『軽井沢タリアセン夫人 - 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』





『夢とロマンの横浜散歩』

『下つきだねって言われて…』

『銀幕の愛』

『パリの空の下で』

『愛の進化論』



『畳の上の水練(2011年3月15日)』

『軍隊のない国(2011年3月21日)』




Hi, I'm June Adames.

I'm surprised to read about the Victorian prudery.

These days, I quite often see nudity in magazines and movies.

When you see Madame Emmanuelle in the film,

you cannot avoid nudity.



Emmanuelle 1 - Ouverture



Emmanuelle 2: L'antivierge

Sylvia Kristel (1975)




Well...nudity is one thing; romance is another.

I believe, the capital of romance is Paris.

If you love to visit Paris,

please enjoy the Paris theme:



Sous le Ciel de Paris

by Hideshi Kibi(日本人)




You can find some Japanese musicians in Paris.

Fujiko Hemming also likes Édith Piaf

who sings "Sous le ciel de Paris."

Sous le ciel de Paris

by Édith Piaf




I like Chanson Française (French song).

How about you?

Kato also love Édith Piaf,

but he considers Juliette Greco's

"Sous le Ciel de Paris" much beter.

Sous le Ciel de Paris

by Juliette Greco




I believe Yves Montand's "Sous le Ciel de Paris" is the best of all.

Sous le Ciel de Paris

by Yves Montand




I love Paris, but Vancouver isn't bad at all.

To tell you the truth, Vancouver is a paradise to me.





ところで、愛とロマンに満ちた

レンゲさんのお話をまとめて

『レンゲ物語』を作りました。

もし、レンゲさんの記事をまとめて読みたいならば、

次のリンクをクリックしてくださいね。

『愛とロマンのレンゲ物語』



とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。





スポンサーサイト

カナダで恋をしましょうね



カナダで恋をしましょうね



こんにちは!
これは9月18日の記事の続きですよ。
『恋をしましょう。でも、恋愛ジャンキーにならないでね』

わたしが書いた返信に対して、hanaさんから次のようなメールをもらいました。



Subj: hanaです
Date: 17/09/2006 6:52:09 PM Pacific Daylight Time
From: pinky_girls_hana49
To: Barclay1720



メールありがとうございます(^O^)/
Adamsさんから返事がきて、すごく嬉しかったです!

Adamsさん英語でいいですよ(*‘‐^)-☆
私は高校英語勉強しているので、
ある程度は読めます(´∀`*)

でも、自分で英文を書くのは苦手です(;_;)
日本語でメール送っても大丈夫ですか?

カナダ行ってみたいなぁ(>_<)景色がキレイそう♪

私は高校を卒業したら留学したいです。
最近は英語の他にフランス語にも興味があります。
カナダでは英語フランス語のどちらも話されているのですか?

June Adamsさんは日本に来たことありますか?


わたしは、さっそくhanaさんに次のような返信を書きました。



Subj: So, you're a high school student, eh?
      (from June Adams)
Date: 18/09/2006 12:08:22 AM Pacific Daylight Time
From: Barclay1720
To: pinky_girls_hana49


Dear Hana,



You're so quick in replying to my mail.
By the way, I've written an article for September 18, using your mail.
Denman-san wrote it in his blog for me.
If you have some time, please take a look at it.

Yes, in Canada, English and French are two official languages.
However, people seldom speak two languages in Vancouver.
Only in Quebec, people speak French.



Yes, Canada is a beautiful country with lots of lakes, mountains, rivers, and gorgeous sceneries.



I've been to Japan three times so far.
I enjoyed traveling in Kyoto, Shikoku and Kyushu.



Oh, yes, you should study abroad, if possible, by all means.
It is the best way for you to become a cosmopolitan.
I hope that you will be able to study in Canada.

Good luck!

bye now,

June Adams


AOLメールシステムでは日本語のメールを読めても日本語でメールが書けないのです。
そういうわけで、わたしは英語でhanaさんにメールを送ったのです。

hanaさんは高校生なんですよね。



ちょうどレンゲさんが高校生だった頃のように
hanaさんも可愛らしい女学生かもしれませんね。

そうですよ。カナダはすばらしい国です。
もちろん日本にもきれいな景色がありますけれど、
カナダにもすばらしい景色がたくさんありますよ。



hanaさんも、夢がかなってカナダに留学できるといいですね。
とにかく、若いのだから夢を大きく持って、それを実現するように頑張ってね。


私は高校を卒業したら留学したいです。
最近は英語の他にフランス語にも興味があります。
カナダでは英語とフランス語のどちらも話されているのですか?


そうですよ!
語学は若ければ若いほど習得が早いのですよ!
hanaさんも、そしてこれを読んでいるあなたも
ぜひ若いうちに海外へ出て外国語を少なくとも1つぐらい意欲的に学んでくださいね。

カナダの公用語は英語とフランス語です。
ほとんどの州が英語です。
でも、モントリオールでは50%ぐらいフランス語が話されていますよ。
クベック市では、ほとんどがフランス語です。

フランス語は主にクベック州で話されています。
クベック州以外の州ではほとんどが英語です。

でも、バンクーバーでも、時たまフランス語の会話を耳にする事がありますよ。
hanaさんも、そしてあなたも、もし関心があったら、一度留学エージェントに会って相談してみるのが良いでしょうね。

1人で、ウジウジ考えていても、なかなか夢がかないませんよ。
次のリンクをクリックすると、あなたの希望をサポートしてくれる留学エージョントに出会えます。

『あなたの国際化をサポートしてくれる留学エージェント』

まず、無料資料を取り寄せて読んでみるといいですよ。
もし、たくさんの質問があったら、カウンセラーと会って話を聞く事もできます。

何事も一歩を踏み出すことが大切ですよ。
あなたも知っている通り、“万里の道も一歩から”ですからね。。。
じゃあ、頑張ってくださいね。
応援していますよ。

Good luck!

バ~♪~イ



あなたが絶対、

見たいと思っていた

面白くて実にためになるリンク



■ 『あなたのための クレジット カード ガイド』



■ 『あなたのための ローン ガイド』



■ 『住宅ローン・ビジネスローン ガイド』



■ 『きれいになったと感じさせる下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『興味深い写真や絵がたくさん載っている世界の神話』

■ 『現在に通じる古代オリエント史の散歩道』

■ 『見て楽しい、読んで面白い 私版・対訳ことわざ辞典』

■ 『笑って楽しめる 私版・対訳 慣用句・熟語辞典』

■ 『辞書にのってない英語スラング』

■ 『オンライン自動翻訳利用法』




おほほほほ。。。

卑弥子でござ~♪~ます。

あなたにお会いしたくて

また出てまいりましたよ。

んも~~イヤ!

。。。なんて言わないでね。

おほほほほ。。。。

あたくしも海外に一度でいいから

行ってみよう思っているので

ござ~♪~ますのよ。

できたらバンクーバー

デンマンさんのところで、

レンゲさんのようにご厄介になろうと

思っているのでざ~♪~ますのよ。

あなたも、素敵なカナダへ行ってみたらいかがですか?

でも、日本のすばらしさも忘れないようにね。

あたしがマスコットギャルをやっている

『新しい古代日本史』サイトも

見てちょうだいね。

あたくしが、一生懸命やっているんでざ~♪~ますから。。。

おほほほほほ。。。。

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。


テーマ : 海外留学
ジャンル : 学校・教育

あなたも世界に羽ばたいてみませんか?



あなたも世界

羽ばたいてみませんか?

 




よっぽど獅子狩文錦が気に入っているんですね!?
確かにあの図柄にはロマンがありますよ!

僕の場合は聖徳太子ーその魅力的なお母さんーペルシャ文明ー古代オリエントというロマンですよ!

ロマンを持てない人間は死んでいるのと同じですからね。
動物と人間の違い!それはロマンを持っているか?いないか?

それほどロマンは重要なことだと僕は思っていますよ!
(*^_^*)キャハハハ。。。

デザインの勉強と言うのは、ロマンを追い求める勉強でしょう???
アミサさんがブリスベンでデザインを勉強している。。。

このことだけをとってみても、多くの“病める日本”に居る無気力な若者にとっては、絶対に手の届かない大ロマンのはずなんですよ!

それを、今、アミサさんは実現している。
もちろん、現在のアミサさんはそれ程の大ロマンとは思っていないに違いない!
でも、多くの教育ママに育てられて自分を見失ってしまったNEETの若者たちには今、アミサさんが夢物語の人生を送っていると思う人はかなり居るはずですよ。

そう言う事を考えると、アミサさんはちょっぴり変わった女の子でしょうねェ~。
もちろん、僕にとってはいい意味でね。


あ、はは・・・変わってますね。自覚済みです♪ 
だからハッキリ言って、同年代の
友達と話があまり合いません。。。というか
人付き合いがめんどくさいです。

がんばらないといけないのはわかってるんですけどねぇ、
今またこじれちゃってちょっとまいってます(≧Д≦)ノ彡

そうそう。その親友もその1人です。
私が日本を離れてるあいだにちょっとした
トラブルに巻き込まれてるみたいで・・・
私は中学で反動が起きちゃって、
勉強を大嫌いになったんです。

by アミサ


「今またこじれちゃってちょっとまいってます(≧Д≦)ノ彡」かも知れないけれど、
多くの人にとって「夢物語の人生」を、
たった今、アミサさんが歩んでいるという事を考えてみなさいね。
そうすれば、そんなことは小さなことなんですよ!
大ロマンに向けてやっていると言う気概と実感を持てば、苦労は苦労ではなく、
悩みは悩みではなく、すべてが人生の肥やしになるもんですよ!

可愛い子には旅をさせろ

昔の人はいい事を言ったものです。
アミサさんのお父さんもお母さんもそのつもりでオーストラリアに出したんでしょうね。

教育ママに育てられたら、自分を見失なっちゃうかからね。


教育ママでしたよ。厳しい塾に入れられて、
ムリヤリ長時間勉強されて、
それで反発してしまったわけですが、別にぐれたわけでもなく
いい方向に自分を進めることができたんです☆
(↑そのせいで変わりものに・・・?笑)

自分のやりたいことを自分の意志で思うように
やっていこうって思うようになりました。

by アミサ


とにかく、It turns out okay!でよかったね。
そうですよ、そうですよ!
多くの人にとって、それは、ロマンと夢の人生なんですよ!
「ロマンと夢の人生」を歩いているんだと、改めて味わってくださいね。
そうすれば、頑張る気持ちがますます湧いて来ますよ!(^Д^)ギャハハハハ。。。。

ブリスベンでデザインの勉強をしているアミサさんとのやり取りは
次のリンクをクリックすると面白い記事を読むことが出来ますよ。

『ブリスベン と バンクーバー』

あなたもロマンを求めて世界に羽ばたいてみませんか?
ええっ?留学なんてとても無理です。
そういう風にやる前から投げ出してはいけませんね。

「したいんだけどなああ~~~できないわ」

どうして?

「だってね、TOEFLの点なんて恥ずかしくて人に言えないもの。。。」

TOEFLなしで入学出来るとしたら?

「ウッソお~~~~???」

ウソじゃありませんよ。マジですよ。

「わたし、大学を中退して、海外の大学へ留学したいと考えているのですけれど。。。」

やっぱり語学力が心配ですか?

英語力をつけたいのですけれど、現地の語学学校で学んだほうが良いですか?」

行ってしまえばなんとかなる。。。と思っているでしょう? 基礎的な英語力がないと、同じ授業を何回受けてもレベルアップせず、余計な時間を費やしたり、場合によっては生活もできずに帰国…といったケースもあるのですよ。

「やっぱり、留学する前に語学力をつけたほうがいいのでしょう?」

全く英会話が出来ないよりは、ある程度意思疎通ができるようになって、生活面、学校面で支障がない程度まで上達してから現地に行く方が、留学生活が充実したものになりますよ。とにかくそう言う悩みなど何でもいいから相談してみたら?

「どこで?」

次のリンクをクリックすると、あなたをサポートしてくれるエージェントに出会うことができますよ。

『あなたの留学やワーホリをサポートしてくれる留学エージェント』

まず、無料資料を取り寄せて読んでみるといいよ。もし、たくさん質問があったら、留学やワーホリについてカウンセラーと会って話を聞く事もできますよ。

何事も一歩を踏み出すことが大切ですよ。
あなたも知っているでしょう?
“万里の道も一歩から”
じゃあ、頑張ってくださいね。
応援していますよ。

Good luck!
バ~♪~イ



あなたが絶対、

見たいと思っていた

面白くて実にためになるリンク



■ 『あなたのための クレジット カード ガイド』



■ 『あなたのための ローン ガイド』



■ 『住宅ローン・ビジネスローン ガイド』



■ 『きれいになったと感じさせる下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『興味深い写真や絵がたくさん載っている世界の神話』

■ 『現在に通じる古代オリエント史の散歩道』

■ 『見て楽しい、読んで面白い 私版・対訳ことわざ辞典』

■ 『笑って楽しめる 私版・対訳 慣用句・熟語辞典』

■ 『辞書にのってない英語スラング』

■ 『オンライン自動翻訳利用法』





おほほほほ。。。

卑弥子でござ~♪~ます。

くどいようですけれど、また現れました。

ええっ、何で留学とワーホリの記事に

顔を出すのかって?

あたしも、留学かワーホリしたい

ざ~♪~ますのよ。

やっぱり、世の中って

グローバル化しているでしょう?

こういう十二単(じゅうにひとえ)なんか

着ている場合じゃないですよね?

これって、ダサイでしょう?

そういうわけですから、あなたも、

ぜひ留学かワーホリやってみてくださいね。

それから、『新しい古代日本史』サイトも

よろしくね。

あたくしがマスコットギャルをやってるので

ござ~♪~ますのよ。

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。


テーマ : 海外留学
ジャンル : 学校・教育

ん?短期留学?




ん?短期留学?



いづれにしても海外で生活するということは出費がかさみますよね。
でも、長い目で見たら、日本で生活するよりも安上がりです。
とにかく東京の生活費が世界で一番高いという統計がありますからね。

関心のある人は次の記事を読んでくださいね。
『東京が世界で一番生活費が高い都市になると佐世保で小学生女児が殺人事件を起こす』



つまり、短期留学は高くつきます。
だから、経済的に見ても短期留学は、頭の良い方法ではないんですよね。
要するに、長ければ長いほど長期留学は経済的に見て頭の良い方法です。
10年留学する人は少ないですが、オーストラリアやニュージーランド、カナダへ留学すれば、東京の大学で10年勉強するよりも、よっぽど安いはずですよ。うへへへへ。。。



渡航費を除いてかかる費用は。。。
車代(+保険代+ガソリン代、他)、現地の国での国内旅行費、書籍代、インターネット代、交際費、娯楽費、身回り費、などなど。。。
年間の総支出額は、1年で200万円から400万円でしょうね。
もちろん国によって大きく異なってきます。

さらに夏休みをどう過ごすかが問題になってきますよね。
アメリカやカナダだと、この休みは約3ヶ月間あります。
Summer months(6月中旬~9月中旬)



日本人留学生は、この間、ほとんど日本へ一時帰国するケースが多いですよね。
実は、これが大きなマイナス結果を生むことになります。

往復の航空券代が出る上に、物価の高い日本で3ヶ月暮らすことになります。
しかもせっかく海外での生活に慣れたのに、また日本に舞い戻るので、語学の上でも、生活感覚の上でも、“純日本人”的な思考、生活習慣に戻ってしまいます。

語学習得でもマイナスですよね。
しかも経済的にもマイナスになる。

その期間、現地でバイトでもすれば、経済的にも語学の上でも、また友達を作るうえでもプラスになります。

だから、夏休みは現地で過ごすことをお勧めします。
できるだけ短期よりも長期の留学の方がプラスです。
また、里帰りはできるだけしないほうがベターです。

しかし、長期間の留学は経済的にも時間的にも不可能だという人が居ることでしょうね。
だから、そのような人は、3ヶ月や半年の語学留学であっても、しないよりは実行した方が意味があることかもしれません。

でも、後で振リかえると、ずいぶん経済的に無駄な留学をした思いますよ。

とにかく、Better than nothing! です。
 
もし留学やワーホリを考えているなら、一人でウジウジ悩んでいても仕方がありません。
次のリンクをクリックしてくださいね。
あなたの希望をサポートしてくれる留学エージョントに出会えますよ。

『あなたの国際化をサポートしてくれる留学エージェント』

まず、無料資料を取り寄せて読んでみるといいですよ。
もし、たくさんの質問があったら、カウンセラーと会って話を聞く事もできます。

何事も一歩を踏み出すことが大切ですよ。
あなたも知っている通り、“万里の道も一歩から”ですからね。。。
じゃあ、頑張ってくださいね。
応援していますよ。

Good luck!

バ~♪~イ



あなたが絶対、

見たいと思っていた

面白くて実にためになるリンク



■ 『あなたのための クレジット カード ガイド』



■ 『あなたのための ローン ガイド』



■ 『住宅ローン・ビジネスローン ガイド』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『興味深い写真や絵がたくさん載っている世界の神話』

■ 『現在に通じる古代オリエント史の散歩道』

■ 『見て楽しい、読んで面白い 私版・対訳ことわざ辞典』

■ 『笑って楽しめる 私版・対訳 慣用句・熟語辞典』

■ 『辞書にのってない英語スラング』

■ 『オンライン自動翻訳利用法』




おほほほほ。。。

卑弥子でござ~♪~ます。

もう、イヤ~~、なんて

言わないでよね。

ええっ、何で十二単(じゅうにひとえ)を

着ていないのかって?

だって、今日の記事は留学のことなんですよ。

十二単じゃ留学できませんものね?

グローバル化ですよ。

十二単って、やっぱ、ダサいですわよね?

おほほほほ。。。。

あなたも、国際語を勉強してくださいね。

でも、日本のよさも見失わないようにね。

そういうわけですから

『新しい古代日本史』サイトも

よろしくね。

あたくしがマスコットギャルをやってるので

ござ~♪~ますのよ。

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

テーマ : 海外留学
ジャンル : 学校・教育

留学したいけど、良く分からないの?



留学したいけど、

良く分からないの?




もう、グローバル化という言葉、聞き飽きたでしょう?
でも、グローバル化の世の中よね?
だから、グローバル化の波に飲み込まれる前に、
あなた自身がブローバル化して、この波にうまく乗るわけよね。
グローバル化の波に溺れないで、楽しくサーフィンすると言うわけ。

でも、どうやって?

やっぱり海外に出るのが手っ取り早い方法でしょうね。

“可愛い孫には旅をさせろ”

このような古言が日本にありますよね?
どうせ旅をするなら、パック旅行でなしに、留学とかワーホリをした方が、
時間もお金も有効に使えると思います。

あなたもそう思ったから、留学しようと考えているのでしょう?
でも、いろいろと分からない事が出てきますよね。

今日はそういう分からない事について、いくつか取り上げて、ここでお話しようと思います。

物価の安い都市は?

ずばり、バンクーバーでしょうね。



では、英語圏で、留学におすすめする国のなかで、現在1番物価の安い国は?

答えは一つではないでしょうね。
なぜなら、品物によって安いところも高いところもありますからね。
すべてが安い、と言うところはまずないだろうと思います。

ニュージーランドが1番物価が安いと言う人も居ます。
オーストラリアだよ、と言う人も居ます。
わたしはカナダだと思います。

バンクーバーが物価が安いということについては
デンマンさんが興味深い記事を書いているので
次のリンクをクリックして読んでくださいね。
『東京が世界で一番生活費が高い都市になると佐世保で小学生女児が殺人事件を起こす』

バンクーバーでは、日本の約半分くらいから、3分の1の物価ですよ。
低予算で渡航を考えているなら、物価の安さで国を決める事を当然考えますよね。

でもね、統計だけを信じて決めるのも考え物です。
なぜなら、日本でも、安い物を買い集めて生活する事は可能ですからね。
あなただって、どこへ行けば安い物が買えるか?知っているでしょう?

どこの国にも低予算で暮らす生活の知恵があるものです。
だから、統計だけを信じて決めると、後で後悔する事になるかもしれません。

最も良い方法は、自分の目で足で確かめてみる事です。
時間と暇がないからなかなかできないと思いますが、
長期の留学を考えているのなら、あらかじめその国に滞在してみる事が最も良い方法です。

クレジットカードは持っていった方がいいですか?

身分証明書になるので持って行かれると便利ですよ。
現金をたくさん持ち歩くより、クレジットカードを1~2枚は持っていたほうが安心です。
また、レンタカーを借りるときや、ホテルに泊まるときなどに、
身分証明として、クレジットカードの掲示を求められることもあります。

生活費はどのくらいかかるの?

月5万~11万円と、国・都市・過ごし方によって大きく差がでますよ。
ワーホリの場合は、アルバイトで頑張って滞在費を稼ぐことができますからね、
贅沢をしようと思えばできるかもしれません。
でも、あまり期待しすぎるのは考え物ですよ。

一年間のトータル出費を60万円ほどで抑える人も居れば、
よくばって学校も行って旅行もして150万円ほどかけて滞在する人も居ます。



生活する国・都市によっても大きく違ってきます。
たとえば、バンクーバーでは、月5万~6万円が目安。
オーストラリアでも同じ程度です。
しかし、大都会であるシドニーは比較的物価が高く、交通費も高めです。

ニュージーランドでも月5~6万円、
イギリスは月9万~11万円ほどと考えてください。

どうやってお金を持ってゆけばいいの?

安全で確実な外貨送金制度がおすすめです。
長期の滞在となると、必要な金額も多くなるため、お金をどうやって持っていくか? あなたも頭を悩ませますよね。
安全に、かつ確実に、というのであれば「海外送金」が一番いいでしょう。

滞在費を安く抑えたい。

どんな方法がありますか?


家賃と食費と娯楽費を安く抑えるのがポイントです。
滞在費を抑える最大のポイントは、家賃と食費です。
郊外の物件を選んだり、都市部でも掘り出し物の物件を探すと、期間が長引くにつれて大きな差が出ます。
また一つの部屋をシェアする、ルームシェアなどの形をとると、家賃をぐっと安く抑えることができますよ。
そして食費は、日々の心がけしだいで大きく変わります。
光熱費をいかに抑えて生活するかということもポイントの一つです。

もし、あなたも、たくさんの悩みを抱えているのなら、一度相談してみるのが良いでしょうね。
1人で、ウジウジ考えていても、なかなか解決の道が見つからないものです。

もし留学やワーホリを考えているなら次のリンクをクリックしてくださいね。
あなたの希望をサポートしてくれる留学エージョントに出会えますよ。

『あなたの国際化をサポートしてくれる留学エージェント』

まず、無料資料を取り寄せて読んでみるといいですよ。
もし、たくさんの質問があったら、カウンセラーと会って話を聞く事もできます。

何事も一歩を踏み出すことが大切ですよ。
あなたも知っている通り、“万里の道も一歩から”ですからね。。。
じゃあ、頑張ってくださいね。
応援していますよ。

Good luck!

バ~♪~イ



あなたが絶対、

見たいと思っていた

面白くて実にためになるリンク



■ 『あなたのための クレジット カード ガイド』



■ 『あなたのための ローン ガイド』



■ 『住宅ローン・ビジネスローン ガイド』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『興味深い写真や絵がたくさん載っている世界の神話』

■ 『現在に通じる古代オリエント史の散歩道』

■ 『見て楽しい、読んで面白い 私版・対訳ことわざ辞典』

■ 『笑って楽しめる 私版・対訳 慣用句・熟語辞典』

■ 『辞書にのってない英語スラング』

■ 『オンライン自動翻訳利用法』




おほほほほ。。。

卑弥子でござ~♪~ます。

もう、イヤ~~、なんて

言わないでよね。

ええっ、何で十二単(じゅうにひとえ)を

着ていないのかって?

だって、今日の記事は留学のことなんですよ。

十二単じゃ留学できませんものね?

グローバル化ですよ。

十二単って、やっぱ、ダサいですわよね?

おほほほほ。。。。

あなたも、国際語を勉強してくださいね。

でも、日本のよさも見失わないようにね。

そういうわけですから

『新しい古代日本史』サイトも

よろしくね。

あたくしがマスコットギャルをやってるので

ござ~♪~ますのよ。

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

テーマ : 海外留学
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

次郎

  • Author:次郎
  • 次郎の徒然ブログへようこそ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Hit Graph

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Follow Me
Twitter
ブログ内検索
RSSフィード
リンク